単語記事: 番町皿屋敷

編集

曖昧さ回避

概要

番町皿屋敷」とは江戸時代お菊という女の幽霊井戸から現れ、皿を数えて念を訴えるという怪談である。

日本怪談のなかでは、四怪談し芳一などと並びもっとも知名度のある話だが、いかなる逸話をもとに発祥した話なのかは諸説ありはっきりしない。ただし、同様の話である「播州皿屋敷」が永正年間(1504~1520年)を舞台にしていることを考えると、江戸時代を舞台にした番町皿屋敷はその変化形であろう。

このことから「皿屋敷怪談の発祥は播州という」もあるが、「播州ではない」という意見もまた多い。

「皿を数える怪談」、ということは知っていても、いかなる経緯でお菊がそのような霊となったのかは、意外と知らない方も多いと思われるので、ここではその話をやや簡潔にして記載する。

おはなし

お菊は、江戸隅田に近い下町の、貧しい裏長屋で生まれた。は彼女が赤子の時に死んだため、お菊を育てるために針子や料理屋で懸命に働き続けたという。

物心がつきはじめたお菊は、近所の友達が父親に連れられて浅草の観音参りや、深八幡の縁日へ行くのをうらやましく思うようになった。なぜ自分のは死んだのだろう、その理由を聞くと母親は決まって辛い顔になり
「おっとうは運が悪くて、流行り病で死んでしまったのよ。だからもう、おっとうのことを話すのはおよし」
と涙を流すので、そのうち彼女はについて聞くのをやめてしまった。

そんなは、お菊が16になったころ、風邪をこじらせて手当の甲斐なく死んでしまう。涯孤独の身の上となり、嘆き悲しむお菊。しかし彼女は貧しいながらも色白で美しく、いくつかの大店からすぐに奉の話が舞い込んできた。相談する相手もおらず、迷う彼女の前にひとりの(口入れ屋)が現れ、彼女に別の働き口の話を持ち込んだ。

「このたびのご不幸、心中お察しいたします。ところでお前様もこれからどこかへ働きに行かれるのでしょう? ならば他でもありません。わたしのところに偉い旗本様より、女中を雇いたいという話がちょうど来ております。旗本様ならば立場は安泰、仕事も楽だし、支払いもいい。お金を貯めて、おっかさんの墓を建ててあげるのが、なによりの親孝行になるでしょう」

親孝行、という言葉にお菊の心は決まり、に連れられてその旗本屋敷のある番町へと向かった。

に女中の口入れを頼んだのは、青山播磨守高二千石、もと火付盗賊めという、旗本の中でも高い身分の人物だった。泥棒の多かった江戸時代、火付盗賊は町奉行に次ぐ大役であるいっぽう、下手人捕縛後の取り調べが厳しく、中には実の罪で殺される例もあり、恐れる江戸庶民は多かった。

そういった事情に加え、貧乏暮らしだったお菊青山の大きな屋敷に当初は戸惑っていた。たしかには気難しかったが、方は優しく、年若く素直なお菊をとても可がった。面くないのは古参の女中たちで、特にの折れる仕事お菊に押し付けた。

青山で奉をはじめて一年、17歳になったお菊はさらに美しくなり、懸命に働く彼女をいつしか気に入ったも何かにつけ「お菊」「お菊」と申しつけるほどになった。これによって古参女中たちのイジメも悪化し、あることないことを告げ口して方を味方に引き入れてしまう。お菊はそういった過酷な仕打ちにも「の墓を建てるため」と、静かに耐え続けた。

明けて正月は火付盗賊時代の部下をまねき、新年会を開いた。その席で使われた10枚の皿は、かつての先祖が徳川家康から拝領した磁の逸品である。来客らは皿の素らしさを口々に褒めたたえ、はいつになく満足げであった。

――が、宴席のあとで皿を洗っていたお菊は、皿が一枚足りなくなっていることに気づいた。何度数えても一枚足りない。血の気を失うお菊の姿に、ほくそ笑んだのは青山の妻と古参の女中たちである。犯人は彼女たちで、お菊を陥れるために皿を一枚砕いて庭の古井戸に捨てておいたのだ。

彼女らの策略など露知らぬお菊が、おそるおそるの前に土下座して、皿が足りないことを報告すると、先ほどまで満悦していたの顔が、みるみる怒りに染まって潮した。ことは君・家康から賜った伝至宝である。それをくしたのが、いつも可がっているお菊というのがなおにすえかねた。可さ余って憎さ倍である。
「おのれ、の品と知って盗んだな!」

お菊必死弁明など聞くもたず、その体を縄でぐるぐる巻きにすると、で何度も殴りつけた。どんなに殴られようと、お菊は身に覚えのないことを認められない。首や手足から血が飛び散っても状しないお菊の強情ぶりに、の怒りはおさまりを知らず、あげく彼女の手足を縛り上げ、右手の中を切り落とし、狭い女中部屋に放り込んでしまう。

