単語記事: 的を得る

編集

的を得る」とは、議論の種である。

概要

的を射る」という表現は、広辞苑にも存在する正しい表現である。

では、「的を得る」はどうだろうか?現在のところ、『広辞苑』(第五版)を始めとして、『大辞』、『大辞』といった名だたる辞典にも、「的を得る」の句は載っていない。

しかし、これが誤りであるとは一概には言えない。『正鵠を得る』という、これまた正しい表現があるからである(しかも、この言葉は中国時代の『礼記』などにある、「的を射る」よりも古い言葉である)。「正鵠」とは、的の中心ののことであり、「的を射る」よりも、より良く的を射ているということになる。

(余談だが、大学弓道では「的」を使っているので「正鵠」をイメージしやすいが、高校弓道では「的」を使っているので、これをイメージしづらい。

だが、「正鵠」を「的」と置き換えて、「的を得る」と言って良いのだろうか?未だに辞典に「的を得る」の言葉が載っていないことから、まだこの言葉は議論の余地があると思われる。

つまり、「的を得る」という表現は、一概にそれを非難するのも誤りであり、かといって正しい表現であるとするにはまだ議論の余地があるという、そんな微妙句なのである。

「新し(あらたし)」と「惜し(あたらし)」

忘れてはならないのは、こうした言葉の変動は有史以来続いているということである。

例えば、「新しい」という言葉がある。この読みは「あたらしい」であるが、冷静に考えればおかしな読みである。「新」という字の訓読みは「あらた」であり、本来は「あらたしい」の方が正しいはずである。

実はこのことは、安時代に既に言葉の乱れとして認識されていた。

実際、古来より「あたらし(惜し)」というがすでに存在し、「もったいない」という意味であった。一方、安時代以前の「新しい」に該当する言葉は「あらたし(新し)」であった。

ところが、次第に「あらたし(新し)」を「あたらし」表現する者が増え、両者が混同されるようになり、競合の末に「あたらし(惜し)」の方はすっかりれてしまった。「新しい」を「あたらしい」と読むのは、この名残である。

このように、正しい言葉などというものは時代によって変動するのであり、未来永劫正しい表現など存在しないのである。

あらたし」が「あたらし」になるのだから、「なぜ殺たし」が標準になる日も、いつか来るかもしれない。

議論になりそうな語句一覧

自由に追加してください。)

関連動画

▼「的を得る」が議論になっている動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9A%84%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B
ページ番号: 4182225 リビジョン番号: 2393084
読み:マトヲエル
初版作成日: 09/10/14 23:26 ◆ 最終更新日: 16/08/11 07:26
編集内容についての説明/コメント: 確信犯追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的を得るについて語るスレ

342 : 煉倉庫 :2016/07/10(日) 12:37:11 ID: HKX/IAVSHR
時間軸で行くと
・正鵠を失わず(古代支那
・正鵠を得る(明治日本
・正鵠を射る(昭和日本
・的を射る(昭和日本だけど、正鵠を射るよりは後らしい)
的を得る昭和日本だけど、正鵠を射るよりは後らしいが時期は不明)
もっとも、本当に的を射る動作の事なら正鵠を得るが輸入されるよりも前からあったはずですが、そこには物事の核心を突くという意味は当然なかったので含めていません
と、どうも的を射る(核心を突く)という言葉が生まれてすぐに辞書に載ったものの、的を得るが射るよりも前に生まれたかどうかが不明なので正しいとも間違っているとも言い難い
343 : 煉倉庫 :2016/07/10(日) 14:18:03 ID: HKX/IAVSHR
続き

あと、的は中心だけじゃなくてまと全体で、正鵠は的の中心を示すらしいので物事の核心という意味では的を~とする段階で本当に核心をついてるのかどうか怪しいことになります
で、この正鵠ってのも日本では的の中心を意味するらしいのですが、元々は正・鵠・侯という大きさの異なるまとの事なんだそうです正が一番小さく侯が一番大きいそうですが、その一番小さい正でも約45四方のそこそこ大きい物なのですが・・・

以上の事から的を得るが誤用なのか正しいのかははっきりしないけど、正鵠を失わないが一番文句のつけられない言葉であるとってのと、個人的には的を射るだと言葉通りの動作の意味に使うと当たるかどうかわかんないよねってのが気になるところでしょうか
得るなら当たってるのは確実なのですが、射るだとかすりもしてない可性があるので
344 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 07:13:36 ID: 290fvEpMkA
的を得る方が本来の正しい使い方。

「『三国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検した。「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。」
345 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 13:50:48 ID: CP9TVZ5vMB
本来の なんてどこにも書いてないけど
射るでも得るでもOKってだけでしょ
346 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 13:58:43 ID: W9aDMZ9cDk
=-->  ◎
     ┃
347 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 18:27:47 ID: P4LidEP2MP
>>340と同じく、「射る」だと、撃ってはみたけど外れることもあるだろって思っちゃうんだけど、当たらない(中らない)と射るって言わないのであればわかる

そうなると、自分でも意図的にそう言ったんだけど、当たるかどうかわからないものは、撃つとかを引き分けると言うのが正しいってことなのかな
348 : ななしのよっしん :2016/09/02(金) 03:01:35 ID: oqEjUr0zXb
このくっだらない議論いつくなるんだろう
どっちも正解で良いじゃんの一言で終わる問題なのに
柔軟さが欠如してる日本人
349 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 02:02:40 ID: Irr0mQw+oH
>>348
くだらない事を議論するのが面いのに
350 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 03:08:49 ID: 4n8AenVrzs
くだらない事の議論をくだらない議論と呼んでいるか、
くだらない事のくだらない議論をくだらない議論と呼んでいるか、
いずれにしろ彼は「くだらない議論」のために会話が脱線し停滞するのが嫌いなのだろう。

もちろん議論をしている々も、日常会話において意味に「くだらない議論
を持ち込んだりはしない訳で、彼も々のことを非難しているのではなさそうだ。
ましてや、こうした専用の場で議論することは否定していないだろう。

だが専用の場とはいえ不特定多数が通りがかる場だ。日常会話で「不」に
揚足取りするような人も見ているだろう。そんな人らに向けた非難と見るのが「柔軟」なのだろう。

しかしそれはそれとして、「的を得る」に限定した話ではなさそうなので、
記事「日本語の誤用」の掲示板に書いたほうが良かったとは思う。
351 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 00:21:11 ID: AQI2urZghM
どっちでもいいじゃんはただの放棄であって柔軟性とは全く違うな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015