単語記事: 犬走椛

編集

犬走椛(いぬばしりもみじ)とは、同人サークル上海アリス幻樂団制作、『東方Project』に登場するキャラクターである。

東方Projectの登場キャラクター

概要

種族:天狗
千里先まで見通す程度の能力
二つ名:下っ端天狗風神録)、山のテレグノシス(ダブルスポイラー


東方風神録4面中ボス及びダブルスポイラーLevel 4に登場。

妖怪の山にある天狗の住処の番妖として、侵入者が現れた場合っ先に駆けつけ、警告を行なう。
ただし、本来の役割はであるため、手に負えないとなるとさっさと撤退して上に報告する。
千里先を見通せるほどの眼を持っており、鼻も利くそうである。まさに、である。

暇なときは友人の河童大将棋という非常に時間のかかるゲームをして遊んでいる。
というか、妖怪の山に侵入者が来ること自体稀であるため、基本的に暇である。

なお彼女の弾幕ひらがなの「の」の形に酷似しているため、「の弾幕」として有名である。
プレイ動画等でもが出てくる時「の」を連発した弾幕コメがよくなされる。が、ご利用は計画的に

公式に立ち絵が存在せず、外見はが多い(後述)。

天狗社会・射命丸文との関係

二次創作(後述)では射命丸文の部下として描かれる事が多いが、公式では文とは同じ妖怪の山に住む天狗仲間であると言う点以外に的な接点はい。

天狗社会の上下関係については、「天魔」を頂点として「大天狗」が管理職であるという事以外は詳しく分かっていない。
生まれついた種族で上下関係が決まるのか、実等による上下関係から○○天狗と言う名前が与えられるのかも不明。ただしや文の天狗鴉天狗はどう見ても種族名であるため、彼女らがこれとは別に上下関係を表す身分名を持っている可性は否定できない。ただ、二つ名に「下っ端」とあるため、上下関係的に(下っ端と呼ばれる事のい)文より下の立場である可性は低くない。
ちなみに、現実の(私たちのいる)世界では木葉天狗天狗)は大天狗鴉天狗より格下の存在とされている。幻想郷天狗社会でも同じ設定かどうかは不明だが、下っ端設定はここから来ている可性がある。

文との個人的な仲はあまり良好ではないようで、顔を合わせると喧になりやすいとのこと。ダブルスポイラーにて文は「私達烏天狗を見下してる節がある」と愚痴のような発言をしているが、その一方で同じ烏天狗姫海棠はたてには特にわだかまりはないらしく、むしろ「文が苦手としている」ことを不思議がられているため、種族というより個人的な対立である模様。
また、そのあとに文が山に侵入してきた魔理沙をいつも匿っていることに言及しているため、職務上の対立であるのかもしれない。

なお風神録4面においては、「手に負えないなら上に報告する」設定に応じ、カラスに変化して退却している。その後は大天狗に侵入者について報告し、大天狗は侵入者と面識のある文に交渉のための出動を命じた。ここでと文が面を合わせたのかは不明。

東方求聞口授での椛

残念ながらキャラ紹介はなされていなかったものの、霊夢がもってきた一部の新聞にが載っており、掲載された写真にもその姿が写っている。が多かったの外見も、これでハッキリした。
写真には犬耳が付いていなかったが、一緒にいた天狗には犬耳がついていた為、犬耳いとは明言しづらい。犬耳を付けるか否かはこれまで通り各人の判断に委ねよう。

天狗大将棋

前述したように、は暇な時には河童将棋しているという設定は以前よりあったが、東方求聞口授で新たに将棋に関する設定が明かされた。

東方求聞口授に掲載されている「文々。新聞」(射命丸文が発行している新聞)の記事によれば、も含む天狗達は通常の将棋では時間が短すぎる事から、独自の駒やルールを追加した「天狗大将棋」を自分達の将棋として採用しているとの事。
中でもは積極的に将棋ルールを拡してきたと書かれており、将棋に対する熱い思いを感じさせる。

