単語記事: 爆走兄弟レッツ&ゴー!!

編集

爆走兄弟レッツ&ゴー!!』とは、こしたてつひろ作のミニ四駆漫画、およびそれを基にしたアニメである。

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!
漫画
作者 こしたてつひろ
出版社 小学館
掲載 月刊コロコロコミック
掲載期間 1994年-1999年
巻数 全13巻(無印WGP
全7巻(MAX
アニメ
監督 アミノテツロー(無印
加戸誉夫WGPMAX
製作 テレビ東京小学館プロダクション
放送期間 1996年-1998年
話数 102話(無印WGP
51話(MAX
漫画・アニメテンプレート

原作1994年1999年に『コロコロコミック』(小学館)で連載。

ミニ四駆アニメゲームなど、様々なメディアミックスを展開し、第二次ミニ四駆ブームを巻き起こした。

男の子向けの作品だが、魅的なキャラクターから女性ファンが多い。ゲームハイパーヒート」のアンケートでは回答者の7割が女性だったという(関連動画参照)。

ニコニコ動画ではハマーDが人気である。特に、パニックを起こす彼を落ち着かせるためブレットが発した『落ち着け!!ハマーD!!』 は徴的なセリフとなっており、弾幕が貼られる事が多い。

アニメ版ではキャラの5人全員兄弟姉妹がいる。

動画登録タグとしては爆走兄弟が多く使われている。

アニメ

1996年から3年間、テレビ東京系で放送された。XEBEC制作

2007年からDVD化されたが、無印編では事前の告知なく感受性発作対策の映像処理が施され、動きがしいシーンではキャラマシンに残像が発生している。発売元の小学館プロダクションは発売の5日後に映像処理について発表した。残像はWGP編・MAX編では軽減され、劇場版ではほとんどない。詳細は関連動画、外部リンクを参照。

無印編では兄弟ライバルミニ四駆レースをしながら途中でミニ四駆が溶岩に落とされたりしながらも、日本一して突き進んでいく話。

WGP編は世界の強レーサー達とミニ四駆レースをしながら途中でミニ四駆を破壊されながらも、世界一して突き進んでいく話。

MAX編では役が一文字兄弟に交代。バトルレースに対抗し最終的に重力を操るミニ四駆と戦いながらもミニ四駆を走らせていく話となる。

アニメ版はストーリーオリジナルの部分が多く、特にMAX編は基本設定を除きオリジナルの展開となっている。

登場人物(無印・WGP編)

