単語記事: 灰

編集

とは、燃えた尽きたあとの残り物である。

燃えたよ… まっに…燃えつきた… まっに…

なにを燃やしたのかにもよるが、さまざま化学物質を含み、着火や洗浄などに利用されてきた。

のような色を灰色という。

漢字として

Unicode
U+7070
JIS X 0213
1-19-5
部首
火部
画数
6画
𤆆
Unicode
U+24186
部首
火部
画数
6画
意味
はい、はい色、生気のない、意気消沈した、ほこり、焼き尽くす、という意味がある。
字形
火+又の会意。火の燃え残りを手に取る意。〔説文解字〕の本字は𤆆で、〔説文・巻十〕に「死火の㶳なり。火にひ又にふ。又は手なり。火、に滅っして、以って執持す可し」とある。
音訓
読みカイ音)、ケ(音)、訓読みは、はい。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
符とする漢字には、恢などがある。
隕・心・燼・

異体字

  • 𤆆は、〔説文〕の本字。

関連商品


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%B0
ページ番号: 4832595 リビジョン番号: 1914526
読み:ハイ
初版作成日: 12/02/25 22:44 ◆ 最終更新日: 13/10/25 17:57
編集内容についての説明/コメント: 自動リンクすべき
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

灰について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/01/16(水) 09:13:55 ID: hkVsOE+fAz
死亡ロスト
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015