単語記事: 的を得る

編集

的を得る」とは、議論の種である。

概要

的を射る」という表現は、広辞苑にも存在する正しい表現である。

では、「的を得る」はどうだろうか?現在のところ、『広辞苑』(第五版)を始めとして、『大辞』、『大辞』といった名だたる辞典にも、「的を得る」の句は載っていない。

この原因は見坊紀が編集した『三国語辞典』第3版(1982年)が『「的を得る」は「的を射る」の誤用』とわざわざ記載したことにあると考えられる。

しかし、これが誤りであるとは一概には言えない。『正鵠を得る』という、これまた正しい表現があるからである(しかも、この言葉は中国時代の『礼記』などにある、「的を射る」よりも古い言葉である)。「正鵠」とは、的の中心ののことであり、「的を射る」よりも、より良く的を射ているということになる。

(余談だが、大学弓道では「的」を使っているので「正鵠」をイメージしやすいが、高校弓道では「的」を使っているので、これをイメージしづらい。

だが、「正鵠」を「的」と置き換えて、「的を得る」と言って良いのだろうか?未だに辞典に「的を得る」の言葉が載っていないことから、まだこの言葉は議論の余地があると思われる。

つまり、「的を得る」という表現は、一概にそれを非難するのも誤りであり、かといって正しい表現であるとするにはまだ議論の余地があるという、そんな微妙句なのである。

そして2013年12月、誤用説の大元であった三国語辞典が第7版において「◆的を得るは御用ではない」として撤回した。
現在の編集委員である飯間氏のTwitter
ただし現在でも「的を得るは誤用」と学んだ人、思い込んでいる人は多く、このままこの言葉自体が使われなくなる可性も高い。

「新し(あらたし)」と「惜し(あたらし)」

忘れてはならないのは、こうした言葉の変動は有史以来続いているということである。

例えば、「新しい」という言葉がある。この読みは「あたらしい」であるが、冷静に考えればおかしな読みである。「新」という字の訓読みは「あらた」であり、本来は「あらたしい」の方が正しいはずである。

実はこのことは、安時代に既に言葉の乱れとして認識されていた。

実際、古来より「あたらし(惜し)」というがすでに存在し、「もったいない」という意味であった。一方、安時代以前の「新しい」に該当する言葉は「あらたし(新し)」であった。

ところが、次第に「あらたし(新し)」を「あたらし」表現する者が増え、両者が混同されるようになり、競合の末に「あたらし(惜し)」の方はすっかりれてしまった。「新しい」を「あたらしい」と読むのは、この名残である。

このように、正しい言葉などというものは時代によって変動するのであり、未来永劫正しい表現など存在しないのである。

あらたし」が「あたらし」になるのだから、「なぜ殺たし」が標準になる日も、いつか来るかもしれない。

議論になりそうな語句一覧

  • 役不足」(意味)
  • 「さわり」(意味)
  • 「負けず嫌い」(意味)
  • 「弱冠」(意味)
  • 「情けは人のためならず」(意味)
  • 確信犯(意味)
  • 「奇特」(意味)
  • 「火蓋を切って落とす」(表現)
  • 汚名挽回」(表現)
  • シュミレーション」(表記)
  • 「雰囲気(ふいんき)」(読み
  • 「そのとうり」(表記)
  • 「こんにちわ」(表記)
  • すいません」(表記)

自由に追加してください。)

関連動画

▼「的を得る」が議論になっている動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9A%84%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B
ページ番号: 4182225 リビジョン番号: 2499213
読み:マトヲエル
初版作成日: 09/10/14 23:26 ◆ 最終更新日: 17/06/13 13:25
編集内容についての説明/コメント: 奇特追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的を得るについて語るスレ

