単語記事: 皇帝

編集  

皇帝(こうてい)とは、君称号の一つ。俗語的には、独裁的・高圧的な導者や、極めて優秀なスポーツ選手なども皇帝と呼ばれることがある。

曖昧さ回避

概要

皇帝とは、始皇帝を最初とし、清朝の終焉までの中華文明の統一政権の最高権者が帯びた称号である。英語では Huang Di と表記される。

殷や周の時代には中華の最高統治者の称号は「王」だった。しかし、紀元前3世紀に王『政』(始皇帝)が中原を統一すると、王・政は自身を中国神話上の3人の君(三皇)と5人の君()をえる存在とし、新たな称号皇帝」を名乗るようになった。この称号以降の中華でも用いられ、清朝最後の皇帝である宣統新覚羅溥儀)まで中華の最高統治者の称号として認識され続けた。

中華以外では、高麗ベトナム6世紀~20世紀)の君内向けに「皇帝」を名乗っている。また、大日本帝国時代の天皇日本国皇帝を名乗っていた時期がある。

さて、中華の最高統治者の称号が「王」から「皇帝」に移り変わると、中華文明において「王」は『皇帝が授ける爵位の一つ』と認識されるようになった。そんなわけで日本においても、当時の君号「大王(おおきみ)」に含まれる王の字が嫌われるようになり、「中華帝国と対等の立場であるもうひとつの」を作るために「天皇」というが捻出されたのだった。そんなわけで足利義満が明の皇帝より「日本国王」の称号を授かったときには「テメー日本を勝手に中華の属にするんじゃねーぞ!!」とあちこちから文句を言われたのだとか。

ただし、漢字文化圏では同じ「王」の文字を使う「君としての王」と「爵位としての王」だが、英語圏では爵位としての「王」は King ではなく Prince と訳される。逆に日本大王朝鮮の太王などは王の字を含んでいようとも Emperor と訳されている。こういった翻訳の問題や文化の違いには幕末に西洋と交を始めた江戸幕府も苦労したらしく、西洋における King と Emperor の関係を東洋における王と皇帝の関係と混同して書で王を皇帝より格下に扱ってしまい大変なにあったとか。その反動からなのか、明治から昭和にかけての日本政府は他の君をやたらと皇帝と訳している。

訳語としての皇帝

前述の通り、原義では、皇帝とは中華文明における君称号の一つである。しかし現在日本では、英語エンペラーemperor)と訳される君の一部の称号にも皇帝の訳を用いることがある。ここで「一部」と断っているのは、英語圏で emperor とされる君どは日本では皇帝ではなく、単に国王や首長と翻訳されているからである。

とはいえ、あくまで彼らは本来の皇帝と同じ存在ではなく、単に皇帝翻訳されているだけの全く別種の存在であるので、同じ皇帝と訳されている君であっても、それぞれの出自・実権・制度は大きく異なっている。例えばムガル帝国の君のように世襲制の場合もあればローマ皇帝のように世襲制でない場合もあるし、エジプトファラオのように特定宗教に対して何らかの特権がある場合もあれば逆に神聖ローマ皇帝のように宗教上の権者から地位が与えられている場合もある。

また、何をもって皇帝emperor と訳すかについてのルールも存在しない。例えばローマ皇帝は古くは「王」であったし、ルクセンブルク大公戦前日本ではルクセンブルク皇帝とされていた。ただし、ある勢圏における複数の君号のなかでは、より上位の称号皇帝の訳を当てるのが一般的な傾向という程度のことは言える。例えば、オスマン帝国にはエンペラーよりも上の位としてパーディシャーが存在するので、パーディシャーをオスマン帝国皇帝と訳し、エンペラーオスマン帝国皇帝とは訳さない。これがペルシア帝国を向けるとパーディシャーよりも上の位としてシャーハンシャーが存在し、このシャーハンシャーがペルシア帝国皇帝と訳され、オスマン帝国の場合に皇帝と訳したパーディシャーは今度は皇帝とは訳されなくなる。

ちなみに、『日本天皇は一時期まで王侯扱いだったが日英同盟の際にイギリスインド皇帝を名乗っていた英国が対等な立場での同盟としてお互いを皇帝としたため、そのときの扱いが今も生きている』なんて話もあるらしいが、それ以前から日本天皇皇帝emperor と訳した外交文書をバラ撒いているし、さらに遡れば江戸時代には幕府の将軍emperor と呼ばれているので、単にそれらを踏襲しただけだろう。そもそも当の英国ではイングランド王位(King)の方がインド皇帝位(Emperor)より格上として扱われていたしね。

