編集  

玉置浩二単語

タマキコウジ

玉置浩二(たまき こうじ)とは、北海道旭川市出身の日本ミュージシャン俳優である。1958年9月13日まれのA型1982年デビューロックバンド安全地帯」のボーカリストリーダーギターパーカッション、稀にドラムス演奏することもある。3度の離婚石原真理子との事実婚(婚姻届は受理されず)を経て、2010年青田典子と結婚子供はいない。所属事務所SALTMODERATE塩分控えめの意)。ヴォーカリストとしてはもちろん、楽曲のプロデュース作詞作曲)、役者としての演技にも定評がある

人物・来歴・評価

両親と民謡歌手であった祖の元で育つ。民謡を習い始めた3歳の時には、「神様」という曲を作曲したと本人が述懐している。

野球部の3番・エースキャプテンをしながら、生徒会長にまで就任した(選挙演説で得意の渥美清のモノマネが大ウケしたが、後に下級生から「会長仕事をしていない」と苦情が殺到し罷免旭川市中学校時代に、後に安全地帯ギタリストとなる武沢豊が他校から転校してきて即座に意気投合、バンド活動を始める。ポピュラーソングコンテスト、通称ポプコンに数度出場。審員として来場していた中島みゆきに「恐ろしい中学生バンドがいた」と絶賛されるなど、地元で名の知れたグループになった。

地元の農業高校に進学するも、音楽活動に専念するため1年も経たずに中退。その後、屋をリフォームしたスタジオアルバイトの傍ら本格的にプロし長期にる合宿生活を送る。1981年音楽プロデューサー金子を介して玉置らの元を訪れた井上陽水ライブツアーバックバンドとして参加。CMソングレコーディングテレビラジオ等への出演を経て1982年2月、『黄色のスナップ』でデビュー。翌年に発売した『ワインレッドの心』がCM曲としてオンエアされると人気に火が付きオリコンウィークリーシングルチャートで1位を記録し、全区の知名度を獲得する。

予感』『悲しみにさよなら』『熱視線』『い瞳のエリス』などの楽曲を立て続けにヒットさせる傍ら、1986年に同名の劇中題歌も担当した『プルシアンブルーの肖像』で俳優デビュー。翌1987年には『All I Do』でソロ活動を開始。1991年には女優薬師丸ひろ子と結婚。大の親友であるとんねるずの番組ではコントで三枚の役柄に挑戦し、お茶の間の人気者となった。1993年安全地帯の活動が期限休止状態になると、所属事務所をユニヴァーサルからソニーに移籍。楽曲の作も『元気な町』『カリント工場の煙突の上に』『STAR』など、ポップで郷愁に満ちたものへと変化していった。またこの年、人気演歌歌手・香西かおりに提供した『言坂』が日本レコード大賞を受賞した。

1996年玉置にとってエポックメイキングな年となった。近年一般的にも名曲として評価され始めたバラードメロディー』をリリースし、俳優としても大河ドラマ秀吉』で足利義昭役を怪演。雑誌『ザ・テレビジョン』の企画ドラマアカデミー賞」で助演男優賞にもいたフジテレビ系ドラマコーチ』の題歌『田園』が自身初のミリオンセラーを記録。大晦日ソロとして初めて出場したNHK紅白歌合戦では歌手間最高視聴率を記録した。

一転、1998年には薬師丸との離婚(新興宗教の熱心な信者であった義との不仲が理由と言われている)を機に軽井沢に移住。レコード会社を移籍。この頃、とある日のライブで、途中で演奏を中断しそのままライブまで打ち切ってしまうことがあった。その様子は『"GRAND LOVE"LIFE IN MUSIC』に収録されている。翌1999年ツアーメンバー安藤さと子と結婚

2002年、10年ぶりに安全地帯の活動を再開するも、翌2003年に再び長期活動休止。2007年には、不倫騒動で世間を賑わせた石原真理子が出版した『ふぞろいな秘密』において玉置からの壮絶なDV(暴力)行為を暴露されたことを機に安藤離婚。翌2008年には膵炎で活動休止を余儀なくされるなど私共に四面楚歌の状態に陥る。ところが、2009年石原と復縁。婚姻届を提出するも、石原米国人の前夫との婚姻関係が解消されていたなったため不受理に終わり、最終的に破局。

