単語記事: 火引弾

編集

火引弾(ヒビキ ダン)とは、カプコンのゲーム『ストリートファイター』シリーズに登場する愛すべき馬鹿である。

以下、断りがない限り略称としてダンを用いる。

概要

ダン・ヒビキ

香港在住の日系人。

ダンがストリートファイトに身を投じた原因は格闘家であった父にある。
ダンの父、火引強は"ムエタイの王者"サガットと闘って命を落とした(サガットの右目はこの時に失われた)。父の仇への復讐に燃えたダンは剛拳に師事して功夫を積むが、剛拳にサガットへの殺意を看破され、破門される。
その後は師事の際に会得した拳術を元に自己流の格闘術「サイキョー流」を編み出し、これを世に広めつつサガットとの試合に臨むため、ストリートファイトに身を投じた。
(一方、皮肉なことに破門後に剛拳の弟子となったリュウは剛拳を殺されたことで殺意の波動に取り込まれてしまう。)

春日野さくらを弟子にしているが、あくまでもダンの自称によるもの。大体の作品では師弟というより親友であり、『ポケットファイター』ではあっさりサイキョー流を会得された上にリュウに追いつけないとして逐電されてしまう。

ブランカとは親友で、彼を本名であるジミーと呼んでいる。『ZERO3』ではシャドルー基地で一緒にちょっかいをかけ、『ストIV』では、ブランカと彼の母親を会わせるために協力していた描写がされている。

初登場作品は『ストリートファイターZERO』。この時は隠しキャラクターとして登場。以降、『VS.』シリーズや『ストIV』に登場する。

キャラ性能

「隠しキャラ」「サガット親父の仇」「復讐の拳」「剛拳に子入りしたが殺意を咎められて破門に」と、一見すると他の登場キャラクター同様に硬派な設定のように思われる。
だが、実際の性能がおよそ褒められたものではないのは、「素質を無駄にするスタイル」と評されたその「サイキョー流」拳法が原因であろう。本人の格闘センスは多分にある(プレイヤーの腕次第ではサガットにも打ち勝てる)のだが…。

通常技はそのほぼ全てにおいてリーチが短く、技がすぐに潰されるため強力なコンボを成立させにくく打点が低い。そのため立ち回りが根本的に弱い上、攻めが一度や二度通ったとしても逆転を許しやすい。

剛拳に破門されたためか、剛拳の弟子に伝授される「三種の神器」において中途半端さが顕著に出ており、自らの気を練って飛び道具とする技「我道拳(波動拳)」は同系統の技に比べ射程・判定が狭く、何処となく見た目もショボい。「晃龍拳(昇竜拳)」は昇竜拳では持続していた無敵判定が不安定になり、場合によっては撃ち落とされて返り討ち。ダン唯一の使える必殺技とされた「断空脚(旋風脚)」も作品毎の調節により浮沈が激しく、総じて旋風脚より弱い。

一方、ゲージ技については火力面では他のファイター同様ではあるのだが、派手さを追求した分使用後のスキが非常に大きく、必ずしも消費したゲージ分の有利を産むとは限らない体たらく。
結果、カプコンが意図した通り「玄人向けキャラ」「へっぽこキャラ」としてユーザーに知れ渡った。

また、ダンといえば、何といっても挑発が有名であろう。原則一試合に1回だけ使える挑発を、ダンだけは制限なく行うことができる。
更にダンは他のキャラにはないコマンド入力の挑発や空中挑発・しゃがみ挑発といった多彩な挑発が存在する。また作品によっては通常技以上の判定性能を持つ挑発(ただしダメージは1)もあるという挑発偏重ぶり。
さらにプレイヤーの悪ノリに応え、一切攻撃能力の無い前代未聞のスーパーコンボ『挑発伝説』まで実装された。特に最新の『IV』では挑発伝説をウルトラコンボでキャンセルできるようになり、挑発しつつスキを逆手にとってウルコンを叩きこむというどっかのセクシーコマンドーみたいなことも可能になった。

余談

その性能や挑発ばかり強調されることから「お調子者」というイメージがつきやすいが、設定上は上述の硬派な動機に加え英語・日本語・広東語・タイ語を完璧に使いこなし、ロシア語・フランス語・ブランカ語も意思疎通程度に話せるなど、意外に知的な面を持ち合わせる。
また他の格闘家よりも「俗な」性格のため、アンソロなどの派生作品上では「間が抜けてるけど頼りになるお兄さん」のようなポジションを与えられることも多いようだ。