なお本記事では説明の簡素化のために日本語英語だけを特に重点的に取り扱っているが、いまさら言うのもアホらしいほど当たり前のこととして、世界には日本語英語以外の言が多数存在していると言うことを忘れてはならない。それらの言特定の君号を皇帝エンペラーに一対一で対応させることは不可能である。そのため最近の傾向としては、他の文化圏の君号を理に王や皇帝、あるいは kingemperor といった特定の文化圏の組みに押し込めるのではなく、できるだけ当時や現地の概念・発音に近い形で理解・表現しようとする努がなされている。

次節では、特に皇帝と訳される地位の一つであるローマ皇帝について説明する。

ローマ皇帝

ローマ皇帝は、紀元前27年にローマ共和政末期混乱を制したオクタウィアヌスOctavianus, オクターウィアーヌス)によって確立された地位である。

ローマはオクタウィアヌスが終身最高軍令官となったことが始まりであり、その令官の称号インラートルImperator, 「命令権(imperium, インペリウム)を持つ者」)がエンペラーである。またドイツ語カイザーKaiser)ロシア語ツァーリ(царь, tsar')は亡き養から受け継いだ彼の家族名であり後に称号化したカエサル(Caesar)から。つまり、政初期には「ローマ皇帝」を意味する単独の称号は存在しなかった。
実態は政であったといえオクタウィアヌスは、例外的な終身独裁官(Dictator Perpetuo, ディクタートル・ペルペトゥオー)に強引に就任して性急な独裁制移行を進め、あげくに反対殺された養カエサルと同じ轍は踏まなかった。彼による初期の政である元首政(Principatus, プリーンパートゥス)は建前上は既存の共和政のシステムを重んじ、これまでの組みの中にあった以下のような複数の肩書き・権利を「たまたま相応しい資質と実績を備えた同一の人物が兼任する」ことによって合法的に多大な権限を一手に握したものである。

  1. 最高軍令官(インラートル。さらにオクタウィアヌスは常備軍・補助兵制度を開始した)
  2. 元首Princeps, プリーンケプス市民代表として元老院で特権を有する議長。プリンスPrince, 「王侯の継承権を持つ息子、侯」)のでもある)
  3. 最高官(Pontifex Maximus, ポンティフェクス・マクスィムス。宗教の最高権威。後にローマ教皇の称号
  4. 執政官(頭領)命令権(imperium consulare, インペリウム・コーンラーレ。ローマおよび半島行政軍事る執政官/頭領の長)
  5. 上級前執政官(前頭領)命令権(maius imperium proconsulare, マイユスインペリウム・プロコーンラーレ。ローマ皇帝属州・元老院属州(これもオクタウィアヌスが創設)の行政軍事る全前執政官/前頭領の長)
  6. 護民官権限(tribunicia potestas トリブーニーキア・ポテスタース。広範な拒否権と身体不可侵権)
  7. pater patriae パテル・パトリアエ。国家に貢献した偉大な市民に与えられる称号

概説すると、1 で戦錬磨のローマ軍の威容をチラつかせながら 4, 5 でローマ帝国全土における行政軍事に容喙し、さらにあらゆる階級の市民に対しても 2, 3, 6 で強い政治的影を持ちつつ身の安全も保障される。
このような茶番が通ったのは、彼らカエサルカエサル暗殺後の内乱をうまく制して逆に反カエサル全に封殺し、元老院をはじめとした全てのローマ市民がその一部始終の当たりにしていたから。もちろん英雄カエサルの遺産たるユーリウスの地位と名誉と権威があっての話であるが・・・・・・。
さて、この「類稀な『尊厳・威厳』ゆえにに選ばれ数多の職を担うことになった者」に与えられるのが「尊厳者/威厳者」(Augustus, アウグストゥス)称号であり、これがローマ皇帝の実質的な称号として定着していく。

