単語記事: 的を得る

編集

的を得る」とは、議論の種である。

概要

的を射る」という表現は、広辞苑にも存在する正しい表現である。

では、「的を得る」はどうだろうか?現在のところ、『広辞苑』(第五版)を始めとして、『大辞』、『大辞』といった名だたる辞典にも、「的を得る」の句は載っていない。

しかし、これが誤りであるとは一概には言えない。『正鵠を得る』という、これまた正しい表現があるからである(しかも、この言葉は中国時代の『礼記』などにある、「的を射る」よりも古い言葉である)。「正鵠」とは、的の中心ののことであり、「的を射る」よりも、より良く的を射ているということになる。

(余談だが、大学弓道では「的」を使っているので「正鵠」をイメージしやすいが、高校弓道では「的」を使っているので、これをイメージしづらい。

だが、「正鵠」を「的」と置き換えて、「的を得る」と言って良いのだろうか?未だに辞典に「的を得る」の言葉が載っていないことから、まだこの言葉は議論の余地があると思われる。

つまり、「的を得る」という表現は、一概にそれを非難するのも誤りであり、かといって正しい表現であるとするにはまだ議論の余地があるという、そんな微妙句なのである。

「新し(あらたし)」と「惜し(あたらし)」

忘れてはならないのは、こうした言葉の変動は有史以来続いているということである。

例えば、「新しい」という言葉がある。この読みは「あたらしい」であるが、冷静に考えればおかしな読みである。「新」という字の訓読みは「あらた」であり、本来は「あらたしい」の方が正しいはずである。

実はこのことは、安時代に既に言葉の乱れとして認識されていた。

実際、古来より「あたらし(惜し)」というがすでに存在し、「もったいない」という意味であった。一方、安時代以前の「新しい」に該当する言葉は「あらたし(新し)」であった。

ところが、次第に「あらたし(新し)」を「あたらし」表現する者が増え、両者が混同されるようになり、競合の末に「あたらし(惜し)」の方はすっかりれてしまった。「新しい」を「あたらしい」と読むのは、この名残である。

このように、正しい言葉などというものは時代によって変動するのであり、未来永劫正しい表現など存在しないのである。

あらたし」が「あたらし」になるのだから、「なぜ殺たし」が標準になる日も、いつか来るかもしれない。

議論になりそうな語句一覧

  • 役不足」(意味)
  • 「さわり」(意味)
  • 「負けず嫌い」(意味)
  • 「弱冠」(意味)
  • 「情けは人のためならず」(意味)
  • 「火蓋を切って落とす」(表現)
  • 汚名挽回」(表現)
  • シュミレーション」(表記)
  • 「雰囲気(ふいんき)」(読み
  • 「そのとうり」(表記)
  • 「こんにちわ」(表記)
  • すいません」(表記)

自由に追加してください。)

関連動画

▼「的を得る」が議論になっている動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9A%84%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B
ページ番号: 4182225 リビジョン番号: 2363573
読み:マトヲエル
初版作成日: 09/10/14 23:26 ◆ 最終更新日: 16/05/19 14:45
編集内容についての説明/コメント: 議論になりそうな語句一覧に汚名挽回を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的を得るについて語るスレ

334 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 23:59:54 ID: 9HXOtT1UJ5
聞く分には的を得ても別に気にしないけど
自分で言ったり書いたりする時は的を射てる
的だし
335 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 11:26:34 ID: cQDqzCHMvS
※332
当を得る「をもっと使ってくれ!」
336 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 14:31:11 ID: BNSHwkzI1M
全部読んでしまったよ…
思ったのは、的は得るものじゃなく射るものだろっていうと、射るだけじゃ当たったかどうか分からないっていうはどっちも頭悪そうな感じがするってこと
いやまあ感覚的にしっくりこないっていうのは仕方ないと思うんだけど、それを根拠に対立意見を否定するのは違うよな
337 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 14:58:34 ID: BNSHwkzI1M
あと気になったのは説とか造説とか言ってるけど、があろうと造には変わりないよねってことかな
正鵠を得るとは全く関係ないってするのは理があると思うけど、多少影を受けていたとしても的を得る的を得るっていう言葉として十分独立して広まっているんだから今更に勘違いが含まれてるから正しくないっていうのはちょっとなあ
338 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 20:02:24 ID: vtWcJupdJj
日本語トランプとか英語chopsticksとか
勘違いや誤訳が始まりのなんてそれなりに存在するんだから、誤訳してたから的を得るは違うという微妙よね
339 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 22:41:08 ID: A4+buU6QKr
今更ツッコむのもなんだが、的は正に射るもの。『的を射る様に核心を射る』みたいなことだと思うぞ
的を得るってのは元々正鵠を得るってのがあって『正鵠=的の中心』を得る、だから『話の核心を突く』になる

別段間違いだとかどっちが先だって訳じゃないが、日本語として『的を射る』ってのは何もおかしな点は
340 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 22:47:51 ID: 1TvyR6/95X
「当を得る」と「的を射る」がごっちゃになった結果が「的を得る」だと思ってたんだが違うのか

ひとつ気になるのは、「的を射る」だとまだ的に当たってないような気がするんだけど
的に向かって矢を放った(当たったとは言っていない)イメージ
341 : ななしのよっしん :2016/06/30(木) 18:59:19 ID: A4+buU6QKr
>340
自分が知ってるのは『正鵠を得るが変化したもの』って話だったが、そんな説もあるんだな
的を射る自体は動作だからな、的を射ようとする(的の中心を狙う)様に話の核心を射るってイメージが先行した言葉だと思う。

ただ日本語としては的は得るものではないので、『的を射る』って言葉がおかしいなんてことはないとに>332に言いたかった。たまたま他所でも同じ言い分を見かけてつい
342 : 煉倉庫 :2016/07/10(日) 12:37:11 ID: HKX/IAVSHR
時間軸で行くと
・正鵠を失わず(古代支那
・正鵠を得る(明治日本
・正鵠を射る(昭和日本
・的を射る(昭和日本だけど、正鵠を射るよりは後らしい)
的を得る昭和日本だけど、正鵠を射るよりは後らしいが時期は不明)
もっとも、本当に的を射る動作の事なら正鵠を得るが輸入されるよりも前からあったはずですが、そこには物事の核心を突くという意味は当然なかったので含めていません
と、どうも的を射る(核心を突く)という言葉が生まれてすぐに辞書に載ったものの、的を得るが射るよりも前に生まれたかどうかが不明なので正しいとも間違っているとも言い難い
343 : 煉倉庫 :2016/07/10(日) 14:18:03 ID: HKX/IAVSHR
続き

あと、的は中心だけじゃなくてまと全体で、正鵠は的の中心を示すらしいので物事の核心という意味では的を~とする段階で本当に核心をついてるのかどうか怪しいことになります
で、この正鵠ってのも日本では的の中心を意味するらしいのですが、元々は正・鵠・侯という大きさの異なるまとの事なんだそうです正が一番小さく侯が一番大きいそうですが、その一番小さい正でも約45四方のそこそこ大きい物なのですが・・・

以上の事から的を得るが誤用なのか正しいのかははっきりしないけど、正鵠を失わないが一番文句のつけられない言葉であるとってのと、個人的には的を射るだと言葉通りの動作の意味に使うと当たるかどうかわかんないよねってのが気になるところでしょうか
得るなら当たってるのは確実なのですが、射るだとかすりもしてない可性があるので
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015