椛と将棋

は初登場から長らく台詞がなかったが、東方求聞口授に収録されている「文々。新聞」の「新たな将棋らしきものが幻想郷で発見された」という記事の中では発見された新たな将棋についてのインタビューを受けており、そこで自分の意見を述べている。

公式台詞が書かれたのはこれが初である。インタビューへの答えとして、「独自ルールは自分達だけだと思っていたのがそうでなかったと知って悔しい」、「いつか外の世界に行って将棋がどのようになっているのか見てみたい」というような事を述べている。その口調は軍人や武人を思わせるものであり、妖怪の山という組織に忠実に生きる天狗らしい性格が垣間見てとれる。

ちなみにこの記事、日付が「第七十八季 神無の一」となっており、外の世界も高度経済成長期に入った旨の記述があることから、約50年程前に書かれたものである事が分かる。それが何を意味するかは解釈の分かれるところであるが、それはまた別の話。

スペルカード

風神録ではスペルカードを持っていなかったが、ダブルスポイラーにて2枚のスペルカードを披露した。

狗符「レイビーズバイト Scene4 rabies狂犬病(恐病)、biteは噛み付くの意。
列の形に並んだ弾幕が、上下から噛み付くように襲いかかる特徴的なスペルカードはたてコメントには「恐病のおまけ付き」とあるが、少なくともだらけのステージにいる自身は発症していないと思われる。もみじかみかみ
山窩「エクスペリーズカナン Scene6 山窩はかつて山地などを散在していたとされる戸籍・非定住の人々のこと。 expelleeは追放された者の意、カナン旧約聖書に出てくる約束の地カナンcanine科)をかけたものか。は山から人を追放する側であるが…?

二次創作関連

本編中に立ち絵がく、東方求聞口授までは台詞も一切かったため、外見・性格は二次設定に拠るところが非常に大きい。

外見に関しては描き手によって分かれるところが大きい。
これは公式に立ち絵が存在せず、従ってドット絵から判断せざるを得ないためである。

ドット絵から分かるのは装の大まかなカラーリングを持っていること、っぽいである事くらいである。 最も議論の種になるのは尻尾がついているかどうかで、ドット絵(特にダブルスポイラー)ではさそうに見える(一応垂れに見えなくもい?)が、二次創作では大抵の場合「ついていないとデザイン的に寂しい」という理由で尻尾もついている。三月精の第三部1話では獣耳が確認されているため、あながち非公式とは言えない。
また、霊夢早苗のようにの開いた装で描かれることも多い。

二次創作では大抵の場合、射命丸文の部下的なポジションで描かれる。というかペット扱い(もちろん性的な意味で。だいたいの場合は「文に色んな意味で振り回される」という関係。それ故好意のベクトルは基本的に→文だが、文が一方的でている場合もある。文の性格があれなので、どちらにしても素直になれない2人である。

前述の通り、ダブルスポイラーにて文とは仲が悪いという設定が明かされ、あやもみには震が走った。が、風神録から3年が経過しており、既に浸透しきった二次設定を覆しきることは難しく、今でも文と親しいポジションで描かれることは多い。その場合DSコメントは「あの時はたまたま喧中だった」ということにされる。一方ダブルスポイラーの文言を採用したあやもみも出現し始めており、紳士たちは逞しく妄想を繰り広げている。

あやもみに関しては、文椛は自然の摂理の記事も参照のこと。

は文よりも小柄に描かれることが多い(ダブルスポイラーの文のコメントによると実際そうらしい)。
性格は暴走がちな文に対して生な苦労人タイプであることが多いが、木訥とした士系、あるいは全に文の忠だったりする。

文の他では、前述の「河童将棋をしている」設定から、にとりとの絡みもよく見られる。ダブルスポイラー以降は、はたてコメントに対し好意的なこともあってか、はたてとの組み合わせもちらほら。

