単語記事: 発動!渾作戦

編集

発動!渾作戦とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」において2014年11月14日から実施されたイベント(期間限定)域である。

概要

作戦は3次にわたる渾作戦(出撃制限により第一次&第二次と第三次に二分できる)と、作戦遂後に追加される敵機動部隊迎撃戦の計4域から構成される。Extra Oparationを含めても4域しかないのは、記念すべき初イベントであった2013年の「敵艦隊前線泊地殴り込み」以来、3ステージであった2013年の「迎撃!霧の艦隊」に次いで少なく、実装前に運営から伝えられていた通り「中規模な作戦展開」となっている[1]元ネタについて、渾作戦は史実の同名作戦であるが、敵機動部隊迎撃戦は前イベントEO同様if展開となっている。

ちなみに「渾作戦」とは「こんさくせん」と読む。断じて「ふんどしさくせん(褌作戦)」ではない。「渾身(こんしん)」の「渾(こん)」。「渾」、似て非なる字である。

システム

イベントAL/MI作戦」にて実装された連合艦隊を再び編成できるようになり、第二次作戦を除く3作戦で使用することになる。前回からの変更点としては、艦隊が正規空母を複数含む「機動部隊」と正規空母1隻未満or軽空母2隻未満の「水上部隊」の2バージョンとなる。「機動部隊」が選択できるのは敵機動部隊迎撃戦のみである。大きな違いとして、水上部隊では敵との交戦が第1艦隊→第2艦隊であるのに対し、機動部隊では第2部隊→第1部隊とMI作戦と同じ攻撃順となる。また、MI作戦で多数出現した航空戦のみのマスは存在せず、敵艦隊と一つずつ殴り合うことになる。

編成時の注意点として、E-1・E-2に出撃した艦娘はE-3に出撃不可能となり、逆もまた然りである。しかし、前回との大きく異なり、E4にはE1E3に出撃した艦娘も投入できる。これにより、編成制限が大きく緩和されることとなった。

なお、1年前のイベント決戦!鉄底海峡を抜けて!」で諸提督絶望のどん底に叩き込んだ夜戦マスE-2とE-4に1つずつのみ、編成によってはどちらも回避可である。夜戦ないの?じゃあ行かなーい。とはいえ、ボスは総じて高耐久なので夜戦に突入してお祈りモードになる場面は多々見られるだろう。

余談ではあるが、マップにあらかじめアルファベットが振られるようになった。

渾作戦

史実において、渾作戦1944年5月6月にかけ、米軍のビアクニューギニアの北西に位置する)上陸に対する逆襲・輸送支援、ならび水上部隊の排除とそれぞれ異なる的をもって3度に渡り企画された。しかし、第1次は誤報により撤退、第2次は米軍の迎撃に受け失敗、第3次は米軍マリアナ諸侵攻に伴い中止と、いずれも的を達成することがかなわなかった。その後ビアク448月20日米軍に占領される事となる。
作戦における編成制限はおおむね各作戦で編成された艦種による。

第一次渾作戦(E-1)

提督、「渾作戦」が発動されました。

第一次作戦として、一部の戦艦巡洋艦などで、連合艦隊水上部隊)を編成、南西方域へ出撃、

同方面の友軍救援を実施しましょう!

前回のAL作戦E-1「北方AL域へ出撃せよ!」が(DMM海域攻略も含め)出だしから阿鼻叫喚の地となったことを鑑みてか、難易度は今までのイベントE-1と同程度に抑えられている。ボスは初登場となる重巡ネ級eliteで、ダメージを与えるたびにゲージが減少し、旗艦を最低4回撃沈することで攻略ゲージ破壊には撃沈が必須)となる。域突破報酬は勲章、応急修理要員、給糧艦「間宮」、給糧艦「」、ならびに新装備の91式高射装置。レアドロップとしては前イベント域突破報酬並びに限定ドロップ艦であった春雨清霜らびに通常域では入手が限られる明石大鯨が期待できる。

第二次渾作戦(E-2)

提督、「第二次作戦」が発動されました。

本第二次作戦は、連合艦隊による突入ではなく、駆逐艦体とした軽快な高速艦隊で作戦域に突入、

作戦を実施してください!


