単語記事: 灼眼のシャナ

編集

灼眼のシャナ』(しゃくがんのしゃな)とは、2002年から2012年まで電撃文庫より刊行された高橋弥七郎著のライトノベル作品、またはこれを原作とするアニメ漫画ドラマCDゲームのことである。

概要

人間の持つ「存在の」を喰うことで「いなかったこと」にする異世界の住人“世の徒”(ぐぜのともがら)と、それを討つことでこの世のバランスを維持する元人間の異フレイムヘイズが、人間社会の裏に存在し戦い合う世界を舞台に、シャナ坂井悠二の成長と戦いと恋愛を交えて描かれる痛快娯楽作品。

原作ナンバリングである本編22巻に加えて短編集4巻の全26巻。累計860万部を越える人気作である。本編の巻数表記はローマ数字のため、終盤になるにつれては表記がだいぶややこしいことになっている。イラスト担当のいとうのいぢが初めてラノベの挿絵を手がけた作品であり9年間に渡って刊行されているため、上達ぶりをつぶさに見ることができる。

広い世界を舞台とする長編物の宿命として、かなり登場人物が多くなっている。また、群像劇の傾向が強く、主人公であるシャナ二以外のキャラクターに焦点を当てることも多い。全巻読んだ後に、wikipediaに載ってる登場人物一覧表を見ておくと良いかもしれない。

この作品では本編に連なる短編(あるいは中編)は『外伝』、本編とは繋がりのないなんでもありな話は『番外編』と定義されている。違いは中身で一瞭然だが、タイトルも外伝はカタカナ表記で、番外編はひらがなで表記され区別されているため判別は容易である。

これとは別に5の倍数巻(除く20巻)では本編プロローグエピローグに挟みつつ、本編過去を描いた外伝が描かれているが、これは現代である本編ストーリーに深く関わる過去編であるため。

ドラマCD漫画アニメなどメディアミックスも広く展開しており、ドラマCDゲーム漫画では、作者による公式外伝も存在する。

基礎用語

→ 灼眼のシャナの用語一覧を参照

アニメ版

2005年10月テレビアニメ第一期が放映され、2007年にはTVシリーズ第二期「灼眼のシャナⅡ」(全23話)が制作、放映。第一巻を較的原作寄りにアニメ化した劇場版制作された。

2009年10月からはOVAシリーズ灼眼のシャナS』(全4巻)が発売され、2010年10月から第一期が再放送された。

2011年、続けて第二期も再放送され、第三期III-Finalが告知された。同年10月より「灼眼のシャナⅢ」(全24話)が放送され、最終巻までをアニメ化完結した。

二期&三期について詳しくははそれぞれ「灼眼のシャナⅡ」「灼眼のシャナⅢ」を参照。

第一期「灼眼のシャナ」について

原作とはキャラの性格・設定・ストーリーデザインなどが大きく変されており、基本的に原作とは別物と考えた方が良い作品である。

これは第一期制作時点では二期の制作企画は全く立ち上がっておらず、(当時は最初で最後のアニメシャナになるはずだった)第一期を切り良く終わらせるためのオリジナルストーリーを重視した結果と、想定外に始まった二期以降もその変に引きずられているという面が強い部分もある。

こうしたことから、原作には全く存在しないアニメオリジナルキャラクター具なども幾つも存在する。

原作アニメ化したもの」としての評価は微妙であるが、単純なアニメ作品としては十分に成功の域の作品であり、『灼眼のシャナ』の知名度を大きく広げた。

アニメDVDの特典映像では、「シャナたん」というシャナデフォルメキャラが登場しする。また、原作が同じ出版社(角川)であることや、アニメ制作会社が同じ(J.C.STAFF)であることから、とある魔術の禁書目録インデックス友情出演したことがある。

各話リスト

毎週火曜日更新。第1話は無料、以降は1週間無料。全24話。

話数 サブタイトル 動画
第1話 全ての終わり、一つの始まり
第1話「全ての終わり、一つの始まり」
第2話 る炎
第2話「灯る炎」
第3話 トーチとフレイムヘイズ
第3話「トーチとフレイムヘイズ」
第4話 惑いのフレイムヘイズ
第4話「惑いのフレイムヘイズ」
第5話 それぞれの想い
第5話「それぞれの想い」
第6話 交錯・発動・対決
第6話「交錯・発動・対決」
第7話 二人のフレイムヘイズ
第7話「二人のフレイムヘイズ」
第8話 麗しのゴブレット
第8話「麗しのゴブレット」
第9話 欲望プールサイド
第9話「恋と欲望のプールサイド」
第10話 絡まる想い
第10話「絡まる想い」
第11話 二とシャナキス
第11話「悠二とシャナとキス」
第12話 ゆりかごは咲いて
第12話「ゆりかごに花は咲いて」
第13話 校舎裏の宣戦布告
第13話「校舎裏の宣戦布告」
第14話 偉大なる者
第14話「偉大なる者」
第15話 炎の生まれた日
第15話「炎の生まれた日」
第16話 灼眼の討ち手
第16話「炎髪灼眼の討ち手」
17 新たなる序章
第17話「新たなる序章」
第18話 砕ける願い
第18話「砕ける願い」
第19話 戦いの中で
第19話「戦いの中で」
20 非情のヴィルヘルミナ
第20話「非情のヴィルヘルミナ」
21 遠ざかる想い
第21話「遠ざかる想い」
22 揺らぐ炎
第22話「揺らぐ炎」
23 殿の戦い
第23話「星黎殿の戦い」
第24話 の想い
第24話「紅蓮の想い」

