単語記事: 独裁者

編集

独裁者とは、政治におけるあらゆる権が一人に集中した存在である。

概要

由来は古代共和政ローマにおける役職「独裁官」から。ここでは、普段は二人の執政官と議会によって行われている政治を、戦争などの緊急事態の際には一人の独裁官(任期は半年)に全てゆだねるという手法が採られていた。

通常の民主主義の場合、少数や反対にも考慮して政策や外交を決めなくてはならない。そのために中途半端な政策になったり、手続きの煩雑さから政策を実行に移すまで時間がかかるのが難点である。また、人気取りの衆愚政治にもなりがちである。

それにべて独裁政治の場合、民主主義より速に合理的な判断を下す事ができるのが最大のメリットである。実際にムッソリーニ政権下のイタリアではマフィアの壊滅による治安向上、ヒトラー政権下のドイツでは失業者の減少、スターリン政権下のソ連では工業の近代化など、民主主義政府では実現出来なかった政策を実現させるなどの成果をあげており、一概に「独裁=悪」と決めつける事が出来ない点には注意が必要である。

ただし、独裁者が間違った政策や戦争に突き進んでもも止める事ができない。反対した場合は拘留、最悪なら死刑など、人権や言論の自由が制限されるなどの危険性も含んでいる。

類似する概念に一党独裁、軍事独裁などがあるが、これらの政体の独裁者が存在するかは場合による。

独裁政権が有効となる場合

概ね以下のような状況の場合、民主主義よりも独裁政権のほうが良い状況となる場合がある。

  • 第三者から見て明らかに衆愚政治となっている場合。特に民衆がマスメディアに流されやすく、マスコミ事実上の権者となって政治家が有名実化している場合
  • 地域対立・部族対立など民同士の対立がしく、民主主義を実行しても対立している民同士が足を引っり合い続けてがまとまらない場合。特にそれが極まって内戦が続いている場合
  • にも明らか革が必要にもかかわらず、少数の既得権益者がしく抵抗している場合
  • 国家に緊急事態が発生し速な収拾を図らなければならない場合、この場合民主主義政権下でも一時的に首相大統領に権限が集中することがある
  • 特に発展途上において、集中的な資本投下により生産の向上が期待される場合

アフリカに独裁政権が多いのはこのような事情を抱えているが多いことにほかならない。また中国共産党の一党独裁であるが、これに関しても、二番の地域対立の事情などが大きく関わっている。

独裁者の生まれ方

大きく分ければ二つのパターンがある。

第一は、まず選挙などの民意によって最高権者に就任し、その後憲法法律正によって独裁権確立するというもの。具体的な人物を挙げればアドルフ・ヒトラーなど。

例えば大統領の任期を撤し、自分が終身大統領に就任するなどの手法が採られる。まずは民からの支持や基盤作りといった下準備が必要ながら、最大のメリットあくまで合法的に物事が進められているという点である。ただ、熱狂的な支持を受けて当選したとしても、失策を重ねるなどしてその熱が冷めてしまうと、しい弾圧に転じたり政が腐敗・麻痺してしまう事も(ジンバブエ・ドルの件とか)。

もうひとつは、革命クーデターなどの非合法な手段で政権を乗っ取ってしまう事。部族対立がしいアフリカなどでよく見られる。

言うまでもなく難点は非合法で正統性に欠けるという事。民や周辺諸から支持を得られるとは限らない。だが非常に手っ取りトップに立つ事が出来る手段である。あくまで非常事態・緊急事態における過渡期政権であるというアピールをとる事が多いが、実際にはそのまま権の座に居座る事で独裁者が誕生する。最初から強引な手段で政権についている為、反対する諸勢を排除するために更に強引な手段が取られがちである。

また、大の密かな後ろのもとにクーデターを起こすケースも散見される。

基本的に独裁者というのは、元々権を持っていなかった人物が、様々な手段・闘争の末に権が物にすることで生まれる。その点は生まれた身分で権を持つ王や貴族とは若干異なってくる。ところが最近では北朝鮮のように独裁者が三代世襲するケースも登場してしまった(北朝鮮が「事実上の絶対君主制」と言われるゆえんである。これもうわかんねぇな)。

一党独裁

一人による独裁ではなく、一政党による独裁。
作り方はいたって簡単、自分たちの政党以外を禁止・非合法にしてしまえば完成である。中には衛星政党・ダミー政党のみ容認する事で「これは一党独裁じゃないよ、複数政党制だよ」と言い訳するケースもあるが、実態は言うまでもない。

この場合、選挙で政権が覆る事はないし、議会も自分たちに反対する勢はいない。ただし党内での権闘争が起こる事はありうるので、それらの流れからトップに立つ人間は入れ替わっていったりする。そういう点では、一人の独裁者が立ち続けるよりはある程度の変化が生じる。

…とは言ったものの、社会の構造が固定されがちで、やがて一部の層が権益を独占するんだ社会となってしまう事も多い。

党のトップ独裁者と呼べるほどの権を持つかは場合によって様々である。例えばソ連の場合、共産党による一党独裁国家であったが、ヨシフ・スターリンは政敵を次々と粛清して事実上の個人独裁にシフトした。だがスターリンの死後、その個人崇拝的なやり方は後任者のフルシチョフによって否定され(スターリン批判)、再び一党独裁のレベルへと戻っている。

