編集  

火ノ丸相撲単語

ヒノマルズモウ

相撲

土俵上でしのみを身につけ戦う日本古来の武道であり

数少ない『差別級』の格闘技

ゆえに「大きく」「重く」ある者が絶対優位-

高校相撲においても体重100kgを優にえる巨がひしめく中

横綱という頂をさんとする彼の体はあまりに-

相撲』とは、週刊少年ジャンプ2014年26号から連載されている相撲漫画である。

概要

ジャンル 少年漫画スポーツ相撲
漫画
作者 川田
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプコミックス
発表号 2014年26号 - 連載中
巻数 既刊20巻(2018年6月現在
ヴォイスコミック
原作 川田
放送局 アニマックスVOMIC公式サイト
番組 VOMIC TV!
発表期間 2015年2月7日 - 2月28日
話数 全4話
TVアニメ
原作 川田
監督 田鋼之介
監督 山本
キャラクターデザイン 田中紀衣
アニメーション制作 GONZO
製作 NAS
放送局 未定
放送期間 2018年10月 -

相撲界の頂点“横綱”をさんとする少年、潮火ノ丸の熱き戦いの日々を描く川田の初連載作品。少年ジャンプNEXT!2013年SPRING号と本誌2013年39号のプロトタイプを経て、2014年26号より連載が開始された。話数カウントは「第○○番」。

歴代ジャンプ漫画の中でも異色の“相撲”を題材とした作品であるため、連載開始時は読者から驚きをもって迎えられると同時に、現代のジャンプ相撲漫画人気を得られるのか怪訝に思うも多かった。

しかし、古きジャンプの伝統である「友情・努・勝利」をっ向から描く王道的作と、作者川田による熱の相撲描写や熱く泥臭い人間ドラマは多くの読者から支持を得ることに成功。その人気現実界にまで及び、2014年大相撲九州場所では、ジャンプの創刊以来初めて大相撲懸賞が出されることになり、舞の海からも応援のメッセージをもらっている。また、BLEACH作者である久保帯人からは太鼓判を押されており、「火ノ丸相撲が面白い理由?一番面白いからに決まってんだろ!」当時まだBLEACHジャンプ本誌で連載中だったにも関わらずそれを差し置いて本作を高く評価している。

だが、如何せん“相撲”は少年層に染みが薄い題材であるためか、コミックスの売上は他の連載作品とべて低く、現在も本誌での掲載順は不安定であることが多いため、ファンはいつ打ち切りの憂きに遭うか戦々恐々している。(本記事の関連動画でもその件に触れているので興味のある方は一度参照されたし。)

そして、現実界が落にならないレベルで度々不祥事を起こし、世間の相撲に対する印を悪くしているのも非常に悩ましいところである。

そんな逆を乗り越え2017年26号で連載3周年を突破し、40号にて第1部高校相撲編が終了。翌41号からは第2部大相撲編が連載開始。そして、2018年6号で待望のアニメ化決定が告知された。作中でも度々登場する言葉「三年先の稽古」が遂に実ったのである。

登場人物

声優集英社ヴォイスコミックステーション版のもの。

高校相撲界

大太刀高校

千葉県の県立高校。通称「ダチ高」。部活動が盛んであり、新入生入学後は校内に「部活勧誘ロード」が設けられ、部員の取り合いが行われるのが恒例。しかし、相撲部はれており火ノ丸が入学するまで部員は小関一人であり、相撲場も不良の溜まり場と化していた。だが、火の丸の入学後は急成長を遂げやがて日本中にその名が知られるようになる。選手層は薄く相撲歴が浅い者も多いが、それを補って余りある“個性”を武器に全の強たちと渡り合う。

