単語記事: 猫の恩返し

編集

猫の恩返し

猫の恩返しとは、2002年7月開されたスタジオジブリ製作の長編アニメ映画

概要

テーマは「今を生きることの素らしさ、大切さ」。

7年前(1995年)に開されたジブリ作品の「耳をすませば」の主人公月島大人になって書いた小説作品という設定がある。それ故、耳をすませばにも登場したバロンも登場する。

また、耳をすませばべてあおい原作漫画の絵柄に近く、あまりジブリっぽい作画ではないのも特徴。猫耳など他のジブリ作品とは一線を引いたコミカルシーンが多い。

監督・キャスト

森田宏幸アニメ監督作品。

脚本は、後にアニメけいおん!」「けいおん!!」のシリーズ構成を務めた吉田玲子

音楽は、耳をすませばから引き続き、野見祐二が担当した。

後に、森田宏幸野見祐二アニメ版「ぼくらの」で再びタッグを組んでいる。

なお、ジブリにて宮崎高畑両氏以外の人物が監督を務めるのは1995年の「耳をすませば」以来7年ぶり。

主人公吉岡ハル女優の池千鶴が務めた。
その他にも「耳をすませば」で主人公役を務めた本名陽子ハル同級生役で登場する。

題歌:つじあやの風になる」。
映画本編で流れるのは、アコースティックバージョンであり、一般によくにするアレンジ若干異なる。

あらすじ

詳細はWikipediaを参考に。

普通女子高生吉岡ハルはある日トラックに轢かれそうになったを助ける。そのは二足歩行をし人の言葉で礼を述べて立ち去った。そのこそ王子ルーンだった。そこからハルたちの奇妙な物語が始まった。

反響

結果としては前年度の「千と千尋の神隠し」が現在まで、ジブリの歴代行成績トップとなったため影が薄くなった点は否めない。

しかし、宮崎駿監督作品以外のジブリ作品では行成績第2位1位なぜかゲド戦記)であり、総合的に見ても第6位であり「紅の豚」(第7位)より上である。

良い意味で、近年のジブリ特有の説教臭さや、濃すぎるメッセージ性がなく、純に冒険劇として楽しめるため、今でも高い人気を誇る。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8C%AB%E3%81%AE%E6%81%A9%E8%BF%94%E3%81%97
ページ番号: 2678278 リビジョン番号: 2142731
読み:ネコノオンガエシ
初版作成日: 09/04/04 17:23 ◆ 最終更新日: 15/01/10 00:32
編集内容についての説明/コメント: 冒頭のイラストと文章の間を段落分け 関連項目に「アニメ映画」「アニメ映画の一覧」「2002年のアニメ作品一覧」、および他1つ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


はる

おんがえし

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

猫の恩返しについて語るスレ

113 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 12:59:10 ID: ZHJikSaT2r
ところどころクスッと笑える台詞があるよね
114 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 23:04:01 ID: 8Vl96PrROp
昨日初めて観たんだが面かったけどちょっと盛り上がりに欠ける気がした
けど>>78の素人の作品っぽさと聞いてなるほどなと思いました
あと顔はかわいいけどいまいち冴えない女子高生ってなんかこう・・・いいよね

EDカットしちゃうのかよと思ったらネットでも悲鳴だらけだったね
115 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 14:20:00 ID: kI9StrOfPb
近年のジブリ特有の説教臭さや強すぎるメッセージ性がないってのは非常に的を射ている
他が好みじゃないだけの消去法だけど、21世紀以降の作品では一番好き
116 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 19:19:57 ID: s5pB0iNPH5
ハルちゃんの「なんて助けなければよかった。」って発言ギョッとなった。トラックに引かれそうな助けてその発言はちょっとまずい
117 : 猫の日 :2017/02/22(水) 23:50:05 ID: y9e/AtgJXJ
「今を生きることの素らしさ、大切さ」
つまり人間のとき。基本的に高校生青春っ盛り。やりたいこともきっといっぱいあった。しかしを助けたせいでに。
だから「見殺しにしとけば・・・」をほんわかに訳すとこうなる。
でもムタさんは「もいいもんだぜ。」ムタさんはで人間世界に簡単に潜り込めるので自由謳歌している(青春)。ちなみにうちにはみたいながいた。
118 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 23:55:06 ID: y9e/AtgJXJ
ハル様~!すこ
119 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 00:02:48 ID: y9e/AtgJXJ
の日オワチャタヨ の日は11月1日
120 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 04:47:45 ID: pRs33ggpBW
倍返し空目した
121 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 19:40:44 ID: 9Zn8smU/xN
>>115
その説教くさくなさが好き
ほっとするような柔らかさがある作品だよね
122 : ななしのよっしん :2017/05/02(火) 22:10:03 ID: QZYGp2Yv5P
>>116
はあのセリフで一気に好きになったなあ。
当たり前の普通さが凄く出ていて、現代日本女子高生らしさをものすごく感じる。
あんなことされても「は何をおいても助けるべきでその為なら自分が不利益を被ろうと死にかけようとかまわない」ってメンタルヒロインはこの映画にはふさわしくないしね。

現代のおとぎ話というか、少女漫画的というか、ごく普通ジュブナイルというか
特筆すべき点はなにもないんだけど、90分間ぶっ通しで見続けられて満足できてすごく良い気持ちになれる作品って大切だと思う。
みんな良いキャラしてたなあ。あとみんな良いしてたね。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829