TRFビクトリーズ他

星馬豪声優池澤春菜
無印WGP編の主人公で、兄弟。名前の読みは「ゴウ」ではなく「ゴー」。使用マシンマグナム詳細は星馬豪を参照
星馬烈声優渕崎ゆり子
無印WGP編のもう一人の主人公で、兄弟。使用マシンソニック詳細は星馬烈を参照
鷹羽リョウ声優高乃麗
無印WGPに登場。兄弟、特にの最大のライバル。使用マシントライタガー詳細は鷹羽リョウを参照
二郎丸(声優大谷育江
無印WGPに登場。リョウで甘えん坊な性格だが、に対しては「うんこ野郎」と呼び常に馬鹿にした発言が多い。セイバー600を自分用改造した二郎スペシャル漫画ではトライダガーX改造したトラダガー二郎スペシャル。「~ダス」が口癖。
三国藤吉声優神代知衣
無印WGP編に登場。兄弟ライバルの一人。スピンアックスコブラバイパー詳細は三国藤吉を参照
声優渡辺久美子
無印WGP編に登場。プロセイバー詳細はJを参照
黒沢太(声優陶山章央
兄弟と同じく土屋博士セイバーを託されたレーサー。使用マシンは「ブラックセイバー」。ルール違反の改造ライバルマシンを傷つける、作中最初の悪役原作では悪役のまま序盤で消えたが、アニメでは再登場し無印編終盤まで活躍。舎ブラックセイバー軍団が沖田カイりに遭い、敗北後は心して兄弟らと共にバトルレースに対抗する側に回る。
こひろまこと声優くまいもとこ
眼鏡をかけた大人しい少年原作最初の大会で兄弟と出会い優勝したレーサーで、アニメでは無印編終盤まで活躍。当初の使用マシンは名アバンテ2001Jr.」。セイロク発売後は「セイロクスペシャル」「セイロク2001デラックス」。堅実な走りから「偉大なる均値」の異名をとる。
佐上ジュン声優西村ちなみ
無印WGP編のヒロイン。元々はアニメオリジナルキャラクターだが、後に原作にも僅かに登場。佐上模型店ので、クラスメイト兄弟とは姉妹のような距離感でヒロイン格として要所を締める。達に感化されてミニ四駆を始め、当初はヤカマツティモタら名有りモブ以下の扱いを受けたが時折健闘も見せた。当初の使用マシンモンスタービートルJr.の改造機「ワイルドホームラン」。後に学校に現れた幽霊少年からマンタレイJr.の改造機「ホームランマンタレイ」を託される。さらにTVシリーズ終了後のドラマCDでは、ボディがZMCで出来た「ホームランマンタレイWGP」を使用。
土屋博士声優江原正士
無印から登場。ミニ四駆開発の第一人者で、WGPでのチーム監督ダウンフォース。子供たちが楽しめるマシン開発を行う。温厚な性格で子供たちの自性に任せることが多い。劇中では、レースの解説をに担当する。いろいろと解説するが結局はダウンフォースである。やたらとダウンフォースと発言するため、ニコニコ動画内では登場するとダウンフォースコメントがつけられる。
岡田心(声優:椎重)
無印から登場。土屋博士大神博士の師でミニ四駆界の偉人。一線を退いて陶芸になっていたが、リョウ兄弟新素材ZMCの開発のために協を仰がれ、彼らを認めを貸す。WGP編ではミニ四駆連盟の名誉会長に就任し、ビクトリーズWGP出場を取り計らう。奇行で周囲を振り回しながらも穏やかな助言で子供達を導く、本作における最強ジジイ
ミニ四ファイター声優森久保祥太郎
無印から登場し、レース実況及び会を担当する。声優久保は本作にてデビュー詳細はミニ四ファイターを参照

大神軍団

無印編における敵役。大神博士が開発したバトルマシンを操るレーサー達。名字新撰組、名前は「厳令」から取られた物騒な連中。

沖田カイ声優今井由香
礼儀正しいが好戦的で冷酷な少年原作では黒髪だがアニメでは金髪い瞳と立つ容姿になっている。使用マシン空気で相手のマシンを切り裂く「ビークスパイダー」。原作ではリョウネオトライダガーZMCに敗れ再登場した時点で心していたが、アニメではSGJCまでリョウに執着し執拗に狙い続けた。WGP編ではサバンソルジャーズのコーチとして登場、以前とは打って変わって柔和な表情になった。女性ばかりの選手達とのやり取りは往年のスポ根少女モノのノリメンバー全員に慕われ羨ましいことになっていた。
近藤ゲン(声優:喜田あゆみ
身長180cm小学生。言動は子供っぽくギャップが不気味。使用マシンは圧倒的パワーで相手マシンを圧し潰すFMマシンブロッケンギガントブロッケンG)」。SGJC第2セクションではブロッケンGバトルパーツを全て外し、軽量化でデッドヒートを制して1位ゴールWGP編ではスペインのGPチーム「オリゾンテ」に所属しておりカイチームに誘った。
土方レイ声優:木聡子)
に女顔の美形。大神研究所最強レーサー。使用マシン赤外線誘導装置とZMCの針を持つ「レイスティンガー」。SGJCでは二日までトップを走っていたが、大神博士に言われるままにレースをすることに疑問を抱き、バトルを捨ててサイクロンマグナムスピード勝負を挑んだ。しかしカイとは違い勝つために手段を選ばない点はその後も変わらず、WGP編ではスピードと破壊性を両立した「シャークシステム」を開発し、詳細を知らせずにJに授けレースを大混乱させた。
大神博士声優大友龍三郎
無印編における最大の悪役土屋博士と共に岡田心に師事したミニ四駆界の権威。自身の開発したマシン最強であることを示すために、ライバルマシンを破壊するバトルレースに傾倒。過マシンを扱う子供のことを考えい態度から土屋博士と対立し、最後は子供達の離反を招く。アニメMAX編でも登場するが、一年くらいで一気に老けている。相も変わらずバトルに傾倒しており、バトルから手を引きかけていたマリナを再びバトルレースに引き込むが、一文字兄弟の走りを見てようやく心した。

