編集  

単語

タテ

とは、防具の一種である。

概要

色んな種類の盾に手元で所持し、矢などによる攻撃・射撃から身を守るための具。
種類についても、大きさは腕に装着して用いる小の物から全身を覆う大の物まで様々存在し、の形も円形や三角形及び四形、木の葉や多形の形状などいろいろあったという。

基本的に相手の攻撃を積極的に受け止める為の具なので通常は頑丈な素材を用いるが、全金属製のはまれであり戦場に登場し銃器の発達でれるまで木製のものあるいはそれに革や金属で補強したモノが流だった。古代ローマで用いられた戦闘用のは「スクトゥム」が有名か。また琉球王国に伝わる武術ティンベー術」ではティンベーと呼ばれる、海亀の甲羅で作ったが使われる。

ちなみにバイキングが用いるは、上記の逆を行くとでも言うでき代物で、木材で作られ補強も行われていないという代物である。ちなみにこれは、敵の武器をに食い込ませて武器を封じる、または動きを止める的があったという。
スクトウムを始めとして戦争の際に用いられたは、攻撃を防ぐ以外にも様々な戦術に利用された。一例を挙げると、集団でを構え防御体勢を維持しながら敵に接近し、敵と交戦時は密集したの隙間からや投げ矢で攻撃を行うという戦術が存在し、個人戦よりは集団戦で効を発揮するものであった。

また、日本及び東洋ではが使われていなかったのかというとそんな事はく、4世紀~5世紀頃から日本でも木製や製のが使われた記録がある。やがて武士が台頭し流の装備となるとは手に持つの物から、地面に据え置く物へと移っていき、具体的には束などといったというよりは、土嚢のような役割)が戦場に設置され矢やの軌を逸らす的に使われた。ついでに言うとと共に手元に装備するとして、「」というも存在したので、手元で使用する全にれたわけではないのだが。
現在でも警察や軍隊などが犯罪者暴徒を止めるために用いているのはご存知の通り。ジュラルミンやポリカーボネートなどで作られており、軽くて頑丈なのが特徴のである。

しかし一方、が大きければいいかというとそんなわけでもなく、至近距離で武器を使って攻撃する際に邪魔になったり、材質がといった重いものである場合は携帯が困難であるという欠点もあり、またが大きいほど視界が塞がれやすく、を持っていたほうが有利かというと一概には言えないものであった。先述のスクトゥムにしても、集団でを構えれば隙がくなるものの個人・少数になると簡単に隙を付かれるであろう事は想像に難くないはず。

他にも、戦争戦闘行為以外では記念品としても用いられることも多く、表トロフィーと共に飾られているのを見た事が一度はおありだろう。ん?もしや方のに?

フィクション作品などでもジャンルを問わずに登場するポピュラーな防具として定着している。と対になって用いられる事も少なくなく、また巨大ロボットが登場する作品ではロボットサイズシールド)も登場する。

その他

  • 「身を守る」という用途から転じて、自分の身を守るためのもの、若しくはその上で都合のいい手段などをして言う。
    (例:人質をに取る、文をに居座る、ラー・チャターがになってくれています!)
    また、見えない場所より陰ながらかに協する事を「後ろ」という。
  • 攻撃と防御の徴として、それぞれ喩的に用いられる事がある。
  • 中国の故事を由来とした言葉に、「矛盾」という言葉がある。詳細は同記事を参照。
  • 建物の屋上や周辺に人質を並べる事や、身近な人間を守るために前に立ち塞がる事を「人間」とも呼ばれる。前者については人的な問題を気にしなければ、爆などを防ぐ有効な策と成りうる。
  • 攻撃を防ぐためのみならず、を構えながら突進したり、で殴ったりの側面を突き刺したりするなどを武器として用いるケースもあった。こちらについては創作作品でも度々登場する演出なので、見た事がある方も多いだろう。
  • ギリシャ神話では、ペルセウスが怪物メドゥーサを倒すために用意したのように磨かれた物であり、これで石化の呪いを反射する事により退治できた。このについては、「イージス」の名前でご存知の方もいるだろうか。

人名

漢字として

Unicode
U+76FE
JIS X 0213
1-29-66
部首
画数
9画
読み(常用)
ジュン
訓読み(常用)
たて
𠩮
Unicode
U+20A6E
部首
画数
10画
𥍿
Unicode
U+2537F
部首
矛部
画数
14画
意味
たて、(遁と通じて)逃げるという意味がある。
説文解字・巻四〕に「瞂なり」とある。〔方言第九〕に「よりして東、ひは之れを瞂と謂ひ、ひは之れを干と謂ふ。西にて之れをと謂ふ」とある。
字形
身を覆う形。〔説文〕に「身を扞(ふせ)ぎ、を蔽(おお)ふ所以なり」とある。
音訓
読みシュントン音)、ジュン音)、訓読みは、たて。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
は〔説文〕で部首である。ほかに瞂、𡐠が属する。
符とする漢字には、㡒、循、揗、遁、楯、腯などがある。

