単語記事: 王立宇宙軍

編集  

王立宇宙軍 とは、1987年開された、ガイナックス制作劇場用アニメーション作品である。
作品の商業的な正式名称は「王立宇宙軍 オネアミスの翼」であるが、ここでは後述の理由を考慮し、ページ名を「王立宇宙軍」とする。

概要

惑星に存在する架国家オネアミスにおける、人類初の有人宇宙飛行計画を、一兵士シロツグ(CV森本レオ)を中心とした人間模様を織り交ぜ描く。

ゼネラルプロダクツの流れをガイナックス初の商業作品。当時としては最高とも言われる、また現在でも類するものは多くない高品質なアニメーションが、全編にわたってふんだんに繰り広げられており、庵野秀明の担当したクライマックスロケット打ち上げ・戦闘シーンは、伝説とまで言われている。
当初はこの作品だけでガイナックスを解散する予定だった。しかしながら、この作品で予算を大幅にオーバーしたため赤字に苦しみ、その借返済をかけてOVAトップをねらえ!」の製作へと繋がり、アニメ制作会社として継続されることとなった。つまり、順調に事が進んでいればその後の「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」はかったと言える。

音楽坂本龍一アカデミー賞受賞前だったのでまだ較的安く引き受けてもらえたとのこと。
(正確に言うと、坂本の他に当時彼の作品に多く携わっていた上野耕路や窪田男も楽曲を提供している)

ちなみにガイナックス社内での正式名称は「王立宇宙軍」で、作品名が地味だということでスポンサーから「オネアミスの翼」に称しろという圧がかかったらしい。結果、開時には冒頭に「オネアミスの翼」のフリップが(わざとらしく)付け足したように入れられたが、作品内ではあくまで「王立宇宙軍」である。

スタッフ・キャスト

その他

第5回(1987年日本アニメ大賞 受賞
第19回(1988年星雲賞 映画演劇部門・メディア部門 受賞

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8E%8B%E7%AB%8B%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%BB%8D
ページ番号: 518721 リビジョン番号: 1279749
読み:オウリツウチュウグン
初版作成日: 08/09/02 22:37 ◆ 最終更新日: 11/09/04 07:55
編集内容についての説明/コメント: no comment
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

王立宇宙軍について語るスレ

68 : ななしのよっしん :2015/11/28(土) 19:05:11 ID: 32OVpL0Yi4
>>67
あの共和ってわりと合理的な考えをするところがあるから、作戦的を遂できなかった時点でさっさと引き上げたんじゃいかな?
だったら王立宇宙軍は安全に撤収できたと思う。シロツグは別として・・・
69 : ななしのよっしん :2016/02/07(日) 21:43:23 ID: sBnyv7OMZQ
ここまで統さゆみの話なし。
70 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 12:40:13 ID: vw4btGXq6I
こんなすごい作品があったなんて・・・
80年代劇場アニメ知ってたのはナウシカジブリ関連・AKIRAくらいだったよ。
71 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 12:46:24 ID: DDFLBk8uFv
そういえばリイクニの例のシーン江川達也が原画描いてるんだよな
「BEE FREE」連載中の頃のはずだけど一体何がどうなって王立宇宙軍に関わる事になったんだろう
エロい画描けるか否だったら作監森山さんや野さんだってえっちOVAに関わってらっしゃ(ry
72 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 23:37:19 ID: 78czTcgbGi
ウルマダー?
73 : ななしのよっしん :2016/08/15(月) 18:50:39 ID: AQRySl127R
例の打ち上げシーン見たくてDVD借りたけど、恐ろしく退屈だった
74 : ななしのよっしん :2016/10/12(水) 08:34:41 ID: ZJC4QfM/mh
自分も幼い頃初めて見た時はそう感じたんだよなあ……(遠い
75 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 18:48:46 ID: NAROrul31t
見てる間は「映画みたい」という感想だった、われながらバカみてーだけど
ストーリーの作り方とか映像とか全部、映画のようなんだよ。
うだつの上がらない主人公が惚れた女のために仲間と奮起して宇宙にいこうと頑る話とか映画じゃん。
聞きかじりの前評判ではもっと難しい映画かと覚悟してたけど、すごく映画らしい映画で、見終わった後の達成感もあるいい作品だった。
周りの好評からハードルが上がってたんだけど余裕でえるいい作品だった。

ただリイクニさん関連がちょっと薄い気がした。
主人公に襲われたのに、翌日弁解も聞かず謝り倒すところに、ちょっとした怖さを感じたのよ。
嫌うアプローチをとるとか、視するとか、怒るとかじゃなく
ただただ謝るのって、コミュニケーションの否定だよね。
それは彼女の教義的に争ってはいけないから謝っただけに見えて、
本当は主人公のことをどう思っているのか、伝わらなかった
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
76 : ななしのよっしん :2017/06/01(木) 20:56:52 ID: tJO3WnTXm5
良くも悪くもロケット打ち上げシーンに全てをげた映画
若いスタッフ達にとって映画その物自体がそのロケットだ。この映画を作って打ち上げたことだけでアニメ史に残る。
77 : ななしのよっしん :2017/09/01(金) 23:32:52 ID: EzKm16A4i1
ときどきバルキサスとごっちゃになる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829