単語記事: 疋

編集

とは、以下のように物を数えるときなどに使うである。と同じ使われ方をする。

  • (ひき) - 動物を数えるときの助数詞。匹と同じ。現在では匹のみが使われる
  • (ひき、き) - 2反つづきの反物のこと。匹と同じ
  • (ひき) - 通貨を数えるときの単位鎌倉時代から江戸時代にかけて使われた。匹と同じ
  • (むら) - 巻いた織物を数えるときの助数詞。匹と同じ

漢字として

Unicode
U+758B
JIS X 0213
1-41-5
部首
疋部
画数
5画
Unicode
U+2F66
意味
足、という意味があり、他にもいくつかの意味がある。
  • と通用して、〔経〕の大、小を大、小と書くことがある。〔説文〕に「古文、以っての大の字と爲す」とある。
  • たすける、支援する。〔説文〕に「ひは胥字とふ」とあるように、胥と通じて、たすける、という意味がある。足にも、たすけるという意味がある。
  • 注釈を加える。〔説文〕に「一にく、記なり」とあるのは記のことで、に注釈を加えるという意味がある。
  • 匹と通用
字形
膝から下の脚の形。〔説文解字〕に「足なり。上は腓腸にり、下は止(あし)にふ」とあり、足のことで、上はふくらはぎに、下は足趾の形とある。篆文は足の字とほぼ同じ字形。
音訓
読みはショ、ガ、ヒツ、訓読みは、あし、ひき。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
は部首疋部を作る。意符として脚を表す。偏に置かれると𤴔という形になる。
符とする漢字に、胥、䝪、楚などがある。
互換文字
Unicodeにおいてと互換とされる字で、部首としてのを表す。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%96%8B
ページ番号: 4509495 リビジョン番号: 1181648
読み:ショ
初版作成日: 10/11/21 21:17 ◆ 最終更新日: 11/05/24 07:37
編集内容についての説明/コメント: 整形
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

疋について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 疋についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015