単語記事: 産業革命

編集

産業革命とは、18世紀後半から19世紀にかけて起こった機械に導入した工場が登場した事による産業の変化と、それと同時期に起こった社会制度の変化をまとめた現である。

つまり、どういうことか? 現代社会の原が出来たと思えば、だいたいあっているんじゃないかな。

簡単な概要

産業革命フランス革命のような市民革命とともに近代化の始まりともいわれる現。最初にこれを達成したイギリスが19世紀においてトップを走り続けて19世紀の中頃には、大英帝国の最盛期としてぶいぶい言わせることとなる。

最初に産業革命が発生したイギリスを例にとって産業革命を見ていこう。

産業革命の発生条件

  • 毛織物産業による工場制手工業の発達 → 機械があっても元となる工場が必要だよね!
  • 農業生産の増加に人口増加 → 機械を導入しても労働者がいないといけないね!
  • 広大海外植民地 → 機械で大量生産しても売るところがいんじゃ意味がいよな!

特に三つめの広大植民地産業革命の進展において重要かも!

どういうことか言うと上の二つは、他のヨーロッパでも多く見られた現で、当時のイギリスライバルブルボン朝フランスでもこの二つはあったんだ。むしろこの二つに関しては欧州のほうが強かったりするも多々あった。18世紀の植民地戦争イギリスフルボッコにされた結果、植民地をボッシュウトされちゃう。逆にイギリスフランスから植民地、特に北植民地(東海13植民地はのちに独立戦争してくるけどな!)という巨大な市場を獲得することが出来た。

産業革命で活躍したもの

紡績機&織機

1733年 飛び杼 織り機のスピードアップ! → 糸が足りなくなるよ!紡績機を良しよう!
1764年 ジェニー紡績機 通常の8倍の糸を紡ぐ紡績機だよ!でも大きい糸は作れないよ…
1769年 紡績機 文字通りで動く紡績機だよ!小さい糸が作れないよ… とか労働者の敵だよ!
1779年 ミュール紡績機 ジェニー紡績機のあいのこだよ!
1785年 織機 蒸気機関で動く織り機だよ! 

鉄鋼業

16世紀 製品が足りないから増産しよう → 木材の乱獲
17世紀 やばい、乱獲で木材が足りないよ!!! → 木材とスウェーデンロシアから輸入
18世紀 木炭じゃなくて石炭から鋼が作れるんじゃ → 火力アップで良質な鋼が作れるようなったよ!

蒸気機関

石炭が重要になったので炭坑を掘るよ! → 地下うぜぇぇぇぇ コイツをどうにかしないと採掘出来ねえよ

1712年 ニューコメン「蒸気機関で排ポン作ってみたよ!」 初の実用蒸気機関だけど掘った石炭の三分の一を使うほど効率が悪いよ…
1785年 ワット「ニューコメ蒸気機関ピストン運動から円運動改造したよ!」 → 効率がアップしたし、円運動になったから他のものにも使えるので、工場の動から蒸気機関に変化したよ

移動手段の変化

1807年 フルトン蒸気機関を積んだ船を作ってみたよ!」 ナポレオン「こんなの流行らない()」←大流行しました
チーブンソン「蒸気機関車良して実用化したよ!」 → 1850年には9655kmもの鉄道網が敷かれるようになったよ!

で、産業革命は何をもたらしたの?

一文でまとめると「農業中心の社会から産業社会への転換」という現である。
ぶっちゃけて言えば上にも書いた通り、現代社会の原を作り出したのが産業革命である。

  • 経済的側面
    資本主義が発達したのはこの時期で、投資可なほどの資本を持つ資本家不可能な労働者の中で所得差が起きるのと、同時に対立軸が生まれた結果として社会主義が出始める。賃労働者などが増えたことで貨幣経済が発達する。ホワイトカラーって職種が大きく出始めるのもこの後すぐ。
  • 社会的側面
    都市に労働者が集まることによって都市化が急速に進んでいき、地方では過疎化が都市部では過密化が問題となる。都市化していく中で農村の共同体などが解体されていく中で、現代的な価値観が発達していく例としては専業主婦なんかが出てくるのもこのころから。(実際にはもう少し後だけど)
  • 文化的側面
    機械化による大量生産が可になったことで今までの循環的な社会から大量消費社会が生まれていくこと、都市化していく中で大衆社会が築かれていく。広告をバンバン打ち出した商売とかスポンサーなどが出てくるのもこの時期を過ぎてから。

産業革命なんて古い!最近のトレンドは工業化だよ!

