単語記事: 火垂るの墓

編集  

火垂るの墓とは、1969年に発表された野坂昭如による小説、及びそれを原作としたスタジオジブリ製作高畑勲監督作品)のアニメ映画である。

映画1988年4月16日開。同時上映はとなりのトトロ

概要

野坂にとって自伝的な要素を含む小説である。襲により自宅や家族を失ったことや、焼け跡から食料を掘り出して西宮まで運んだこと、が飛んだ思い出、を亡くしたことなどは全て作者の経験に基づくものである。

しかし、西宮の親戚のに滞在していた時は食糧事情こそ悪かったものの小説とは違い、特にいさかいもかったという。を出て防壕で生活したという事実もない。むしろには冷たく当たってしまい、それを長年後悔していたという。

高畑勲によって映画化された際、先述したようにとなりトトロとの同時上映であった為、観客達は「ハートフルな描写に癒された直後にハートフルボッコな描写にまされる」というハードな体験をし、号泣しすぎて脱症状を起こした人や落ち込みすぎて座席から立ち上がれない人などが続出した。

また、兄妹の保護者である西宮の叔母を悪者のように描いている為、視聴者達にもそう見られがちだが、当時の生活状況や戦争現実というものを考えてみれば、一概に彼女だけを責める事はできないであろう。
だからといって兄妹が悪いのかというと、そういう訳でもない。 14歳と4歳の子供に一般常識めるのも、これまた酷な話である。 

それまでの生活環境突然変してしまい、兄妹はそれに順応できなかった。そして大人たちも、戦時下の厳しい状況ゆえに未熟な兄妹を気遣う余裕がなかった。要は「も悪くない、時代が悪い」という事だろうか。

ストーリー

1945年兵庫県神戸市西宮市近郊を舞台とし、親を亡くした幼い兄妹終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いもわず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた。

登場人物

清太(辰巳努)
本作の主人公14歳軍の大佐原作では大尉)をに持ついわゆるエリート少年である。
を失った事から節子と共に西宮に住む親戚に引き取られるが、叔母さんとの仲が険悪になっていきを連れてを出る。
その後、防壕を発見し兄妹だけの生活を始めるが、節子栄養失調に冒されて死去。自身も1945年9月22日三宮駅構内で死亡する。
アニメ映画は、死んだ彼の独から始まり、を荼毘に付す所で終わる。 
節子白石綾乃
清太ので4歳。明るくわがままでが大好きな女の子である。
と共に親戚に預けられるが色々わがままな発言を繰り返し叔母さんとの間に溝が出来、に連れられてを出る。
壕でと2人で楽しく暮らすが、食糧難がたたって栄養失調となり、に看取られてこの世を去る。遺体は清太の手によって火葬された。
親戚の叔母さん(山口朱美)
西宮に住む、清太と節子の親戚。
生前の兄妹に頼まれていたらしく、兄妹2人を引き取る。当初は好意的に接していたが、学校や勤労に行かずブラブラしている清太とわがままを言う節子に嫌気が差し、2人を邪険に扱うようになる。
だが、2人がを出て行く際には寂しそうな顔で見送っていた。
この事からも分かるように、決して悪い人ではない。
清太と節子(志良子
兄妹で年齢は不明。
清太と会話している時の「はいはい」という台詞が印的な、いかにも器量のよい優しそうな女性である。
だが逃げ延びた先で襲に遭い清太と面会した際には見るも残な姿になっていた。
その直後、静かに息を引き取る。
清太と節子
兄妹大佐原作では大尉)、年齢は不明。
連合艦隊に所属している巡洋艦の艦長で、厳格そうな貌をしている。
清太はが生きて帰ってくると信じていたが、彼の所属する連合艦隊全滅した。明確に描写はされていないものの、戦死した可性が高いと思われる。どの、自分の子供達と再び会うことはわなかった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93
ページ番号: 4362465 リビジョン番号: 2579257
読み:ホタルノハカ
初版作成日: 10/05/17 20:22 ◆ 最終更新日: 18/04/14 00:04
編集内容についての説明/コメント: 関連商品 に ついて 編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火垂るの墓について語るスレ