2010年1月安全地帯の活動再開が発表され、5月には青田典子との交際が発覚。7月結婚2012年にはソニーミュージック内に自レーベルSALTMODERATE」を設立。メンバー全員50歳をえ、この先も息の長い活動をするために健康を大事に、「塩分控えめに行きましょう。」との考えが由来である。

前述のとおり、石原との不倫らびDV騒動や度重なる病気休養、2010年全復活」と銘打ったツアーで泥酔状態のまま舞台に上がり観客と口論した挙句に演中止の事態を引き起こすなど、私両面におけるスキャンダラスなイメージが付きまといがちだが、煙草アルコール全に断ち、青田との結婚生活も落ち着き始めた近年では、内外の名門オーケストラ楽団との共演や海外演、ライブや自身初の冠番組『玉置浩二ショー』(NHK-BSプレミアム)における人気アーティストコラボや、ディナーショーの開催など、幅広く精的な活動を続けている。

山下達郎からは「日本で最も過小評価されているアーティスト」と、桜井和寿からは「天才」、さらにASKAは自身のブログで「あいつは化け物のように上手いコメントするなど、かねてより業界関係者からはその実と才を高く評価されていたが、2014年TBS水曜日のダウンタウン』で放送された「音楽プロ200人が選ぶ本当に歌が上手いランキング」で久保田利伸Superflyといった実者を抑えて堂々の1位になったことで一般的にも再評価の機運が高まっている。

他アーティストへの主な提供楽曲

ディスコグラフィー

シングル

  1. All I Do(1987年7月25日)
  2. キ・ツ・イ(1989年1月25日)
  3. 氷点(1989年3月25日)
  4. I'm Dandy(1989年7月25日)
  5. 行かないで(1989年11月20日)
  6. コール(1993年1月30日)
  7. 元気な町(1993年8月21日)
  8. LOVE SONG(1994年11月11日)
  9. STAR(1995年6月21日)
  10. メロディー(1996年5月21日)
  11. 田園(1996年7月21日)
  12. MR.LONELY(1997年8月6日)
  13. ルーキー(1998年5月21日)
  14. HAPPY BIRTHDAYが生まれた〜(1998年10月3日)
  15. 色だった(1999年11月3日)
  16. aibo(2000年3月23日)
  17. このリズムで(2001年3月28日)
  18. しあわせのランプ(single version)(2004年6月9日)
  19. されたいだけさ(single version)(2005年1月13日)
  20. いつもどこかで(2005年10月5日)
  21. プレゼント(2005年11月2日)
  22. Lion (single version)(2006年3月15日)
  23. 惑星(2007年6月27日)
  24. 純情(2013年4月24日)
  25. サーチライト(2013年11月27日)

アルバム

  1. All I Do(1987年8月10日)
  2. あこがれ(1993年3月24日)
  3. カリント工場の煙突の上に(1993年9月22日)
  4. LOVE SONG BLUE(1994年12月12日)
  5. CAFE JAPAN(1996年9月13日)
  6. JUNK LAND(1997年9月21日)
  7. GRAND LOVE(1998年5月27日)
  8. ニセモノ(2000年4月26日)
  9. スペード(2001年3月28日)
  10. 今日というこの日を生きていこう(2005年2月16日)
  11. PRESENT(2006年4月5日)
  12. 惑星(2007年8月1日)
  13. GOLD(2014年3月19日)

ライブアルバム

  1. T(1995年9月21日)
  2. LIVE!! 「今日というこの日を生きていこう」(2005年7月27日)
  3. 06 PRESENT TOUR LIVE 発散だー!!(2006年8月30日)
  4. KOJI TAMAKI ’07 LIVE 惑星(2008年3月26日)
  5. 玉置浩二LIVE旭川市会堂(2015年12月16日)

ベストアルバム

  1. 安全地帯/玉置浩二 ベスト(1994年8月25日)
  2. 玉置浩二ベストソングス・フォー・ユー(1995年8月25日)
  3. EARLY TIMES〜KOJI TAMAKI IN KITTY RECORDS(1997年4月25日)
  4. 田園 KOJI TAMAKI BEST(1998年12月2日)
  5. Best Harvest(2003年5月21日)
  6. ゴールデンベスト 玉置浩二 アーリー・タイムズプラス(2003年11月26日)
  7. GOLDENBEST 玉置浩二 1993-2007(2011年12月21日)
  8. ALL TIME BEST(2017年5月31日)

カバーアルバム

  1. ワインレッドの心(1999年2月24日)
  2. Offer Music Box(2012年10月24日)
  3. 群像の(2014年12月3日)

