編集  

百式司令部偵察機単語

ヒャクシキシレイブテイサツキ

百式司令部偵察機とは、大日本帝国陸軍が運用していた偵察機である。
陸軍の機体通し番号であるキ番号は「キ46」。称は「新偵」。略称は「百式司偵」「ヨンロク」など。
百式」は皇紀2600年(1940年)に仮採用されたことから名づけられた。
 余談だが、この年に採用された兵器の呼称は、軍では「零式」、陸軍では「百式」、となっている。

概要

九七式令部偵察機の後継機として三菱重工業が開発・製造した。
設計者である久保夫氏

飛行機の姿を見て、ああ奇麗だな、と思うようなものでなければ、その飛行機は良くならない

との言葉(Bv141涙目)通り、敵戦闘機の追撃を振り切るほどの高速性を持つほっそりとした美しい機体に仕上がった。
その美しい姿は連合側から「百合」、「地獄天使」と呼ばれたほどである。

百式司偵には一から四まで存在し、一・四は試作、二・三は量産され太平洋戦争において陸軍の偵察機として活躍した。

一型

試作である一の初飛行は1939年である。この時点で一式戦闘機零戦の試作機である十二試艦戦の最高速度を上回る540km/hを達成しているが、陸軍の要した最高速度である600km/hを大幅に下回ったため制式採用は危うく見送られるところだったという。
結局、三菱がより一層の性向上を果たすという条件で1940年に仮採用された。
は少数が生産され中国戦線へ投入された。

二型

1941年3月には日本航空機で初めて600km/hをえる(ただし一で既にえていたとする説もある)二を開発、以後二百式司偵の基本になり、4つので最も生産された。
太平洋戦争開戦と同時に各戦線で偵察任務に就き、陸軍だけでなく軍の作戦にも協するなどの活躍を見せた。
現地での改造で速射機関の搭載や、燃料タンクを増設した例もあるとか。
ベース練習機も少数が作られた。

三型(甲・乙・丙)

1943年、エンジン良と防形状の変更(段防を取り入れ機体形状が流線となる)により最高速度の向上に成功した三が登場。細部の良などで642km/hという記録を達成し、陸軍が太平洋戦争中実戦投入した機体では最速の航空機となった。
高高度でも優秀な性を発揮できたため、1944年からは20mm・37mm機関を搭載した防戦闘機90機が改造され、B-29の迎撃に使用されている。
しかし、
高速を生かして敵機の追撃を振り切る設計思想であるが故に防弾装備が貧弱であったこと、
重量のある機関を搭載したことにより運動性の低下を招いたこと、
この二つが原因で大編隊を組んで飛来するB-29相手にかなり苦戦を強いられ、返り討ちにあった百式司偵は多かったようである。
それでも、時には体当たりをしてでも撃墜するなど搭乗員は奮戦し続け、一定の戦果を上げた。

には甲・、3つのバリエーションが存在する。
は純偵察機は防戦闘機となっている。

四型

ターボチャージャー付きエンジンを搭載した試作機。
高度1万mにおいて630km/hを達成したものの、エンジンの不調を解決できず量産されなかった。
生産数は4機に留まっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%99%BE%E5%BC%8F%E5%8F%B8%E4%BB%A4%E9%83%A8%E5%81%B5%E5%AF%9F%E6%A9%9F
ページ番号: 5251584 リビジョン番号: 2075505
読み:ヒャクシキシレイブテイサツキ
初版作成日: 14/07/20 18:35 ◆ 最終更新日: 14/08/24 22:36
編集内容についての説明/コメント: 加筆修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

百式司令部偵察機について語るスレ

15 : ななしのよっしん :2015/02/16(月) 14:08:58 ID: Jbuf5EEw75
たまたま持っていた資料に設計者のコメントが載っていた。ついで四エピソードもあったので書いてみる。

昭和20年2月28日、陸軍のテストパイロット片倉少佐鈴木准尉により、北京-東京間二千三キロを、四の試作二機をもって着陸飛行がおこなわれた。片倉機の所要時間3時間35分、鈴木機のそれは3時間15分で、均時速は約700キロであった。もちろん、追利用の記録である。戦争も終わりに近く、飛行機速度プロペラ機としての限界に近づきつつあった。

一部抜
「名機とその設計者」、『文藝春秋 臨時増刊 太平洋戦争 日本航空戦記』昭和45年12月増刊号、p.170文藝春秋
16 : ななしのよっしん :2015/03/01(日) 22:37:49 ID: 7f31ruUuHB
日本の旧軍のカタログデータ速度はかなり辛い評価だってのもあると思う
機種が違うが、紫電改って社内テストじゃ340ノット出してたのに軍の審325ノットって判定されたって話
17 : ななしのよっしん :2015/04/11(土) 15:59:28 ID: 8mK2hVf6zJ
重量で日本戦闘重量だったって話?
18 : ななしのよっしん :2015/04/24(金) 16:45:47 ID: 7f31ruUuHB
アメリカじゃ速度試験の時全備重量じゃなかったって噂は聞いたけど、それはとにかく
日本メーカーの試験と軍の試験は両方全備重量だったんじゃないかと・・・
それでメーカーの数値より軍の数値のほうがちょっと遅かったんだから
測定基準が辛かったんじゃないかと思ってる
19 : ななしのよっしん :2015/06/12(金) 01:55:11 ID: W1sB93t9L2
軍は実戦使用時に通用するデータをとるために、かなり厳しい計測をやってるよ。戦後米軍が測るとryってのは、単にオクタン値の違いだけが要因じゃないよ
20 : ななしのよっしん :2015/08/12(水) 13:04:26 ID: 1OVzyRpwhN
米軍弾薬など一切しで測定するため、戦闘時にべてカタログデータ
良いんだよ、だから本来劣速の紫電改マスタングに追いつける場面が発生する
>>8 
日本陸軍機の最速はki83の762km/h(米軍測定)だぞ、日本側測定だとキ78の699km/hだが
21 : ななしのよっしん :2015/08/15(土) 11:51:11 ID: Jbuf5EEw75
>>20 そんなに航空機日本にあったのだな。ご先祖様たちを誇りに思うよ

>>8はこの機体が偵察機だからというのを強調したいだけだから深い意味はない。
22 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 11:20:15 ID: Hi7Cadb0i2
装備の他にも、米軍が測定時であること等の理想的な条件下で測定するのに対し、日本軍は陸問わず一定以上の的悪条件下で測定するのが基本だった。
23 : ななしのよっしん :2017/05/01(月) 01:30:46 ID: YXjyITqeEx
四式戦甲・650~660km/hのが速くない?
24 : ななしのよっしん :2018/03/20(火) 18:56:50 ID: GMIINhdIWM
防の新偵はイケメン過ぎて辛いレベル
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829