潮火ノ丸CV江口拓也
主人公1年生。将来の大相撲横綱している男気溢れる少年小学生時代は日本一に2度き、宝級「鬼丸綱」と呼ばれる逸材だったが、中学生になると身長が止まってしまい、公式試合にもほとんど出れずに周囲からも「小兵らしい相撲をしない」「宝の名を汚した」などなど不評を食らい、不遇な日々を過ごしていた。だが挫ける時なく稽古を重ねて、体格差を覆すほどのパワーを身に付けるに至る。必殺の右下手投げ「」、下手捻り「」を得意とする。口癖はうへへ。火ノ丸潮ではない。
全日相撲選手権大会でベスト8に入り三段付出の資格を得たため、ダチ高を中退して木山部屋に入門した。
小関信也CV村田太志
3年生。相撲部長。典的な力士で「大関」とあだ名されている。一見卑屈で気弱そうだが、弱小相撲部を守り続け、相撲に対する思いと根性は本物。劣悪な環境でも、たった一人でも、からも賞賛されなくとも、稽古を続け、その相撲にかける想いは全クラス高校生力士に恐怖を抱かせるほど。火ノ丸にとっては、最初の尊敬すべき相撲仲間。典的な組んで戦う四つ相撲をとり、攻めをしのぎきってり勝つ戦法を得意とする。
部活引退後は長門親方(元横綱駿勇)が新たに開く長門部屋に入門した。
五條CV武内駿輔
3年生。空手の有段者で「ダチ高最強の男」と呼ばれ、相撲場を不良たちのたまり場にしていたが、火ノ丸との勝負に破れて場を明け渡す事となる。暴な反面で儀なところもあり、火ノ丸から気に入られて、なし崩し的に相撲部に入部する羽となった。育ちが良く、意外に繊細でまめな一面がある。後述するダチ高生徒会会長でもあり、不良をやっていたことを考えなければ家族想いのよき
空手という格闘技経験はあるものの相撲は入部時点で素人のため、空手の技術を生かせる突き相撲体に戦う。通称、「空手法」。
卒業後は栄大学に進学し、相撲を続ける模様。
崎千
2年生。称は「チヒロ」。もともとはレスリング部に所属しており、一年生でありながら国体で優勝するほどの実の持ち。一方で負けた相手にダメ出しをしたり、部員にハード練習を強いたりする面もあり、エンジョイ勢な他のレスリング部員が退部する一因となってしまっていた。もともとは相撲馬鹿にしていたが、文化祭での自らが宰した異種格闘技戦で火ノ丸に敗れ、相撲の認識をめて入部。ただそのもの相撲に惹かれたというわけではなく、相撲日本一すのも総合格闘技最強」にたどり着くため。
レスリング日本一をとった身体や足をとる技術もさることながら、総合格闘技最強す上で培った観察眼が武器。
インターハイ終了後に中退し、自らの夢である総合各胴着の選手をすために渡
三ツ
1年生スポーツ経験がなくひ弱な体で部活経験もフルート演奏していたというガチガチ文科系であったが、同じくらい身長で、しかも自らよりも背が低い火ノ丸が千路を倒すなどの活躍を見ていくうちに感化され入部した。
当初は火ノ丸以外の部員から相撲を続けることそれ自体を心配されていたが、稽古を続けていくうちに他の部員とも打ち解けていった。
火ノ丸に感化され、また火ノ丸だけではなくチヒロも評価しただけはあって、並のスポーツ部員とは較にならない向上心と勝ちへの執念を持つ。しかしながら、裏を返せばそれしか武器がない。現在必死に身体を鍛えている。
1年生小学生のころは火ノ丸と同じ相撲クラブに入っており、相撲の実は火ノ丸も認めるほど。関東新人戦の終了後に入部し、自らがコーチする中学生アドバイスすることで相撲部員を倒し、欠点を明らかにさせた。そしてその欠点を補うための個人別メニューを作成し、監督として就任した。その後火ノ丸にも欠点を見せるとして自らも土俵に立ち、火ノ丸を破った。肺の疾患があり、20秒程度までしか戦うことができず、また繰り返すたびにその時間が短くなるため、高校相撲をとることは困難である。
自ら相撲をとることは諦めたように見えたが、インターハイ準決勝でが負傷したために決勝で選手として出場、そこで再び力士になるという夢を取り戻した。
小学生の頃のほんの一時期、「切安綱」という名で千葉を騒がせたらしい。
五條礼奈
2年生で生徒会副会長ミスダチ高でもある。ブラコン気味。が「ふんどし姿で行うかっこ悪いスポーツ」である相撲部に入部したために相撲部の部を企てたこともあったが、相撲に取り組んでいることを理解してからは見守っている。
の活躍はもちろん、あまりにも小さい火ノ丸が大きな相手を正面から投げる相撲にも惹かれ、現在相撲部のマネージャーも兼任。
千鶴
一年生。ダチ高と火ノ丸のIH予選通過にいたく感銘を受けて、マネージャーとして相撲部に入部。祝勝会の様子やその他描写を見るかぎり、恐らく火ノ丸に惹かれたか?
活躍も少なく地味な印がぬぐえないが、相撲の勉強も欠かさず今まで部長仁が行っていた事務方の処理を行う、縁の下の持ち。偵察もアグレッシブにこなす。
雄一郎
レスリング監督。「YOU」などの特徴的な話し方をする。
呂に対して何もしてやれることがなかったことを悔いていたようで、インターハイ県予選には部員を連れて観戦に行った。
その後、レスリング部と兼任で相撲部の顧問となる。
西郷・舟木・
3年生。の舎3人組。
相撲部に入った後も常に応援のために観戦しに来ており、のことをかなり慕っているようである。