漫画版

漫画版は『コミック電撃大王』にて連載されていた。全10巻。原作にほぼ忠実な設定・ストーリーデザインで評価も高かったが、原作5巻の過去編を前にして連載終了となった。作画人。

また、『電撃マ王』にて原作10巻を元にした外伝「灼眼のシャナX Eternal song -かなる歌-」が2012年まで連載された。全5巻。作画木谷椎。

登場人物

メインキャラ

 シャナ - ドラマCD 堀江由衣/アニメ釘宮理恵
主人公。元人間の異者「フレイムヘイズ」の一人。契約している世の王“壌の劫火”アラストールフレイムヘイズとしての称号は『灼眼の討ち手』(えんぱつしゃくがんのうちて)。
元々名前はかったが、世の王狩人”フリアグネ(かりうど Friagne - ドラマCD 松風雅也/アニメ諏訪部順一)を捉えるために「存在」を借りたトーチ「平井ゆかり」(浅野真澄)と区別するために、坂井悠二が彼女の武器である大太刀『贄殿遮那』から「シャナ」と呼ぶようになり、フリアグネ戦で消え果てそうになっていた彼の「ずっと使って欲しい」という願いもあって、以後自分の名前にした。
アニメ版ではツンデレを強調するためか、原作より態度がキツかったり、交友関係が狭かったり、性格に変更が見られる。頑張れ!
坂井悠二 (さかい ゆうじ) - ドラマCD 森田成一/アニメ日野聡
もう一人の主人公。しかし人間だった本物の坂井悠二物語が始まる前からとっくに存在のを喰われて死亡してトーチになってしまっている。
自分がもう死んでいて、そのうち「いなかったこと」になることにショックを受けたり、自分の命綱である宝具零時迷子」が色々問題を抱えていたり、中にかいたりするものの、フリアグネとの戦いの中で見つけた「自分が何者でも、どうなろうと、ただやる」という答えや、自分の正体を知って支えてくれるシャナアラストールたち、何も知らずとも大切な家族や友人たちへの思いを胸に頑る。
アニメ版ではヘタレなのに何故かモテモテというキャラ付けにされたらしく、トーチが消費されることに怒ったり、足手いであることが分かってるのにシャナの戦闘を追いかけてて邪魔をしたり、シャナフレイムヘイズとしての行動を否定したりと、原作とは反対の行動をよく取ったりする。シャナが一置く要因になった知恵を働かせる場面もアニメ版ではカットされたり、女性に対しての配慮もかったりする描写があるが、それでも原作より女性にモテる。
アニメの特典映像では、シュドナイとのアーッ!な絡みが描かれていたりする。
壌の却火” アラストール(てんじょうのごうか Alastor) - ドラマCD 大塚明夫/アニメ江原正士
シャナ契約している世の王。シャナを器にしており、本体をシャナの身の内に休眠させ、普段はペンダン器“コキュートス”に意思のみを表出させている。
シャナの育ての親の一人であり、かなり親馬鹿

その他のキャラクター

吉田一美 (よしだ かずみ)- 川澄綾子
坂井悠二同級生入学式に優しくされた事で坂井悠二に好意を持っている。
アニメ版では出番は増えたが、戦闘を持っていないため、そのほぼ全てで単なる足手いになってしまっている。そしてアニメ版のオマケ「灼眼のしゃなたん」ではブラック吉田として覚醒を遂げた。
池速人 (いけ はやと) - 野島裕史
坂井悠二同級生で親友。頭も気も回る頼りがいのあるナイスガイで通称「メガネマン」 と呼ばれている。
しかし、巻を経るごとに出番がくなっていくと言う不幸キャラ吉田一美の相談に乗ってるうちに、少しずつ彼女に惹かれていく。物語開始当初の二の友人グループ二・池・田中佐藤)の中で世のことを知らず、いつのまにやら日常徴の一人に。
アニメ版では最初から出番が少なく、何事にもなのに何かと失敗の多いコメディリリーフになった。
 