出撃時の説明どおり通常の6隻編成による出撃となり、艦種は2隻以下(3隻以上は高確率ボス到達不可能)の軽巡洋艦駆逐艦に限定される。中をやり過ごしてジャイアントキリングを狙うその性質から、通常域におけるキス島撤退作戦(3-2)に近い。しかし、夜戦マス潜水艦マスを含むものの索敵装備によりボス到達を確定できるうえ、中の脅威も軽巡ツ級重巡リ級eliteで控えめである。更に、中・ボスともに支援艦隊を出撃させられるため、過保護なほどに援護することも可である。ボスは初登場の駆逐棲姫で、最低5回撃沈することでクリアとなる。域突破報酬は勲章、特注職人修資材×5、91式高射装置と駆逐艦秋月」。レアドロップとしては本イベント実装となる、前イベント域突破報酬大淀、そしてイベント恒例ツチノコ通常域で獲得するにはあまりにハードルの高い初風などがある。

第三次渾作戦(E-3)

提督、「第三次作戦」が発動されました。

いよいよ決戦です。残る一線級の戦を投入して、本作戦遂させましょう!

敵機動部隊の一部が誘引されて出撃してくる可性も考えられます。

その場合、艦隊の全をもって、これを撃滅してください!渾作戦、最終段階です!


E-1での戦闘を拡大発展させたような戦いとなる。ボス毎度おなじみ戦艦棲姫、5回撃沈することでクリアとなる。去年のイベント以来たびたび提督の毛根と心を折り続けてきたダイソンこと戦艦棲姫であるが、今回は最終ボスではないためか手心を加えてくれる。その理由については彼女のページを参照のこと。域突破報酬は勲章、応急修理女神修資材x6、重巡洋艦Prinz Eugen」。レアドロップ、通常域でドロップせず大型艦建造での入手に限定される能代あきつ丸がある。

敵機動部隊迎撃戦(Extra Operation、E-4)

提督パラオに有な敵の機動部隊が出現しました!

全艦隊、艦娘を結集し、これを要撃、撃滅しましょう!

連合艦隊(機動部隊)及び連合艦隊水上部隊)、どちらの編成でも出撃可です!

線に、勝利を刻みましょう!

E-3の作戦説明において「本作戦攻略後に参加可」と明記されているExtra OperationがE-3攻略により出現する。編成する連合艦隊は「機動部隊」「水上部隊」の2パターンを選択でき、その違いは前述のとおりである。ボスは新登場の空母水鬼、6回撃沈で攻略となる。域突破報酬は駆逐艦「野分」、勲章、修資材x10。中で前イベント「最終ステージ」のボスであった空母棲姫が出現する。なお、いわゆる「削り」段階のボス編成の中には空母水鬼+空母ヲ級flagship(新艦載機搭載)×2の編成のものがある。その値は339、制権確保には1017を要する[2]ゲージ破壊可になると編成が最終形態に変化し、装甲空母姫×2に変わるため制値が低下する(合計231)という妙な事が発生する。レアドロップ、建造・ドロップともに実装されたがかなりのリアルラックを要される伊401などがある。

関連動画

発動!渾作戦に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

発動!渾作戦に関するニコニコ動画静画を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *域数だけでなく、域突破に必要なボスの撃沈回数も前イベントから減少しているため、攻略所要時間は短め(短いとは言ってない)となるだろう。
  2. *正規空母3隻の全スロット烈風を搭載すると優勢、6隻で制権確保となる。ただし、途中の撃墜分を考えると実際には確保は不可能であろうし、これでは中・ボス戦ともにただの置物なのでやる必要性は全くない。ちなみに、前イベントの全編成で最も制値が高いのがE-5ボス最終形態の274である。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%99%BA%E5%8B%95%21%E6%B8%BE%E4%BD%9C%E6%88%A6
ページ番号: 5286370 リビジョン番号: 2157300
読み:ハツドウコンサクセン
初版作成日: 14/11/17 03:56 ◆ 最終更新日: 15/02/07 09:17
編集内容についての説明/コメント: 渾作戦の所追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

