単語記事: 無双竜機ボルバルザーク

編集

無双竜機ボルバルザークとは、TCGデュエル・マスターズ」に登場するカードである。

能力

マナコスト7 火/自然文明 クリーチャー パワー6000
アーマード・ドラゴン/アースドラゴン
マナゾーンに置く時、このカードタップして置く。
■このクリーチャーバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■W・ブレイカー

概要

初出は第10弾「拳編(エターナル・アームズ)」。レアリティベリーレア。俗称は「ボルバル」。
デュエル・マスターズ史上初のプレミアム殿堂入りカード禁止カードである。

スピードアタッカーや他のパワー6000のクリーチャーを破壊するは言うまでもなく強だが、このカードの最大の特徴はエクストラターンと特殊敗北条件にある。自分のターンがもう一度行えるということは、

ということになる。
これにより、自分が負けそうな展開においてもこのクリーチャーを場に出して逆転を図ったり、ゲームが自分に傾いているときに最後の一押しとして使うことで確実に相手を仕留めることもできる。
ただしその代償として、そのエクストラターンで勝てなければ条件で自分の負けとなる。よってこのカードを出した間、そのゲームラスト2ターンで勝敗が決まるという、極端な流れをすることとなる。

そしてそのあまりの強さ故にデュエル・マスターズというTCGそのものを壊しかねないほどに暴れまわることになった。

ボルバルの歴史

拳編1弾
このパックでボルバルは初登場となる。
発売された当初はデメリットばかりがについて強カードとしては思われておらず、同じ弾の強コスト踏み倒し呪文なる大地」や相手のS・トリガーを使うことができる「陽炎の守護者 ブルーメルキス」に注が集まっていた。また、多色カードの登場によって「アクアン」が更に使いやすくなったため、そちらをメインに据えたデッキが流行ると思われていた。
しかし2004年公式(地区)大会では、大方の予想に反してボルバルを使った火・自然「ボルバルステロイド」なるデッキが実績を残した。そしてそれに影されてか、他の大会でも徐々に使用者が増加した。
更に大会が後半に差し掛かると、このデッキ文明を加えた「ボルバルブルー」が登場。このデッキ文明を使うことでステロイドよりも安定感があり、徐々にこちらへとデッキが変わりだす。結果的に全大会では「ボルバルブルー」が日本一となった。
拳編2弾
クリーチャーを1体シールドに送る「魂と記憶の」などの強な多色呪文により、「アクアン」を中心としたコントロールデッキが強化。また、このパックで新たに登場した「ウェーブストライカー」のデッキも台頭し、結果的には均衡が取れていた。
拳編3弾
ところが、殿堂入りルールにより「アクアン」が殿堂入り(いわゆる1枚制限カード)になり、当時大会で上位をとり続けていたコントロールライブラリアウトデッキが弱体化。しかしボルバルには規制一つもかからず相対的に強化される
除去サーチ手段が乏しくなりますます手が付けられなくなる。
拳編4弾
パワー3000以下のクリーチャーを全て破壊し、その数だけドローできるという強呪文「炎の裁き」が登場。しかもどういうわけかボルバルと相性が良く、デッキに多く投入されることになる。
更に「ボルバルブルー」に闇文明をプラスコントロールを高めた「ボルバルブラック」なるものも考案され、2005年の大会ではそのデッキトップメタへ踊り出る。
そのあまりのボルバルだらけの環境に対し、プレイヤーはこのTCGボルバルマスターと皮り始めた。 
だが、さすがに批判が集中したせいか、殿堂入りルールによりついにこのカード殿堂入りに。この悪夢のような環境は収束したかに思えた。
転生編1弾
そんなことはなかったぜ!と言わんばかりに生き残るボルバル。前述の「炎の裁き」や低コストマナブースト「幻の双」、新たなドローソース「トリプル・ブレイン」など何故かボルバルと相性の良いカードが登場し、ボルバルは身を潜めるどころかそれらを使用し長期戦に特化した「除去ボルバル」が完成。この弾で登場した新たなカードクロスギア」にはもくれず、ボルバル環境に居座り続けることに。
転生編2弾
ボルバルメタに速攻が台頭し始めるが、オープンクラス優勝は「除去ボルバル」。ちなみにレギュラークラスは「単速攻」。 
更にこの弾のクロスギアに、クロスし攻撃することで相手のマナを2枚破壊できる「バジュラズ・ソウル」という強クロスギアが登場。当然のごとくそれはボルバルに投入され、「ボルバルバジュラズ」「バジュラズブルー」が登場。
もう休めよ。
転生編3~4弾
最後までトップメタにいたボルバルだが、ついに新たなレギレーションプレミアム殿堂」という処置を施される。
これによりボルバルデッキに1枚も入れることができなくなり、ボルバルデッキは消滅した。
ついにボルバルマスターズの終結であった。

2004年の登場から約2年間、ボルバル環境に居座り続けた。TCGプレイヤーならこの状況がいかに異常かがわかるであろう。

ちなみに、転生編第4弾発売の直前に再録メインのパック「コロコロドリーム・パック」が発売。そしてそのパックの玉は新規カードの「ボルメテウス・サファイアドラゴン」。あとはお察しください。