関連動画

お絵カキコ

数が増えたので、犬走椛のお絵カキコに分離しました。全てを見る場合はそちらをどうぞ。

秋めく滝 まさに狼 ぺろぺろ ●もみじもみもみ 300 霊撃2発分 なんだってー カーソル!俺と代われ! 白狼剣の構え zzz... おまえは王手をかけられた わんこ そこのおまえちょっとまて 悪い人間はいねがー 椛 もみもみ 飲みに行かないっすか? 話は聞かせてもらったッス 後ろの紫陽花が紫キャベツみたいっすね? 神主風 疲れた時にはお茶でも一杯 やっぱ獣耳は酒と同じくらい素晴らしいと思うんですよ まぁ、考えようが考えなかろうがへっぽこ君っすよね?Exactly わんわんおー 腋ガードインストール

●ドットもみもみ もみもみバナー

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8A%AC%E8%B5%B0%E6%A4%9B
ページ番号: 298685 リビジョン番号: 1993086
読み:イヌバシリモミジ
初版作成日: 08/06/29 21:16 ◆ 最終更新日: 14/03/21 15:20
編集内容についての説明/コメント: フィギュアを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

犬走椛について語るスレ

566 : ななしのよっしん :2014/05/29(木) 15:26:14 ID: wetCr6hQOr
先走り
567 : ななしのよっしん :2014/06/13(金) 13:30:06 ID: AMFkKysLXg
>>566
それをくよこすんだ
568 : ななしのよっしん :2014/06/20(金) 08:13:06 ID: YMJajC60KE
>>563
東方における天魔がよく分からないし
天魔」というのは別に天狗トップみたいな意味ではないでしょ?
だから
「「天魔」を頂点として「大天狗」が管理職であるという事以外は詳しく分かっていない。」
という説明で問題はないと思うけど
569 : ななしのよっしん :2014/06/20(金) 09:43:27 ID: BHMpuQI1I/
茨歌仙獣耳なしか・・・
それにしても普通神社の飲み会参加してたけど、山から下りる事あるんだな
ずっと山にこもってるイメージあったから少し驚いた
さらに仲の悪い文と一緒にいるし
570 : ななしのよっしん :2014/06/20(金) 10:06:16 ID: /5yWiySk8r
山に居るのは仕事だからな
文と仲が悪いのも仕事中の付き合いでの話じゃない?
プライベートでは別にそうでもなかったり

ソースをちゃんと読んだ訳じゃないから違うかもしれんが
571 : ななしのよっしん :2014/07/14(月) 18:00:00 ID: UNIfnEpai9
>>567
おうおう、ちょっとまてや。それ貰ってどうするつもりや!

あと弾幕アマノジャク出場おっめー
572 : ななしのよっしん :2014/07/24(木) 10:37:10 ID: Y4z08ISrh5
論争を見てて思ったけど、案外公式での露出があるよね。
573 : ななしのよっしん :2014/07/24(木) 18:30:17 ID: tUudp7JhqT
風神録で「パパラッチのくせに大天狗から一任された」(本来なら大天狗揮の下、仕事する)
「わざと負けた」(射命丸が上手く隠した可性もある)
なんやかんや上手いこと片付けてしまった」
「くやしいワン!」→DSってことなのかもしれない
インタビューでは特にいざこざはなかったから結局の所どうなのか…
574 : ななしのよっしん :2014/07/26(土) 10:55:42 ID: XAM9YfEC4C
まあ良識的な組織人ならインタビュー中に噛みつかんだろう普通
そもそも天狗内の新聞がどういうに扱われているのか知らんわけなかろう
575 : ななしのよっしん :2014/07/26(土) 11:08:56 ID: pZMvjNN2vT
>>649
きまじめなに対して
文:(直属ではないが)いい加減な上→「ちゃんと働けやクソ上司(怒)」
にとり:いい加減な隣人→「やれやれ・・・全くしょうがい人ですね(苦笑)」
って事ではないかと妄想した

プライベートでの付き合いで文との仲が好転する可性あるで!
(個人的にはギスギス文モミ推しだけど)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015