さて、この産業革命という現は、革命という表現はふさわしくないという意見が最近では出ている。

え?教科書には産業革命が載っていたよっていう人。いいくに(1192)作ろう鎌倉幕府が1185年に変わったように、産業革命が変わるかもしれません。

上にも書いてあるように産業革命とは18世紀後半から19世紀にかけて起こった現で、最初に起こったとされるイギリスならば1760年代から1830年代にかけてのことである。およそ70年間もかけて変化していった現革命というのはおかしいというのがそのである。

まあ、同じ時期のフランス革命でも大体10年くらいで終わっているし、産業革命べるとべらぼうに長い変化で、これでは革命というのは変化が長過ぎてちょっとおかしいから、工業化というほうが正しいという意見が出て来た。近頃では産業革命という言葉よりも工業化という言葉が使われて来ている。

まあ、それでもイギリスの工業化に関しては、世界で最初の工業化(ムー大陸アトランティスラピュタなどの過去古代文明を除く)であることから産業革命という言葉が使われており、今後も使われていくと思われる。実際のところよくわかんないんだよ

関連動画

産業革命に関する動画あればよろしく。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD
ページ番号: 4836879 リビジョン番号: 2307831
読み:サンギョウカクメイ
初版作成日: 12/03/03 01:24 ◆ 最終更新日: 16/01/01 22:52
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「蒸気機関」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

産業革命について語るスレ

30 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 20:01:15 ID: DcMaXdKMzj
蒸気機関は条件が悪い所で発達したというのがポイントやね。
イギリス以前に世界を制したオランダでは、安定した偏西のおかげで風車が発達していたから、実は工業化という点でずっと先んじている。風車沿いに動を限定されないので、古くからあるより設置自由度が高かった(おかげでオランダは湿地帯の大干拓に成功)
一方蒸気機関はというと、もあてにできない鉱山で排をどうにか出来ないかということで発明され、結果的にお湯さえ沸かせばどこでも使える動機関が誕生したため、乗り物に乗せて自で動くという用途にさえ使えるようになった。
これらの流れは据え置き機から携帯機への進化という工業製品のパターンに沿っている。
31 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 10:44:08 ID: SC5AQsdiJW
>>10
イランとかも工業化は進めていたんだけどな
32 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 16:59:40 ID: 3SlnvWs+HJ
日本産業革命って19世紀末からか…どうりでWW2の時期になってもあの程度のゴミだったわけだわ。資もないくせに本気で帝国義時代乗り切る気あったのかって思えるほどノロマな民族だったんだな…
33 : ななしのよっしん :2016/11/24(木) 00:05:51 ID: 341PVniLNi
山川のリブレットでも出てるみたいね。

>>az463434954X
34 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 00:30:25 ID: 15xSHCLL1n
キリスト教的価値観が人権の考え方に結び付くってところにはかなり疑問があるんだよなぁ。その時代のキリスト教の価値観は封建制を後押しするような「生まれたときから運命は決まっているのですよ」って考え方だから、むしろ奴隷制を推奨しているとも取れるような価値観だったし。つまりは、「いくら働いても現状を変えることは前世のせいで理なのだ。努しても駄だ。」って考え方なんだよね。
個人的には、これが色々転がってサボり癖になり、今のヨーロッパの人たちの文化にも根付いている「働きたくない。働いたとしても楽がしたい。」ってのはここからくるのだ、って思ってるんだよね。ギリシアとかローマの人たちも奴隷を使って楽してたから土だ、とも言えるんだけどさ…。

話を戻して、産業革命以後、商人は財を蓄えて貴族の権を上回ることに成功するんだけど、なんだかんだ言って悪徳貴族並のあくどいことを商人たちはし始めるわけさ。すると、ばったばった人が過労で死ぬわけ(これを機械のせいにして民衆を煽り、発明にした。)。
果ては中間階級の人たちにも過労死する人が出始めて下層階級の人たち
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
35 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 00:36:52 ID: 15xSHCLL1n
ちなみにだけど、産業革命は未だに起こり続けてるって論もあってその論を自分なりに解釈すると、

大量生産が可になる(器械の採用)

機械

機械の電化

電子制御の追加

IoTの追加←今ここ

なんだってさ。
36 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 07:45:45 ID: yziO0jT9+J
中国にもニュートンガリレオ並みの天才論いただろうが、中国の場合は孔子の教えを暗記するという意味な行為が官僚の採用条件だったからな
そこに労が削がれて産業革命が起きなかったんじゃないか
37 : ななしのよっしん :2017/01/04(水) 08:04:04 ID: WfnUfAe5UQ
>>37
中国アジア圏は同時代的に見てヨーロッパ圏にべ、人口が多い。
多い分、人件費が安い。結果、技術革新メリットや動機が乏しい。
人口の違いは土地自体の生産に起因する。

少ない資&少ない人口しかないヨーロッパでは
効率追求・技術革新への思いが強くなる
38 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 19:59:31 ID: IwVY6moB65
これはジャレドダイアモンドが出てくる流れ
39 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 09:57:18 ID: dGyWGduJJ0
昔の人は、技術の進歩でが決まるとは思ってなかった
ヨーロッパではギリシャローマ時代、中華では伝説上の古代王を理想として
過去の栄にどれだけ近づけるかがの価値だった

新しい知識・新しい・新しい世界めて進歩したが勝つ
という考えが世界流なったことを「革命」と呼んでもおかしくはない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015