石神高校

千葉県の私立高校。通称「石高」。治安の悪さは県内トップクラスであるが、相撲部は猛者ぞろいであり関東大会2位にまで上り詰めた実績がある。かつては不良たちの問題行動により大会出場停止処分に追い込まれた時期もあったが、真田による「血煙の一夜」事件を機に不良たちが相撲部に手を出すことはほとんどなくなった。県大会ではダチ高の進撃を阻む最大のとして立ちはだかる。

沙田美月
1年生。昨年度の中学横綱宝「三日月宗近」と称される。気さくでノリが軽いイケメン。基礎の稽古ぎらいでよく金森に叱られている。火ノ丸に敗れた後は稽古にもに取り組むようになった。全大会で天王寺になすすべもなく敗れたことでさらに奮い立ち、皆川部屋での稽古を開始、雰囲気も大きく変わった。
相手にそもそもしをとらせない相撲を得意とし、相手の突進を利用した「出し投げ」や、差し手・り手を封じる「おっつけ」と呼ばれる技術を得意としている。
金森
3年生。相撲将。中年ヤクザ。「金剛」と呼ばれる全区の力士。強面で物言いは厳しいが良い人。サポーターをつけているが、これは以前怪したときにつけたら成績が上がったことによる縁起担ぎ。実も全級で相撲部屋からがかかるほどの実者だが、本人は進学して子供たちに相撲を教えるも捨てがたいと考えている。ヤッパリいい人。
インターハイ後に駿から勧誘されて大相撲したいと思うも、親を説得できなかったために栄大学に進学し、大学で実績を残して大相撲すこととなる。
真田勇気
3年生。柔和な顔をしているが、かつては入学々「血煙の一夜」抗争で石高校トップになったこともある不良だったという噂があり、の子分たちもその名前を知っているほど。実際は不良ではなく相撲部員であり、噂の相は相撲部にちょっかいを出してくる不良一方的に倒したことに尾ひれがついて広まった結果。
間宮
2年生。体重166kgと県予選出場選手の中では最高体重。スキンヘッドの強面だが、実際にはまともな人。インターハイ後に3年生が相撲部を引退した後に新将となる。
荒木之助
1年生。昨年度の柔道中学王者。理由は不明だが、ダチ高が偵察に来た時は自宅謹慎中であった。そのときに千路と出会い、相撲を経験した後の総合格闘技デビューす者同士としてお互いに意識するようになる。

川人高校

昨年千葉県2位の強校。実はあり、最初の団体戦でも準優勝であったのだが、引き立て役に終わることも多い。

大河内
1年生大物ルーキーとして期待されており、強川人高校の団体戦のメンバーにも選ばれるほど。しかし、怪を理由に敗れたなどの理由をつけてリベンジを狙うもののいきなり敗れるというかませ犬ポジションが定着している。インターハイでは言い訳ばかりの自らを反し、先輩のためにも勝利すると決意を決めるものの、団体戦ではさらに成長した沙田に敗れる。しかし実自体は確かであり、個人戦3位で全大会への出場を決める。

栄華大附属高校

埼玉県の私立高校関東最強絶対王者としてその名が知れ渡り、プロ志望の有望な選手を毎年多く輩出している名門校。その実高校に次ぐとされ、インターハイでは団体戦準優勝の結果を残している。選手層は厚く、他校に行けばエース級の実者が部内で鎬を削り合っている。レギュラーメンバーは軒並み高身長・高体重の猛者が集う。