「あれほど責めたというのに状せぬとは、ただの17歳の町とは思えぬ」不審を覚えたは、昔の部下を使ってお菊の身の上を調べさせた。そして数日後、明らかになったのは、かつて自分が強盗の罪で打ち首にした「向坂甚内」という男にはがおり、それがお菊だったということである。

向坂は断罪後に実と分かったが、それでは具合が悪いのでは内々で隠ぺい処理していた。もちろんお菊は自分ののことなど知らないが、お菊に入ったのは親のを討つためだと勘ぐった。もし皿を紛失した話が外にもれれば、自分は上様からきついとがめをうけるだろう。それがお菊の狙いなのだ、と。

「よし、こうなればお菊を手打ちにしてしまおう」
の言葉を聞いた古参の女中のひとりが、嬉しそうにお菊のもとへやってきて「明日まがお前を手打ちになさるそうだよ」と告げた。 お菊は「こんなひどい人の手にかかって死ぬぐらいならば、いっそ……」と覚悟を決めて縄を食いちぎり、遅くに庭の古井戸へ身を投げた。

名もない貧乏であるお菊の死は、とりたてて世情をにぎわすこともなく、青山ですらすぐに忘れてしまった。が、それから五か後、方が出産した男児には、生まれつき右手の中がなかった。「もしやこれはお菊の霊の仕業では……」と青山の人々はざめた。

するとそのから、屋根のあたりがミシミシと揺れ動き、
それそれ、その子の右手の中いのをよく見やれ。人の恨みを知るがよい
というが聞こえてくるようになった。やがて、あまりの恐ろしさに方は気がふれ、を振り乱してわけのわからないことをわめきはじめた。しかもその顔つきは、哀れなお菊の死に顔とよく似ていたのである。

方が発狂した次の晩、子の刻(深夜0時)になると庭の古井戸から、い人魂とともにお菊の亡霊が現れて
一枚……二枚……三枚……四枚……五枚……六枚……七枚……八枚……九枚……ひいいいいいいっ!
と悲鳴をあげた。そしてまた初めから一枚、二枚と数えていく……。

「おのれお菊め」気の強い幽霊を恐れず、大を抜いてりかかる。を引き裂くような悲鳴とともに幽霊は消えたが、代わりにの足元には切りにされた妻の死体が転がっていた。この一件で、お菊念の恐ろしさが身に染みたは、小石川伝通院の高僧・了誉上人を招き、古井戸の前で供養してもらったが、霊の仕業と思われる怪事がおさまることはなかった。

やがてこの噂は江戸じゅうにひろまり、ついに徳将軍に入ると、青山は取り潰しとなり、は親族の中へお預けの身となったという。 

播州皿屋敷

おそらくは、番町皿屋敷の原であると思われる播州(現在兵庫県西部)の皿屋敷についても、軽く話をなぞっておく。

事件現場となった姫路城永正年間のころ、姫路城小寺則職の臣、青山山は乗っ取りを企んでいた。これを察知した衣笠元信という忠臣が、妻(説あり)お菊を女中として青山に潜り込ませ様子を探らせた。

これによって衣笠は、を奪われながらも君の救出に成功。いっぽう青山は計画が失敗したのは間者(スパイ)がいたためと睨み、部下の町坪弾四朗に調を命じる。ほどなく間者はお菊だとつきとめたが、彼女に惚れていた町坪は、自分の妻になれば黙っていてやろう、と取引を持ちかける。これを拒否されると町坪は逆上し、10枚ひとそろいの宝の皿を、一枚割っておいてお菊に因縁をつけ、責め殺したあげく古井戸へ捨ててしまう。

その後、井戸からお菊の霊が現れ、恨み言をいうようになると、しだいに町坪や青山らは発狂。このスキをついて衣笠らはを奪い返した。お菊の話を聞いた則職は彼女を哀れみ、十二所神社の中に「お菊明神」としてったといわれる。

歴史との矛盾

番町にしろ、播州にしろ、ここで述べたのとは違う展開、結末になるバージョンがあるが、その差異は大きくない。また、いずれも実在人物とのからみこそあるが、歴史的な矛盾点も多々あり[]原形となったなんらかの話があったにせよ、もとの話から伝言ゲームなどによって大きくめられ、現在知られる形になったようだ。

皿屋敷の怪談は、非常に庶民に好まれたらしく、似たような話が岩手県鹿児島県にも存在するという。江戸時代には浄瑠璃歌舞伎の題材にもなり、のちにはさらに戯曲、落語化まで果たしている。皿屋敷は、顔面変形が最大の見せ場である四怪談のお岩にべると、「一枚、二枚……」という一種の決め台詞真似しやすく、またツッコミ所にもなるおかしみがある。そのあたりが人気の理由かもしれない。

