単語記事: 火ノ丸相撲

編集

相撲〟土俵上でしのみを身につけ戦う日本古来の武道であり

数少ない『差別級』の格闘技

ゆえに「大きく」「重く」ある者が絶対優位-

高校相撲においても体重100kgを優にえる巨がひしめく中

横綱という頂をさんとする彼の体はあまりに-

火ノ丸相撲週刊少年ジャンプに掲載中の作品。作者川田少年ジャンプNEXT!2013年SPRING号と本誌2013年39号のプロトタイプを経て、2014年26号より連載が開始された。

登場人物

声優集英社ヴォイスコミックステーション版のもの。

大太刀高校

通称「ダチ高」で部活動が盛ん。相撲部は弱小だが相撲場は立なもの。

  • 潮火ノ丸CV江口拓也
    主人公1年生。将来の大相撲横綱している男気溢れる少年小学生時代は日本一に2度き、宝級「鬼丸綱」と呼ばれる逸材だったが、中学生になると身長が止まってしまい、公式試合にもほとんど出れずに周囲からも「小兵らしい相撲をしない」「宝の名を汚した」などなど不評を食らい、不遇な日々を過ごしていた。だが挫ける時なく稽古を重ねて、体格差を覆すほどのパワーを身に付けるに至る。必殺の右下手投げ「」、下手捻り「」を得意とする。口癖はうへへ。火ノ丸潮ではない。
  • 五條CV武内駿輔
    3年生。空手の有段者で「ダチ高最強の男」と呼ばれ、相撲場を不良たちのたまり場にしていたが、火ノ丸との勝負に破れて場を明け渡す事となる。暴な反面で儀なところもあり、火ノ丸から気に入られて、なし崩し的に相撲部に入部する羽となった。育ちが良く、意外に繊細でまめな一面がある。後述するダチ高生徒会会長でもあり、不良をやっていたことを考えなければ家族想いのよき
    空手という格闘技経験はあるものの相撲は入部時点で素人のため、空手の技術を生かせる突き相撲体に戦う。通称、「空手法」。
  • 三ツ
    1年生スポーツ経験がなくひ弱な体で部活経験もフルート演奏していたというガチガチ文科系であったが、同じくらい身長で、しかも自らよりも背が低い火ノ丸が千路を倒すなどの活躍を見ていくうちに感化され入部した。
    当初は火ノ丸以外の部員から相撲を続けることそれ自体を心配されていたが、稽古を続けていくうちに他の部員とも打ち解けていった。
    火ノ丸に感化され、また火ノ丸だけではなくチヒロも評価しただけはあって、並のスポーツ部員とは較にならない向上心と勝ちへの執念を持つ。しかしながら、裏を返せばそれしか武器がない。現在必死に身体を鍛えている。

  • 1年生小学生のころは火ノ丸と同じ相撲クラブに入っており、相撲の実は火ノ丸も認めるほど。関東新人戦の終了後に入部し、自らがコーチする中学生アドバイスすることで相撲部員を倒し、欠点を明らかにさせた。そしてその欠点を補うための個人別メニューを作成し、監督として就任した。その後火ノ丸にも欠点を見せるとして自らも土俵に立ち、火ノ丸を破った。肺の疾患があり、20秒程度までしか戦うことができず、また繰り返すたびにその時間が短くなるため、高校相撲をとることは困難である。
    自ら相撲をとることは諦めたように見えるが……?
  • 千鶴
    一年生。ダチ高と火ノ丸のIH予選通過にいたく感銘を受けて、マネージャーとして相撲部に入部。祝勝会の様子やその他描写を見るかぎり、恐らく火ノ丸に惹かれたか?
    活躍も少なく地味な印がぬぐえないが、相撲の勉強も欠かさず今まで部長仁が行っていた事務方の処理を行う、縁の下の持ち。偵察もアグレッシブにこなす。

石神高校

昨年関東2位の強校。県内でもトップクラスの治安の悪い高校だが、相撲部は猛者ぞろいで不良たちからも恐れられている。

  • 沙田美月
    1年生。昨年度の中学横綱宝「三日月宗近」と称される。気さくでノリが軽いイケメン。基礎の稽古ぎらいでよく金森に叱られている。火ノ丸に敗れた後は稽古にもに取り組むようになった。全大会で天王寺になすすべもなく敗れたことでさらに奮い立ち、皆川部屋での稽古を開始、雰囲気も大きく変わった。
    相手にそもそもしをとらせない相撲を得意とし、相手の突進を利用した「出し投げ」や、差し手・り手を封じる「おっつけ」と呼ばれる技術を得意としている。