異体字

  • 𠩮は、〔字彙補〕にと同じとある異体字。
  • 𥍿は、矛盾ではなく〔字彙補〕にと同じとある異体字。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9B%BE
ページ番号: 4398718 リビジョン番号: 2291243
読み:タテ
初版作成日: 10/06/26 22:18 ◆ 最終更新日: 15/11/22 02:11
編集内容についての説明/コメント: 関連商品の表示されなくなったものを改めた
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


カイトシールド

ラウンドシールド

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

盾について語るスレ

68 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 19:18:59 ID: 0guNYgjYiS
歩兵が野戦車両から放たれる弾になのは仕方ないだろう。条件が全然違う。
戦場から姿を消してもなんでヘルメット(兜)被るかつったら破片や流れ弾から急所を守るためで、現代のボディーアーマーにしても基本的にはそれらを貫通させないことを眼とするのは同じ。
屁理屈に聞こえるかもしれないが、その例えの話みたいな素材で弾が貫通せずに止まってくれるとしたら致死率は大きく下がるんじゃないかな。まず出血が減る。
後は、高速の弾が当たったとき流体のように振舞う人体は変な話”効率的”に弾のエネルギーを吸収するけど、表面で止まってくれるなら筋肉内臓へのダメージは抑えられるだろう。
打撲や折で苦しんだとしても死ぬよりマシでしょ? 
まぁ長々書いたが、最後の一文は全くその通りだと思うよ。火の発明で、歩兵に持たせられるくらいの重量で防げるものではくなってしまった。
69 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 13:50:20 ID: 3dz4XQFnWr
用の長物というのは、軍隊同士が戦う古典的な戦争の場合。
地でのゲリラ戦や警察では現役。
ライフル徹甲弾に耐えられるNIJレベル4を中央部に配し、
その周囲を拳銃弾及び非徹甲のライフル弾に耐えられるNIJレベル3の携帯というのもある。
まぁ携帯と言っても手に持つわけではなく、ストラップを使って背負うものだが。

MRAPS-IV
http://www.bakerballistics.com/rifle-protective-shields/mraps-iv/

もうちょっと広い範囲を防護となると、ここ↓に載っているようなキャスター付きのものになる。
http://www.att-tactical.com/att_ballistics_shields.html
https://www.youtube.com/watch?v=fWjX2XTxy50
70 : ななしのよっしん :2017/06/05(月) 16:59:04 ID: 2WRoi0RYw+
ところでベクター、、関連項バリアンの(面)白き盾がまだいのはお前の仕業か?
71 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 16:48:54 ID: lgoGcYqfsl
火力に意味がないという話はあるが別に殴り合いもれたわけではないのだ
や長両方とも重いのでなんてとても持てないという側面も大きいのだ
72 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 17:23:04 ID: LlbNqTOXxJ
円形兵士
方形戦士
逆三騎士
ってイメージがある
73 : ななしのよつしん :2017/10/14(土) 17:01:11 ID: nVyeZu0X9f
ロボット物でよく武器とかいうどうみても防御したらあかんあるけどあれのお初ってなんなんだろ?
74 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 19:16:10 ID: ePZ/2ed7xo
マジンガー機械からしに生えたトゲトゲ飛ばしてくるやつがいたような気がする
近年のガンダムにも引き継がれてるあたり防御体制からいきなり奇襲してくるってギミックは演出の使いでがあるんだろうね
75 : ななしのよっしん :2018/01/15(月) 21:15:29 ID: wLg+GBR8Us
といえばぼうぎょの基本であってならの地位にあるだろ?」
という発言を遺した御方がいるが、未だに何が言いたかったのかよく分からん…
」ならば「」?
つまり「」???
76 : ななしのよっしん :2018/01/22(月) 19:44:55 ID: 5iNDcMY67z
アナログ時代のアニメにおいて大きな実体は体を隠して作画の作業量を楽にしてくれてたそうだが3DCGが多分に使われている今大きい実体は作業量を増やすのか減らすのか
77 : ななしのよっしん :2018/04/25(水) 19:32:28 ID: 18FaMBASBy
ロマン装備として「両手武器+」ができたら便利だろうと時々思う。
特に両手

現実には。マケドニアファランクスが、首からるす小さめと長い両手。ただしファランクスだから機動性はない。

現実歴史にはないけれど…ドラゴンキグナス衣、左手で物を持てると両手武器、と言うのは理なんだろうか?
また、歴史には管というのがある。すべりがよい。その管の鍔をでかくすれば、小さいのついた両手になりそうだが…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829