佐藤啓作(さとう けいさく) - :野島健児
坂井悠二同級生で友人。とりあえず美を付けても良い少年だが軽薄っぽい見たノリが軽くお祭り好き、話好きで社交的なクラスのムードメーカー持ちの息子だが家族とは色々あり、別居状態。中学時代は荒れていたが、「ポーズだけの反抗」のカッコ悪さを感じるくらいには成長しており、学校にもに通っている(成績は芳しくないが)。
フレイムヘイズであるマージョリー・ドーと出会い、彼女に自宅にある個人用バーを寝床として提供している。そして、これを切っ掛けに昔からの親友である田中栄太と共にマージョリーの一の子分としてサポートをするようになる。 
アニメ版では、中学時代に荒れていたことを強調するためかキツめの性格に変更されており、二とも友人ではなかった。2期になっても主人公坂井悠二と関わりをあまりもたなかった。
田中栄太 (たなか えいた) - :近藤孝行
坂井悠二同級生で友人。短で大柄な体を持つ少年。昔からの親友である佐藤と共にクラスの騒ぎの中心となることが多いノリの良い性格で、「気は優しくて持ち」な性格。中学からの同級生である緒方おがたまたけ)から好意を持たれているが、本人は全く気づいておらず、友人として親しく接している。
佐藤とともにマージョリー・ドーと出会ったことが切っ掛けで、マージョーリーの一の子分(佐藤田中も一の子分を名乗っている)としてサポートをするようになった。
アニメ版では、佐藤同様、二に嫌味を言うなどキツな性格に変更されており、友人ではなかった。
マージョリー・ドー(Margery Daw - 生天目仁美
元人間の異者「フレイムヘイズ」の一人。
契約している世の王牙”マルコシア(じゅうりんのそうが Marchosias - 岩田光央)のフレイムヘイズとしての称号は『弔詞の詠み手』(ちょうしのよみて)。人間時代に復讐を誓っていた相手を「」と呼ばれる世の徒に喰われたことを切っ掛けに、フレイムヘイズになることを決断する。世の徒に対し非常の意強い敵愾心を持っており、基本的にとされていた”屍拾い”ラミー(しかばねひろい Lamies - 清川元夢)をも攻撃しようとするなど、好戦的なキャラクターとして描かれている。
鼻にいた、ずんぐりむっくりな獣の炎の衣『トーガ』をう。アニメ版ではトーガが鼻や舌もあるリアル獣のようになっており、当然原作のように着ぐるみのように口から顔を出すシーンい。
 
ヴィルヘルミナ・カルメルWilhelmina Carmel) - 伊藤静
元人間の異者「フレイムヘイズ」の一人。闘うメイドキャラの一人。
契約している世の王夢幻の冠帯”ティアマトー(むげんのかんたい Tiamat - 渡辺明乃)のフレイムヘイズとしての称号は『万条の仕手』(ばんじょうのして)。
アラストールと共にシャナの親代わりと教育係を務めた。先代の『灼眼の討ち手』ティルダ・サントメールMathilde Saint-Omer - 岡村明美)とは旧知の仲であり、コンビで闘うことも常であった。シャナ坂井悠二と仲良くなることを良しとせず、二に対して厳しい態度を取っていたこともあった。
近接格闘の達人であり、本人の技量に加え、仮面から鬣のように噴出する強化されたリボンを操る事で、任せの攻撃は一切通じない戦技無双の投げ技を得意とする。アニメ版では投げ技を使わず、リボンを手に持って突撃といった戦法も使う。
 
”頂の座” ヘカテー(いただきのくら Hecate) - 能登麻美子
世の王。“徒”の大組織[仮装舞踏会](バルマスケ Bal Masqué)の幹部『三柱臣』(トリニティ Trinity)の一人。少女の姿をしているが数千歳以上。
巫女としての職務以外にあまり興味・関心を持たない性格で、感情・関心な印を与えるが、職務怠慢な同僚に嫌味を言ったり、の付く変人で多くの者に厄介者扱いをされてる“徒”を「おじさま」と慕ったりと、芯はしっかりしている。
アニメ版では「からっぽ」な性格・設定になっており、虚な過去しか持たず、大な器を持っていても満たされないことから、満たされることを望んでいるという、もはや名前が同じな別人ともいえるキャラクターになっている。でも出番は増えた。
 

アニメ版の主な楽曲

灼眼のシャナ

緋色の空 - オープニング(1 - 16話)
歌:川田まみ / 作詞川田まみ作曲編曲中沢伴行
being - オープニング17 - 24話)
歌:KOTOKO / 作詞作曲KOTOKO編曲高瀬一矢