どうしてこうなった

効果も効果だが、こうなった理由は以下に分けられると考えれる。

派生クリーチャー

ボルバルザーク・紫電・ドラゴン

マナコスト7 火文明 クリーチャー パワー7000
アーマード・ドラゴン/サムライ
流ジェネレート(このクリーチャーバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
■W・ブレイカー

初出は第28弾「戦国編(バトルギャラクシー)」。レアリティスーパーレア

初代ボルバルの特徴であったエクストラターンによる攻撃回数の増加を、自身のアンタップによって再現している。また新流ジェネレート」によって、クロスギアコストを踏み倒して場に出すことができる。今までのクロスギアだけでなく、同じ28弾で登場したサムライクロスギアとも相性が良い。

他にも、名称「紫電ドラゴン」を定したサポートカードも数多く存在する。ただ、だからといって環境を独占するようなぶっ壊れた強さは持っていない。強すぎず弱すぎずといった丁度良いカードパワーであると言える。先代と較するとかなり良心的。

ボルバルザーク・エクス

マナコスト7 火/自然文明 クリーチャー パワー6000
アーマード・ドラゴン/アースドラゴン/ハンター
マナゾーンに置く時、このカードタップして置く。
■このクリーチャーバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。
スピードアタッカー
■W・ブレイカー

初出は「フルイルパック リバイバルヒーロー ザ・ハンター」。レアリティスーパーレア

こちらは初代ボルバルエクストラターン何故かマナアンタップという形で再現している。
何と言ってもこのが非常に強であり、極端な話「G・ゼロ」で

クリーチャーが出てくることになる。
手札にこのカードが4枚あればそれらを全て1ターンで展開できるだけでなく、起き上がったマナで「爆 GENJI・XX」をはじめとするスピードアタッカーや、驚異の手札補充を行える「サイバー・N・ワールド」の召喚、更には自身を進化元としての「バジュラ」をいきなり場に出すことができるなど、様々な用途で使うことができる。初代からまるで成長していない

その異常スペックから、情報が出てから巷で色々言われていたカード。大方の予想通りこのカードを投入したデッキトップメタに居座ることになる。有名なものは前述の「N・ワールド」と合わせた「Nエクス」。
また、クリーチャー3体を山札からコストを踏み倒して出せる「エンペラーキリコ」との相性は抜群であり、それとこのカードを組み合わせたデッキは凄まじい展開爆発を持っていた。

そしてその使用率から2012年8月案の定殿堂入りとなる。

関連商品


関連コミュニティ

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%84%A1%E5%8F%8C%E7%AB%9C%E6%A9%9F%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 4826981 リビジョン番号: 2126364
読み:ムソウリュウキボルバルザーク
初版作成日: 12/02/18 00:44 ◆ 最終更新日: 14/12/08 08:54
編集内容についての説明/コメント: エクスのパワーを修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

無双竜機ボルバルザークについて語るスレ

70 : ななしのよっしん :2016/02/18(木) 19:28:03 ID: yVd2xB2iBu
今は殿ゼロって制度があるけど

使っても
殿ゼロだとそもそも出す前に負けそうな気がする。

4、5ターンに決着つきそうなデッキぞろぞろあるし

ゲートで呼ぶにもサファイア呼べばいいわけだし、
あ、ボルバルサファイアって呼べばいいのか、
71 : 削除しました :削除しました ID: c7zLQfEiRD
削除しました
72 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 11:29:58 ID: 1/hrdw71/3
出された間戦略もクソもなく、勝ちも負けもほぼ相手次第になるというある意味カードゲームにあってはならないカード
73 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 21:25:33 ID: zLWBXcjizL
多くのデュエ友を地にたたき落としたともいえるクリーチャー
そんな彼もプレミアム殿堂になってから10年という衝撃。
74 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 21:27:43 ID: HkloZSjaa7
ロボットアニメタイトルみたいな名前だと思った(小並感)
75 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 00:38:22 ID: zUsBcqTI/J
そしてイラストロボっぽい“禁断機関 VV-8”がEXターンに変則サーチを引っ提げて今年九月に登場予定!もう既に無限ループ完成しているぞ!!(絶望)裁定に期待だ!!
76 : ななしのよっしん :2016/09/18(日) 01:09:28 ID: HooPbyIB78
ボルバル 「ボルシャックもキングになり、ボルメテウスも炎になって帰ってきた…。温泉に入ってる場合じゃない‼︎ みんなは帰ってきたぜ‼︎‼︎ キングになってな‼︎‼︎‼︎」
77 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 03:11:07 ID: 9t9/xiuMc+
ぶっちゃけ今はこいつよりひどいずっと俺のターンカードあるけどこいつの自動敗北効果のせいでこいつよりはマシに思えてくる
最大級のデメリットのはずなのにこの効果のせいでそんな気がしてくる不思議
78 : ななしのよっしん :2016/11/04(金) 22:46:54 ID: WtuJmujHiv
結局、ゲームが終わるところが問題だったんだよね
多分デメリット効果を外した場合、もっとに見えて危険すぎでだれのでもわかるがゆえに、穏当に禁止カードになってたかもしれないというか
逆に効果終了後に相手に2ターン渡すとかだったらしのぎがいもあってよかったっていうか
つまり、ボルバルザークが一番悪いのって「しのいで、相手が勝手に特殊敗北する」って部分なわけだし
79 : 削除しました :削除しました ID: yUPAo5Axn4
削除しました
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829