NAアストロレンジャーズ

アメリカ代表。全員宇宙飛行士のタマゴというチーム。何故ミニ四駆を走らせているかというとチーム戦の勉強などをするためらしい。人工衛星が味方。使用マシンNASAの先端技術の結晶「バックブレーダー」。

レットアスティア声優伊藤健太郎
NAアストロレンジャーズリーダーで、12歳にしてマサチューセッツ工科大学を首席で卒業した天才少年。使用するのはチーム共通のマシンバックブレーダーだが、ブレッド1号機だけはカウルの右側に星条旗を思わせるペイントが施されている。非常に冷静で思慮深いが、同時にレーサーとしての熱さやリーダーとしての統率も持ち合わせ、メンバーからの信頼は厚い。その実一流と言って過言なく、最終レースではミハエルと熾な優勝争いを繰り広げた。彼が発した!」というセリフはもはやネタえて名言
エッジ・ブレイズ声優崎寿
チームナンバー2。万バックブレーダーを使用する。軽い性格でお調子者。言動もキザで相手を馬鹿にするようなものが立つが、プレイボーイらしく女の子には紳士的。また、運動経は抜群のようで、作中のプライベートシーンでそのセンスえる。TRFとの初戦直後は達の勝利をビギナーズラックと嘲笑っていたが、物語後半にはそういった態度は鳴りを潜め、最終レースではちゃっかり4位に入賞するなど、実は確か。
ジョセフィーヌ・グッドウィン声優矢島晶子
チーム紅一点金髪ポニーテール。高速バックブレーダーを使用する。残念ながらリョウ
名前は上記の通りジョセフィーヌだが周囲からはジョーという称で呼ばれ、EDのの出演でもジョーと表記されているため彼女の本名を知らなかったという人もいるのではないだろうか。
ビクトリーズとの第2戦で親善試合として行われた水上スキーにて事故を起こしかけたが、すんでのところでリョウに助けられた。その一件以来リョウに好意を抱いている模様。住所がわからないので困っているらしい。負けん気の強い性格だが女の子っぽい一面もあり、こどもの日特別レースでは浴衣を着て喜ぶ彼女を見ることができる。
マイケルミラー声優菊池英博)
メンバー最年少のそばかすショタテクニカルバックブレーダーを使用する。
その不遇ぶりからエアー君と呼ばれ親しまれている。レーサーとしての頼りなさはハマーDとどっこいなのだが、彼の場合は影が薄すぎるためネタ要員にすらならず空気呼ばわりされる始末で、しかもハマーDサポート、分析役としては非常に優秀なため、ミラーの役立たずぶりがより一層際立っている。
ハマーデーヴィッドグラント声優鈴木
通称ハマーDとりあえずリンク読んで落ち着け…

