編集  

真打単語

シンウチ

真打とは、落語・講談などの寄席演芸の用のひとつ。真打ちとも表記される。

概要

当初は、寄席で最後に登場する、いわばその日の寄席の役のことをした。は、蝋の芯を打つ「芯打ち」。昔の明かりは蝋の火。寄席演芸で、トリ(その日の最後の出演者)を務めるのが実のある者であり、トリを務める者が終演後に蝋の火を消す。火を消すことを「蝋の芯を打つ」と言われていた。そこから真打が生まれた。

このの転用として、「真打ちのご登場だ」などの言い回しで、「一番最後に登場する最上級のもの」の事をとして使われるようになっている。

更に、この用真打」は寄席演芸の世界において、役を務めることができるような実を認められた「位」として制度化された資格となっていった。特に落語におけるものが有名で、「真打」と言えば一般的にはこの落語の「真打制度」のことをすことも多い。

ただし講談においてもこの制度が現存する。浪曲や義太夫でも「真打」について言及される記録があるようだがこちらは詳細不明。

落語における真打制度

落語における真打江戸落語(東京)にのみ存在する制度で、上方落語(大阪)には存在しない。

江戸落語では、前座→二ツ真打の3ステップで昇進していく。

まず、落語界入りした子は、入門許可された師匠の付き人となり、身の回りの世話や落語のしきたりを学ぶ。要は下働き、見習い、雑用係。

落語団体から承認を得られると、前座の称号を得られる。その期間中は収入はいが、逆に師匠に住み込みで働くという特性上、食事や住まいに困ることはまずい。しかし近年では、住み込みをせず自宅から仕事に出る「通い子」も存在する。前座期間中は、芸の肥やして踊りや太鼓、などの様々な日本古典を学ぶ。

前座として働き続けて4~5年ほどで修行を終えると、ステップ2となる「二ツ」に昇進する。これでようやく雑用係から解放されると共に、噺として人前で紋付の羽織を着て落語をすることを許される。その一方で師匠からの銭的支援等を得られなくなることから、経済的には一番苦しい時期がこの二ツ期間中である。そこで落語の腕を磨けるかどうかが真打への分かれ人気・実が高く落語団体や師匠から高い評価を得られた者であれば5年程で真打昇進を果たせるが、大抵の場合は10年程この地位に留まる。

そして晴れ真打昇進を果たすと師匠として活動することが可。それと同時に、真打落語家としての本当のスタートと言える。

一般企業に例えると、前座はアルバイト契約社員、二ツは正社員(平社員)、真打係長主任級に昇任するのと同じようなものと喩えることが出来るだろう。ここからさらに課長級・部長級・役員級…みたいな感じにのし上がることが出来るかどうかは、本人次第である。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9C%9F%E6%89%93
ページ番号: 5433702 リビジョン番号: 2394848
読み:シンウチ
初版作成日: 16/07/23 21:22 ◆ 最終更新日: 16/08/15 22:57
編集内容についての説明/コメント: 一部加筆修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真打について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 08:14:50 ID: QShTcALBkP
落語協会分裂騒動はこれの事で起こったとか
2 : ななしのよっしん :2016/08/15(月) 22:44:46 ID: iiKUbi/UYK
>>1
そう。一定年数の経歴(概ね芸歴15年以上)があれば全員真打に昇進させると、芸歴が何年であろうが一定の実を身に着けていない限り真打に昇進させないが対立して大騒動になった。

上方落語はこういうもめ事を嫌っているのと、落語家が一人前であるかどうかを演者側が決めるのはおこがましい=その噺真打級に相当するかどうかは客が個々に判断すべきものである、という考えから真打制度を導入していない、という訳だ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829