単語記事: 真田丸

編集

真田丸とは、以下のものをす。

  1. 慶長19年(1614年)の大坂冬の陣において、豊臣方の武将・真田信繁幸村)が徳方の攻撃を食い止めるために築いた出。詳細はWikipediaを参照。
  2. 2016年1月から放送されている、第55大河ドラマ。本稿ではこちらについて解説する。

概要

大河ドラマ史上初となる真田信繁幸村)を主人公にした作品で、原作なしのオリジナルドラマである。
脚本は2004年の「新選組!」以来2度となる三谷幸喜役には同作で山南敬助役で人気を博した堺雅人が起用される。

三谷幸喜は、前作の「新選組!」と同様、今作の「真田丸」でも時代に取り残された歴史的敗者の生涯を描く。
また、英雄に持った人物の抱えていた誇りとコンプレックスが、本作の隠しテーマの一つとして挙げられている。

決戦の時

登場人物・キャスト

新選組!」をはじめとする他の三谷作品と同様、小劇団を中心とした舞台俳優が数多く起用されている(同作の出演者も多い)。

1985年に放送されたNHK新大時代劇真田太平記」で真田幸村(信繁)を演じた草刈正雄が、本作ではその真田昌幸を演じる。この他にも、段田安則が1996年に放送された大河ドラマ秀吉」以来20年ぶりに滝川一益を演じる他、武田勝頼役の岳大は、かつて彼の幹二朗が「武田信玄」で武田信虎を好演したことから、親子二代で武田を演じたこととなる。

また、小山田茂誠を演じる高木渉は普段、声優仕事を行っており、俳優としてドラマの出演はこの作品が初めてである。そのため、出演時にはネット上で大きな話題になった。インタビューによると、自身が声優を務めた三谷幸喜脚本のNHK人形劇に今作のプロデューサーが携わっており、オファーを受けたのがきっかけで出演が決定したとのこと。

真田家

真田一門

真田家の女性

真田家臣

武田家

北条家

上杉家

伊達家

織田家

豊臣家

豊臣家臣

徳川家

その他

  • 助左衛門 演:松本幸四郎 [3]
    商人。呂(現:フィリピン・ルソン)と交易ルートを持っており、呂で二束三文で手に入れたなどを大名に高額で売っている。
    信繁の依頼で、ある人物を呂に避難させた。
  • 出雲阿国 演:シルビア・グラブ
    踊りの一座の座長。(この時はと名乗っていた)を保護し、歩き巫女の一員に加える。の踊りは一番下手くそだったと評している。尚、中の人北条氏政の義
    大阪の陣編では2代目が登場し、徳中に入りたいを手助けすることになる。
  • 吉野太夫 演:中島
    大坂の名であり、秀吉のお気に入り。幸ものめりこむが、そちらのほうは徳が放った刺客であった。のちにこれを看破した相に成敗された。本物は別の所で生存していた模様。
  • 小野お通 演:八木亜希子
    京都に住む文化人。信之と気が合う。信之は、当初彼女をの赦免運動に利用するだけのつもりだったが、次第に彼女に惹かれ、用もないのに彼女の所へ通うようになった。ちなみに史実でも信之はお通を好きだったという説がある。
    いずれにせよ、信之とお通が親しかったのは確かで、後にお通のが信政の側室になり、その子孫は旗本の真田勘解由として、信之とお通の血を後世に伝えた。

スタッフ

各話リスト

動画NHKチャンネルの「5分で分かる真田丸」より

 第1回~第13回 「信繁青春

話数 サブタイトル 動画
#1 船出
#1 船出
#2 決断
#2 決断
#3 策略
#3 策略
#4 挑戦
#4 挑戦
#5 窮地
#5 窮地
#6 迷走
#6 迷走
#7 奪回
#7 青雲峰試練!
#8 調略
#8 調略
#9 駆引
#9 駆引
#10 妙手
#10 妙手
#11 祝言
#11 祝言
#12 人質
#12 人質
#13 決戦
#13 合戦

 第14回~第40回 「大坂

話数 サブタイトル 動画
#14 大坂
#14 大坂
#15 秀吉
#15 秀吉
#16 表裏
#16 表裏
#17 再会
#17 再会
#18
#18 上洛
#19
#19 恋路
#20 前兆
#20 前兆
#21 戦端
#21 戦端
#22 裁定
#22 裁定
#23 攻略
#23 攻略
#24 滅亡
#24 滅亡
#25 別離
#25 別離
#26
#26 瓜売
#27 不信
#27 不信
#28 受難
#28 受難
#29 異変
#29 異変
#30 黄昏
#30 黄昏
#31 終焉
#31 終焉
#32 応酬
#32 応酬
#33 動乱
#33 動乱
#34 挙兵
#34 挙兵
#35 犬伏
#35 犬伏
#36 勝負
#36 勝負
#37 信之
#37 信之
#38
#38 昌幸
#39
#39 歳月
#40 幸村
#39 歳月

 第41回~第50回 「最終章

話数 サブタイトル 動画
#41
#41 入場
#42 味方
#42 味方
#43 軍議
#43 軍議
#44
#44 築城
#45
#45 完封
#46
#46 砲弾
#47 反撃
#47 反撃
#48
#48 引鉄
#49
#49 前夜