久世
1年生。元横綱大和息子。小学4年生の時に対戦相手に怪をさせてしまい、そのときに大和から相撲の大会に出ることを禁止されていたが、記者たちからは宝「草薙」として注されていた。新人戦にも出場するつもりはなかったが、火ノ丸と刈谷の取り組みを見て決意。圧倒的実で火ノ丸を破り優勝した。
相撲スタイルは奇しくも火ノ丸とほとんど同じで、っ向勝負で相手を攻め落とす横綱相撲をとる。違いといえば小兵の火ノ丸が下手投げを武器にしているのに対し、介はその恵まれた体格ゆえに上手投げを得意としている。く、「大きい火ノ丸」。
刈谷
1年生。小学4年生の時に久世によって怪をさせられた当本人。しかし、本人はそのことを気にしておらず、むしろ久世に対し大会に出場するよう促していた。小柄な体格(とはいっても火ノ丸よりは10cm以上身長が高い)であるが、火ノ丸とは違いそれを受け入れ、小兵なりの取組をしている。く、「違うを選んだ火ノ丸」。
磋人
3年生。千呂の実の苗字が違うのは、両親が離婚して千呂は母親に、磋人は父親についていったため)。千呂からは興味を持った分野を奪っていくと嫌われていたが、実際のところは逆で、最初は年齢の差で上回っているものの、才で追い抜かれてしまうという理由から様々なスポーツ興味を移していた模様。
四方田
3年生。栄大附属高校相撲将。個人戦で準決勝まで勝ち上がるほどの実があるが、団体戦を優先させるために準決勝と3位決定戦では体を温存させた。
澤井理音
2年生。リオンちゃん。
ダニエルステファノフ
2年生。大和相撲にあこがれて留学してきた。入学当初はただの相撲オタクといったところで非常に弱かったが、久世と出会ったことで実を開させていった。

鳥取白楼高校

鳥取県の私立高校高校相撲界において圧倒的な実を持ち、インターハイ団体戦6連覇を成し遂げた全最強と名高い横綱高校日本のみならずモンゴルからの留学生を積極的に受け入れていることでも有名であり、現役最強外国人横綱皇」の出身校でもある。監督は、部員各々の体格や性質を踏まえた導方針をしており、レギュラーメンバーはその強さも然ることながら、ダチ高にも引けを取らない個性豊かな選手がっている。

天王寺獅童
3年生。昨年度の高校横綱宝「童子切安綱」と呼ばれており、団体戦で対戦した沙田を膚なきまでに打ち破った。小学生の頃はどちらかというと小柄だったが、中学生になって一気に身長が伸びた。決して対戦相手を侮ることはなく、大会に出場する選手全員のことを覚えているほど。
全日相撲選手権大会で優勝し、長門部屋に入門して幕下15枚格付出で大相撲入り。
天王寺
1年生天王寺相撲部のマネージャーの代わりに相撲部屋の見学をしており、木山部屋を見学していた時に火ノ丸に出会う。
トムンフ・バトバヤル
1年生モンゴルからの留学生外国人であるために宝とは呼ばれていないものの、その実クラス
加納
3年生。宝「大包」と呼ばれており、「天王寺の次に強い」ということをプライドとしている。
嫌なことがあった日は黙々と大量の唐揚げを作るという特徴を持つ。
この特徴は高校相撲編時は単行本オマケページに記載されたのみで本編では触れられることはかったのだが、大相撲編にて活用されることとなる。
太郎
2年生。小柄な身でありながら、合気道を活かした相撲楼のレギュラーメンバーを務める。
首藤正臣
3年生。三ツの奇策にかかって危うく負けそうになるも、何とか踏んって同体に持ち込む。

金沢北高校

相撲として知られる石川県の強校。全優勝経験もある相撲の名門であり、県内の個人戦上位は金沢北の選手が独占している。掲げる標は「尽魂必勝」。伝統と実績に裏打ちされたその実は全でも折りであるが、昨年は楼に敗れインターハイ団体戦3位に終わり、その辱をらすべく執念を燃やしている。

