単語記事: 爆死

編集  

爆死(ばくし)とは、爆発が原因で死ぬことである。

この記事では以下の4つの爆死に付いて解説する。

  1. 周りが爆発して死ぬこと爆発に巻き込まれて死ぬこと
  2. 自分が爆発して死ぬこと。人体が内部から爆発・破裂して死ぬこと
  3. 商業作品の売上が伸びず商業的に失敗したことを意味する喩表現。
  4. 2および3より転じて、オンラインゲームソーシャルゲームにおいて、イベント上位報酬をしながらその獲得に失敗したことを意味する喩表現。

1.の概要

爆発の巻き込まれ方には以下のようにいろいろある。

  • 爆発の際に放出される熱エネルギーによる全身火傷
  • 爆発の際に発生する衝撃波による死
  • 爆発物を構成する弾体および爆発地点周囲の構造物と接触することで起こる死

2.の概要

概要1.と共通する部分もあるが、こちらはフィクション作品で見られるもので、現実の当たりにすることはほとんどないだろう。
これが起こる要因としては、

3.の概要

音楽映画TVドラマ、舞台演劇小説漫画アニメゲームなどの作品は毎日のように新たなものが出ては消えていくものである。
その中には歴史に残る不朽のベストセラーもあれば、売り上げが乏しいまま終わってしまった作品も多数ある。
爆死とは売り上げが乏しかった作品を揶揄する際に用いられる喩表現である。
何を以って売り上げが乏しいかを判断するかはこの言葉を使う人それぞれの基準であり、シビア(笑)な人は「ミリオン以下なら爆死音楽CDゲーム)」「千秋楽まで連日満員じゃなければ爆死映画ライブツアー・舞台演劇)」「視聴率30以下なら爆死TVドラマアニメ)」と非常に基準が高かったりもする。

もしあなたがある作品について和やかにりたい場合は、この言葉は使わないことをお勧めします。

なお、売り上げが乏しい=「爆死」と表現されるに至った経緯は、2005年頃、2ちゃんねる掲示板ーム業界、ードウェア2ch掲示板』にて、ゲームソフトの売上速報を海外掲示板に書かれるリーク情報から得ることがしばしばあり、そこで集計できないほど少ない売上のソフトに使われていたワードbomb」から。その煽り的な用法と呂感の良さから、「爆死」として多方面に普及した。

4.の概要

オンラインゲームおよびソーシャルゲームにおいて開催されるイベントでは、特定順位以上のものにのみ特別な報酬=上位報酬が与えられるケースが多い。しかし、定順位が存在する以上、上位報酬をしながら最終的に定順位以下で終わってしまう者は必ず現れる。彼らをして爆死者という。

通常、彼らに起きているのは一般的なゲームでいうところの「脱落」にあたるだろう。しかし、上位報酬をす多大なコストを消費しながらそれが結果的に駄に終わったという物理・精両面における損は「脱落」というレベルを大きく逸脱しており、場合によっては人脈すら崩壊する(チームを結成して挑むイベントの場合、爆死後にチーム構成員大量離脱というダブルパンチに発展しやすい)ため、自然概要2.における「爆死」を連想させることとなった。また、概要3.における「特定の基準以下=爆死」という定義付けも、定順位以下に終わったものをす本概要に少なからず影を与えている。
原則、イベントがある限り大小問わず発生する事ではあるが、大量発生する要因として以下の3つがある。状況的にこれらに該当する場合、爆死を回避すべく潔く上位報酬争いから撤退するか、通常をはるかえる資・時間コストの消費を覚悟するかの2択を迫られる。

