単語記事: 真マジンガー衝撃!Z編

編集  

真マジンガー 衝撃! Z編』とは、今川泰宏監督がまたやらかしたによる原作版『マジンガーZ』を新解釈したロボットアニメである。

衝撃!概要編

2009年4月から9月まで放送。今川泰宏2004年の『鉄人28号』以来久しぶりに制作したロボットアニメーション。

永井豪作品だけでなくダイナミックプロというくくりの中で他作品における主人公メカであるグロイザーX敵として用いるなどこれまで以上に幅広いスターシステムによるキャラクター設定が行われた。

また、第1話において最終話直前の内容を放映することで視聴者を篩にかけるなど、全に今川泰宏作品ファン御用達の作品である。

  • 主人公メカがここぞという時にしか活躍・起動しない。
  • 人のほうがやたら出番が多く、大活躍する。
  • 他作品の主人公を設定変更して用いる。
  • 舞台背景がとにかく駄に壮大。

これだけで内容がわかる人はこの作品がどういったものかわかるはずである。

衝撃!内容編

今川泰宏による視聴者の度肝を抜いたシーンの数々を簡単に紹介。

Dr.ヘル視聴者馬鹿か!

衝撃!人物編

兜 甲児

赤羽根健治
言わずと知れた主人公、本作では原作を意識しつつ+旧アニメ版の熱血好青年の面が付け加えられた個性。
にも悪魔にもなれるマジンガーを操る者にふさわしく、優しい面とキレると手がつけられない悪魔的な面をもつ。
する祖・十蔵に突然マジンガーZを託され、さらにその死をキッカケに戦いに身を投じていくようになる。

弓 さやか

本多陽子
ヒロインと言う肩書きを持つ少女。だが今川泰宏作品の宿命なのか、男臭い作品だけに影が薄い
序盤、甲児がくろがね屋で暮らしているため、甲児に好意を抱くという設定ながら尚の事出番も少なくなるという薄幸さ。
アフロダイA⇒ビューナスAに搭乗する。が、ビューナス開発のため三博士セクハラされるなど、とことん不遇である。 

兜 シロー

藤村歩
甲児の。ませガキである点など原作に忠実。常識人という立ち位置にいるため、いまいち活躍に恵まれない。
家族の事情に振り回される苦労人だが、祖・十蔵の死に号泣するなど、家族のことはちゃんと愛している。
もし十蔵が死ななければ、シロー専用のマジンガーも出来ていたかもしれない。

ボス

松田健一郎
言わずと知れたムードメーカー。本名は作者も知らない。旧アニメ版とは異なり男気のある喧嘩番長キャラクター
なし崩し的にくろがね屋に住み込みで働くことになり、戦いにいろんな意味で巻き込まれるようになる。
ボスボロットは、今川補正で妙にダサかっこよくなっており、試作バージョンも登場した。 

ムチャ、ヌケ

:吉開清人(ムチャ)、中西英樹(ヌケ)
ボスの子分、(自称)酔拳と弾の使い手で、少なくともただのへたれではない。
旧作アニメ版よりもちょっとしっかりしている以外は、ボス同様作品の空気を和ませる立ち位置にいる。
スパロボでは旧アニメ版同様、この二人のおかげでボロットの使い勝手もアップしている。

錦織 つばさ

:一みゆ希
くろがね屋の女将。十蔵とも縁があり、甲児をくろがね屋に住まわせて手下である五人衆に鍛えさせていた。
真マジンガーの中においてはかなりの重要人物であり、全ての出来事は彼女を抜かしてはれない。 
OPに登場する病んだ顔の女将は萌えると評判である。

くろがね五人衆

くろがね屋を守る達人の五人。全員なにかしら超合金Zにまつわる武装を携えている。お前等人間じゃねぇ!!