277 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 00:56:59 ID: 1rhZCL3KJ/
>>276
計算ではなく、良く作られた作品は自ずとそういう機を持つもんだ
278 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 02:42:02 ID: wgLzr/BW70
清太は野坂昭如自身の自己投影映画の中では現実への仕打ちの後悔の念から出来上がった理想像として描かれているけどその本質もちゃんと描かれている
その姿を時代を越えてこの映画を見るその時々の人々に考えてほしいとの思いが込められている
もちろん高畑本人の思想もあるのだろうけど、それとは別の監督としての意図も作品一つ一つに込められているはず

だから右翼左翼、反戦だの自己責任論だのと…聞いてるこっちが恥ずかしくなることを言うのはやめてくれ
279 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 19:04:07 ID: rON3kVgVfv
勘違いされるけど高畑監督の「火垂るの墓」は反戦映画ではない。
辛い時代にもがき苦しみながら生きた若者を描いた映画
それがたまたま戦時下であっただけで、辛い時代に生きるのは現代も変わらない。

ちなみに宮崎駿監督の「風立ちぬ」も同様の理由で、反戦映画ではない。たまたまその時代だっただけ。
280 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 21:12:35 ID: PrWLX1h2vw
岡田斗司夫の解説見てめちゃくちゃビックリした。扱いたかったテーマ戦争ものですらかったんだなぁ。
281 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 21:23:30 ID: ou+F/4RdBv
反戦ものなら戦闘路線(殺し合い)にしろ悲劇路線(虐殺される地獄絵図)にしろもっとハデに人死ぬだろ
火垂るの墓はそういう人の命が軽くなる描写は徹底して避けてる
282 : ななしのよっしん :2018/05/03(木) 15:35:32 ID: a2JKIwN+xw
>>275
ぱよぱよちーんw
パヨクはさっさとくたばってどうぞw
283 : ななしのよっしん :2018/05/03(木) 22:34:41 ID: e4eEIY9le3
はあっても行き倒れたのは物資が乏しい時代だったからか?

昔見た戦争もんの映画だと、はあっても戦時下でや食料が乏しくて買えないからそのまま節子みたいに症状が悪化して死んだ話を見たことある・・・
284 : 匿名 :2018/05/10(木) 18:41:00 ID: 4gxbWxh5o6
今更ながら岡田斗司夫火垂るの墓評論を聞いた。壮絶過ぎて笑うしかなかったわ。戦争反対とか、自己責任論とか、そういう次元の話じゃねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
285 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 09:11:18 ID: 9bFbf6aA0M
>>283
ライフラインに直結するもの(食料、)は配給制だった上に
市場も物々交換が流だった

ただ清太が行き倒れたのはほぼ自殺に近いと思ってるが
壕にいた頃は盗みをしながらでも食いつないでたわけだし
の帰還という最後の望みが潰えた上に節子という的も失ってはね

あと節子の死因は栄養失調ではなく
の有物質が身体に入ったことによる
免疫不全と臓器不全という説もあるな
実際を出る前から症状が出始めているし
栄養失調なら清太も同時に症状が出てないとおかしい
286 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 18:49:37 ID: Xkk0ASpH9Z
 この映画叔母さんってすっげえ役得だよな。
 だって兄弟からの形見を奪い取ってにして、協調性がいことに嫌み言いまくって自分から出ていくように仕向けたと言えなくもないからね。
 しかも実子がいるから清太と節子を結果として見殺しにしたとしても、周囲から非難もされないだろ?視聴者は別だけどさ。
 誤解のいように書いているつもりだけど、あの2人が自分からを出たことに叔母感謝してもいいぐらいだ(決して死んだからではない。死んだのは出て行った後の結果だから叔母責任い。)。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829