単語記事: 登戸駅

編集

登戸駅とは、神奈川県川崎市多摩区登戸にあるJR南武線・小田急小田原線鉄道である。
小田急線駅番号は「OH 18」、南武線の方は「JN14」

概要

JR東日本

登戸駅
のぼりと Noborito
基本情報
所在 神奈川県川崎市多摩区登戸3435
所属事業者 東日本旅客鉄道
横浜支社)
所属路線 南武線
駅番号 JN14
構造 地上
ホーム 2面3線
人員
(2016年)
81,664
開業年 1927年3月9日
備考
駅テンプレート

下り線が単式ホーム1面1線、上り線が島式ホーム1面2線の変則形態となっている地上である。
舎は舎となっていて、現在舎が供用を開始したのは2006年6月17日。ペデスリアデッキ小田急線舎と連絡している。それとは別に多摩方面の出入り口もある。

上り線は原則として3番線(島式ホームの外側線)を使用するが、夕のラッシュ時に存在する当折り返し始発となる列車や、快速を待避する列車は2番線を使用する。
2011年3月12日ダイヤ正(実際には東日本大震災の影で同年4月9日に初めてダイヤが適用された)で新設された快速運転に伴い、日中時間帯も毎時2本の当折り返し各駅停車が設定された。
この日中の当折り返し各駅停車は、2014年3月15日正で快速運転区間が稲城長沼駅まで延伸されたことに伴い、稲城長沼駅折り返しに変更され消滅した。(その後2015年3月正で快速運転は川崎-立川間全線に拡大された)

上述の通り、当止まりの下り列車は上り線ホームである2番線に停するため、引き続き立川方面まで利用する場合は一旦階段等を利用して札階まで上がらなければならない。
そのため、乗で最初から後続列車を待つか手前の宿河原駅乗り換える事をお勧めする。(実際にアナウンスでもそう勧められる)

所在で宿河原駅中野までを管理している。

発車メロディ2016年9月3日から小田急同様、藤子・F・不二雄プロ作品の楽曲となった。
1番線が「ぼくドラえもん」、2番線が「きてよパーマン」、3番線が「ドラえもんのうた
となっている。

小田急電鉄

登戸駅
のぼりと Noborito
基本情報
所在 神奈川県川崎市多摩区登戸2417
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
駅番号 OH 18
構造 高架
ホーム 2面3線
乗降人員
(2016年)
162,422人/日
開業年 1927年4月1日
備考
駅テンプレート

島式ホーム2面4線を有する高架なのだが、現状では川崎市都市計画の進捗状況の兼ね合いで登戸~向ヶ丘遊園間の複々線化が上り線のみ完成状態である関係で、下り1番ホームが供用されていない2面3線状態で営業している。現在、下り1番線の整備が進められている。
この関係で、下り線は、手前の多摩梁上で緩行線が急行線に合流する形2線から1線に減少している。

上り線は1番線が緩行線、2番線が急行線として使用しているが、ラッシュ時には向ヶ丘遊園~登戸間で緩行線を走行する急行列車も存在する。

出口は2か所設置されているが、ペデスリアデッキ側が「出口」、高架下の札口が「北口」と呼称する変則的な案内となっている。
現在多摩寄りに南武線への乗り換え用の出口専用の札の整備が進んでいる。

所在であり、町田管区登戸管内として、登戸駅百合ヶ丘を管轄している。(かつては隣の向ヶ丘遊園駅が管轄であった)

2011年9月3日から向ヶ丘遊園駅と共に接近メロディの使用を開始した。上りは「夢をかなえてドラえもん」、下りは「きてよパーマン」。
これは多摩区内に藤子・F・不二雄ミュージアムが開館したためである。

開業当初は「稲田多摩川駅」を名乗り、その後1955年に隣の稲田登戸駅向ヶ丘遊園駅称されたことに伴い、古くからの登戸の地名を引き継ぐため「稲田登戸駅」に称した。
その3年後の1958年に、多摩和泉多摩川駅との混同防止のため多摩の字が外れ、現在登戸駅称、結果として国鉄(→JR)と同じ名となった。

利用可能な路線&乗り場

JR東日本

1 南武線 府中本町・分倍河原立川方面
2 南武線 府中本町・立川方面(初電のみ)
武蔵溝ノ口武蔵小杉鹿島田・川崎方面
3 南武線 武蔵溝ノ口武蔵小杉鹿島田・川崎方面

小田急電鉄

2 小田原線 小田原・片瀬江ノ島・唐木田方面
3 小田原線急行線) 新宿千代田線方面
4 小田原線(緩行線) 新宿千代田線方面

隣の駅

JR東日本
路線名 種別 隣の(上り)
立川方面
隣の(下り)
川崎方面
南武線 快速 武蔵溝ノ口駅(JN10) 登戸駅(JN14) 稲田堤(JN16)
各駅停車 宿河原駅(JN13) 中野(JN15)
小田急電鉄
路線名 種別 隣の(上り)
新宿方面
隣の(下り)
小田原方面
小田原線 特急ロマンスカー -- 通過 --
快速急行
多摩急行 成城学園前駅
(OH 14)
登戸駅
(OH 18)
新百合ヶ丘駅
(OH 23
急行 向ヶ丘遊園駅
(OH 19)
準急
各停 和泉多摩川駅
(OH 17

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%99%BB%E6%88%B8%E9%A7%85
ページ番号: 4719041 リビジョン番号: 2519638
読み:ノボリトエキ
初版作成日: 11/09/09 20:38 ◆ 最終更新日: 17/09/01 11:54
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

登戸駅について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/03/19(木) 16:08:35 ID: 184VN3Eg2t
中之って、おけいはんじゃないんだから…。
2 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 16:44:49 ID: LxaWSVls6h
何故ここに快速急行停めないのか
3 : ななしのよっしん :2017/03/26(日) 04:07:58 ID: aqrMFRUOQn
>>2
停める意味も必要性もないし、むしろデメリットが大きいだけでしょう。
湘南新宿ラインへの対抗が的の一つということで、新宿から離れた地域まで
距離利用する客のために、停急行からさらに絞り込んで速達性を高めたわけだし、
に停めたら混雑の助長に繋がるだけでなく、競争相手に客を売るようなもの。
急行以下の種別で当の利用客と住み分けるためにも、快速急行の通過は理に適っている。
かつて江ノ島線を利用していた頃、新宿へ行く際に時間がかかるのが気になっていた自分にとって、
特急以外で登戸を通過する種別が登場したときは、心の底から嬉しかった。
4 : 削除しました :削除しました ID: pXcX2UtUMg
削除しました
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829