兜 十蔵

鈴木泰明
原作を知らないと寿命が縮まるようなギャップを感じるであろう、すごい外見をした甲児達の祖
その恐ろしい顔は同居人のシロービビるほどだが、そのことを他者から摘されると、甲児がキレる。
自分が死んだことに気づかず騒ぎ続けるなど、今川作品らしいイカ博士。後にオジイチャンとして姿のみ復活した。

あしゅら男爵

:石飛幸治,山像かおり
顔がおかしい人。主人公Dr.ヘルの忠実な手下。本作が今川作品たることを見せつけた第一人者。
元はミケーネの官とその妻の巫女だったが、紆余曲折あって合成させられてしまう。
シリアスな笑いを常に視聴者へと振りまくが、時折可愛いドジをやらかす憎めない、なのだが……。

ブロッケン伯爵

稲葉実
首と胴体が離れてしまっているDr.ヘルの手下の一人。基本外道だが一味の中ではコミカルな男。
他作品の例に漏れず、あしゅら男爵とはトコトン仲が悪く、失敗続きである事実をあげ、見下している。
どういうわけだがスパロボZPVでもピックアップされた。恐らくカットイン駄にが入っているからだろう。 

ピグマン子爵

望月健一
見た目黒紳士Dr.ヘルの手下の一人。部下も機械獣も持たず、己の体と呪術のみで戦う男。
元はTV版の同名のキャラクターなのだが、見たが倫理的にヤバくリメイク作品やスパロボでも尽くハブられ続けていた。
今川流のリメイクによって別キャラクターバイオレンスジャックジムマジンガ)の姿を借りて復活。性格も原作では忠ゼロの狡いだったのが大幅に美化され仲間思いの紳士となった。

Dr.ヘル

野一
十蔵と同じ科学者だったが、ミケーネの秘密に触れて変貌した老人。
元は普通の人間だったが、を手に入れてからは身体の色があんなことになってしまった。 
最終回で全てが明かされたのを見ると、大体の視聴者は彼がすごい可哀想に思えてしまうという……。 

ナレーション

玄田哲章
大げさで暑苦しい解説をする。たまに甲児たちにも聞こえてる。 

衝撃!関連動画編

衝撃!関連商品編

第一巻は衝撃プライス

衝撃!続編

「次はグレート編じゃない?」と言われているが、最終回クライマックス過ぎて今後どうなるか不明。まあ切れトンボマジンガー関連作品にはよくあることである。

ちなみにZ編のZとはZマジンガーの「Zゼウス)」を意味している可性があるが、結局今川監督の考えることなので相は本人にしかわからない。
ただ、主人公にとってはある意味最高に望み通りの結末なので、これ以上作りようがないという可性もある。

衝撃!関連項目編


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E8%A1%9D%E6%92%83%21z%E7%B7%A8
ページ番号: 4437641 リビジョン番号: 2051371
読み:シンマジンガーショウゲキゼットヘン
初版作成日: 10/08/15 01:42 ◆ 最終更新日: 14/07/09 23:09
編集内容についての説明/コメント: キャストに自動リンク張られるように変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真マジンガー衝撃!Z編について語るスレ

281 : 名無し :2017/10/10(火) 22:55:59 ID: qioA2jTwJs
>>280
少なくとも今川監督が嫌いなのは分かった

しかしスパロボ真マジンガーに変わってからダイザー出ないの、版権じゃないのかな。
元々ダイザーは東映版の続編だし
282 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 23:48:12 ID: cZQbaKIKEN
マジンガーZリメイクなら、バッドエンドも当たり前だけど。
続編への期待込みで評価してたファンも諦めてしまうだけの年いてしまったよね。反転してアンチになってしまった人も結構いる印

それにしても、スパロボスタッフ原作ありきのリスペクトだから評価されるんだろうに、そのファンを自称する迷惑な等が「こんなクソ原作素晴らしい出来にしてくれたスパロボ感謝しろ」みたいなことを恥ずかしげもなく言っているのは嫌だねホント…。今作に限らず他の作品でもよく見かけるけど。
283 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 13:06:11 ID: Afh7Vuhiy6
真マジンガースパロボに出す限り、原作設定のままではグレート以降が出せなくなるからね
Vのグレート参戦にしてもZEROも絡めた上でのかなりの絡め手だったわけだし
マが悪いんじゃなく、マだけに偏って出し続けたスパロボスタッフに問題があった
一方ゲッターも近年はチェンゲばかりだが、こっちは初代・Gからエンペラーまで含めて
シリーズ一通りの面子がだいたいっていたのも印の違いとしては大きい