2年生。現役の‘日本人力士では’最強力士大関「大勝」をにもち、自身も宝「大典太世」の二つ名で呼ばれる。宝の名に負けず、2mの日本人離れした体を生かした突き相撲をとる全の実。体格にかまけることもなく稽古も怠らないが、傲慢とすら思えるほどに向上心が強い。
駿アドバイス100番稽古を行い、自らの心が折れかかっていたことを自覚しそれに向き合うことでさらに成長した。
相沢
3年生。金沢北高の相撲部の将をつとめる。飄々とした計算高い態度を崩さず、自信満々に相手を挑発することも多々あるが、北高の部員くそれは本気であるゆえのこと。典とは別の方向で自信ビッグマウス

三ノ矢実業高校

青森県の強校。ダチ高とはインターハイ準々決勝で対戦する。

野地数
3年生。宝「数珠丸恒次」の名で知られる。

角界

柴木山部屋

日本一稽古が厳しいとして知られている相撲部屋。

木山明雄
関脇山。本名は佐山。ぶつかり稽古の仕切りを見て火ノ丸の実を見抜いた。現役時代は小兵ながらもっ向勝負で関脇まで上り詰めており、かつての大横綱大和から金星の勝利も得た。しかしながらしていた横綱にはなれなかった。
それゆえに、自身よりも小柄でありながら同じような取組で横綱す火ノ丸のことを気に入る。
寺原拓哉
番付不明(おそらく序の口)。木山部屋では一番番付が下であり、3年前の関東新人大会で3位に入ったということから入門間もないものと思われる。一番下の力士ということで火ノ丸のことを世話しており、インターハイにも親方の付き添いで観戦に来ている。
冴ノ山紀洋
西前頭九枚で部屋頭、つまり木山部屋の力士で一番番付が高い力士。礼儀正しく、稽古に来た際に一人一人挨拶をして回っていた。表情があまり変わらないが好奇心旺盛であるらしい。一度は対戦する価値もないと切り捨てた火ノ丸の底を見て考えをめ、明日以降もまた部屋に来ることを勧めるなどした。親方が果たせなかった横綱になるという的がある。親方が火ノ丸にみたものが「小さくても横綱になれる」という夢なら、冴ノ山に託したものは「自分の体格がもう少しあれば」という夢。

大和国部屋

大和
横綱。現役時代には30回以上の幕内優勝をしている、知らぬ者はいないほどの大横綱現在引退して大和親方(おそらく一代年寄)として子の育成をしている。先述した久世宗介父親であるが、小学生横綱であった火ノ丸とも多少の縁がある。かつての火ノ丸にとあるアドバイスを与え、それが火ノ丸がとる今の相撲の基礎になっている。
大和
久世に次いで期待されているという力士下三名の1人。

その他

名塚
相撲女性記者変態
宮崎敏夫
相撲カメラマン。性癖を隠そうともしない名塚に手を焼いている。
駿登喜雄
横綱大和の記録より少ないとはいえ、幕内優勝11回以上を成し遂げた東横綱。
導者としては横綱を二人も育て上げ、体格に恵まれなかった木山親方を関脇にまで育てた名導者…と、言いたいところなのだが、導法が時代遅れなため、離れていった力士も少なくない。ただ、決して頑迷な人物というわけではなく、時代遅れなことを自嘲している、昔気質の好々爺。
大関。日横綱皇にかなわず、からすらも横綱になることをあきらめていると思われているが、実際には全く心は折れていない。駿から大勝と100相撲を取ることをアドバイスされた日はそのことを知り、さらに成長するきっかけをつかんだ。
蜻蛉切
下三名の1人。日本人欧州系のハーフ
御手
下三名の1人。長身の技巧
愛の戦士
高校大相撲編を通して現役最強横綱

