単語記事: 省

編集

とは、日本中国行政機関行政区画である。

日本の省

701年大宝令により行政機関として2官8が置かれた。8は中務・式部・治部・民部・兵部・刑部・大蔵宮内である。

1869年、明治の官制革により中央行政機関としてが復活する。当初置かれたのは6。民部・大蔵・兵部外務省・刑部宮内である。その後、いろいろ統合が行われる。

現在は以下のとおり。

中国の省

中華人民共和国では、行政区画としてが使われている。

河北、山西遼寧、吉、江、浙江、安徽、福建、江西、山東、河南、広東海南、四雲南、陝西、甘粛である。

漢字として

Unicode
U+7701
JIS X 0213
1-30-42
部首
画数
9画
読み(常用)
セイ、ショウ
訓読み(常用)
はぶく、かえりみる
意味
視察する、よく視てみる、安否を尋ねる、かえりみる、悟る、く、減らす、節約する、審らか、善い、禁中、役所、行政機関の名、という意味がある。また眚と通じて、災いという意味がある。
説文解字・巻四〕に「視るなり」とある。〔広韻〕に「署なり」「察なり、審なり」とある。
字形
符は。甲文・文・篆文ではの上にがあるような形であり、後に生の形になった。またの甲文とされる字(の上に縦棒)と似ており、似た起の字とされる。白川静は、の部分はもともとの上に呪飾を表しているとしている。〔説文〕には「ひ、ふ」とある。
音訓
読みはセイ(音)、ショウ音)、訓読みは、かえりみる、みる、はぶく、さとる。
規格・区分
常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
昭を符とする漢字には、𡞞、渻などがある。
画・悟・耕・曠・察・審・庁・都・読・筆・文・墓・問・覧・省略

異体字

𡮀
Unicode
U+21B80
部首
画数
9画
Unicode
U+405E
部首
画数
15画
𥄾
Unicode
U+2513E
部首
画数
10画
Unicode
U+35C2
部首
口部
画数
12画
Unicode
U+4687
部首
見部
画数
16画
  • 𡮀は、〔説文〕に「古文、少にふ」とある古文
  • 䁞は、〔集韻〕にある古文
  • 𥄾は、〔集韻〕の本字。
  • 㗂は、〔大字典・異体字表〕にある異体字。口を噤むという別の意味がある。
  • 䚇は、〔大字典・異体字表〕にある異体字。漏えいするという別の意味がある。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%81
ページ番号: 4698132 リビジョン番号: 2398202
読み:ショウ
初版作成日: 11/08/13 18:47 ◆ 最終更新日: 16/08/25 01:23
編集内容についての説明/コメント: 自動リンクをONにしました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

省について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/09/28(水) 02:42:36 ID: E0YBRMvj7I
自動リンクがONになった記念カキコ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015