単語記事: 火引弾

編集

火引弾(ヒビキ ダン)とは、カプコンゲームストリートファイターシリーズに登場する愛すべき馬鹿である。

以下、断りがない限り略称としてダンを用いる。

概要

ダン・ヒビキ

香港在住の日系人。

ダンストリートファイトに身を投じた原因は格闘であったにある。
ダン火引強は"ムエタイの王者"サガットと闘って命を落とした(サガットの右はこの時に失われた)。への復讐に燃えたダン剛拳に師事して功夫を積むが、剛拳サガットへの殺意を看破され、破門される。
その後は師事の際に会得した拳術を元に自己流の格闘術「サイキョー流」を編み出し、これを世に広めつつサガットとの試合に臨むため、ストリートファイトに身を投じた。
(一方、皮なことに破門後に剛拳子となったリュウ剛拳を殺されたことで殺意の波動に取り込まれてしまう。)

春日野さくら子にしているが、あくまでもダンの自称によるもの。大体の作品では師というより親友であり、『ポケットファイター』ではあっさりサイキョー流を会得された上にリュウに追いつけないとして逐電されてしまう。

ブランカとは親友で、彼を本名であるジミーと呼んでいる。『ZERO3』ではシャドルー基地で一緒にちょっかいをかけ、『ストIV』では、ブランカと彼の母親を会わせるために協していた描写がされている。

初登場作品は『ストリートファイターZERO』。この時は隠しキャラクターとして登場。以降、『VS.』シリーズや『ストIV』に登場する。

キャラ性能

「隠しキャラ」「サガット親父」「復讐の拳」「剛拳子入りしたが殺意を咎められて破門に」と、設定だけ抜き出せば他のキャラ同様の硬な味付けがつけられているが、実際の性はおよそ褒められたものではない。
本人の格闘センスは多分にある(プレイヤーの腕次第ではサガットにも打ち勝てる)のだが、「素質を駄にするスタイル」と評されたその「サイキョー流」拳法が原因のようだ。

通常技はほとんどにおいて判定が短く、また相手を気絶させにくく、技がすぐに潰されるため強コンボを成立させにくく、そして競り負けやすい(同じタイミングで技を出してもこちらの技が潰され、一方的に喰らう場面が多い)。
剛拳に破門されたためか、剛拳子に伝授される「三種の神器」において中途半端さが顕著に出ており、自らの気を練って飛び道具とする技「拳(波動拳)」は同系統の技にべ射程・判定が狭く、それにもまして見たがショボい。「拳(昇竜拳)」は昇竜拳では持続していた無敵判定が不安定になり、場合によっては撃ち落とされてボコられる。ダン一の使える通常技とされた「断脚(旋脚)」も作品毎の調節により浮沈がしく、総じて旋脚より弱い。
一方、必殺技はさすがにゲージを消費するだけあって他のファイター同様の火力を与えられているが、手さを追求した分使用後のスキが非常に大きく、必ずしも消費したゲージ分の有利さが生まれるとは限らない。
結果、カプコンが意図した通り「玄人向けキャラ」「へっぽこキャラ」としてユーザーに知れ渡った。

また、ダンといえば、何といっても挑発が有名であろう。原則一試合に1回だけ使える挑発が、ダンだけは制限なく行えるからである。
特にダンは他のキャラにはないコマンドの挑発や中挑発・しゃがみ挑発といった多な挑発が存在するほど挑発にが入っている。また作品によっては通常技以上の判定性を持つ挑発(ただしダメージは1)もあるという挑発偏重ぶり。
さらにプレイヤーの悪ノリに応え、一切攻撃い前代未聞のスーパーコンボ『挑発伝説』まで実装された。特に最新の『IV』では挑発伝説ウルトラコンボキャンセルできるようになり、挑発しつつスキを逆手にとってウルコンを叩きこむというどっかのセクシーコマンドーみたいなことも可になった。

余談

その性や挑発ばかり強調されることから「お調子者」というイメージがつきやすいが、設定上は上述の硬な動機に加え英語日本語・広東タイ璧に使いこなし、ロシア語フランス語ブランカも意思疎通程度に話せるという。
また他の格闘よりも「俗な」性格のため、アンソロなどの生作品上では「間が抜けてるけど頼りになるお兄さん」のようなポジションを当てられることもある。

特に単独で商業発売された漫画さくらがんばる!」ではその学力の高さや世故長けた設定を生かし、主人公春日野さくら世界巡業の先導役となり、文字通り「さくらのアニキ」とも言える活躍をしている。また、この作品以降ダン本人も単なるジョークキャラという味付けから脱却され、むしろ同作のような人格者ぶりが強調される傾向が強くなった(上述ブランカエピソードはその左)。

またでは製造業に手を染め、「サイキョーブランド」と称して格闘技用品や洗剤を売り、さらにCMまで流してしまうという、どっかの「さいどびじねす」でちゃんこチェーン店を世界に広めたRIKISHIパロディまでやっている。

備考

元のキャラデザインやモーションが酷似しているということで、SNK龍虎の拳』に登場するサカザキ一家などのパロディされていることは有名。詳細はWikipediaダンページ内にあるSNK作品との関連をご覧ください。
また、その噂を知ってか知らずか、SNKシリーズストリートファイターが絡むとダンの性が強化される傾向にある(というよりも三種の神器リュウケンを越えにくい以上そっちを強化しなければダンの立つ瀬がないというジレンマによるものだが)。

共通項は不明だが『ストIII』に登場するショーン・マツダ較されやすい。剛拳の元で修行した過去がある点から素質の高さはダンが上=ダンの方が強いとのファンの意見が多い(これは公式見解ではありません)。それを知ってか知らずか、ストⅣでも高飛車台詞立つ。

