単語記事: 田中芳樹

編集

田中芳樹(たなか よしき)とは、日本小説家である。

概要

1952年生まれ。本名は田中読みは同じ)。

1978年豊(りのいえゆたか)名義の『原に…』で第三回幻影城新人賞小説部門を受賞し、デビュー
1982年から田中芳樹名し『銀河英雄伝説シリーズを執筆。これが大ヒットしたことで、一躍人気作家となる。

その他のな著作は『アルスラーン戦記』、『創伝』、『タイタニア』、『薬師寺涼子の怪奇事件簿』など。近年は単発の中国史ものも多い。

遅筆で有名だが、実際は現在でも年に2冊ぐらいのペースで割とコンスタントに作品を発表している。遅筆といわれるのは、未完シリーズが非常に多く、シリーズ別では新刊が出るのが数年おきになるのがしくないため。『野望円舞曲』『自転地球儀世界』『KLAN』など、途中から原案として他の作家に執筆を丸投げしているシリーズも多い。

最近では2013年22年ぶりに『タイタニア』続刊が、2014年6年ぶりに「アルスラーン戦記」続刊が刊行されたことで話題を集めた。特に「アルスラーン戦記」新刊の脱稿が発表された2014年2月には東京で記録的な大が降り、すわ変地異かと騒がれた。

2015年には『タイタニア』が27年の歳を経て完結。同年は3冊本を出すと息巻いているようだが、それが果たされるかどうかはなんともいえないところである。

余談

パソコンのような電子機器、ワープロのたぐいは全く使えない。そのため今でも直筆で原稿を書いている。

中国びいきだが、世間の「中国歴史と言えば三国志」という潮を苦々しく思っているようで、三時代以外の中国歴史ものを執筆しては紹介しているという、中国歴史ファンには嬉しい一面も持つ(ただし田中自身ももちろん三国志ファンである)。その範囲は南北から五代十国明王朝にまで及ぶ。また、このため現代中国を支持していると認識されることも多いが、「中国人個人」や「中国文化」はともかくとして、いわゆる現代の「中華人民共和国」を好んではいないという。

宇宙戦艦ヤマト」にはやはり思い入れがあるらしく、「宇宙戦艦ヤマト2199」の放送時も「丁寧に作ってあって、面いよ」とっていたらしい。なお「ヤマトBlu-rayだと綺麗過ぎる」のでDVDのほうが好みだとか。

ガイという本人非認の称で呼ばれる。由来は「銀河英雄伝説」第3巻雌伏篇第2章「はばたく禿ガイエ)」。
由来から分かるように、落は効いていても、本人ではどうしようもない身体的特徴をす言葉であるので、の場で口にすることは失礼に当たる。……のだが、銀英伝公式ニコ生で所属作家事務所社長が昔のことを話す際、「まだふさふさしてました」とか言われてしまっており、公式ネタになりつつある。

主な作品

この内「銀河英雄伝説」から「七都市物語」までの七作はいずれもアニメ化されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

田中芳樹に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8A%B3%E6%A8%B9
ページ番号: 782948 リビジョン番号: 2145173
読み:タナカヨシキ
初版作成日: 08/12/19 20:06 ◆ 最終更新日: 15/01/14 01:22
編集内容についての説明/コメント: 近況を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

田中芳樹について語るスレ

238 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 14:26:08 ID: P6nX2p8FQJ
6qdmsIZzqOは中国嫌いをこじらせたアンチだからスルーでいいよ
239 : 削除しました :削除しました ID: dZS3n1YVBo
削除しました
240 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 02:08:28 ID: RnU72rHPlH
もう才全に枯れた感が凄いのでもう過去の作品はコミカライズに任せて手出さないで欲しいわ…
241 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 23:14:07 ID: GoKWEPreot
途中までは面いんだけど後半失速してしまうパターンだな
アルスラーンは銀英伝タイタニアじゃない
242 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 23:48:53 ID: ZiRfqWtXeC
>その一方銀英伝世界が彼の理想だからなあ
全知全にも等しい存在が降臨して全人類を幸せに統治するなんて話は

そうか? 「皇帝ラインハルトが名君だからこそ、彼は民主主義の最大の敵なんだ」って台詞からしても、むしろそういう全に近い名君に政治を任せきりにしてて、自分じゃ何も考えず、何もしなくていいって状態こそ一番危険だ、っていうのが銀河英雄伝説(特にヤン・ウェンリー側)の趣旨だと思うんだけど。
243 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 20:03:24 ID: 83DCWQkBgo
まあ、そのアンチテーゼとして「清潔で有能な専制政治」を書いているから理想には違いない。まず実現しないけど。


……ただ、そのあり得ないテーゼとアンチテーゼのぶつかり合いだからこそ、ある種の(純な)思想小説として、銀英伝はまだありだったんじゃないかと思う。
ウヨサヨって区分けはあまり好きじゃないが、創伝って、内容的にいわゆる右から嫌われるのは当然として、いわゆる左から見ても駄なんじゃね? 政治話に「憂騎士団」だの「トリューニヒト」だの一々銀英伝持ち出すはたまにいるが、「四人姉妹の手先」なんて言い出すはいない気がする。
244 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 19:27:10 ID: a4qPxYk9z1
タイタニアは色々と飽きたんだろな
まあ簡潔させただけマシだが
245 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 08:59:43 ID: f0Jpp7U98s
先生は右左って言うより、政治政治の必要性は認めるが近寄りたくないってスタンスだと勝手に思っているわ
歴史好きだと政治軍事問わず、を手に入れたことによって人が変わってしまう実例も判っているだろうしね
作品や登場人物とその台詞持ち出して批判する人は、自分にとって都合の良いものを抜き出して来るだけだし、都合の悪いものは視するからキリがない

先生か、出版社の意向なのか判断つかないが、四半世紀前も今も若者向けの作品と文章を書いていると思う
ただ、最近の若者向けのシンプルな文章が、長年のファンめている当時の文章から変わっているために、ファン長い人には不評なのだと思う

年齢を気にせずに、売れるかどうか気にせずに、田中芳樹らしい文章で、思うが侭に書いた作品が読んでみた
まぁ、商売が絡む限り難しいのだろうけどね
246 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 23:26:23 ID: VNpuw4L6LD
まあ一部のアンチが言うようなコテコテの左だったら銀英伝は書けなかっただろうね
最終的には専制政治国家民主主義国家が敗れたまま終わる物語なんて当時はとても新に感じたし今でもほとんど例がないし
専制政治の利点と民政治の欠点を描いたことからみても憲法9条さえ守っていれば平和を守れると信じているコテコテの左達と田中氏を一緒にしては失礼過ぎるだろう
247 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 12:07:08 ID: xJeHhXIswm
最終的に専制国家が勝ったのが言い訳になるわけじゃないけどねぇ。
ガイエの描写がコテコテの左に利用されたりとかもあったし、
伝で明らかに左が好みそうな描写をしてきたのは間違いないし。
左右関係なく政治嫌いにしては政権交代したときに、薬師寺で言及が一切なかったのはどうなのかな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015