特に単独で商業発売された漫画「さくらがんばる!」ではその語学力の高さや世故長けた設定を生かし、主人公・春日野さくらの世界巡業の先導役となり、文字通り「さくらのアニキ」とも言える活躍をしている。また、この作品以降ダン本人も単なるジョークキャラという味付けから脱却され、むしろ同作のような人格者ぶりが強調される傾向が強くなった(上述ブランカのエピソードはその証左)。

またⅣでは製造業に手を染め、「サイキョー流ブランド」と称して格闘技用品や洗剤を売り、さらにCMまで流してしまうという、どっかの「さいどびじねす」でちゃんこチェーン店を世界に広めたRIKISHIのパロディまでやっている。

備考

元のキャラデザインやモーションが酷似しているということで、SNK『龍虎の拳』に登場するサカザキ一家などのパロディと目されていることは有名。詳細はWikipediaのダンのページ内にあるSNK作品との関連をご覧ください。
また、その噂を知ってか知らずか、SNKシリーズとストリートファイターが絡むとダンの性能が強化される傾向にある(というよりも三種の神器がリュウケンを越えにくい以上そっちを強化しなければダンの立つ瀬がないというジレンマによるものだが)。

共通項は不明だが『ストIII』に登場するショーン・マツダと比較されやすい。剛拳の元で修行した過去がある点から素質の高さはダンが上=ダンの方が強いとのファンの意見が多い(公式見解ではない)。それを知ってか知らずか、ストⅣでも高飛車な台詞が目立つ。

関連動画

関連商品

 

関連項目

  • ストリートファイターシリーズのキャラクター一覧
  • ストリートファイターZERO3
  • ストリートファイターIV
  • リョウ・サカザキ
  • ユリ・サカザキ
  • ロバート・ガルシア

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB%E5%BC%95%E5%BC%BE
ページ番号: 4194769 リビジョン番号: 2412928
読み:ヒビキダン
初版作成日: 09/10/31 20:30 ◆ 最終更新日: 16/10/03 23:56
編集内容についての説明/コメント: あやふやな表現や、敬語と言い切りの混在文の修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ダン ヒビキ リベンジ

ダン・ヒビキ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火引弾について語るスレ

57 : ななしのよっしん :2015/04/24(金) 15:03:18 ID: 1pMjXwD1Am
作られた経緯が悪いわな
58 : ななしのよっしん :2015/07/11(土) 02:12:53 ID: st1O/0byt1
DC版のサイキョー流道場ではキャンセル系スキルを習得させると
前転挑発をキャンセルしてスパコンを出せたりして無茶苦茶楽しかったYO!
59 : ななしのよっしん :2015/07/15(水) 22:15:03 ID: cJ3paM6WxV
我道拳を撃つ際は笑顔を忘れるな(ポケットファイターより)
60 : ななしのよっしん :2015/09/08(火) 05:25:13 ID: CWTnA5I2Y6
カプエスでゴッドルガールを相手にする時にダンはすごい役に立った。
どう役に立ったかというと、ルガールのやつ、こっちが飛び道具使うとすぐさまバリアを貼って反射しようとするものだから、我道拳なんてこっちに届きやしない。
バリアが無くなるまでの間に断空脚でコツコツ稼いで行ったら意外とあっさり勝てたわ。マジ、サイキョー。
61 : ななしのよっしん :2015/10/17(土) 21:30:05 ID: 6slkRZLn4B
最強ファイターズのダンもなかなか使っていて楽しいぞ。ダンの親父もちょっと出るし、ポケファイの「鼻からビーム」ネタもある。Lv2挑発伝説はマジ必見。
62 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 02:02:07 ID: cJ3paM6WxV
努力の方向性を間違っているだけで決して本人性能が低いわけじゃない
って開発者ブログだかで読んだ覚えがある
63 : ななしのよっしん :2016/01/03(日) 05:58:58 ID: exxwvmXpaA
学もあり、商売の才能もあり、戦う素質もある。
努力を無駄遣いしまくってるけど総合的なスペックはクソ高いよね弾
64 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 01:34:31 ID: eMLjoI4F6Y
こういうキャラはある意味二度と出てこないだろうな…
今の時世だとハイスコアガールとかK9999の様な扱いにされるのは自明だし
65 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 01:44:51 ID: KmGgzfelbk
>>63
ビジネスマンとしてはエリート級だしな。
個人スペックは超高いんだけど使い方を間違ってる典型例。
66 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 07:02:31 ID: tZJygL6MQr
ショーンと比較されやすいって、ショーンは高校生の格闘技大会の一回戦敗退レベルだぞ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015