元首政は建前とはいえ既存の共和政の組みを維持したものであったから、ひとたび強権を発動して市民の信頼を損なえば後のカリグラネロのような暗君カエサルよろしくあっさりと死に追いやられることもあり、たとえ危機的な状況であっても(いやだからこそ)市民にへつらうあまり農民や属州民を視した施策になったり(苛な重税や理不尽な収奪のため地方では反乱が頻発し、脱走した自由農民は大土地所有者の下で小作農化した)、近視眼的な泥縄式施策に陥る可性があった(ローマ市民のタダ売りにより軍事の大暴落を招いた、カラカラアントニヌス勅令など)。更に言えば、これだけの強権を占有しているポストにも関わらず、後継者を決めるための明確な基準を持たないため、それが継承権を巡る属州軍閥による内乱(軍人皇帝時代など)を引き起こす原因となったりと、パークス・ローマーナ(Pax Romana)と呼ばれる稀に見る安定期でもない限りは、決して盤石な体制とはいえない。

そこで284年、最後の軍人皇帝であるディオレティヌスDiocletianus, ディオレーティアーヌスオリエントの強権と兵で以て綱紀粛正を図る専制君主制Dominatus, ドミナートゥス)に移行する。相次ぐ内乱による混迷の中でもはや元首政は機不全に陥っていたため、こうした強硬手段が可だった。まあこれこそが々が「帝国」と聞いてまずイメージする帝国に近い姿だろう。しかし、その威もそう長くは続かない。

東方世界におけるローマ皇帝

ローマ帝国ローマ皇帝絶対的権を以ってしても統治するには広大すぎる版図を統治、維持するために293年にディオレティヌスによって共同皇帝による四分統治(ローマ帝国の版図を東西に二分し、それぞれに正と副を立てる四頭体制)が始められ、キリスト教認したコンスタンティヌス(Constantinus, コーンスタンティヌスによって330年にはローマからコンスタンティノープルへと遷都することとなる。そしてキリスト教教に定めたテオドシウス(Theodosius)は最晩年の394年に東西ローマ皇帝を再統一、395年にめて2人の息子に東西ローマ皇帝位を分割相続して息を引き取るが、これはそれまで行われてきた継承権争いを防ぐための一時的な分割統治とそう変わりはく、まさかこのままローマ帝国の東と西とが永遠に分裂したまま戻らなくなるとは、当事者を含めても想像していなかった。その後、476年に、ゲルマン人傭兵隊長ドアケル(Odoacer)によって西ローマ帝国は滅ぼされ、オドアケルは西ローマ皇帝位を東ローマ皇帝に返上することで、イタリア王として即位した(後に東ローマ帝国の内政に干渉し、逆に討伐軍を送られて降、しかし暗殺される)。

したがって、形式上は、この時点でコンスタンティノープルを首都とする東方が東西を統合する一正統のローマ帝国となった。だがそもそも東ローマ帝国としてもゲルマン諸民族の侵入がければ西ローマ帝国との統合を果たしていただろうし、実際に西ローマ帝国滅亡後もかつての西ローマ帝国領を奪還・再しようとしたが、これもやはりゲルマン諸民族により果たせなかった。その上、フランク王国カール大帝が「ローマ皇帝」として戴冠した途端に、東ローマ帝国西ヨーロッパへの実効権を急速に失っていき、東西で領土を取りつ取られつを繰り返しながらも徐々に蚕食され、ついには地方政権化した。このため、これ以降のローマ帝国東方は単に「東ローマ帝国」あるいは「ビザンツ帝国」と呼ばれることが多い。東ローマ帝国はその後も1453年5月29日オスマン帝国のスルタン(皇帝)メフメト2世によるコンスタンティノープル陥落まで存続した。

さて、ギリシア語圏であった東ローマ帝国ローマ皇帝は「(ストラティゴス・)アウトクラトール(アフトクラトル)*」((Στρατηγός) Αὐτοκράτωρ, (Stratigos) Avtocrator, 「(将軍たる)全権者」(インラートルに相当))や「(カイサル・)セバストス」((Κασαρ) Σεβαστός, (Kaisar) Sebastos, 「(カエサルたる)尊厳者」(アウグストゥスに相当))などの称号を冠して呼ばれていたものの、俗には広く「バシレウス(バシレフス)*」(Βασιλεύς, Basilevs, 「王」)と呼ばれていた。が、基本的にバシレウスは東ローマ皇帝と対等なペルシア皇帝などを称号だった。ちなみに西ローマ皇帝のことはリフス*Ῥῆξ, rikhs, ラテン語レークス rex 「王」より)と呼んだ。
時代が下ると、6世紀末には公式の書簡で東ローマ皇帝の自称としてもバシレウスが使われるようになり、ついに629年にヘラクレイオス(Ἡράκλειος, Irakrios, イラクリオス*)「忠実なる信徒にしてキリストに依りて即位せしバシレウス」(πιστός ἐν Χριστβασιλεύς, Pistos en Khristo Basileus)を名乗ってからは「バシレウス」がローマ皇帝公式称号として定着していく。キリスト教教となって以降はコンスタンティノープル総教に宗教上の最高権を譲ったが、ローマ皇帝は依然として宗教に対しても相当に巨大な実権を持っていた。とはいえ実質的に地方領化してしまったローマ皇帝がかつて「王」に相当する呼称を名乗るようになった、というのはなんだか皮な話ではある。(* は当時のギリシア語コイネー)の発音)