362 : ななしのよっしん :2017/04/26(水) 03:12:41 ID: EF23+QRlR5
そもそも正鵠を得るとともに「正鵠を失う」って言葉もあって、得る=中てる、失う=外すで「得失」って対義の熟があるぐらい、義的には体系化されてるんだよなあ。的を射るの反対は的を外す?
363 : ななしのよっしん :2017/05/30(火) 05:16:45 ID: oacPNyglZT
>>353
矢を射るっておかしくね?
364 : ななしのよっしん :2017/05/31(水) 16:34:54 ID: +7sM8EFjjv
肯定が暴れてるし、否定の人がちゃんといるみたいだから助け舟出しておく。
スライムのおへや 的を得る正当論を滅ぼすためのテンプレ
http://surakokuheya.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
スライムのおへや 「三国語辞典第7版で誤り撤回で決着」論への反論
http://surakokuheya.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
肯定の人、上記ブログ記事は定期的に出したほうがいいと思う。
専門知識がいのに議論したがる人は「検索結果一番サイトの記事本文しか読まない」人が多いから。
365 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 05:41:24 ID: sUDNkl0IyJ
そのサイト糖質の人がやってるの?
366 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 06:09:58 ID: SpKuiRZGtg
お願いだからきちんと勉強してくれ
日本語だから勉強なんかしなくてもわかってると思って暴れまくっている人が多すぎるよ
そもそも日本語の誤用自体があいまいな概念なんだ
近現代とされている時代に限っても言葉は日々流転していっている
結局は言葉なんて「伝わるか」「伝わらないか」でしかないんだ
誤用っていうのはあくまで大多数にその意味が伝わらないとされるときにしか誤用じゃないんだ
で、その大多数ってのがあいまいだから暴れてる人もいるんだろうがぶっちゃけ暴れてる時点でその人もその言葉の意味を理解しちゃってるんだ
だからいくら誤用だと暴れてもその暴動が大きくなればなるほど言葉もともに広がり意味も定着していってしまうんだ

結局のところすべきことは言葉の意味が変わってきたとき笑ってそれを受け入れ自分はその言葉の歴史を忘れないであげることなんだ
367 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 10:34:30 ID: +7sM8EFjjv
>>365
論点のすり替え。人身攻撃。感情が充填された
結局なんの反論にもなってないね。
仮に糖質だとして、それが論の正当性にどう関係するというのだろう。
そもそも相手の論を崩すためには相手の論に直接攻撃すればいいだけのこと。

>>366
で、それは学と言語学のどっちの立場の発言?それともどちらでもない?
そもそもこの議論は「的を得るが『元来』正しいかどうか」。
日本語学者たちが的を得るどうこう言ってるのは「誤りが定着したかどうか」ではなく「元来の成否」。
飯間とかいうクソガキは言語学のくせに「元々誤りとは言えない」と言語学の概念スルーしてるから問題。

不失正鵠を正鵠を失わずと読んだ時点で意味不明。通釈で「的をはずれない」とした時点で「lostmissの意味はい」と言ってるのと同じ。
368 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 10:35:30 ID: +7sM8EFjjv
>>366
漢語で正鵠=的。失はmiss。対義はget/得ではなくhit/中。日本hit=射る。
外国人日本語うぜぇマジshineと書かれてる。shineきと読むのできと訳そう。
でもこれ意味不明。ハッ!文脈から解ったけどきは死ねの意味か!
つまり日本きを死ねの意味で使うんだな。じゃあ生きろの意味でかないという言葉を作ろう。
は?shineきの時点でおかしい?でもこれで定着した言葉だから『元々』間違いじゃないんだよ!」
この外国人の論は、的を得る・正鵠を得る・正鵠を失わずが元々間違いじゃないという論と論理構造が完全に一致
369 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 10:36:41 ID: +7sM8EFjjv
>>366
自分が忘れなくても他人が忘れていたらどうなる?現に日本人は「失」の意味すら理解していない。
記述文法が通用・存在できるのは、規範文法があってこそのものだぞ?
と規範。これを逸脱した言葉は「今は正しいが元々は誤り」にしかなれないんだよ?
「元々誤りではない」は自然に訴える論。連続性の虚偽。砂山のパラドックス。これと同じ。

結局のところすべきことは、露助シナ人・チョンが「北方領土尖閣諸島竹島日本から護るための会議」をしたとき、
嘲笑いながらそれをぶち壊して、他人にその歴史を覚えさせてあげることなんだ。
370 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 10:38:00 ID: +7sM8EFjjv
>>366
自分が忘れなくても他人が忘れていたらどうなる?現に日本人は「失」の意味すら理解していない。
記述文法が通用・存在できるのは、規範文法があってこそのものだぞ?
と規範。これを逸脱した言葉は「今は正しいが元々は誤り」にしかなれないんだよ?
「元々誤りではない」は自然に訴える論。連続性の虚偽。砂山のパラドックス。これと同じ。

結局のところすべきことは、露助シナ人・チョンが「北方領土尖閣諸島竹島日本から護るための会議」をしたとき、
嘲笑いながらそれをぶち壊して、他人にその歴史を覚えさせてあげることなんだ。
371 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 23:39:30 ID: eQQGt7YrTv
「的を射る」と「的を得る」で意味が異なる説を出してみる。
といってもはっきり意味を書くのが難しいから喩で。

殺し屋ターゲットで殺そうとする時に、
大勢の人混みの中にいるターゲットを見つけ出すのが「的を得る」、
見えているターゲットを遠くから正確に射殺するのが「的を射る」。
的を見つけることに注するのが「得る」、当てることに注するのが「射る」。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015