単語記事: 略字

編集

略字とは、漢字いて複雑な字の点画を省略・部品の置換えを行い、簡単にした字。あるいは、複雑な漢字に代用して使える簡単な漢字略字体とも。
中国簡体字日本常用漢字略字を採用したものが多々ある。

ここでは、日本漢字略字(拡新字体・常用漢字以外)について解説する。

概要

一般に手書きで用いられ、古くから存在するものから最近のものまで様々である。
現代では、 論、正式な字として認められていないのもあり余り使われない。

また、「年齢」を「年令」、「○○歳」を「○○才」、「午後」を「午后」など、他の字を代用することを一般に略字というが、簡単な字で代用したのであって、『略字』ではない。(「才」を「歳」の「」の部分を取った略字とする説あり。)
しかしその線引きはかなり難しいため、一部ここで取り上げた。 

略字の例

略字 元の字 解説
書体による。序数詞として使うのが一般的だが、「次第」なども稀に見る。
門の略字 行書による。崩し方から考えると、「縦→短い縦→曲げてはね」と書くのが正しいが一般的に「→短い縦」と書かれる
前の略字 書による。
可の略字 書による。含む字(何・河・・崎)などでも書かれる。点はない場合もある。
へん」や「」「」などに多くみられる。「へん」や「」「点」は「大」とする場合もある。
点の略字 点(點) 「点」の旧字体「點」の略字
当用漢字常用漢字の前身)制定以前から「点」と「」が併存して使われており、当用漢字には「点」が採用された。下部は「火」の変形かと思われる。
様の略字 崩し字からか。
行書からか。看などで良くにする。
書による。「砕・酔」などはこの形で常用漢字に採用されている。九十歳のお祝い卒寿はこの略字から。
崩し字からか。
筆順を変え、点を続けて書いたもの。「ソウ・さんじゅう)」と同形。
御の略字 書による。
雨冠の略字
雨冠の略字
雨冠の略字
冠) 崩し字によるものか。
(臣) 書による。「臨・覧・監・賢・緊・鑑」などで「リ」または「││」と略される。例:「監」の略字(監)
風の略字 書による。また中を省略したものか(「」との区別を図っての2点?)

個の略字
の中を省略したもの。
中に縦線を入れる場合もある。

国の略字
の中を省略したもの。
中に点を入れる場合もある。
中を省略したもの。「」の簡体字と同形。
画数の多い部分をいたもの。

中をいたもの。八十歳のお祝い、寿はこの略字から。
また、中を縦線にしたもの。(簡体字と同形)
糸偏をいたもの。旧字体から考えると、かなり略されている。別の字と暗合している。また「」の簡体字と暗合。
偏をいたもの。経費節減の為、熊本県など九州軽自動車専用駐車場の表記に用いられる。

曜の略字
の部分を音の似たものと置換えたもの。
「旺」と区別して「王」を「玉」とする場合が多い。

職の略字
画の多い部分を簡単なものに置き換えたものか。一字は別の字と暗合している。
簿の略字 簿 画の多い部分を簡単なものに置き換えたものか。
)・鑪(鈩)・)・鱸(魲)・櫨(枦)」と同様の略。「滬」の簡体字と暗合している。簡易慣用字体に定められている。
良く見ればわかるが、本項の「濾」はが「慮(下が心)」であり、他の字の「(下が皿)」とは異なる。そのため、「瀘」の略字ともとれるが、普通日本では「濾」をす。


機の略字
機の略字
機の略字
機の略字
カタカナに置き換えたものなど様々ある。「桟」とその簡体字に暗合している。
撃の略字 「撃」の旧字体が「擊(の部分が略字の形)」で、その部分だけを用いたもの。
議の略字 カタカナに置き換えたもの。
層の略字 カタカナに置き換えたもの。
図の略字 カタカナに置き換えたもの。「図書館」など「と」と読む場合に限られる。
魔摩の略字 魔摩磨 カタカナに置き換えたもの。
衛の略字 カタカナに置き換えたもの。「衛」の簡体字は「」で、これは日本で「衛」を「ヱ」と略して書いていたのが中国へ伝わったとする説がある。