なお、セバストスはローマ皇帝兄弟やその息子に、カイサルは位の高い東方の支配者に送られる称号となった。後にモスクワ大公の支配者が東ローマ皇帝の正統な後継者を自認してロシア帝国し、カエサル由来のツァーリを自称したのはこうした経緯によるものである(更にいえば、ビザンツ帝国からカエサルと呼ばれたタタールのハーンによって支配されていた領土を奪い返してその権威を継承したという意味もある、とする研究者もいる)。ロシア帝国ロシア革命によってロシア皇帝位される1917年までローマ帝国の後継者としての皇帝を戴く形となった。

西方世界におけるローマ皇帝

一方、西ヨーロッパには、しばらくローマ皇帝という役職は存在しないままとなるもの、800年のクリスマスフランクの王カール1世(大帝)にローマ教皇レオ三世が「Imperator et Augustus」、すなわちローマ皇帝称号とともに戴冠させ、ローマ皇帝位は再び復活した。これはローマ教皇と言う権威がローマ皇帝という権を与えるという形となり、西ヨーロッパは二つの楕円形、すなわち教皇と皇帝という二つの頂点を持つ世界となった(一方、東ローマ帝国は“ローマ皇帝のみを頂点とする”円形の権威、権世界を構成していた)。この後の西ヨーロッパにおけるローマ皇帝は基本的にはローマ教皇が王に戴冠させる称号としての存在となり、ローマ教皇が宗教上のトップであり、ローマ皇帝は世俗のトップという形となっている。

まあこちらのローマ帝国フランクの相続制度が分割相続であったため長く続くことなく息子たちの代で東中西3つの王に分裂するが、962年に東フランクオットー1世が再び位を授けられ、神聖ローマ帝国と言う形でローマ帝国は復活する。
が、ゲルマンの独立的気を堅持するが故に中央集権化の進まない神聖ローマ帝国は次第に名前だけの集合体、つまり自己の強い大小300以上の領邦と多様な民族が互いにめき合うサラダウルと化し、ローマ皇帝にしても一握りの有な選侯たちの選挙によって選ばれる非世襲の一地方領に過ぎなくなった。く、神聖ローマ帝国とは亡霊である。姿かたちは見えないのに、確かに存在する」とのことで、これではまるでトトロである
思想ヴォルテールに至ってはでもなければローマでもなく帝国ですらない」とバッサリ全否定であり、さすがにちょっと気の毒になってくる。

そして時代は流れ1804年12月フランス革命のなかで台頭したナポレオンフランス皇帝Empereur, アンプルール)となる。ナポレオンローマに行くのではなく、ローマ教皇をパリまで呼びつけ、ローマ教皇の手ではなく自らの手で頭に冠をかぶせたという。ちなみに、このフランス皇帝と言う称号自体、ローマ教皇から与えられると言う形をとっているため、広く見れば「ローマ皇帝」ということである。その後ナポレオン「二人皇帝がいるのはおかしいだろう」と実にはた迷惑なことを言って神聖ローマ帝国を解体してしまう。そもそもローマ帝国時代からローマ皇帝を一人に限るという法は存在しないんですが……
さらに対イギリス貿易を独占すべく各に「大陸封鎖令」を発布すると、先進工業イギリスとの貿易で大きな利益を上げていた同盟諸は不満を募らせ、さらに封鎖令に非協的な諸を征伐するためにフランスは余計な戦争をしなくてはならなくなった。そうしたわけで「東ローマ皇帝の後継者」ロシア皇帝を征伐するためにロシア帝国に攻め込んだものの、結局は冬将軍のためにフランス大陸軍は9割を越える大量の歴戦の将兵を失い、ナポレオンフランス皇帝の座から転落していくこととなった。

