単語記事: 生うたオーディション

編集

生うたオーディションとは、ニコニコ生放送で開催されていたボーカリストオーディションである。

概要

2009年ドワンゴ247Music催し、プロアマ問わずに参加できる、ゆる~いオーディション番組(例として、本名ではなくハンドルネームやふざけた名前でも参加が可である点)としてスタート。参加者からは後にメジャーデビューする者も出た(但し既に歌い手としてかなりの人気と知名度があった)。また、これをきっかけに運営として活動している者もいる。2012年12月15日4th season チャンピオン大会を以って、企画を終了した。

視聴者が評価すると言う点が魅の一つで、会者にはひろゆきを起用し、参加者をいじって盛り上げた(但し、2012年度は長期間海外逃亡していたために、最終回のみ参加)。また、ネタ要因としての参加者がいたことも特筆に価する。とある問題生主が出演した時には、その態度に審員の一人がマジ切れするというハプニングもあった。

一時期、企画がブレて(スポンサーが付いた為?)、女性限定の「パン・パシフィック・オーディション」(PPA)という名称で、歌のほかにダンスを盛り込んだオーディションを行ったが、長続きせずに企画が打ち切られ、結局は「生うたオーディション」に戻った。

企画としては、全4回を約4年間に渡って行ったが、それぞれで開催期間や審回数が非常に異なっており、統一性はかった。特にサードシーズンではニコニコ超会議に間に合わせるため、特急で審を行ってしまった節があり、他のシーズンべると内容が薄かったように感じざるを得ない。逆にセカンドシーズンは、いつまでも長々と審していたという印が強い。詳しくは、後述の開催オーディション一覧で、各開催期間を参照のこと。

というわけで、名称と審方法は、ほぼ同じであるが、全4回は全く別のオーディションと捉えてよいだろう。特に無印のときは、課題曲が限定されていたり、かなりのしばりがあった。また、決勝大会は伴奏がギターのみだったり、ピアノのみだったりと、毎回大きく違う形式で行われた。

全4回を通し、またPPAでも審員長として名前が挙がっていた都倉俊一は、無印の時は嫌々ながらも出席していたが、それ以降は顔も見せることはかった。全な名義貸し、偽りの審員長である。これはひどい

開催オーディション一覧

審査員一覧

シーズンを問わず、参加した審員を列挙する

関連チャンネル・最終回

 

関連項目

個別記事


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%94%9F%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
ページ番号: 4469216 リビジョン番号: 1725687
読み:ナマウタオーディション
初版作成日: 10/09/23 18:12 ◆ 最終更新日: 13/01/17 00:59
編集内容についての説明/コメント: 完成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

生うたオーディションについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/12/11(土) 21:01:36 ID: +lVXSKE51u
素人リスナーに何が分かるんだか・・・

もう一度聴きたいと思わせる魅を感じたかどうかだけです
うまいうまいと押し付けようとしないで頂きたい。
世の中うまいだけなら山ほどいるはず
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829