単語記事: 無銘

編集

無銘とは、や書画などで製作者の名が刻まれていないこと。話し言葉では「名」と区別が付かないため、混同しないように文脈から読み取る必要がある。(無銘だからといって名だとは限らない)

曖昧さ回避

無銘(生放送主) - 生放送主歌い手。該当記事参照。

概要

通常などではその制作した工により銘が彫られる。これにより製造者の明との性を保するのである。

しかし、時と場合により、その銘が削られてしまうことがある。あるいは最初から銘が彫られていない場合もある。そのような無銘と呼ばれることになる。したがって、名なのに無銘無銘だが名というものも存在している。

銘を削る事例として、大磨上が挙げられる。長すぎるを削って適度な長さにする「磨上(すりあげ)」の際、銘が掘られている部分が丸ごと削られることを大磨上(おおすりあげ)という。大磨上をしたのちに新しく銘を入れ直さない場合、無銘の出来上がりである。この事例に当てはまるとして大倶利伽羅が挙げられる。

鍛冶が最初から銘を入れなかった事例として、正宗が挙げられる。鎌倉時代末期から南北朝時代に活動したといわれている鍛冶正宗は自分の作ったに銘を彫ることが少なく、その多くが無銘となっている。現在伝わっている正宗とされる無銘のものが多い。

創作作品において

無銘というのはその製作者の名前が不明ということである。これは通常ならば品質保がないということであり、当然ながら品質が低いものとなっている可性が高い。序盤に手に入る一番弱いとして扱われることも多い。

しかし、上記したように無銘だが名というのは現実でも実在しており、創作作品においても「名工が密かに作り、自分の名前を刻めなかった」などの理由で無銘とされることがある。中二病的に言うなら「闇に葬られた名工○○の作った最後の」といった設定ができるようになる。

上のような例はやりすぎではあるが、で切りあうような作品において無銘であることはすなわち「未知の」であることを示し、名と呼ばれるに対して決して引けをとらないようなと化す場合がある。

無銘の刀が登場する作品

刀以外の無銘が登場する作品

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%84%A1%E9%8A%98
ページ番号: 4558855 リビジョン番号: 2367041
読み:ムメイ
初版作成日: 11/02/04 09:11 ◆ 最終更新日: 16/05/29 17:30
編集内容についての説明/コメント: 冒頭を太字化しました。「無銘の刀が登場する作品」に女神転生シリーズを追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

無銘について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/09/21(土) 18:08:29 ID: Uuglw+SVYF
カスガソフト
2 : ななしのよっしん :2014/01/24(金) 23:01:29 ID: 9h6CCUlW/Y
無銘と言ったら戯言シリーズを思い出すな
3 : ななしのよっしん :2014/02/25(火) 20:13:41 ID: cAGHozNV3Q
だと磨上げ無銘が多いね。実際はが鍛えたのか分からないが
4 : ななしのよっしん :2014/02/25(火) 20:19:16 ID: gw0H8kYaaS
唐揚げ無銘みえ
5 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 21:56:39 ID: CeiRcjF3cQ
無銘といったらメガテンでしょう、合体素材として使われてる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015