単語記事: 爆撃機

編集

爆撃機(ばくげきき)は軍用の航空機(軍用機)の1分類。に対地攻撃を主任務とする。 

概要

航空機の定義は基本的に設計メーカーおよび発注した軍隊・政府によって定められるため、ここで挙げられるのはあくまで一般論となる。また日本語と諸外国語では定義の区分け自体が異なるため、互換性が低い。

爆撃機爆弾対地ミサイルを搭載し、地上を攻撃する事を主任務とする軍用機をす。
B-52のような大爆撃機を戦略爆撃機、小のものを攻撃機や戦術爆撃機等と一般的に呼ぶが、先述したように、メーカーによって定義が違いはっきりとしないのが現状である。
過去には航空機同士での戦闘を想定した武装を施している場合もあったが、現代ではそうではない軍用機を限定して爆撃機と呼ぶ場合が多い。

なお一般的に知られている、エンジンを4つも8つも積んでいる重爆撃機(戦略爆撃機)は今では運用・良こそされているものの、新たに開発はされていない。
これは大陸弾道ミサイルの発展によるもの。また小の軍用機のペイロード(積載)ですら大戦時の重爆撃機を優に上回っておりフランス軍では核兵器ですら戦闘機マルチロールファイター)ベースの機体に搭載しているなど、これ以上の大機は時代に必要とされていないためである。

その代わり戦闘爆撃機攻撃機マルチロールファイター)のように小かつ広い用途で使用できる軍用機の開発が盛んになっている。

参考までにF-15Eストライクイーグルの爆装は最大で約11,000kg。
過去日本の各地を襲った大爆撃機B-29の積載量は約9,000kgである。

ただし、大爆撃機全に不要と言う訳ではなく、実際米軍ではB-52爆撃機2045年頃まで使用予定でいる。

爆撃機そのものの最近の運用方法は、B-52B-1ともJDAM(GPS誘導爆弾)を一杯積んで戦域上を遊支援要請に基づいて、JDAMをデリバリーするがごと く投下、という方法がとられている。
これは爆撃機の長距離飛行を生かして戦域上に長くとどまれるためでもある。高速で飛行できる戦闘爆撃機では、戦域に長くとどまれないため近接支援攻撃を必要とする部隊へのレスポンスが悪いという現実もあるのだ。

詳しくは時代ごとにまとめてあるウィキペディアを参照されたし。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F
ページ番号: 459284 リビジョン番号: 1734809
読み:バクゲキキ
初版作成日: 08/08/13 20:58 ◆ 最終更新日: 13/01/29 11:14
編集内容についての説明/コメント: 最近の爆撃機運用方法について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爆撃機について語るスレ

40 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 22:51:41 ID: VWr1l4vPl7
P51なんて硫黄島から飛んでくるのがやっとで
大して役にはたってないわけだが
一晩で28機も喪失するという大損を受けた事もあったし
41 : ななしのよっしん :2014/09/29(月) 07:48:09 ID: VvcJiSPPzM
日本の防体制が貧弱?
そりゃナチべれば貧弱に見えるが、ナチは1940年から終戦まで本土爆撃を受け続けたから、必要に応じて強化されただけだろ

日本軍1944年末から9ヶ間の本土防戦の間にB29を合計485機を撃墜して(事故機を含めると714機損失)2700機以上撃破してるんだぞ。
特に高射砲による戦果が大きく、撃破数での内訳では
高射砲によるもの:2.063機(76.4)迎撃機によるもの:348機 (12.8)双方によるもの :234機(8.5
高射砲部隊の善戦が立つんだが
B29の総生産数は3900機だが、第二次世界大戦中の生産機数は2500機だから、日本軍は当時生産されてたB29の20を撃墜し、ほぼ全機に何等かの損を与えていたことになるんだがな

朝鮮戦争で失われたB29はわずか34機だったことを考えれば、日本軍の防網が貧弱とはとても言えまい
42 : ななしのよっしん :2015/02/03(火) 21:49:33 ID: CurMprt8PR
ドイツイギリス爆撃合戦を見ていると次元の違う争いやったんだなと思う。

ところでか、ランカスターとかもお願い……
43 : ななしのよっしん :2015/04/15(水) 00:29:11 ID: 5cM4QUBjq4
>>37
それはどうだろうか。戦中の敵国の事情なんて、講話してほとぼりが冷めてから資料を漁ってるうちに明らかになる部分が大半だろう。

デーヴ・グロスマン著「戦争における人殺しの心理学」によると、あの頃戦略爆撃と呼ばれてた行為に戦略的意義はあんまりなかったらしい。
爆撃機に爆殺されるってのは、被者と加者の距離が、精的にも物理的にも最長の部類。これほどの距離だと「何かに殺される恐怖」はあっても、「人に殺される恐怖」ってものを感じられないらしい。
この「何かに殺される恐怖」ってのが曲者。「人対人」の構図だと、本的に取りうる選択肢は「戦闘」「降伏」「逃走」の三択だが、「人対何か」になると「戦闘」「逃走」の二択になっちまう。自の領土から逃走なんてできっこないから、消去法で戦闘以外に選択肢が取れない。追い込まれた日本人の戦闘意欲は高まる一方。精的効果はマイナスと言ってもいい。
壊れた機械は直せるし、隠ぺいしようと思えばできるからね。
44 : ななしのよっしん :2015/05/15(金) 23:44:09 ID: Ya15I1bHMk
アメリカがB-3作ってるっていうのはどうなったん?
45 : ななしのよっしん :2015/05/16(土) 17:27:11 ID: fMJ2hoPf/Z
>>43
戦時中、アメリカ日本情をかなり正確に把握していました……(小
46 : ななしのよっしん :2015/08/23(日) 05:19:58 ID: e00rSGu6pP
どうも爆撃機と聞くとロックマンゼロ2のあのトラウマステージしか思い浮かばんなー
まぁここに来たのもそのステージBGMからだし

関連に書いてもいいんじゃないかなステージ名もまんま爆撃機だったし
47 : ななしのよっしん :2015/09/12(土) 08:38:10 ID: EtkA+hleBO
>>に対地攻撃を主任務とする。 

『爆投下攻撃』を行うからこそ「爆撃機」なんじゃないかな?
(今は「爆投下攻撃」が「対地攻撃」だったりする訳だけど)
48 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 08:16:51 ID: 5cM4QUBjq4
>>45
そういう話ではなく、「ドイツに対する戦略爆撃が思ったほど戦略的被を生まなかったのに日本に対して爆撃を敢行した」って部分について、ドイツの戦略的被なんて漠然としてて分かりにくいものをアメリカがしっかり分析できたのは戦争終わってからなんじゃないか? と。

>>47
じゃなくて爆弾じゃない?
49 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 12:16:34 ID: KeKYilB4lX
>>44
B-21の事かね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015