単語記事: 爰

編集

とは、ここに、と読む発である。

漢字として

Unicode
U+7230
JIS X 0213
1-64-9
部首
爫部
画数
9画
意味
引く、換える、という意味がある。また、が通じ、発として使われ、ここに、ここにおいてなどと読む。〔説文解字〕に「引くなり」とある。また「籒文、以って轅の字と爲す」とあり、の轅の意味もある。
字形
諸説ある。
𠬪+の会意(〔説文〕)、𠬪+○の会意(羅振玉)などの説がある。𠬪と何かを組み合わせた会意。𠬪は爫と又を組み合わせた字で、はその間のものを引きあう字。
音訓
読みは、エン、訓読みは、ひく、ここに。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
符とする漢字には、媛、、湲、楥、煖、瑗、䁔、緩、、𧡩、諼、鍰、𩔃などがある。
許・書・

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%88%B0
ページ番号: 4714606 リビジョン番号: 1279266
読み:エン
初版作成日: 11/09/03 22:09 ◆ 最終更新日: 11/09/03 22:09
編集内容についての説明/コメント: 新規
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爰について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 爰についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829