アイゼンヴォルフ

ドイツ代表。意味は。使用マシンは左右非対称のボディを持つ「ベルクカイザー」。ちなみに意味は「山岳の皇帝」。デザインの格好良さと原作ラスボスマシンということからキットの人気が高かった。アニメ版では左右が反転したベルクカイザーが登場し、通常のマシンとぴったり並走することで強ダウンフォースを生み出す。アニメ版では一軍と二軍に別れていて当初はエーリッヒ+二軍、かつマシン左右対称の「ベルクマッセ」だったが途中で一軍と交代した。声優の使い回しはあるがなかなか声優

ミハエルフリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッガー(声優安達忍
アイゼンヴォルフのリーダーにして、不敗神話を持つ天才レーサー原作漫画では小柄だが、アニメではより強く見せるためにリョウと同じくらいの背丈になっている。原作では強敵との戦いをめる強気な自信であり、実で勝っている相手にはんでかかる態度が立つ。アニメでは普段は邪気で穏和だがここぞと言うときには闘志を剥き出しにする二面性のある人物に描かれている。
シュミットファンデルハウゼン・フォン・シューマッハ声優石田彰
チームNo.2エーリッヒ幼馴染ミハエルに代わって相手チームの分析やレースプランの構築を担当している。アニメではWGP開幕前にミハエル抜きでアストロレンジャーズに勝利しているなど、他のチームリーダー級の実者。実に裏打ちされた自信でもあり、基本偉そうである。人気アンケートでは女性票を集め2位を獲得した。
エーリッヒ・クレーメンス・ルーデンドルフ(声優三木眞一郎
チームのNo.3で責任感の強い熱血アイゼンヴォルフ登場時の一の一軍メンバー。温厚で礼儀正しいがしい闘争心を秘めている。というか、すぐ熱くなる。人気アンケートでは女性票を集め1位を獲得した。
アドルフ・ホルト(声優伊藤健太郎
その他1号やられ役が多い。
カール・ヘスラー声優吉野裕行
その他2号。大男。

ロッソストラーダ

イタリア代表。使用マシンは「ディオスパーダ」。メンバー全員がスラムの出身であり、ミニ四駆の実だけでのし上がって来たため勝つためには手段を選ばない。優勝したら報奨が出るらしく、他のチームと違って生活もかかっていたりする。チームワーク姑息なラフプレー立つ一方で、個々の実は非常に高く一対一で突っかけられて負けることはい。

カルロ・セレーニ(声優結城比呂
チームリーダー。非常に攻撃的な性格でいつもナイフを持ち歩いており、暴力に及ぶこともしばしばだが、実トップクラスでありレースでは周到かつ狡猾に勝利を狙う。ちなみにイタリアにおいては日本の「山田太郎」のような「過ぎる」名前である。100話のレースは名場面としてあげられることが多い。
ルキノ・パルナーバ(声優上田祐司
チームナンバー2。リーダーの座を狙っておりカルロとことあるごとに対立する。WGP終盤にカルロがミハエルに敗れるとさらに顕著になるが、ビクトリーズ戦で攻撃を仕損じ器を発見され、出場停止の原因となる大失態を犯す。その後、出場停止中に新チームを結成しチームに反旗を翻すが、全く通じずにチームを追放された。
ジュリオ・ディ・アンジェロ声優吉野裕行
オカマ原作キャラではアニメ化で最も強キャラ付けのされた人物。カルロとは長い付き合いで実も彼に次ぐものがあり、ルキノよりナンバー2に相応しいかも知れない。
リオーネ・マッツィーニ(声優櫻井孝宏
黒髪の長。女好きのナルシストアストロレンジャーズ戦ではジョーにちょっかいを出すが袖にされ、「ポルチョリーノ()」と罵りマシンを破壊したが、再戦では通じず「でもナンパしてれば?」と言い返された。
マウリーツィオ・ゾーラ声優本浩行)
人相の悪い大男。カルロには頭が上がらず、メンテナンスを怠り締め上げられたことも。この時のカルロの叱責「リスが固まってるじゃねえか!」からニコニコでは通称「グリス」と呼ばれる。原作では加えてビクトリーズ戦のメンバーから外される羽になるが、ミハエルと野試合を行い惨敗、ある意味立っていた。