  • 上位報酬が極めて魅的である場合。
    シリーズを代表する人気キャラアイテムであったり、理論値上での最強を持つなど需要が高いものが上位に来ると、上位報酬を狙うものが大幅に増える。特に前者の場合、特定キャラクターの支持層内での壮絶なデッドヒートが繰り広げられることとなり、支持層が広いほど大量の爆死者を生むこととなる。最悪の場合、爆死による精ショックからファン引退、およびゲームそのものから引退する危険すらむ。
  • 前回のイベントにおける難易度が低かった場合。特にその事実が広く知られているほど危険度が上がる。
    これは前回簡単だったなら今回もあわよくば…と上位報酬を狙う層が増えることによるもの。覚悟の決まっていないランナーほど危険なものはなく、「あわよくば」を狙った層はその大半がそのまま爆死者となる。
  • イベントの途中で、それまで高価・希少であったポイント獲得用アイテムが格安で売りさばかれた場合。
    通常は発生することのないイレギュラーケースである。万一これが発生した場合、先行してポイントを稼いでいた層は既に注ぎ込んだコストを考えて引き下がれず、後追い層もポイント獲得用アイテム課金するほど引き返せなくなり、結果としてイベント最終日まで、全ての上位報酬を狙うものが血を吐きながら続ける悲しいマラソンを続けるハメになる。

近年では有料コンテンツであるガチャを大量に回したのにも拘らず、狙いの物(アイテムキャラクター)が入手できなかった場合にも爆死と呼ばれることが増えてきている。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%88%86%E6%AD%BB
ページ番号: 4591228 リビジョン番号: 2516285
読み:バクシ
初版作成日: 11/03/21 18:07 ◆ 最終更新日: 17/08/19 13:54
編集内容についての説明/コメント: 4を少し追記。新しく項目を変えて作るべきか迷ったため名案あれば修正求。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爆死について語るスレ

187 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 12:37:34 ID: nmSasjdH+J
>>186
一般のネットニュースでも普通に見るし大概大コケドラマ映画戦犯叩きのために使われるよな。「爆死」と「戦犯」を使って役者(特に若手女優)をくのって気持ち良くないし嫌だよな。

>>183
実写版作品だと爆死とか大コケとかよく使われるイメージだが、ヒットしてないわけじゃないんだよな。テレビCMでは「大ヒット上映中」のテロップ見るがネットニュースでは爆死やら大コケやら戦犯やら。どれが正しいやら。
188 : ななしのよっしん :2017/07/02(日) 23:17:52 ID: 29/QDedXsk
たとえばガチャで排出率1レアキャラがあったとして、30連まわして当たらないのを爆死って呼ぶのは違うと思うんだが
極めて単純に「ガチャまわして当てのキャラがでなかった」という現爆死と呼ぶのが広まっててどうかと思う
189 : ななしのよっしん :2017/07/13(木) 23:22:17 ID: eYe/0jy8PI
ガチャで大枚いてそれでも出ない、で使う爆死は要は○万スッたってことだよね 博打に負けたことをそれっぽく言葉濁してるだけ 「○○万負けちったよ」なんて今時競馬場おじ様方もしないような自慢を皆でしあっててメチャクチャだと思う
190 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 15:57:52 ID: XLvJmqIgnx
SNSなんかでガチャ10連で爆死とか言ってるの見ると何言ってんだコイツってなる
191 : ななしのよっしん :2017/09/17(日) 19:11:54 ID: 6bhG/WF8Ao
バクシーシ!バクシーシ!(ガチャ爆死したので石をお恵み下さい)
192 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 20:13:39 ID: GKA1NKDTdB
「頑れ」とか「老人」よりよっぽど規制すべき言葉だと思う。
どの意味で使おうが胸悪いったらありゃしない。
193 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 20:18:06 ID: hCSPA9pxxf
よりよっぽどのラインナップどうかと思う
194 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 07:04:24 ID: LMXkGIJlEd
最近、露爆死を誘うような過ランキングイベントやってるゲーム減ったよね。
ランクイベ自体ゲームも多いし、あっても緩い感じのものが結構多い。
やっぱり重課金の中から引退者が毎回でるから運営しにくいし、消費者庁からも
つけられるしなあ。
195 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 05:59:23 ID: 6AMlTEZ/pS
爆死するためにガチャを回すのだ
196 : ななしのよっしん :2017/11/10(金) 13:06:30 ID: MJZuU12/dv
ウサギや人間が爆死する度コメント
「こいつ体内に火でも詰めてんのか?」
と書かれるので毎回笑う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829