単語記事: 猿の惑星

編集

猿の惑星(原題:Planet of the Apes)とは、1968年製作開されたアメリカ映画である。同名の小説原作1974年TVドラマ1975年テレビアニメ製作されている。

※当項映画版とその続編、2001年開のリメイク版を中心に記述する。

概要

フランス小説家ピエール・ブールが執筆した同名の小説原作としたSF映画
1941年12月大東亜戦争が勃発、日本人の攻撃で東南アジアから人が追い出される様子を見て、本作を思いついたという(当時の日本人黄色と罵られていた)。

人間ととの関係が逆転した世界特殊メイクを施された俳優、1作の衝撃的なラストは多くの人々に衝撃を与え、現在でもとなっている。特に、特殊メイクに関しては、1968年当時の準から余りにもかけ離れ過ぎている点が評価され、アカデミー名誉賞を受賞した。

猿の惑星

1968年開。原題:PLANET OF THE APES

宇宙飛行士のティラー一行は宇宙船で地球へ帰還中、詳細不明の惑星に不時着した。

この惑星が退化した人間を支配していた!仲間を殺された上に自らも達に酷い仕打ちを受けるティラー

そんな折、チンパンジー夫婦であるコーネリアスとジーラと出会い匿われる事になる。生き残りの人間を探すべくの居住地を離れ、「禁断の地」をティラー。彼が見たものとは!?

続・猿の惑星

1970年開。原題:BENEATH THE PLANET OF THE APES

前作「猿の惑星PLANET OF THE APES」の続編。

衝撃的な事実を知ったティラーティラーの後を追って猿の惑星に辿りついたブレントはティラーと合流すべく惑星する。ティラーは「禁断の地」で人類の生き残りを発見したが、彼らの正体はコバルト爆弾として崇める狂信的なミュータントの集団だった!

一方、領土拡大を当てにの軍隊が「禁断の地」に侵攻して来る。ティラーが最終的に取った行動とは!?

新・猿の惑星

1971年開。原題:ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES

1973年地球宇宙船が降下して来た。中から現れた宇宙飛行士の正体はであった。

そのの名前はコーネリアスとジーラ。「猿の惑星」からやってきた彼らを好意的に受け入れたアメリカ社会であったが・・・・。

猿の惑星・征服

1972年開。原題:CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES

1991年。疫病によりが死滅した未来進化し、ペットかつ労働として利用されていた。

コーネリアスとジーラの間に生まれたシーザーは虐げられる仲間の当たりにし怒りを爆発させる。

テレパシー仲間を集結させ、人間に対し反乱を起こす。

最後の猿の惑星

1973年開。原題:BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES

1991年に勃発した人間ととの戦争は核戦争に発展。世界は壊滅状態に陥った。

2003年シーザーと人類との共存のし努していたが、人類を敵視しているゴリラアルドー将軍は”が犯してはならないタブー”を破り、核戦争により生まれたミュータント人類が攻撃を仕掛けて来た。

果たしてと人類の未来は・・・・!?

PLANET OF THE APES/猿の惑星

2001年開。原題:Planet of the Apes

ティム・バートン監督。第1作のリ・イマジネーション作品である。

が人間を支配すると言った基本的設定はそのままに、登場人物やストーリー等が一新された作品である。

1968年版にて役であったチャールトン・ヘストンカメオ出演している。ラストも1作と同様に、ティム・バートン監督らしい大どんでん返しの結末となっている。

関連動画

関連商品

※1作DVDパッケージ自体がネタバレに繋がる為敢えて紹介しません。

関連コミュニティ

 

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F
ページ番号: 4175698 リビジョン番号: 2445004
読み:サルノワクセイ
初版作成日: 09/10/06 14:07 ◆ 最終更新日: 17/01/04 12:47
編集内容についての説明/コメント: 概要を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

猿の惑星について語るスレ

84 : ななしのよっしん :2015/03/09(月) 22:43:45 ID: DGzZKP1DLa
>>83
アメリカだとゴリラ賢者と呼ばれる、日本で言う獣の王ライオンみたいなポジションらしい。
85 : ななしのよっしん :2015/03/10(火) 08:59:49 ID: 8ExxgsJego
>>78 >>80 ・゜ヽ( ´`)人(´` )ノ・゜
ティムバートンは良い仕事したと思うし、あのラストもそう来たか!って感じで悪くない。
ジェネシスシリーズは単なるCG鑑賞映画猿の惑星である必然性がい。
と人間が中途半端に和解するのとか見ると萎え萎え。
86 : ななしのよっしん :2015/04/25(土) 19:51:01 ID: JShy5JzPlT
>>85
むしろティムバートンで萎えないんだな、凄い感性だ
ちゃんと常人とは違う感性を持っていると意識したほうが身のためだよ
君の意見も重だけど、自分こそが正しいと思っちゃ駄
87 : ななしのよっしん :2015/05/04(月) 21:25:08 ID: U5wLe8QSdk
>>86
その意見も重だけど、自分こそが常識と思っちゃ駄
88 : ななしのよっしん :2015/05/13(水) 21:16:20 ID: g8JUfZrHYo
>>84
アメリカ賢者なんて概念あるのか?
賢者の石魔法使いの石に変する様なとこなのに
89 : ななしのよっしん :2015/08/13(木) 12:10:14 ID: vFHCMqtKoK
>>85
和解するどころか、ライジングではこれから人類と戦争になるってとこで終わったんだけど見てないのかな?
90 : ななしのよっしん :2015/09/29(火) 11:18:43 ID: wZCicR190+
>>83
そのあたりのに対する見方の変化は時代だと思うよ。
19世紀から20世紀にかけて、進化論の逆影ヨーロッパアメリカでは退化がすごく恐れられていた時期があった。刺画の世界では、未開人原住民が頻繁にのように描かれてたりしてる。

特にひどいのは南北戦争期に奴隷制度擁護論者から尊敬されていた「人学」の権威ヨシュア・ノットが『人類の諸形』という本で披露したゴリラアフリカ人の頭の形の較。これらをはじめとする諸影が、キングコング猿の惑星にまでつながっているという見方がある。

そのゴリラが今やヒーローの形態にまで持ち込まれるようになったのは、正しい生態が広まったおかげだろうね。
91 : ななしのよっしん :2015/10/07(水) 12:00:41 ID: qsWjqbRtaf
ボノボ賢いのに出ないねえ(行動が行動だから?)
https://www.youtube.com/watch?v=N39AZO1MDQE
92 : ななしのよっしん :2016/01/15(金) 21:03:36 ID: jZnVmLrF5n
原作映画も何度観ても西洋文明批判に見える。
とくに映画版。
バートン版は知らんが。
93 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 01:40:55 ID: +3jJif6pKb
2001年版は、もうちょっと何とかならなかったのかなあという感じ
若干台詞というか展開が唐突過ぎるきらいがある。見返してみれば、あれだけセードが少数の人間如きに必死になったり、ポッドを見つけた部下を殺したりしたのは「かつて人間こそがの支配者だった」という過去をひた隠しにしたかったから、と読めるんだけど

ノベライズ版だと各キャラに心理描写があるからちょびっと補効いてるか。ただ作者的には気に入らないのか、ラストカットされてるけど(レオ宇宙に飛び出したところでお終い)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015