川人高校

昨年千葉県2位の強校。実はあり、最初の団体戦でも準優勝であったのだが、引き立て役に終わることも多い。

栄華大附属高校

関東1位の常連校。ダチ高などとは違い。埼玉県にある。

  • 久世
    1年生。元横綱大和息子。小学4年生の時に対戦相手に怪をさせてしまい、そのときに大和から相撲の大会に出ることを禁止されていたが、記者たちからは宝「草薙」として注されていた。新人戦にも出場するつもりはなかったが、火ノ丸と刈谷の取り組みを見て決意。圧倒的実で火ノ丸を破り優勝した。
    相撲スタイルは奇しくも火ノ丸とほとんど同じで、っ向勝負で相手を攻め落とす横綱相撲をとる。違いといえば小兵の火ノ丸が下手投げを武器にしているのに対し、介はその恵まれた体格ゆえに上手投げを得意としている。く、「大きい火ノ丸」。
  • 刈谷
    1年生。小学4年生の時に久世によって怪をさせられた当本人。しかし、本人はそのことを気にしておらず、むしろ久世に対し大会に出場するよう促していた。小柄な体格(とはいっても火ノ丸よりは10cm以上身長が高い)であるが、火ノ丸とは違いそれを受け入れ、小兵なりの取組をしている。く、「違うを選んだ火ノ丸」。

鳥取白楼高校

鳥取県にある全有数の強校であり、六年連続でインターハイ優勝を成し遂げている横綱高校
現役力士最強外国人横綱皇」の出身校でもある。

  • 天王寺獅童
    昨年度の高校横綱宝「童子切安綱」と呼ばれており、団体戦で対戦した沙田を膚なきまでに打ち破った。小学生の頃はどちらかというと小柄だったが、中学生になって一気に身長が伸びた。決して対戦相手を侮ることはなく、大会に出場する選手全員のことを覚えているほど。

金沢北高校

石川県にある名門高校で、昨年はインターハイ三位という成績をおさめた。

  • 相沢
    三年生。金沢北高の相撲部の将をつとめる。飄々とした計算高い態度を崩さず、自信満々に相手を挑発することも多々あるが、北高の部員くそれは本気であるゆえのこと。典とは別の方向で自信ビッグマウス

柴木山部屋

日本一稽古が厳しいとして知られている相撲部屋。

  • 木山親方
    関脇山。ぶつかり稽古の仕切りを見て火ノ丸の実を見抜いた。現役時代は小兵ながらもっ向勝負で関脇まで上り詰めており、かつての大横綱大和から金星の勝利も得た。しかしながらしていた横綱にはなれなかった。
    それゆえに、自身よりも小柄でありながら同じような取組で横綱す火ノ丸のことを気に入る。
  • 寺原拓哉
    番付不明(おそらく序の口)。木山部屋では一番番付が下であり、3年前の関東新人大会で3位に入ったということから入門間もないものと思われる。一番下の力士ということで火ノ丸のことを世話しており、インターハイにも親方の付き添いで観戦に来ている。
  • 冴ノ山紀洋
    西前頭九枚で部屋頭、つまり木山部屋の力士で一番番付が高い力士。礼儀正しく、稽古に来た際に一人一人挨拶をして回っていた。表情があまり変わらないが好奇心旺盛であるらしい。一度は対戦する価値もないと切り捨てた火ノ丸の底を見て考えをめ、明日以降もまた部屋に来ることを勧めるなどした。親方が果たせなかった横綱になるという的がある。親方が火ノ丸にみたものが「小さくても横綱になれる」という夢なら、冴ノ山に託したものは「自分の体格がもう少しあれば」という夢。

その他

  • 駿
    横綱大和の記録よりは少ないとはいえ、幕内優勝11回以上を成し遂げた東横綱。
    導者としては横綱を二人も育て上げ、体格に恵まれなかった木山親方を関脇にまで育てた名導者……と、言いたいところなのだが、導法が時代遅れなため、離れていった力士も少なくない。ただ、決して頑迷な人物というわけではなく、時代遅れなことを自嘲している、昔気質の好々爺。