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *1996年大河ドラマ秀吉」でも同役を演じている
  2. *2014年大河ドラマ軍師官兵衛」でも同役を演じている
  3. *芸名は変わっているが、1978年大河ドラマの日々」で同役(主人公)を演じた6代 市川五郎である

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8
ページ番号: 5307432 リビジョン番号: 2441292
読み:サナダマル
初版作成日: 15/02/02 17:44 ◆ 最終更新日: 16/12/24 14:05
編集内容についての説明/コメント: 伊達家の項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


真田丸

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

真田丸 OP

真田丸について語るスレ

4135 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 03:18:44 ID: O78Th1FQli
共感の高すぎる幸村は「の気持ちにも共振できるがゆえに自身の気持ちがない」と思う。

多くの人の多様な想いを抱え、それを空蝉の身体の駆動として走ってきたが、最後、本当に最後の最期の数は、「見るべきほどのことは見つ」で、憑き物が全て落ちた。

そこではじめて、混じりけのない自分自身に戻れた。出会えた。
そこには何もない「空」だけど、寒々しい「虚無」とは違う。
そしてなぜか暖かい。「あ……これが『自分』なんだ……」
とその感触に納得・満足しながら逝ったように感じる。
4136 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 20:41:47 ID: xb3lp1qOX6
正直「真田丸」の余韻に浸りたくて今年の大河の「おんな城主 直虎」見るのやめようかなあって言ってたけど、
信繁が「向こうにも、ここに至るまでの物語があるのだろな・・・」
台詞聞いて井物語見届けようって思うようになった
家康の若い頃見たくなったし
公式ガイドみると直虎版の家康竹千代)の少年時代は丸の家康の性格に似てるっぽい
見るまではわからないけど
4137 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 22:20:57 ID: x8gdPFvsLG
>>4136
直虎が亡くなる1582年はちょうど真田丸スタート地点なんだよね。
今年の大河を見ながら同じ時代の武田真田を追っていくのも面そう。
4138 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 11:48:12 ID: b6lXgZlk44
どっちかっていうと信繁は人の気持ちや心の部分はおざなりにしがちだったと思う、信之は反対に人の気持ちに敏感だったけれど
信繁だけじゃなくて大阪城の面々は他者(特に弱い立場の人間)の心に対して大分ぞんざいな扱いをしていたから、それが積み重なった結果があの最後なんだよ

話を戻して、信繁は人の気持ちには少々疎くても自分が見聞きしたことから自分なりの考えを導き出す聡明さは持ち合わせていた、だから信繁が見て聞いてきた人達の言葉から自分なりに出した答えが「真田幸村」であった、信繁は優しいから死んでいった人達との繋がりを手放せなかった、それは物語始まった時の勝頼様の姿と重なる
ままならぬ時代の流れの中で「何かを残そうとした」信繁の姿は凄くおしく感じられるんだ
4139 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 01:41:05 ID: VTIOtxPQsM
フィクションだけど、今作ほど幸村がわかりやすかったドラマはないと思うな
信繁として周りに流されつつも生きてきた青年は九度山で終わりを告げて、自分が今まで経験してきたことや、人から託された思いの結晶が真田幸村
最終話幸村家康の対峙シーンは、そんな時代に負けた人達の代表として、時代に勝った家康と決着をつけるシーン
家康は次の世代の人間との中間の存在だから、幸村達と正面から向き合い言葉を受け止め反論し、逃げる時も最後までその負け組達の生きざまをに焼き付けていた
あの時点で負け組代表としての幸村は役割を終えていて、最後の切腹シーンは信繁にもどった男として、付き物がとれた良い終わり方だったと思うよ
4140 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 19:39:01 ID: QgM30av0b3
ドラマ館は入場者数100万人を突破してたのか。
この記録は当分破られないだろうな。
4141 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 21:43:46 ID: /oPrFNNf4c
直虎1話の直満の最期を見てると、幸の表裏がギリギリのバランスタイトな条件、なにより運で成り立ってたのがわかった。普通は死ぬんだよな、ああやって。

>>4134
幸村=フル・フロンタル説はすごくしっくり来た。確かにどちらも「器」としてのキャラクターだったしなあ。
4142 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 14:14:34 ID: g5VXdlcUhV
総集編4つ見てて何より思うのが、幸(や幸村)の老け方には実はリアリティがあったという事

幸初登場~1次上田30代の時はハキハキしてて武田という組織で最もいてる。
この30代前半というのはちょうど幸村にとって第二次上田(関ヶ原)であり、幸村幸の年齢差というか、「老け」が見事に表現されてる。

それと同時に、やっぱ一番"キレてた"人間は真田だと幸だったんだろうなと思う。
30幸の方が30幸村、信之より頭よさそうだものw

4143 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 16:42:44 ID: +cxnZNWIDZ
遅ればせながら最終回の感想を一言。

何で又兵衛さんナレ死してんの!
4144 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 17:02:56 ID: fXsBSPqrSh
49話に重成ともども戦死シーンなかったっけ……?>又兵衛
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015