単語記事: 特撮

編集

特撮(とくさつ)とは、特殊撮影の略。また、それを多用した映像作品の分野のこと。

曖昧さ回避
  1. 大槻ケンヂが中心となって結成したロックバンド。→ 特撮(バンド)

概要

特撮の元来の意味は映画業界用の「特殊撮影」であり、今日では略した形の「特撮」がに用いられる。旧来はなかった略式であり、昔の映画スタッフロールに「特技監督」の肩書きを持った人の名(故・円谷英二氏など)が見られる。

特撮の定義はそれぞれ個人の受け取り方で異なるが、通常の実写映像に専門的な技術・効果・装置などをふんだんに取り入れ手な映像を作り出す事が特撮と呼ばれやすい。しかし、CGアニメーション実写映像体となっているような作品は特撮と呼ばれない傾向にある。

特撮作品一覧

日本の特撮の来歴

通常の方法では撮影、再現が困難であるシーンあるいは映画や作品そのものの題材(端的に言えば戦争巨大生物と人間との物語である怪獣映画)を、実写映像との合成や、ミニチュアセットを組んだ舞台に着ぐるみった役者が上がって怪獣の演技をする技法が映画に用いられたのが、日本特撮明けであった。戦争映画においては、戦時中の民向け戦争宣伝映画ハワイマレー戦』が特に高名であるが、彼の作品は第2次世界大戦の敗戦というの重き歴史の中に、あまり良い例えとは言えないが影となってその名を残している。その後、戦争映画はひとつの確固たるテーマとなって数々の作品が生まれ、今日に至っている。

怪獣映画については、人形を用いた、ストップモーション(こま撮り)アニメの技法で製作された米国の『キングコング』がその始祖と言える作品だが、役者が中に入って演技する着ぐるみを用いる手法は本邦独自のものであり(こちらの方が役者に負担を強いる代わりに制作期間と費用を格段に少なく済ませられるのである)、その始まりは昭和29年開の『ゴジラ』であった(この作品には併用して先述の技法も用いられているが、重点は着ぐるみ特撮に置かれている)。その後は映画会社や題材を問わず数多くの作品が作られ、今日ではスーツアクターという職業役者も生まれるほどのを見せている。

時代が推移しテレビの普及と盛の時を迎え、ヒーロー怪獣怪人着ぐるみスーツアクターが着用してアクションパートの演技を行い、通常パートで(ヒーローヒロイン仲間たちや敵役の)役者が演技をする場面と合わせて物語を構成する映像作品が生まれるに至り(代表作に『ウルトラマン』『仮面ライダー』など)、子供たちのみならず数多くのファンを育み、現在ニコニコ動画においても根強い人気を持つ「特撮」という総合的なジャンルが生まれた。

その反面、放送時間においては1980年代頃にプライムタイムからの撤退が相次ぎ、ネットワーク局においては「超人機メタルダー」以来、実に25年もの間途絶えている(なお、独立UHF局を含めると2013年に放送された「ファイヤーレオン」が約25年ぶりのプライムタイム放送の特撮番組に該当することとなる。)。

技術の進歩に伴い、最近では映画テレビ作品共にCGコンピューターグラフィックス)を多用する時代が訪れている。実写合成とミニチュア特撮技術の併用(CGは全てをつなぐ事ができる技術である。円谷英二氏もCGが欲しかったのではないだろうか)などの、従来の特撮えうる映像未来に生まれ行くことであろう。

テレビ作品では、子供向けヒーローもの作品でも、役者に若いイケメン俳優を起用し(児童でない)女性ファンの取り込みを図ったり、かつては意図的に避けられてきた難解な設定や群像劇を取り入れるなど様々な試みが見られる。実際に特撮作品から売れっ子役者が生まれたり(例として『仮面ライダークウガ』のオダギリジョーなど)まだ見ぬ高みをして日々進み続ける事が「特撮」であることを身を以って示している。