用語


  • 大和引退から十年以上、日本人横綱不在の大相撲という現状で、将来に横綱となる事を有望視された少年に与えられる名。宝級の日本刀の名を借りて称される。メタ的に言えば、四股名のようなものか。
    相撲協会が「こいつはすごい!」と思って与えるような二つ名ではなく、マスコミが期待して勝手につけたものなので、プロどころか当人達ですらさほど良いものとは思っていない。
    今のところ登場している宝は5人だが、2016年27号のジャンプに2人の顔を隠した力士が描かれており、他の人物は宝とダチ高のみなので、さらに2人登場すると考えられる。
    ちなみに鬼丸綱は天皇の御物(私有品)とされるので正確には宝ではない。

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB%E3%83%8E%E4%B8%B8%E7%9B%B8%E6%92%B2
ページ番号: 5268563 リビジョン番号: 2387865
読み:ヒノマルズモウ
初版作成日: 14/09/13 12:32 ◆ 最終更新日: 16/07/27 10:56
編集内容についての説明/コメント: 間宮追加、天王寺と日景の記述追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火ノ丸相撲について語るスレ

345 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 14:13:10 ID: CRbvf4HvuE
仁強い…と言うか本当に同じ様なハンデでプロやってる力士居るんだな
346 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 17:57:31 ID: tSNeLwSYxP
ノ山は心肺機にハンデを持ちながら
平成生まれ初の関取になった逸材
今は怪の影で序二段まで落ちたか
347 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 21:40:39 ID: C9Xcb0wChI
仁が限界えてて、これ以上はとは別の意味でスポーツマンシップに反するっていうか非人的な(肘を外すとか折るとか)勝ち方しか出来ないんじゃないかと思ってヒヤヒヤしてたから、ちょっと安心したわ
いや、仁のスタイル的にそういう事も出来そうじゃん・・・最初は使わないつもりだったけどみたいな

というか一回の取り組みで為せなかった殺を為すって格好良すぎだろ
348 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 22:25:55 ID: 2ZPdcUkDQk
>>347
そのつもりがくても、立ち関節の投げは相手壊す可性高い技だからねえ。
天王寺だって相手に怪させてるし、大和親方だって「相手の怪を気にするような相撲導はしない」と言い切ったもの。

今更ながら、リアルに匹敵するとまでは言わんがそれに近いくらい、心ないバッシングがきつそうな社会大和親方もよく言いきれたな。
そこんとこも、やはり大横綱なんだな。
349 : ななしのよっしん :2017/04/13(木) 21:21:03 ID: clriO9bRiQ
最近になって興味を持って読んでみたが、こんな魂の籠もった少年漫画ジャンプに眠っとったんかって気分になった

清々しい前に前向きな火の丸、常に相手に対して敬意を払う崎、
不良ながらも規とケジメはしっかり守る五條

これだけ読んでて気持ちいい漫画久々だ。古き良きジャンプ金時代を知っている人にこそ読んで欲しい傑作
350 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 10:30:33 ID: C8g9GBGz21
鮫島と火ノ丸、両方ほんとに面くて格好いい 最高に好きな漫画
351 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 01:51:54 ID: Bs5SuOC6dQ
部長がユーマにタメ口で話すようになったのがなんだか感慨深い
ユーマの方からそうしてくれと言ったのか、部長が歩み寄ったからなのか、
自然とそうなったのかはわからんが、二人の間のがなくなったというのかな…

上手く言えんけど、のび太の結婚前夜で笑いながらジャイアンの歌をヤジったり、
出木杉ビールついだりするのを見て妙にジーンと来てしまう感覚に似てる
352 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 20:10:10 ID: yyiiAMg5YH
今週のも凄い良かった。
最後までどっちが勝つか分からなかったし、やめらんねぇかもな、相撲台詞も良かった。
353 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 12:48:17 ID: vM415ydqVa
ごめんなさい>>336であんなこと書いてごめんなさい
決勝戦すげー面いし皆魅的です
354 : ななしのよっしん :2017/05/15(月) 18:34:26 ID: tSNeLwSYxP
地区大会で「ライバルじゃと思っとる」を回収した・・・!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015