グレート編は……もう理じゃないかなぁ。元々成功と言い難い上にいろんな意味でgdgdになり過ぎた
今度の劇場版が成功すれば、その後スポット当たるのはそっちか、または全く新しい物語
時間が経ち過ぎたことも含めて、今さらマを再度表舞台に出すのは理がありすぎる
284 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 15:21:14 ID: I0fupnEpmw
もしかして、続編のグレート編は再来年の2019年にやるなんてことになるんじゃ...来年は「劇場版マジンガーZ」をやって真マジンガーの何らかの情報はない...そしてその1年後、2019年になり「真マジンガー衝撃!Z編」が放送して10年、遂にファン待望、あのアニメが続編として帰ってきた!...的なそんな情報があるのを期待する...!
これ以上また違う新シリーズマジンガー物語やっても困るからいい加減続編やってほしい...!
285 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 02:23:38 ID: BErX/FHtjM
さすがに続編は理でしょ。
つか、ふと思い立ち色々調べる今日この時まで、もう8年も経ってた事に気づかなかったわ。
元々今川作品は肌に合わないのが多かったのでこれも途中で投げ出してた。

今更初代テレビ版の続編をやるという事は、それ以外の流れは「一応完結してる」という事なんだろうし、アレの後でZ編の続編は作れないでしょ…
やれるなら放送終了後二年内に動きがないと、ファフナーみたいに何年経ってもファンの多い物でないと理だし、今川ファンは多いが「Z編」に拘るファンは多くないしねぇ。
286 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 18:57:52 ID: GEkuK0lPuX
>>283
過去の書き込みでも言われてるけど偏って出し続けたと言われるほどそんなに出演もしてないし問題があったっ言い方もおかしいんだけどね

スクランダー入手前の機械獣連戦回とか好きだしスパロボV赤羽根甲児の大分はまってきてたし練り直したものを見てみたいんだよなあ、まあ全新作のマジンガーをやる以上さらに望み薄なんだけども
287 : ななしのよっしん :2017/11/03(金) 05:53:28 ID: v2lSnLpgs8
マジンエンペラーGアニメで動く姿が見たいので続編はだしてほしい
ビッグバンパンチ100連発は好きだから今川氏は演出担当で
288 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 11:44:33 ID: I0fupnEpmw
>>287
スパロボVではマジンエンペラーGゲッター線も一部利用してるそうだが、アニメでの続編で出すと設定はどうだろう?マジンガーZゼウスの右腕を利用して開発していて、グレートマジンガーゼウスを利用してるんだっけ?
マジンエンペラーGは個人的だが、全体的に見て""ってイメージがあるからゼウスを利用して開発されたとかそんな設定でいいかも。
続編のグレート編やってくれ...!
289 : ななしのよっしん :2017/11/08(水) 06:00:34 ID: +YKCZoyeKj
記事の「まあ切れトンボマジンガー関連作品にはよくあることである。」で気が付いたけど、この作品の路線だとグレート編以降ってメチャメチャ作り辛くね?

Z編ではバイオレンスジャックやらZマジンガーやら小説スーパーロボット大戦やら色んな作品のマジンガーネタを拾えたけど、そのどにおいて「Z役のエピソード」はあっても「グレート役のエピソード」がい。あっても「Z役のグレート編」といった具合
東映版(と、ほぼ同じ内容の漫画版)と桜田吾作版くらいしかグレート役を務めていない。だからZ編のノリでG編(仮)を作るには深刻な素材不足状態だし、今ある素材で作ると桜田吾作版をなぞってZ編以上に衝撃的な結末になりそうだし……

というわけでちゃんマジサーガとZマジンガーの続きをお願いします
290 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 18:32:58 ID: SOYuk5ltXu
>>282
自称も何もあんないい加減なバットエンドで締められちゃ大抵のマジンガーファンだって普通怒るわ。
甲児が地球を滅ぼす切っ掛けを生み出した大間抜けとされちゃ当然...
ミケーネ帝国が出てきてさぁこれからが俺達の本当の戦いだ!って
感じで締めくくるなら文句かったけどさ...

とにかく今度の劇場版が良い倍返しになってくれる事を祈りたいわ。
本当にこれでリメイク版を拝めるわけだしな。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829