単語記事: 的を得る

編集

的を得る」とは、議論の種である。

概要

的を射る」という表現は、広辞苑にも存在する正しい表現である。

では、「的を得る」はどうだろうか?現在のところ、『広辞苑』(第五版)を始めとして、『大辞』、『大辞』といった名だたる辞典にも、「的を得る」の句は載っていない。

しかし、これが誤りであるとは一概には言えない。『正鵠を得る』という、これまた正しい表現があるからである(しかも、この言葉は中国時代の『礼記』などにある、「的を射る」よりも古い言葉である)。「正鵠」とは、的の中心ののことであり、「的を射る」よりも、より良く的を射ているということになる。

(余談だが、大学弓道では「的」を使っているので「正鵠」をイメージしやすいが、高校弓道では「的」を使っているので、これをイメージしづらい。

だが、「正鵠」を「的」と置き換えて、「的を得る」と言って良いのだろうか?未だに辞典に「的を得る」の言葉が載っていないことから、まだこの言葉は議論の余地があると思われる。

つまり、「的を得る」という表現は、一概にそれを非難するのも誤りであり、かといって正しい表現であるとするにはまだ議論の余地があるという、そんな微妙句なのである。

「新し(あらたし)」と「惜し(あたらし)」

忘れてはならないのは、こうした言葉の変動は有史以来続いているということである。

例えば、「新しい」という言葉がある。この読みは「あたらしい」であるが、冷静に考えればおかしな読みである。「新」という字の訓読みは「あらた」であり、本来は「あらたしい」の方が正しいはずである。

実はこのことは、安時代に既に言葉の乱れとして認識されていた。

実際、古来より「あたらし(惜し)」というがすでに存在し、「もったいない」という意味であった。一方、安時代以前の「新しい」に該当する言葉は「あらたし(新し)」であった。

ところが、次第に「あらたし(新し)」を「あたらし」表現する者が増え、両者が混同されるようになり、競合の末に「あたらし(惜し)」の方はすっかりれてしまった。「新しい」を「あたらしい」と読むのは、この名残である。

このように、正しい言葉などというものは時代によって変動するのであり、未来永劫正しい表現など存在しないのである。

あらたし」が「あたらし」になるのだから、「なぜ殺たし」が標準になる日も、いつか来るかもしれない。

議論になりそうな語句一覧

自由に追加してください。)

関連動画

▼「的を得る」が議論になっている動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9A%84%E3%82%92%E5%BE%97%E3%82%8B
ページ番号: 4182225 リビジョン番号: 2393084
読み:マトヲエル
初版作成日: 09/10/14 23:26 ◆ 最終更新日: 16/08/11 07:26
編集内容についての説明/コメント: 確信犯追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

的を得るについて語るスレ

350 : ななしのよっしん :2016/09/21(水) 03:08:49 ID: 4n8AenVrzs
くだらない事の議論をくだらない議論と呼んでいるか、
くだらない事のくだらない議論をくだらない議論と呼んでいるか、
いずれにしろ彼は「くだらない議論」のために会話が脱線し停滞するのが嫌いなのだろう。

もちろん議論をしている々も、日常会話において意味に「くだらない議論
を持ち込んだりはしない訳で、彼も々のことを非難しているのではなさそうだ。
ましてや、こうした専用の場で議論することは否定していないだろう。

だが専用の場とはいえ不特定多数が通りがかる場だ。日常会話で「不」に
揚足取りするような人も見ているだろう。そんな人らに向けた非難と見るのが「柔軟」なのだろう。

しかしそれはそれとして、「的を得る」に限定した話ではなさそうなので、
記事「日本語の誤用」の掲示板に書いたほうが良かったとは思う。
351 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 00:21:11 ID: AQI2urZghM
どっちでもいいじゃんはただの放棄であって柔軟性とは全く違うな
352 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 05:01:17 ID: 65T4hSi8HP
結論を出しているのだから放棄とは言えない
結論を出すプロセスは放棄しているかもしれないが
353 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 22:14:33 ID: by8T3t0Sxc
そもそも「射る」はに矢をつがえた状態から矢を放つ、という意味。
「命中させる」という意味で使われているところは「的を射る」の慣用句以外ではあまり見ない。
「矢を射る」はが見ても正しい言葉だが、これに照らして考えると「的を射る」はに的をつがえて放つ意味になってしまう。
鹿に向けて矢を射ったが、外してしまった。」のように、外している場合に使っても違和感ない。
つまり「核心を突く」の意味である慣用句としては「的を射る」は不適切と思われる。

というわけで、「的を得る」がどうしても嫌な人は「命中させる」意味を付加した「的を射抜く」「的に射当てる」を使って欲しい所存。
354 : ななしのよっしん :2017/01/21(土) 12:54:58 ID: 5lGiTxyd2B
的を射るは射的の非省略形だとずっと思ってました。で
個人的には的を得るだと的そのものをゲットした感じがして使いづらいなあ
355 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 22:10:14 ID: nRBmabEUs4
的を得る(射る)って慣用句じゃないの?慣用句を言葉通りに受け取って日本語が成り立たないって言っても……
的を手に入れてどうするって言う人は、『を盗む』に玉なんか盗んでどうするんだとか言うのだろうか
356 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 23:31:31 ID: 4n8AenVrzs
慣用句も義に基づいているからそのは当たらない。
を盗む」のは、「門番」のと同じで、監視の意。「盗む」は言わなくても分かるな?
357 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 00:04:31 ID: nRBmabEUs4
ふむ、だけど的という言葉に核心とか要点の意味あったと思われるから、的を得るも一応は単、というか的の意味にも基づいてるんじゃないだろうか
得るは要を得ると同じで、少し喩的にした表現ということで
言いたかったのは、的をただそのまま弓道等の的と捉えるのは、を盗むのを単に感覚器の玉と捉えるようなもんだろ、ってこと
358 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 00:22:49 ID: 4n8AenVrzs
原義も生的な意味も辞典にあるなら「言葉通り」の意味だ。悪いのは単に義の凝り固まった解釈。
359 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 06:14:01 ID: zYjeQkvp5A
「的を手に入れてどうするって言う人は」という前提に基づいているので
ID:nRBmabEUs4の矛盾点はないだろう
「得る」の義は「手に入れる」だけではないからな

例えば勝負に勝った(と確信した)、相手を璧に捉えたという意味の言い回しとして
古くは「得たりや応!」現代では「貰ったぁ!」などという言葉があるが
これに「勝負をもらってどうする?」なんて突っ込んだは見たことがない(彙が成熟していない子供は別)
所詮その程度の考え方の人間が多いんだろうな

蛇足だけど
あんまり頭の良くない人が「的を得る」を「的をgetだぜ~」とか言って化してるのも時々見るが
実は"get"にも「当たる」という意味はある
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015