ССРシルバーフォックス

ロシア代表。アニメ版のみ登場。読みは「エスエスアール」。Soviet Socialist Racingという意味だが、ロシア代表が未だにソビエトを名乗っている理由は不明。使用マシンは「オメガ」。メンバーはお互いに「FOX」から始まるコードネームで呼び合う。マシンは劣るが屈チームワークを売りにする。テーマ曲の人気が高い。

ユーリ・オリシェフスカヤ(声優今井由香
チームリーダー監督コールサインは「FOXリーダー」。個人はGPレーサーの中でも高い。シルバーフォックスユーリ以外はそう強くない選手達であり、他のチームメンバーのフォローもしている。そんな彼がリョウと闘うレースは必見。

小四駆走行団光蠍

中国代表。「しょうよんくそうこうだん・ごんき」と読む。マシン原作では全員が「シャイニングスコーピオン」を使用。アニメではスコーピオンが一点物のためホワァン以外は「クーロン)」を使用。

シェン・ホワァン(声優陶山章央
岡田心から伝説マシンシャイニングスコーピオン」を託され、人里離れた山マシンと共に育ってきた少年尾に原作では「です」、アニメでは「ある」をつける。WGPに参加するまでレースの経験が全くく、レースマシンが傷つくことを恐れていたが初戦で。以降はエースとして活躍した。

オーディンズ

北欧代表。原作では名前のみ登場。アニメではビクトリーズにそっくりなチームと設定されており、各メンバーがビクトリーズの一人と対応している。使用マシンは「ホワイトナイト」で、ニエミネンの物はカラーリングをしている。

ニエミネン・スノオトローサ(声優:芝原チヤコ)
のそっくりさん。自称オーディンズの秘密兵器にしてヨーロッパ最速の男。とはマシンセッティングまでそっくりの高速仕様で序盤はスタンドプレーチームに迷惑をかけており、初対面で意気投合した。口だけではく実際にと互に戦うだけの実を持ちながら勝ちに恵まれないため「主人公補正」とも。本作は主人公も結構負けるわけだが。ノルウェー人。
ワルデガルド・ダーナラ(声優櫻井孝宏
のそっくりさん。チームリーダーで苦労性。声優櫻井は本作がデビュー作。

サバンナソルジャーズ

アフリカ代表。アニメ版のみ登場。女性のみで構成されたチーム。序盤はマシンの差もあり連敗していたが、沖田カイコーチに迎えニューマシンビークスパイダーゼブラ」を投入して以降は勝ちを重ねていく。

ジュリアナ・ヴィクトール声優:兵まこ)
アフリカチャンプでチームリーダー姉御肌を発揮してチームを引っる。タンザニア人。

ARブーメランズ

オーストラリア代表。アニメ版のみ登場。マシン太陽電池併用の耐久ネイティブ・サン」。巧みに作戦を展開し見せ場を作るが、最後は競り負ける引き立て役の印が強い。

ジムアレキサンダー声優宮崎一成
無印にRに破れたUSAチャンプとして名前だけ登場。実者のはずが代表戦に出てくればっ先にリタイヤという不遇なレーサー。ブレットとは親交がある。

クールカリビアンズ

ジャマイカ代表。音楽ダンスする陽気なチーム。中盤戦まで全敗という戦績で一度は帰も考えるがビクトリーズとの交流で思い直し勝ちを挙げた。全て自作パーツを用いたマシン「ジャミンRG」は基本性は劣るがオフロードについては随一の性を誇る。アニメでは何故かビクトリーズ戦が一度もかった。

ピコ・パルティア声優岩永哲哉
チームリーダーマシン走行音を聞いただけで極小さな異常をも感じ取る鋭敏な感覚を持つ。結果に拘るよりもレースを楽しむという信条はチームメイトにも浸透していく。