軍事独裁

軍部による独裁政治。当然、クーデターから生まれる。軍事政権とも言う。

これまたトップ独裁者と呼べる権を持つかはケースバイケース。長期政権を手にした独裁者としてはリビアカダフィ大佐ミャンマーのネ・ウィン将軍などがいる。

古代・中世政治体制はだいたい軍事によって作られていたので(日本の幕府など)そういったものは軍事独裁とは呼ばず、近現代の文民統制が流となってからのケースがこう呼ばれる。そうした仕組みが安定していない発展途上では、現在でもたびたびクーデターが起こってしまう。

独裁者の一覧

現実の独裁者
 フィクションの独裁者

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85
ページ番号: 5056187 リビジョン番号: 2446121
読み:ドクサイシャ
初版作成日: 13/03/14 08:45 ◆ 最終更新日: 17/01/07 16:45
編集内容についての説明/コメント: 概要部分の加筆修正。独裁者の生まれ方・一党独裁・軍事独裁の項を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

独裁者について語るスレ

129 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 18:08:25 ID: UoKhadQOQ2
一党独裁って体裁なのに、導者が全に終身制になっちゃってる場合とかは独裁者たりうるケースかな。もちろん全部のケースが当てはまる訳じゃないけど。
自分一人に権を集中させるために、終身制じゃなかったものを終身制に変えちゃったりするのはよくあるケースかな。中国はまだ一定年数で交代が成り立っているが、北朝鮮は終身制・世襲化・格化しちゃってる、みたいな。
130 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 12:50:34 ID: UoKhadQOQ2
っていうか、そもそも独裁者ってのは民主主義や分権義がある程度普及した状況から、逆走して一極集中を作り上げた存在なんじゃないかなー。だからそもそも義中心だった古代中世とかにもそのまま当てはめようとするのは難しいと思う。
現代的なイメージに近い古代の独裁者ってカエサルくらいじゃないかな。ってかカエサルの就いた独裁官って言葉が独裁者の由来だしね。
131 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 13:13:04 ID: I9BMwcAqWL
>>128
寡頭制による極少数による独裁制もあるし
中国共産党による一党独裁制でいいんじゃないか?
132 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 00:27:51 ID: /wxzZ336Tk
独裁者の定義って人によると思うけど自分としては

・権威、権が当人に集中しすぎており、当人なしでは何も政治が動かない

の強い側近や重鎮がおらず、当人あるいは身内で中枢権を固める

・大きな権を持ち、信用ならないと判断した重鎮すらもあっさり捨てる

批判的な人物、民衆、勢などを悉く弾圧。批判すらも許さないことも多い

・自身の勢を伸ばすことに殊更固執し、内外問わず他人を振り回し、多くの人間を苦しめる

だと思ってるから、正直カエサルみたいなタイプ独裁者とは思えんのよなあ。独裁者カリスマがあるかどうかはまた別の話だし
133 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 00:38:14 ID: /wxzZ336Tk
ちなみに前述した天智天皇

の変で強蘇我氏を討滅し勢削減
・自分が皇太子に就任し、孝徳天皇を傀儡化。最後は天皇をも見捨てる
・ついでにその天皇息子を謀叛の疑いで刑死させる
・自分の母親天皇につけ、これも傀儡
朝鮮で滅亡した済救援を群臣の反対を押し切って断行。結果村江で唐・新羅に大敗北
・自分から戦争しかけておきながら相手が攻めてくると言い出し九州に多大な民衆を防人として徴兵
村江でボロ負けしたため群臣が猛反発。面倒なので群臣置き捨てで近江遷都
・当初皇太子にしていたとも)の大海人皇子を罷免して息子皇太子

独裁者暴君がやりそうなことは一通りやってる
134 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 02:38:41 ID: UoKhadQOQ2
>>132
いや・・・そりゃただの暴君だろ。チトーとかケマルみたいに混乱してたを強パワーで引っタイプ独裁者もいるし。
つかそういう定義で考えていながら秀吉は外すのか。
135 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 02:55:27 ID: UoKhadQOQ2
ってか独裁者の定義は冒頭で言われてるように、あくまで「一人に国家の権が極端に集中している」って部分じゃないの?
>>132の言ってるのは独裁者がやりがちなイメージだろ? もちろんそういうことやる独裁者が多いのは否定しないけど「自分としては~~が独裁者の定義だと思ってるからコイツ独裁者だ」みたいなのはなんかおかしくない?
136 : ななしのよっしん :2016/12/21(水) 23:33:26 ID: UoKhadQOQ2
あと記事の中では言及されてないけど、専制君とか絶対王政とかを独裁者の定義に含めるのか否かって部分は見解が分かれるよね。
独裁政治って大抵「分権的な政治では上手くいかない状態なので、緊急事態的に私に権を集中します」っていうのを実際には延々と続ける形式が採られてるんだよね。中国共産党とかも革命が成就するまでの担い手という設定だし(なお、いつ成就するのかは不明な模様)。
だから元々集権前提のシステムである専制君主制は、広く言えば独裁の一種だけど、微妙に区別されるのかな?と。
137 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 10:07:04 ID: g/dcbFbNVQ
というか専制君だからと言って必ずしも独裁権というわけでは……
専制君を成立させるには高度な中央集権が必要で、そのためには巨大な官僚機構とそれを支える宮廷貴族が必要になる
専制君の権は、実質的には常にこの宮廷貴族との緊関係にあり、専制君が独裁を行えるのはこれを制圧できるがある時だけ
138 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 20:25:41 ID: UoKhadQOQ2
>>137
だね。宮中クーデターとか色んな手段で他を化するとかによって「独裁権化する場合もある」って感じかな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015