灼眼のシャナII

JOINT - オープニング(1 - 15話)
歌:川田まみ / 作詞川田まみ作曲中沢伴行編曲中沢伴行尾崎武士
BLAZE - オープニング(16 - 24話)
歌:KOTOKO / 作詞KOTOKO作曲編曲高瀬一矢

関連動画

関連商品

関連チャンネル・コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%81%BC%E7%9C%BC%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8A
ページ番号: 99106 リビジョン番号: 2401821
読み:シャクガンノシャナ
初版作成日: 08/05/19 14:12 ◆ 最終更新日: 16/09/04 02:17
編集内容についての説明/コメント: 各話リストの動画へのリンクをサムネに変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ネタ相関図改訂版

ネタ相関図

そしてメロンパンは伝説に

シャナ

もしもグラサンがココ・シャネルだったら

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

灼眼のシャナについて語るスレ

390 : ななしのよっしん :2015/12/12(土) 23:18:56 ID: 1+sncl9Lxk
そういや贄殿遮那は刻んだ全一式の大命編を破壊できるのかな?
矛盾の話みたいになっちゃうけどw
一介のミステスなんぞより創造のほうが上かねえ
でも大命編は防御のために作ったわけでもないし、どうなるんだろ
391 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 02:22:47 ID: qDU2lwiENG
ディバゲコラボしたりlineスタンプ(まさかのボイス付)出たり最近動きが多くて嬉しい。
狼と香辛料が新作読み切りやるらしいし、シャナも新作やってくれないかなぁ。
綺麗にまってるし後日談もあるから蛇足だと思う人も居るだろうけど、シャナの新作見れるならそれはとっても嬉しいなって思う。
392 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 23:12:28 ID: Q/4x3nQM0I
>>390
創造の創造物って意味では同格で全一式と同じく通常の破壊や干渉を受け付けないタルタロスの断片を破壊してるから行けそう
393 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 20:29:54 ID: oi2Tt/V6bf
電撃の大看のひとつだったから、いつかは読まなきゃと思いつつもなかなか読まず……

電撃の名作を辿る的なことをしてるけど、展開が似てる&冊数多いでくじけそう
394 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 15:27:13 ID: PwtKPwZONh
>>392
なるほど
まあ確かにその理論はも思ったことあるけど、タルタロスはたしかそのものの破壊干渉遮断じゃなくて、対の干渉等を遮断するのがメインだったような気がしたからさ
まあ全一式だって遮断がメインじゃないってこと考えれば同格とみなせる、とも考えられるけど
まあ何とも言えんな 壊せそうな気がするっていうくらいか
あとはまあ神威召喚時の天罰VS贄殿遮那もどうなるんだろうって思うけど、こっちはアラストールのが上な気がするよね さすがに
395 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 15:32:23 ID: PwtKPwZONh
>>393
さらにこのラノベは、較的一般的に見て非常に読みにくいっていうのもあるからね
は別にいうほど読みにくくはなかったけど、まあ読みにくい部類だろうってのは明らかに分かる感じだし
日常がちょいだれるのもある
まあ5巻ごとに外伝はいるとか、敵がかっこいいとかあるから、読む気になって全部そろえてなおかつ自分に合えば、読むのはそこまで苦労はしないはず
逆に合わなかったら読まなくなるという可性もあるが、まあとりあえず何巻か読んでみないことには始まらない感じかな いや当然のはなしではあるけどw
396 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 20:14:43 ID: Od+TSU3lAM
アニメDVD100円で投げ売られてたから、思わず2巻まで衝動買いした感想。
だいぶ原作とは違うね。ただ演出はいいし、記事にある通り「単体作品としては」出来がいい。
理矢理な圧縮があるわけでもないし、ラノベアニメ化としてはだいぶ恵まれている方なんだろうね。
397 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 00:57:45 ID: JYlxwrT4Kd
シャナアニメ化した当時は深夜ラノベアニメが二期三期なんて夢のような話だったからな
オリジナルで締める決断はまあ当然っちゃ当然
代替としての劇場版だったろうし
まあ予想に反して続いてしまった故に歪みが生じてしまったのはある意味不幸なのか
398 : ななしのよっしん :2016/07/15(金) 04:58:24 ID: VoZTsyFQI5
携帯の使い方を知らない所に時代を感じた
399 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 22:39:06 ID: oi2Tt/V6bf
>>395
ちょろちょろ読みはじめたけど、面いわ。
確かに文章は下手(意味がわからなくなって前のに戻ること幾度)だけど、作者の言いたいことはよく伝わってくる。
ストレートな表現で、熱い気持ちが込められたいい文章だと思う。

今5巻を読み終えたけど、満足度の高い一冊だった。
優しくのある環境、それに応えるシャナ、登場人物が皆前を向いている姿はとても々しく羨ましい。
ファンタジー小説かくあるべしってカンジだったね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015