用語

大和引退から十年以上、日本人横綱不在の大相撲という現状で、将来に横綱となる事を有望視された少年に与えられる名。宝級の日本刀の名を借りて称される。メタ的に言えば、四股名のようなものか。
相撲協会が「こいつはすごい!」と思って与えるような二つ名ではなく、マスコミが期待して勝手につけたものなので、プロどころか当人達ですらさほど良いものとは思っていない。
今のところ登場している宝は7人。高校生以外のアマチュアにも宝がいるのかどうかは不明。
ちなみに鬼丸綱は天皇の御物(私有品)とされるので正確には宝ではない。
また、宝入りしたかは不明であるが、切安綱は京都の重要文化財で宝ではない。
下三名
中卒界入りしたが、実は宝に匹敵する逸材だった3名の力士に与えられた名。世代としては宝と同じになる。
「三」と数字が入っているため、さすがに今後増えることはないと思われる。
ちなみに大和号は本来は日本号であるが、大和部屋所属とするために名称を変更したと思われる。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E3%83%8E%E4%B8%B8%E7%9B%B8%E6%92%B2
ページ番号: 5268563 リビジョン番号: 2602044
読み:ヒノマルズモウ
初版作成日: 14/09/13 12:32 ◆ 最終更新日: 18/06/26 20:22
編集内容についての説明/コメント: 登場人物に刃皇追加。加納彰平紹介テキストに加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火ノ丸相撲について語るスレ

881 : ななしのよっしん :2018/07/30(月) 23:18:54 ID: jeR7FuxBGU
ところで大包vs皇やらないのかなーと思っていたら、優勝決定戦だと同部屋でも対戦することがあるのね
鬼丸が優勝決定戦に参戦するとしたら、当然対戦相手も二敗はするわけだし、優勝決定戦に3人以上の力士が絡んでくることもありそうだな
882 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 00:50:05 ID: 2ZPdcUkDQk
>>881
リアルでも2人より上の人数での優勝決定戦は存在してるぞ。
貴乃花武蔵丸魁皇の4人が争うという、冗談じみたような優勝決定トーナメント戦があったんだ。
883 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 10:35:46 ID: jeR7FuxBGU
本当によかったなぁ鬼丸……って感じだ。インターハイでダチ高のみんながともに戦ってくれるっていったときもそうだったけど
最後の二人はチヒロとユーマか?レイナのが判別できたし、カタカナになっているのは怒りでを忘れたユーマかな
884 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 12:29:36 ID: rYk4CjyhFE
最後の二人正体バレバレ過ぎて
ダチ高全員集合しそう
885 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 16:34:14 ID: 0XOgIpm3oZ
本人じゃないにしても本人にしてもまあ
分かり易すぎる
886 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 19:50:07 ID: ElHoY0mmAl
わーさいごのぼうかんたちはいったいだれなんだー(棒)

勝てないから命かけて破滅するより
勝ちたい!って涙流すほうがよっぽど建設的だよな
勝ちたいってのは勝ちに行こうとする気持ちがあるってことだし
まあ、レイナさん始め支えてくれる人たちだって多いしなユーマとかチヒロとか・・・
蛍丸さんは・・・うん、まあ・・・
887 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 23:08:45 ID: jeR7FuxBGU
今週の「の前には全てを受け止め包み込むような大きな……」の部分、皇のときとかぶせてあるのね
888 : ななしのよっしん :2018/08/06(月) 23:21:14 ID: q+vXpV5bQO
>>886
単に「勝ちたい」だけならも変わらないし、「死ぬ覚悟もねぇが土俵上がってんじゃねぇ」も一つの形だが
「死にたくない」「壊されて好きな相撲が二度と出来ない身体になるのが怖い」という当たり前で正直な人間の
感情を火ノ丸自身の口から吐き出させたのが一番大きいと思う。るろ剣でも比古清十郎剣心叱ってたじゃんね
死中の活なんぞ見出そうとして、自分の命も護るべき人の事も捨て鉢にする死にたがりに教える事は
何が何でも大切な人のために闘って生きて帰ることが人を強くするんだって
889 : ななしのよっしん :2018/08/08(水) 01:00:15 ID: KePaIrqnRW
吐き出すのって大事だよね、胸の中で黒いものがたまっちゃわないように
890 : ななしのよっしん :2018/08/10(金) 00:04:36 ID: Wpun50pHc4
>>882
それどころか、貴乃花が強かった時代に、貴乃花が休場したら4敗で5人並んで優勝決定戦もあったぞ。

武蔵丸若乃花貴ノ浪の上位4人+魁皇関脇時代)と、それを制したのは、まだ大関時代の武蔵丸だったかな。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829