すなわち、ローマ皇帝とは広く見れば1917年のロシア革命によってロシア帝国が打ち倒されるまでの期間存続していた、と言うことなのだが、・・・・・・神聖ローマ帝国の表現のように、全く持ってその実態がつかめない、まさに亡霊のような存在として西洋の歴史の上に存在しているものであった。
例えばナチス・ドイツ神聖ローマ帝国ドイツ帝国プロイセン王をドイツ皇帝に推戴した帝国。3代50年弱で消滅)を継承したドイツ帝国として「第三帝国」を標榜(ただし原Driittes Reichの「ライヒ」自体は帝国を意味するとは限らない)し、第二次世界大戦欧州中に多大な災厄を振り撒いた(更にナポレオンと同じ轍を幾つも踏んだ)。
一方、現在欧州連合EU)の思想的背景である汎欧州義の根底にも、古代ローマ帝国の存在が大きく横たわっている。亡霊が安らかに招される機会はまだまだ先のようだ。

その他の皇帝または Emperor と訳される君主(執筆中)

ただし漢字圏で皇帝だからといって英語圏でも Emperor だとは限らないし、逆に英語圏で Emperor だからといって漢字圏で皇帝としているとは限らない。元々は英語でも日本語でもないものを勝手に訳しているだけだから仕方がないね。

架空の皇帝位

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9A%87%E5%B8%9D
ページ番号: 438065 リビジョン番号: 2436466
読み:コウテイ
初版作成日: 08/08/07 04:22 ◆ 最終更新日: 16/12/10 19:43
編集内容についての説明/コメント: 「皇帝教皇主義」の記述を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

皇帝について語るスレ

273 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 21:49:41 ID: tnsUdSAjCU
日本天皇将軍日本国王と形式的に呼ばれてはいたけど
足利義満は正式に冊封を受けてる日本国
274 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 18:28:57 ID: 1R1eVk5tXA
>>271
だから本来は大問題なだけど、対外的な文章じゃないから気にしなかったんじゃないか
と言っているんだよ
内的には幕府から朝廷が政権を奪い返したとさえ伝わればそれで良かったわけで
それと同じように天皇でも皇帝でも「王」でさえなければ(皇帝と同格でさえあれば)なんでも良かったから頓着だったのではないか
というのが>>265で言ってることだよ
275 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 22:18:20 ID: pRRqx36MPm
メキシコ帝国のところにイトゥルビデの記載も欲しいな
276 : ななしのよっしん :2017/11/10(金) 22:52:58 ID: MC2AxgeJM9
ギネスに載ってるペルシャ帝国の最古の皇統って何なんですかね?
277 : ななしのよっしん :2018/03/08(木) 19:37:45 ID: KBS/tKQTef
正しくは、天皇皇帝だろ
278 : ななしのよっしん :2018/03/18(日) 02:26:42 ID: 4U6ch1nbcK
21世紀に「皇帝王様」はいらないと思っていたが、それに逆行する流れがあるのが残念でならない
279 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 19:58:47 ID: xUsMOJfkDA
リベラル共和制など20世紀に終わった夢想義の燃えカス
今こそ伝統的王・皇統を世界で復活させるべき
民族国家徴として21世紀にこそ必要
280 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 06:13:46 ID: RjDARMHXrm
つまり北朝鮮を見習えということか
281 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 09:51:42 ID: PYuQJ9y2H3
共和制がうまくいくのは時だけで有事の際は強導者がいないとまとまらないからな
穏に見えてても、実際には内の不満を権で抑えつけてるだけだったり、
導者が内の各勢バランスとってるだけだったりする
だから革命導者=独裁者がいなくなった途端、
そのバランスが崩れて内戦になる国家は枚挙にいとまがない

そして王政・独裁制を打倒して生まれるのが民主政とは名ばかりで
異論が許されない独裁政権というのもまたフランス革命以来の歴史の必然
282 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 06:04:53 ID: rcEpbNei+G
>>278->>281
どちらかというと絶対君的な皇帝でなく、徴的に偉い人の気もするけどなー

どのような体制を取ろうとも「国家の顔役」というかリーダーは必要で、民主主義においては「選挙でみんなが決めた」が偉いの根拠になってるけど、価値観が多様化した現在ではもはや「みんなが」というだけの片寄は望めない(安倍首相トランプ大統領に限らず、先進国トップの支持率は軒並み低い。逆に言えばその低支持率ですら、相対的には一位なくらい分裂してる)。
だったら民義とは別の価値観で「偉いだけの人」を定義し、実際の権からは切り離したところに飾っておこうという、不敬とかさておき身も蓋もないいい方しちゃえばそんな感じじゃ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829