XTOリボルバーズ

代表。劇場版爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡!」に登場。チーム名称はゲームPOWER WGP2」より。土屋博士岡田心とともに普及のGPチップタイプβ」を完成させた、クスコ博士が率いるチーム。しかしクスコ博士タイプβの出来に満足できず、独自に新GPチップタイプγ」を開発。チームマシンガンブラスターXTO」に搭載し、WGPでその出来を披露しようとしたが、GPチップマシン共に第一回WGPには間に合わなかった。

リオン・クスコ(声優今井由香
チームリーダーガンブラスターの位置とカメラの画像を逐一表示する眼帯を付けている。以前からガンブラスター用している。タイプγを搭載したガンブラスターXTOの性は凄まじく、起動直後にコンクリを粉砕、戦闘ヘリミサイルを回避、その戦闘ヘリを2機撃墜するなどとても普通ミニ四駆ではない。さらにバッテリーの消耗がほぼゼロであり、半永久的に稼働し続けると言われる。
マシンへの着は凄まじく、ガンブラスター奪還という的を同じくするビクトリーズとも最初は反発しあうほど。最終的にの説得で和解する。チーム作りには自信があるらしい。ペルー人。

登場人物(MAX編)

主人公

文字声優渡辺久美子
MAX編の主人公で、一文字兄弟。使用マシンは「マックスブレイカーZ-2」→「ブレイジングマックス」。ボルゾイスクールに所属していたが、バトルレースに反対したため追放される。いバンダナゴーグル、バンソーコがトレードマーク
文字声優日高のり子
MAX編のもう一人の主人公で、一文字兄弟アニメではを「兄貴」と呼んでいるが、原作では「」と呼び捨てにしている。使用マシンは「シャドウブレイカーZ-3」→「ナックルブレイカーZ-1」。バトルレースを当然としていたが、を見て考えが変わっていく。かなりの世間知らずだが、ここぞという場面ではより落ち着いている。

サポート役

文字正宗声優中村秀利
文字父親で、Zナンバーズの開発者。土屋博士大神博士とも面識がある。ボルゾイスクールに所属していたが、ナックルブレイカーを持ち出した為、ボルゾイから離反する。
新井ナミ声優渕崎ゆり子
アニメのみに登場するヒロインの一人で、前作のジュン的な存在。新井クリーニングの自称看板娘で、クラスメート。ミニ四駆興味を抱いてなかったためマシンはなかったが、の影を受けて応援するようになる。ドラマCDでは「インフェニティレイカーZ-0」をとしている。

ライバル

服部声優野田順子
元ボルゾイレーサー。名前の読みは「たっぺい」。コテコテ関西弁で話す。原作ではの元クラスメート。アニメではGJC予選が初対面で元ボルゾイレーサー同士であることも知らなかった。は「ストームクルーザー」だが、アニメの29話・31話から33話までは「スーパーアバンテ仕様)」(販の物かは不明)を使用している。
声優高乃麗
原作ではの元クラスメートで、元ボルゾイレーサーアニメでは去年(第1回WGPと同年)のGJCサマーレースチャンピオン九州でミナミし、終盤ではクリーニングの店番をしている。アニメでのは「GBSフォーミュラー」(販のガンブラスター改造機)。原作ではと共に「ストームクルーザー」を機としている。
クリフ
WGPルーキー戦に出場。アストロレンジャーズ・ユースの少年アニメ未登場。は「バニシンゲイザー」。最終レースではナビゲーターを務め、失敗ばかりで達に責められ落ち込んだが、矢の励を受けて再起した。
カリーム・ハメド
WGPルーキー戦に出場。アフリカ系の装をしている謎の男アニメ未登場。は「デザートゴーレム」。自分に攻撃を仕掛けてきた草薙兄弟を返り討ちにし、ネロにも恐怖を抱かせる。最終レースではメカニックを担当。