発動!渾作戦について語るスレ

207 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 16:31:23 ID: bAng9GejCj
13イベも高難度だったけど、非常に運頼みだったからなぁ
連撃の仕様も良く分からんのに運よくクリア出来てドヤってたも居たし。
そういう意味では、装備や編成が問われるようになるのは良い事なのかもしれない。
ただ最近は制や索敵値の要がやたらシビアで出せる艦が限られるのが…
208 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 17:40:06 ID: WRe4Jb8QSU
はともかく、それ以降は索敵値ってそう意識するほどシビアでもない気がする
仕様が修正されたし、制全に捨てるってのも一つの手かもね
209 : ななしのよっしん :2014/12/28(日) 20:17:31 ID: 2OMH2vo7QQ
索敵値は異常だっただけで、は日頃からきっちり開発してる人には問題なかったレベルだったと思う。
危惧してるのは対と対潜の兼ね合いだな。
フラグシップ潜水艦が軒並み欠席してくれてたけど、あいつらはソナー1つ程度じゃ
2回攻撃しないと撃戦までに沈黙させられないし、
と対潜両方やらせたい場合は夜戦連撃を捨てることになる。
210 : ななしのよっしん :2015/01/03(土) 19:44:26 ID: 0E0au+vTru
わるさめちゃんBGMかっこよかったなぁ
211 : ななしのよっしん :2015/05/17(日) 01:13:35 ID: J1if1YATAR
これが初イベントだったけど、E-2のVSわるさめは楽しかったなぁ。あの時よりさらに練度を上げた戦隊でもっと悪な敵の戦隊と殴り合いたい
今なら那珂野とわるさめちゃんが二人そろってやってきても勝てる気がする。ただしツ級てめーは座ってろ
212 : ななしのよっしん :2015/08/27(木) 17:18:44 ID: NX0Aae9wPN
こうしてみると、渾作戦は報酬が大盤振る舞いだったと思う。
4ステージの割と小規模イベで、難易度もそれほど高くなかった割には、
秋月プリンツ(+FuMOレーダー)が報酬で確実に手に入れたのはかなり大きい。
この後、運営秋月プリンツを徹底的に出し渋り続けているのを考えると、
このイベントに参加したかしないかによって、かなり戦に差が出たのではないだろうか?
213 : ななしのよっしん :2015/10/11(日) 12:16:59 ID: /LE/+RnEhA
>>212
大盤振る舞いだったのは間違いないけど、戦という意味ではどうだろう。
プリンツは中の上の重巡なだけ、FuMOも別に32号だと突破不可なんて事は今のところい。
駆逐艦2015の照だからまぁ大分間があいたけど。

「これくしょん」としての話なら、明らかに問題だと思う。
もう先が(未実装軍艦が)いから仕方いんだけど、出し惜しみしすぎだよねぇ。
大和武蔵並みにさくさく実装して、まだまだ人気ある中でゲーム終了してもいいのに。
ある意味伝説になれるで。
214 : ななしのよっしん :2015/10/11(日) 20:00:31 ID: ONX4yZjPBz
事情を抱えたアイドルじゃないんだから
人気あるうちにさっくり終了とかできる訳が・・・
やりたくても周りがさせてくれんだろ
215 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 21:59:36 ID: EybC6BXG0M
当時の軍人さんたちも「褌作戦」と通称しとったんな……
216 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 16:29:16 ID: aOH1+6JxBS
未だに報酬艦的な意味で佐伯湾以前の鎮守府サーバー鎮守府
との間に蟠りが残ってるイベントだと個人的に思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015