関連動画

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%AB%E5%BC%95%E5%BC%BE
ページ番号: 4194769 リビジョン番号: 1770546
読み:ヒビキダン
初版作成日: 09/10/31 20:30 ◆ 最終更新日: 13/03/17 19:02
編集内容についての説明/コメント: 割り遊びに関する文章を削除しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ダン ヒビキ リベンジ

ダン・ヒビキ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火引弾について語るスレ

47 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 03:48:59 ID: bWfOHSx5Ji
ZERO1ダンストーリー

ゴウケンの前に、その額を床に接するようにして、1人の若者が座っていた。
どこで聞きつけたのか、人里離れた山で己の技にさらに磨きをかけんとする
ゴウケンのもとに、教えを乞おうと若者はやってきたのだった。
みてゴウケンは見抜いた。
この若者の中に、類稀な闘いの才が秘められていることを……。
ダンとやら、お前はその拳に何をめる」
そのゴウケンの言葉に若者は静かに頭を上げ、としてこう答えた。
「ただ、強さのみ!」
ゴウケンダンの才興味を持ち、子として迎え入れてから、
いくばくかの日が流れていた。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
48 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 03:50:32 ID: bWfOHSx5Ji
漆黒の闇の中、ロウソクの明かりだけがほのかに揺らめく場に、
初めて出会った日のように、じっと対座する2人の姿があった。
ダンよ、お前は何を背負っている」
その問いに顔を背けて沈黙するダンを見て、ゴウケンゆっくりと立ち上がった。
「ならばお前の拳、封じるしかあるまい」
静かに歩み寄り、膝の上に置かれたダンの拳を掛けて突きを放った。
身をこわばらせたダンゆっくりを開けると、その突きはダンの拳の直前で止まっていた。
いやしくも師として、教えを授けた子の拳を自らの手で砕くことなど、
ゴウケンにできようはずもなかった。
ダンよ、わしの前から立ち去れ……そして、拳は捨てよ」
背を向けそう言い放つと、ゴウケンは涙を流すダンを残したまま、場を出ていった。
そのダンゴウケンのもとを去った。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
49 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 03:52:20 ID: bWfOHSx5Ji
ZERO2ダンストーリー

必勝頼拳

白熱灯に照らされ、浮かび上がる2人の男。
メートルす大男が、苦しそうに荒い息をしている。
そこに飛びかかるもうひとりの男。
「あれは……オレの、オヤジ? そうだ、あれは……
ムエタイチャンピオンに挑むオヤジの姿だ。て、ことは……!? 
だめだ……やめろ、やめてくれ!!」
大男の眼が見開き、狂暴なを放った。
それは吹き出す鮮血だった……。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
50 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 03:53:47 ID: bWfOHSx5Ji
おもむろに立ち上がるダン。体中にみなぎる炎のごときパワー
前に揺れるサンド・バッグの前に立ち、ダンを解き放った。
オラオラオラオラオラアアァァァーー!!」
すさまじい勢いで蹴りや突きが放たれ、一分のスキもなくサンド・バッグに吸い込まれてゆく。
もてるすべての技を時にたたき込む……
ダンの怒りが臨界に達したとき、抑止不可能絶技「必勝頼拳」が発動する。
ゥ拳ンン!!」
あとかたもなく消し飛ぶサンド・バッグ。
いまやダンに、サガットを恐れる心はない。
恐れは怒りに、脅えは憎しみに変えてみせる
……己に課した誓いを確かめるかのように、ダンはひとり、拳を突き上げるのだった。
51 : ななしのよっしん :2013/03/23(土) 03:56:13 ID: bWfOHSx5Ji
ストリートファイター15周年本より

ー『ZERO}シリーズだとダンも際立ってましたよね?
安田 あれは船さんがいれたんでしたっけ?
 あれは作らせてくれって、うっしー君が。
安田 うっしー君が知らない所で作ってたんですよね。主人公系だから作りやすいし。
 他社とかのゲームでこっちで一生懸命作ったパターンとかをそのまま
そっくり真似しているキャラクターとかいて、うっしー君は怒っていたんですよ。
で、「真似すんなー」って意味でおちょくりキャラとして作らせてくださいと(笑)
すごい最初は嫌がられたんですけど、以外に定着しましたね。
52 : ななしのよっしん :2013/04/26(金) 15:35:40 ID: OgGA3+9dnZ
ポケファイだと拳の飛距離パンチリーチ以下だったんだよな
53 : ななしのよっしん :2013/08/14(水) 12:01:35 ID: PDmsU3PBg0
当時は「ダンで勝ってこそカッコいい」という潮があった。
あえて最弱キャラで強キャラを倒すことでカタルシスを味わうが、
それには全にキャラを使いこなせるという努の賜物であった。
特に「挑発伝説」をジャマしにやり遂げた快感はたまらない。
54 : sage :2014/01/13(月) 21:31:16 ID: JRsG5vsLiZ
zerozero2か忘れたけど(今は知らんけど少なくとも)当時の設定では
素質だけは元々リュウケン以上だったんだよね
動機が殺意の波動に直結しかねない危ういものだったから破門はされたけど
55 : ななしのよっしん :2014/04/13(日) 12:55:45 ID: ev7W1qeebQ
つまりプチ豪鬼が生まれる可性もあったと。
56 : ななしのよっしん :2014/04/29(火) 01:46:47 ID: /XXUrN/f+x
今までずっと「引火弾」と思ってたw
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015