アニメ版のみ登場

大神マリナ(声優池澤春菜
アニメのみ登場するヒロインの一人。あの大神博士である。によく「マリコ」と間違えられる。は「ファイヤースティンガー」→「フェニックススティンガー」。との触れあいでバトルレースをやめかけていたが、と再会し、フェニックススティンガーを開発。マックスブレイカーを破壊した。M1グランプリ決勝戦でに疑念を抱き、バトルパーツを全て解除し、一文字兄弟に勝負を挑む。
ひとし(声優上田祐司
の居先の地元レーサー。当初はボルゾイレーサー達にが立たなかったが、話が進むにつれGJCやM1の予選を実で通過するなど地味にどんどん実を付けていった。は「ビクトリーチャンプ」(販のVマグナム改造機)。
大善一声優宮崎一成
バトルレースに対抗するレーサーで、2台のマシンを操り合体技を繰り出す。大会ではルール上1人で2台は使えないのでと連携を取る。は「レッドソード」と「ブルーソード」。
大善声優小田木美恵)
レーサーの中では年少でやや未熟さが立つ。は「ブルーソード」。
西条恵一(声優山崎依里奈)
バトルレースに対抗するレーサーで、名古屋と共闘した。は「ドラゴンアックス」(販のスピンアックス改造機)。
声優鈴村健一
ボルゾイスクールトップレーサーマックスブレイカーの潜在よりもく高く評価し、実を引き出した上で倒そうとした。敗北後は心してボルゾイスクールを去り正統派レーサーに転向する。は「ボルゾイラキエータ」→「ラキエータ」。
アキラ声優崎寿
ボルゾイスクールのSクラスレーサー。ただしAクラス落ちギリギリレベルスクール解散後もその地位に拘りバトルレースを続けていたが、最後はひとしにタイマンで負けてしまう。は「ボルゾイアディーン」。

ボルゾイスクール

プロフェッサー・ボルゾイ(声優宝亀克寿
MAX編における悪役バトルレースを信条としている。宇宙開発競争にを付け、「ボルゾイコースマス」をもって経済を独占支配しようとしていたが、孫のネロに地位を奪われる。原作ではネロにかなりの恐怖を抱いていた。
草薙声優星野佐登美)
草薙兄弟。基本スタイルバトルレースであり、完走さない。しかし後にの影を受け、ゴールすようになる。は「バイスインルーダー」。ファントムブレード合体し、「ファントムバイス」となる。
草薙漸(声優浅川悠
草薙兄弟と同じレーススタイルだが、より勝負への執念が薄い。は「ファントムブレード」。バイスインルーダーと合体し、「ファントムバイス」となる。アニメでは一度第2回ボルゾイオープンで矢のシャドウブレイカーと共に火山の火口に転落し失われたが、後に2号機が登場している。
ネロステラ・ボルゾイ(声優大本眞基子
MAX編並びにシリーズラスボスクラス転校生としてと知り合う。普段はおとなしい少年だが、を上げると冷徹な顔になり、バトルレースを展開する。ミニ四駆界への反逆を開始し、ミニ四駆最強決定戦「M1」を開催し自らもレーサーとして参加する。
使用マシンは「ディオマース・ネロ」。漫画WGPルーキー戦最終レースではと共闘し、やはりそこでもバトルレースを展開しようとしたが、ディオマース・ネロは大破。自分のせいで負けたことをに詫びた。

ゲーム

関連動画

関連商品

※本商品は「過敏性発作」対策として原版に映像処理を施していますので、あらかじめご了承ください。

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%88%86%E8%B5%B0%E5%85%84%E5%BC%9F%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%84%26%E3%82%B4%E3%83%BC%21%21
ページ番号: 718768 リビジョン番号: 2321755
読み:バクソウキョウダイレッツエンドゴー
初版作成日: 08/11/14 17:41 ◆ 最終更新日: 16/02/06 21:06
編集内容についての説明/コメント: 概要加筆&登場人物整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

EISEN WOL...