闘の略字 
「闘(トウ)」と似た読みの「斗」で代用したもの。(「斗」に「トウ」という読みもある。)
また、画数の多い部分を「斗」に置き換えたもの。 「トウ」と読む場合に限らず、「斗(たたか)う」などとも書く。
品の略字 口をつなげたもの。「・臨」など横に並ぶ「口」はつなげて書く場合が多い。
器の略字
器の略字
口をつなげたもの。
また、「→単」など新字体にならったもの。
幅冪 部分をとったものか。代用字とも取れるが、「巾」という字の音や意味を全に視しているので代用ではなく略であると思われる。(例)幅(はば)→巾、幅員→巾員、増幅→増巾、冪乗(べきじょう)→巾乗
というか代用字と略字の線引きが難しい。

カッコ内は部首や部品を表す。

その他、(品を除く)品字様(・晶・etc…)の下部の二つは「森の略字晶の略字」のように点で省略される。

他にも多々あるが、挙げ切ることは不可能なので、簡体字を参考にしてみるといいかもしれない。
あと、そういう略字左翼の人が良く使うっぽい。

(以上筆者調べ)

関連動画

略字に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

略字に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%95%A5%E5%AD%97
ページ番号: 4286070 リビジョン番号: 1434012
読み:リャクジ
初版作成日: 10/02/16 23:07 ◆ 最終更新日: 12/02/08 09:53
編集内容についての説明/コメント: 略字追加。俗字の記述を削除等
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ





監の略字

あめかんむり3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

略字について語るスレ

45 : ななしのよっしん :2012/04/02(月) 09:02:33 ID: mKyZz9mndZ
(第) U+3427
奌(点) U+594C
𪱾(様) U+2AC7E
𫞂(曜) U+2B782
𫟉(職) U+2B7C9
𠯮(品) U+20BEE
) u+8EE3
46 : ななしのよっしん :2012/09/21(金) 13:39:47 ID: GF3norr3r9
>>41
マイナーだけど、略字だと思うよ。魔だって、まだれにマという書き方もあるし
47 : ななしのよっしん :2013/07/25(木) 07:24:41 ID: kEuIAbsUho
かんむりの4点を横線一本に略す」は物理電気量、電荷、電界、電圧とか習ってた頃多用してた
48 : も_ろん :2013/09/09(月) 07:58:40 ID: vwostic8rk
「図」は、複数の略字を折衷した新字体の例の一つかな。常用と人名用で3000字体程しかないから、このような例がほかにあるかはわからないけど。
具体的には、「構え+ヅ」×「構え+斗」→「図」といったところかね。
49 : 梅干牛乳 :2013/11/27(水) 18:27:00 ID: O5Ju9pBuEe
>>48
この記事書いた者ですが、「図」は「」の書体から由来しているとかんがえるのが自然だとおもいます……。
50 : も_ろん :2014/04/14(月) 08:17:43 ID: vwostic8rk
>>49
体にもこういう形があるんですね。
古い「構えにヅ」や「構えに斗」の略字を見かけることがあるので、その影かと思っていました。

話が変わりますが、
本文中の「」の略字(体ですが)は、「瓦」のそれと酷似しているので、点を3つにすることが多いようです。
51 : ななしのよっしん :2014/09/07(日) 13:57:55 ID: M6BhZ4wqfl
京都で『』を『⿱人さ』って表記しているのを見かけた
52 : ななしのよっしん :2015/11/13(金) 01:05:03 ID: VVZ51Wmxqg
广K广Oって書くことあるよね
53 : ななしのよっしん :2016/05/02(月) 16:00:48 ID: nBtIMiriEw
構えに斗か。その発想は無かっただな
54 : ななしのよっしん :2017/04/16(日) 03:02:07 ID: E4Pse82V2a
新潟方面」の潟がさんずいに写になってるパターン見つけた
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829