なお、最近の作品を好むファンと、それに否定的なファンとの間でしばしば論争が巻き起こるのはよく在る話だが、まこと特撮ファンを自称する者ならば自分の在る場と空気を弁えて、共のマナーを守り、不毛な争いなど起こさず特撮を楽しむ心が肝要である。戦うのはヒーローと敵役で十分なのである。自重すべし。

ニコニコ動画における「特撮」

特撮作品に関する動画タグとしてジャンルを問わず広く登録される事が多い。

そのカテゴリ本編MAD作業用BGM歌ってみた描いてみたネタバレ画像集等……多岐に渡る。

ハリウッド映画の一部作品のメイキング集に「特撮タグが書き込まれている事もあり。

本編もとにかく、その映像を用いたMADの存在すら許さないと言った、削除基準が厳しい権利者が多い為、頻繁に動画削除される事が多いので動画投稿、視聴や検索の際には注意が必要である。

なお、現在円谷プロ東映公式チャンネルを設けて配信を行っている。以前はニコニコチャンネル特撮カテゴリが存在しなかったのでアニメカテゴリに分類されていたが、2012年10月特撮チャンネルが新設された。

関連コミュニティ

公式チャンネル

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%89%B9%E6%92%AE
ページ番号: 4142378 リビジョン番号: 2293065
読み:トクサツ
初版作成日: 09/08/17 15:50 ◆ 最終更新日: 15/11/25 23:29
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「いつもの採石場」「高崎金属」「特撮最前線」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

特撮について語るスレ

378 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 12:25:30 ID: ADwoV4Ktn7
>>377
頭のおかしい連中の一人
379 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 06:33:17 ID: 9AYUQDrmIP
>>378
お、名前を伏せといたその番組に何か心当たりでも?
380 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 07:28:33 ID: 9AYUQDrmIP
スギコメばかりだとあれなんで、もひとつコメ
>>373
個人的にだが、役者さんの出番や状況から
スケジュールや舞台裏を推察するのも楽しいよ
・・・それで切なくなることも時折ってか結構あるけどね
381 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 17:45:10 ID: r98xAS/J1J
ゴーストの場合は大人が観たらツッコミどころ満載
粗が多すぎる雑な作りの適当でいい加減な番組に戻ってしまったから言われても仕方ないよ
平成ウルトラマン平成ガメラみたいな大人が観てもある程度しっかりしてる
ちゃんとした作りの番組提供してたのが平成ライダー最大の売りだったのに
その最大の武器でセールスポイントを失って、クウガが始まる以前の番組の準か
それ以下レベルの低準に戻してしまったのだから

そして大人特撮ファンの需要と人気は今年で全に平成ライダー離れを起こしてシンゴジラウルトラマンオーブに移った感じ
その中でもジュウオウジャーは頑ってたし、アマゾンズは救いだったけど
382 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 05:51:52 ID: cvHB2bdzd6
特撮オタヒーローオタは別物だと思う。
383 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 11:09:56 ID: 9AYUQDrmIP
>>381
あの番組を匂わせる※の直後に
後続作sageし始めるとか分かりやすすぎだろww
ゴーストに粗が多いのはわかるが
適当でいい加減に作ってると見るのはセンスさすぎ

あとクウガ以前…多分昭和ライダーのことを言ってるんだろうけど
それらを平成ライダー以下の準扱いとか
もういい加減にしろよお前ら
384 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 00:17:54 ID: cvHB2bdzd6
アマゾンズの売り方は好感がもてないな。最初からBDとかならまだ良いがWEB限定配信とかもういい加減にしろよお前らって感じ
385 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 00:22:06 ID: R48YZ6NTWy
なんでWEB限がダメなのかがわからん…
386 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 00:23:40 ID: LDcSfxnyI7
そもそもなんでここに書き込んでいるのかも分からん…
387 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 00:25:11 ID: cvHB2bdzd6
>>385 WEB配信が駄とは少し違うな
アマゾンだけでしか見れないと言うのが
どうかってだけで
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015