単語記事: 火力

編集

火力とは、火の、火の勢いのことである。または、などの火器の威である。
火力がある」「火力が高い」のように使われる。

辞書的には冒頭に書いた通りであるが、俗語として以下のような用法も存在する

  1. TCGなどでモンスターの戦闘以外でプレイヤーモンスターに直接ダメージを与えられる手段のこと
    MTGで炎やイメージカードが多かったことからこう呼称され、他のTCGにも伝播した
  2. 格闘ゲームRPGにおいて、一手でどれだけダメージを与えられるかという性のこと。
    数値的な攻撃だけでなく命中率や手数なども含めた実質的・総合的なものをすことが多い。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB%E5%8A%9B
ページ番号: 1266553 リビジョン番号: 2342908
読み:カリョク
初版作成日: 09/02/04 18:11 ◆ 最終更新日: 16/03/28 02:11
編集内容についての説明/コメント: 俗語を整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火力について語るスレ

12 : ななしのよっしん :2012/04/05(木) 10:26:18 ID: YfuUq/C7nj
>>11
ゴリ押しはどっちかというと戦術より戦略だと思うけどな
13 : ななしのよっしん :2012/11/07(水) 11:02:04 ID: pJXZaCg4Pi
火力正義!!
14 : ななしのよっしん :2013/04/09(火) 00:32:42 ID: W1Np/xMqoD
ソ連軍「戦争火力パワー)だぜ!」
15 : ななしのよっしん :2014/01/12(日) 20:52:35 ID: yGK2/ug24v
んんwww
16 : ななしのよっしん :2014/10/25(土) 15:41:07 ID: gZV/QTXOJu
ダメージを与えていく事を「火力をとっていく」って言ってる人見るけど
使い方としては合ってるの?なんか違和感あるわ
17 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 05:21:43 ID: +5PnhucPs9
>店の火力庭の7倍から10倍以上ある
これマジ?カセットフーでも3500は出るし据置の大口側なら4500-5000は出るけどその十倍ってヤバ過ぎない?
18 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 04:07:21 ID: UKAyGolqDC
>>14
アンタの得意技は人海戦術による継続で、それは敵さんの十八番でしょーがw

>>16
火力」ってのは要は「」なんだから、それをいくら「とった」ところで筋トレしたとか武装した以上の意味にはならないと思うんだよなあ・・・
そのシチュエーションなら「浴びせる」とか「与える」「ぶつける」あたりが日本語的に正しんじゃないか?
19 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 04:24:57 ID: q9ZZbO7RA0
>>18
ソ連人海戦術は圧倒的な火力があって始めて恐ろしい戦術となるものだよ。
相手の継戦をごっそり奪うっていう。
そして、その価はバグラチオン作戦で見せてくれた。
独ソ開戦当初のやられっぷりはむしろその人海戦術が機してなかったからだね。
20 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 04:34:43 ID: B/BQ9MhcQi
政時代からのガン・ジャンキーだからねぇ、ソ連軍。火力に関しては並々ならぬ気合いで整備してる。
その大火力で敵軍を地に釘付けにし、そうして作らせた敵の「戦線」全体を圧倒的な兵で押しまくる。
地に直接ぶつかった味方は死ぬけどその間その敵は他に何の行動も取れないから、敵戦線の弱いところが必ず崩壊していき、後は分断され戦闘力を失った敵の残存兵を押しつぶすのみ。

敵に「ひたすら後退する」以外の対処法を一切与えない、横綱相撲っちゃあ横綱相撲だしだけど、動員される兵士にとっては嫌だなぁw
21 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 04:49:50 ID: q9ZZbO7RA0
>>20
さらにいえば、当時のソ連軍の戦術は、その後退を防ぐことを最大の的としているから、戦術が成功しているときは後退するという対処法もないといえるね。

ソ連は、敵の撤退からの立て直しを潰すためにこの戦術を完成させたわけだし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015