了誉上人は1420年(応永27年)没。仮にこれが江戸期以前の話だとしても、火付盗賊という役職は江戸期以降なので、どのみち矛盾が生じる。播州皿屋敷にしても、登場人物の没年や役職に史実と矛盾があると言われる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%95%AA%E7%94%BA%E7%9A%BF%E5%B1%8B%E6%95%B7
ページ番号: 4943708 リビジョン番号: 1849231
読み:バンチョウサラヤシキ
初版作成日: 12/08/12 14:39 ◆ 最終更新日: 13/07/09 08:20
編集内容についての説明/コメント: 「播州」の説明を「現在の兵庫県南西部」に
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

番町皿屋敷について語るスレ

4 : ななしのよっしん :2012/08/13(月) 06:19:28 ID: AAt6/+6BEV
どの皿を買う?

 模様の皿(500両)
 模様の皿(500両)
→菊模様の皿(500両)
5 : ななしのよっしん :2012/08/15(水) 06:03:05 ID: QwTqIsA4y2
記事立てお疲れ様です。

実は私の住んでるにもこの話は伝わってる(「お菊の墓」も有る)のですが、
どうも高級武士が短期間で所領替えになったその原因としてられた歴史を持ってるようです。
たぶんその土地ごとにいろんなバリエーションニュアンスもある話なんでしょうね。
6 : ななしのよっしん :2012/09/27(木) 11:54:42 ID: kfoJacY9Wl
曖昧さ回避削除して、冒頭で1と2がどういうのか少し説明(「番長皿屋敷とは、~である。」みたいなもの)して、3に関しては説明なしで関連項に移動した方がいいんじゃないの?
関係なんだし、単独記事があるわけだし。
7 : ななしのよっしん :2014/11/07(金) 21:21:07 ID: NOp6bFj8+c
>>3
いのは、皿屋敷のお菊菅原道真崇徳院も、本人は全然悪くないんだよねw菅原道真崇徳院は、だからこそ逆に霊にされてしまったという…
本人の生前は何も悪いことをしておらず、むしろ被者→だからこそ念をらすために霊として復讐されるっていう、加者側の被妄想が多分に入ってる気がする。お菊もそのクチなのかなぁ。

何?平将門?だってアレガチで祟るじゃないですかやだー!
8 : ななしのよっしん :2014/12/08(月) 11:35:31 ID: 7S6BsrNbCV

怪談ではない方の滋賀に伝わる実際に起こった話を紹介します。

足軽であるお菊という女がいた。
先のの嫡男である政之進とは相思相愛であった。

政之進には許嫁がおり、身分の低いお菊としてはを確かめたいその一心で井から拝領した宝である大事な皿を1枚割る。

政之進最初を過ちと許した。
だが、割った理由が本心を知るためと知り愕然して残りの更も全部自身の手で割る。

ゆえにお菊を手打ちにして、自らは生涯妻を持たなかったという。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
9 : ななしのよっしん :2015/04/12(日) 09:07:39 ID: VQdnpwpE09
江戸時代に、菊という名の女性があちこちにいた事、
屋敷で奉人が手討になる、もしくは不審死を遂げる事がしくなかった、
からこそ全各地で定着したんじゃないか、と思う。
10 : ななしのよっしん :2015/04/20(月) 01:46:01 ID: np4nZUo36c
・似た要素/事実があった
事実かどうかはともかく納得できる話である
という点では、学校の怪談類と同じ原理での拡散だろうな

それはともかく、こちらの充実に対し、同じく定番幽霊のお岩さん怪談は記事すらないのはなんなの
11 : ななしのよっしん :2015/08/15(土) 13:26:21 ID: pYqX7Ulr4B
このあいだたまたま江戸時代の流行の話読んだ時に気づいたんだけど、番町皿屋敷のほうで菊の父親として設定されている「向坂甚内」って波五人男の一人だったんだな。

この話はそっちとも絡めて出来上がった話だったんだ。
12 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 00:20:30 ID: /qbcm4covV
州皿屋敷はお菊という妖怪に生まれ変わったというエピソードも覚えてほしい
まあ実際は江戸時代姫路で大量発生したジャコウアゲハなんだが

そんなエピソード姫路城池田家紋アゲハチョウなのもあってジャコウアゲハ姫路市シンボルになってるという
13 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 18:08:27 ID: t+xTcMCRLi
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25012338

この動画の解釈が非常に面

今の世の中に必要なのは、案外こういう話かもね(ブラック企業や人を人とも思わぬ所業が蔓延しているから余計に)

猿の手の欲深さもそうだけど、大事なのは”理知”なんだよな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015