単語記事: 百式

編集  

百式とは以下の意味がある。

  1. 大日本帝国陸軍で採用された制式番号「一〇〇式」の事。
  2. 機動戦士Zガンダムに登場するモビルスーツMS人型機動兵器
  3. 2.に由来する中村一義(Vo)が中心となって結成されたバンド100s」(ひゃくしき)

当記事では2.に付いて記述する。

概要

アナハイムエレクトロニクス社のΖ計画で生み出されたMS式番号はMSN-100(媒体によってはMSN-00100)。

元々は可変MSデルタガンダム」として開発された機体だったが、当時のアナハイムの技術では可変機構の導入が困難だったため、非可変機として再設計したのがこの百式である。

とはいえ、ムーバブルフレームウィングバインダー(可変機として開発された名残)の採用により、非変形機としては最高準の運動性を誇る。

性能

アナハイム社のZ計画によって生み出された試作MSで、開発チームアナハイム社で当時最高の人材で組まれていた。名称は開発主任であるM・ナガノ博士の「100年たっても使えるMS」という願いを込めて百式と名付けられた。

最大の特徴である色の装甲は対ビームコーティングが施されたもので、小説Ζガンダムでは材質は強化プラスチックとされている。ただしこのビームコーティング塗装には諸説あり、『MSグラフィカ』の言によれば資衛星で偶然発見した特殊材料を調合した物だとも言われている。ちなみにガンプラ等の形で立体化される際、この装甲の質感については艶の有などかなりの振れ幅がある。

本機のムーバブルフレームは実はΖガンダム用に試作されたもので、本来ならば先述の通り、アナハイム社初となる可変MSデルタガンダム」となるはずであった。外見デザインからも変形用のフレーム構造が確認され、各関節部は自由度の高い構造になっている。

ただし、当時の技術不足から変形に伴うフレームの絶対的強度が不足しているという致命的な欠陥を持っていた。この欠陥は構造的なものであり、フレームの補強は機体全体の再設計が必要であった。 その後ムーバブルフレーム技術の獲得によってZガンダムの開発が進むと、百式プロトZの流れをむ非変形の機体として路線変更し、試作一号機がロールアウトすることになる。

能面では元々ガンダムタイプとして開発されただけのことはあり潜在的ポテンシャルは非常に高く、量産型MSに引けをとらない。だが単純にスペックだけを見ると庸な機体であり、リック・ディアスとほぼ同等でもあるため本編後半などに登場する高性MSにはさすがに見劣りするものの、パイロットクワトロ・バジーナ量もあって、特に接近戦で驚くべき戦果を上げることになる。これは機体の限界が他の量産機よりはるかに高かったからであるとされ、その反面操縦にはやや難のある機体でもあったと言われている。

Zガンダム』終盤までり強く戦うも最終的に大破、コックピットに漂流するシーンで作品のラストを飾ったが、続編である『ZZガンダム』ではアーガマに再度配備されてガンダムチームに使用されている。この機体は二号機ともデチューンされているとも言われたりするが詳しい詳細は不明である。

なお、式番号をみると1年戦争ジオング(MSN-002)、第二次ネオジオン抗争(逆襲のシャア)に登場するヤクト・ドーガ(MSN-003)やサザビー(MSN-004)と 同系列のように見えるが関係である。

主なバリエーションなど

百式改

『Z-MSV』で登場した百式エイリアン両肩にビームガトリングガンパルスレーザーを装備しているのが特徴。ここから百式改系としてさらに生は進み、フルアーマー百式改量産型百式改、陸戦用百式改が存在している。

デルタガンダム

TMSとしてロールアウトする予定だった百式のあるべき姿。可変機としての仕様Zガンダムが本命となったためデルタは存在しないの機体だが、近年では色のウェイブライダーテスト飛行現場が撃されている。

→詳細は「デルタガンダム」を参照

エプシィガンダム

G計画で開発されたγガンダムリック・ディアス)の次の機体。開発コードεエプシロンガンダム」の通称。

パルス推進セイルブラッサム」に耐え得るガンダリウムεの開発が難航したことで、エプシィからデルタガンダムに設計および開発チームを一部移している。そのため、δ系は設定上エプシィのデザインを取り入れたという事になる。

→詳細は「エプシィガンダム」を参照

零式試作機

永野護が描いたΖ役機の没デザイン。これを藤田クリーンアップしたのが百式である。

マイアニメ1986年5月号に掲載された小林設定『ジ・エボリューション・オブガンダム』で零式試作機という名前が付けられ、その後のMSデザインにもかなり影を与えた、と記されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%99%BE%E5%BC%8F
ページ番号: 4759832 リビジョン番号: 2040628
読み:ヒャクシキ
初版作成日: 11/11/08 01:50 ◆ 最終更新日: 14/06/18 16:00
編集内容についての説明/コメント: 文章加筆と機体の追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

百式について語るスレ

116 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 14:34:57 ID: opJHCQ3e2X
当たらなければどうということはないという回避仕様シールドも付いていしな
一般兵が乗るのは想定してないだろう
117 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 14:14:24 ID: LsUtvP6o8p
>>114
逆に言えばそこが良いとも言える気がする。ジム以上ガンダム未満って言う絶妙な位置。
118 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 21:57:55 ID: RUsMaVZaXo
一応コロニーレーザーはチャージ時間まで護りきれたわけだしな

しかし、シャアを生かして連れ帰るつもりだったので手加減していた
であろうハマーンはともかく、機体性で圧倒してるにもかかわらず
仕留めきれず手勢をコロニーレーザーでまるまる消されたシロッコ
ハズイとしか言いようがないw
119 : ななしのよっしん :2017/12/31(日) 13:55:12 ID: Iv1sfdTJXO
こんなのを「100年たっても使える」とか言っちゃうナガノ博士って・・・
あ、でも100年後だとちょうど宇宙戦国時代中盤で技術衰退期か
120 : ななしのよっしん :2018/03/19(月) 01:15:22 ID: Om+xjyRZD9
>>119
色、というより「」のイメージ優先だからね
エルガイム直後という状況も考える必要あり

あとこの当時はガンダムというものがものすごく少なかったので(ガンダムタイプなんて用さえい)
ガンダムもどき」というのが性や設定々以上にスーパーロボットとして大きなブランドを持っていた

しかし結局、年使われていたのが確認できるのはゾーリン・ソールというマシン
121 : ななしのよっしん :2018/03/26(月) 15:53:49 ID: Fih3O/jsZm
百式ネモって感じの性
というかZの量産機スペック高くない?
リックディアスガンダムMK-2以上とかさ
近い時代のZZバウがZクラスだしよくZZの時代まで百式やMK-2が保ったもんだ
122 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 14:44:07 ID: LsUtvP6o8p
>>119
装甲を薄くして軽量化する事で機動性・運動性を高めて敵の攻撃を回避しようと言う思想なら
後々の時代のMSにも深く受け継がれて行ったのではいかと。
123 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 18:57:01 ID: opJHCQ3e2X
>>120
Gレコに搭乗したネオドゥは100じゃきかないほど使われてるらしい
124 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 14:35:15 ID: g3AaDdbMf5
よく百式異常に弱く見積もるやつがいるが
ガンダム世界ワンオフの専用機って時点で量産機よりかに強いのは疑いない
スペックが高くないとか言い出したらバイアランハンブラビマラサイと変わらないしな
125 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 10:04:13 ID: Ix4b4+ICci
ZZ版はガンダムウォーカードには同機だがクワトロの物とは別の同機と書かれている。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829