映像作品

  1. "All I Do" Filmed in U.K(1987年11月1日)
  2. 最高でしょ?(1995年11月1日)
  3. SHALL I MAKE "T" FOR YOU? CAFE JAPAN TOUR(1997年3月21日)
  4. WE CAN BELIEVE IN OUR "JUNK LAND"(1998年3月21日)
  5. "GRAND LOVE" A LIFE IN MUSIC(1999年2月24日)
  6. このリズムで(2001年7月25日)
  7. 今日というこの日を生きていこう」LIVE in Zepp Tokyo(2005年11月2日)
  8. ’06「PRESENTTOUR LIVE(2006年12月5日)
  9. KOJI TAMAKI ’07 惑星 TOUR LIVE(2008年3月26日)
  10. ANZENCHITAI & KOJI TAMAKI RARE ARCHIVE 2012(2013年7月31日)
  11. KOJI TAMAKI MUSIC VIDEOS 1996-2013(2014年4月2日)
  12. GOLD TOUR 2014(2015年6月10日)

関連動画

YouTube(公式)

その他

Tudouで検索

Youkuで検索

dailymotionで検索

関連商品

オリジナルアルバム

ベストアルバム

ライブアルバム

カバーアルバム

DVD/Blu-ray

出演作品

関連項目 

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8E%89%E7%BD%AE%E6%B5%A9%E4%BA%8C
ページ番号: 4268224 リビジョン番号: 2479441
読み:タマキコウジ
初版作成日: 10/01/26 06:06 ◆ 最終更新日: 17/04/14 19:43
編集内容についての説明/コメント: ALL TIME BEST 発売日修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

玉置浩二について語るスレ

82 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 01:33:18 ID: HkxqQm2v8f
水曜日のダウンタウンきっかけでファンになったなんて恥ずかしくて言えないわー
やばいじゃんやばい
83 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 22:42:21 ID: gG1zywF7gk
クソ野郎だけど天才の典例。
84 : RERA_X :2017/03/24(金) 22:14:25 ID: aMUMLxMM1q
いろいろな意味で、玉置浩二は「歌バカ」なんだと思う。
85 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 13:08:47 ID: u3tjXhi3PS
最近この人の音楽にはまったばかりのにわかです。
岡山であるライブに行く予定なんだけれど、ライブでのお約束(掛けみたいな)とかあるのかな?
曲も『メロディー』『田園』『の終わりのハーモニー』『ワインレッドの心』くらいしか知らないんだけれど、これは聞いとけ!ってアルバムありますか?
聞いてばかりですみませんが、ご教示お願いします。
86 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 17:00:13 ID: lD3AkzqkjP
>>85
真夜中過ぎの予感、あの頃へ
以上3曲はメジャーだがお勧めだ。
個人的には「あの頃へ」が好きでたまらん。
87 : ななしのよっしん :2017/08/30(水) 17:54:09 ID: ZiVBMC+viw
最近入ったんだったら鉄板アルバムは『安全地帯XII JUNK』かな?
ソロ時代の曲を中心に今めて歌いなおしたアルバム
アルバム鉄板曲で構成されてるので、ライブなどで歌われる率も高いし、逆にこのアルバムで気に入った曲のオリジナルバージョンの入ったアルバムを買ってみる、みたいな広げ方もできる。
ライブでのお約束は『「悲しみにさよなら」は2番を客へマイクを預けることが多い』
『「アイラブユーを始めよう」の時は腕の動かし方が特殊』くらいしか思いつかないな
後者ライブで近くの人を見てればすぐに分かると思う
88 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 20:04:07 ID: VUIofvPSPV
今度井上陽水テレビデュエットするみたいだな
30年ぶりくらいだから楽しみだ
89 : ななしのよっしん :2017/11/10(金) 03:58:16 ID: I8m1QX2HuB
>>37>>38
数年またぎのレスだけど、尾崎豊とかも?
繊細さゆえのエキセントリックさというか…
90 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 13:00:50 ID: ksgUiGc/Px
気まぐれなライブ進行でも若い頃は持ち前の器用さでキッチリ調整して成功させてきたというんだからつくづく恐ろしい。
逆にその頃の成功体験が原因で一時期勘違いしちゃったんだろうけど。
91 : ななしのよっしん :2018/07/02(月) 21:02:18 ID: uCGW6N2zun
昔がすごすぎて劣化した今はもう普通に上手いって感じで感動しない
でも昔の動画見たらやっぱり心に来る
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829