爆走兄弟レッツ&ゴー!!について語るスレ

270 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 18:05:40 ID: 1q6v4w6G77
ファイナルレース順を走ってみたけど
いくらモーター付きスケート靴とはいえよくこんな長距離+山を走ったな…

しかし実際にこのルートミニ四駆レースをしたら楽しそうではある
271 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 11:33:03 ID: QvxFzQ4UZ7
最初、運営世界グランプリのレベルを保つに~とか言って日本を開催をしぶってたけど

ロシアユーリ以外ひとりでマシンセッティングもできない雑魚集団
中国:シマッター ヤラレターでを開ける。ドリームレースで負けても笑ってる八百長疑惑集団
オーストラリアリーダー雑魚。5ヵ対抗で妨されたわけでもないのに木にぶつかりリタイアする醜態をさらす
アフリカ:開幕7連敗
ジャマイカ:全シリーズ通して1勝のみ
北欧ノルウェー):スタンドプレーで自滅するアホを抱えて連敗しまくる

参加の半分以上がレベル低すぎだろ
世界グランプリのレベル(笑)だぞ
272 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 20:45:12 ID: X9ALwiTTpg
>>271

中国・・・レースで負けたからって笑っちゃいけないことはないと思うが。
オーストラリア・・・一応ジムグレートUSAカップチャンピオン(その後、Rに負けたけど)。5かリタイヤしたのはカルロが割り込んだから。
アフリカ・・・一応、アフリカNo.1だった当初のマシンはGPマシンとしてはあれだったが。後にBSゼブラになってからマシになった。
ジャマイカ・・・ジャミンRGはオフロードマシンだったから、もしWGPオフロード体だったら変わってたかもしれない。
北欧・・・それいったらビクトリーズも似たようなもん。
ロシア・・・ユーリのおかげかもしれんが雑魚集団なら4位決定戦に出れるぐらいになるかな?

一応、フォローしてみたが(なってるかな?)。
273 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 03:57:19 ID: 3weK6j9Xcd
日本は当初GPマシンかったから仕方ない

RRの吉、すっかり親父そっくりになっちゃって・・・
274 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 20:16:37 ID: X9ALwiTTpg
どうやったら、あんな体になるんだ、吉よ。

さて、こした先生いはかが狙ったのか、それとも単なる偶然なのか、今回は吉にスポットが当たってたな。
アニキ6号はおぼっちゃまくんが載ったが、御坊魔と吉のはどっちも神代知衣さん)
275 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 20:21:39 ID: XK5vwZDmGn
当時はアメリカドイツイタリア外の世界マシン(つまり原作未登場組)のうち何故BSゼブラだけキット化されたんだろうって思ってたが
ボディーは既に出ていたビークスパイダーのカラバリみたいなもんだから
他とべて安いコストで作れたってのが大きかったのかな
276 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 19:30:49 ID: X9ALwiTTpg
でもファイヤースティンガーアニメのみで、キット化されたけど、フェニックススティンガーはされてない。形状はそんなに変わんないからできそうな気もするけど。
あとはジャミンRGは漫画に出てるけど、販化されてないし。まあ、あれは理があるかな。トラダガーWXも難しいそう(トラダガーWX開発決定したことがアニキ6号で判明)
277 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 12:26:19 ID: YLgnClbPsu
MAX漫画版のオチのが好きだな
278 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 18:46:50 ID: XK5vwZDmGn
確かブレイジングマックス原作よりアニメのほうが先に登場してたんだよな。
アニメの方はMAX51話(無印WGPと同じ話数)で完結させないといけないという尺の都合上で原作より登場くなったのかな
279 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 20:40:57 ID: X9ALwiTTpg
アニキ最新号で大人J君登場したから、ビクトリーズメンバー大人の姿・何をしているか全員明らかになった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015