単語記事: 真田丸

編集

真田丸とは、以下のものをす。

  1. 慶長19年(1614年)の大坂冬の陣において、豊臣方の武将・真田信繁幸村)が徳方の攻撃を食い止めるために築いた出。詳細はWikipediaを参照。
  2. 2016年1月から放送されている、第55大河ドラマ。本稿ではこちらについて解説する。

概要

大河ドラマ史上初となる真田信繁幸村)を主人公にした作品で、原作なしのオリジナルドラマである。
脚本は2004年の「新選組!」以来2度となる三谷幸喜役には同作で山南敬助役で人気を博した堺雅人が起用される。

三谷幸喜は、前作の「新選組!」と同様、今作の「真田丸」でも時代に取り残された歴史的敗者の生涯を描く。
また、英雄に持った人物の抱えていた誇りとコンプレックスが、本作の隠しテーマの一つとして挙げられている。

決戦の時

登場人物・キャスト

新選組!」をはじめとする他の三谷作品と同様、小劇団を中心とした舞台俳優が数多く起用されている(同作の出演者も多い)。

1985年に放送されたNHK新大時代劇真田太平記」で真田幸村(信繁)を演じた草刈正雄が、本作ではその真田昌幸を演じる。この他にも、段田安則が1996年に放送された大河ドラマ秀吉」以来20年ぶりに滝川一益を演じる他、武田勝頼役の岳大は、かつて彼の幹二朗が「武田信玄」で武田信虎を好演したことから、親子二代で武田を演じたこととなる。

また、小山田茂誠を演じる高木渉は普段、声優仕事を行っており、俳優としてドラマの出演はこの作品が初めてである。そのため、出演時にはネット上で大きな話題になった。インタビューによると、自身が声優を務めた三谷幸喜脚本のNHK人形劇に今作のプロデューサーが携わっており、オファーを受けたのがきっかけで出演が決定したとのこと。

真田家

真田一門

真田家の女性

真田家臣

武田家

北条家

上杉家

織田家

豊臣家

豊臣家臣

徳川家

その他

  • 助左衛門 演:松本幸四郎 [3]
    商人。呂(現:フィリピン・ルソン)と交易ルートを持っており、呂で二束三文で手に入れたなどを大名に高額で売っている。
    信繁の依頼で、ある人物を呂に避難させた。
  • 出雲阿国 演:シルビア・グラブ
    踊りの一座の座長。(この時はと名乗っていた)を保護し、歩き巫女の一員に加える。の踊りは一番下手くそだったと評している。尚、中の人北条氏政の義
    大阪の陣編では2代目が登場し、徳中に入りたいを手助けすることになる。
  • 吉野太夫 演:中島
    大坂の名であり、秀吉のお気に入り。幸ものめりこむが、そちらのほうは徳が放った刺客であった。のちにこれを看破した相に成敗された。本物は別の所で生存していた模様。
  • 小野お通 演:八木亜希子
    京都に住む文化人。信之と気が合う。信之は、当初彼女をの赦免運動に利用するだけのつもりだったが、次第に彼女に惹かれ、用もないのに彼女の所へ通うようになった。ちなみに史実でも信之はお通を好きだったという説がある。
    いずれにせよ、信之とお通が親しかったのは確かで、後にお通のが信政の側室になり、その子孫は旗本の真田勘解由として、信之とお通の血を後世に伝えた。

スタッフ

各話リスト

動画NHKチャンネルの「5分で分かる真田丸」より

 第1回~第13回 「信繁青春

話数 サブタイトル 動画
#1 船出
#1 船出
#2 決断
#2 決断
#3 策略
#3 策略
#4 挑戦
#4 挑戦
#5 窮地
#5 窮地
#6 迷走
#6 迷走
#7 奪回
#7 青雲峰試練!
#8 調略
#8 調略
#9 駆引
#9 駆引
#10 妙手
#10 妙手
#11 祝言
#11 祝言
#12 人質
#12 人質
#13 決戦
#13 合戦

 第14回~ 「大坂

話数 サブタイトル 動画
#14 大坂
#14 大坂
#15 秀吉
#15 秀吉
#16 表裏
#16 表裏
#17 再会
#17 再会
#18
#18 上洛
#19
#19 恋路
#20 前兆
#20 前兆
#21 戦端
#21 戦端
#22 裁定
#22 裁定
#23 攻略
#23 攻略
#24 滅亡
#24 滅亡
#25 別離
#25 別離
#26
#26 瓜売
#27 不信
#27 不信
#28 受難
#28 受難
#29 異変
#29 異変
#30 黄昏
#30 黄昏
#31 終焉
#31 終焉
#32 応酬
#32 応酬
#33 動乱
#33 動乱
#34 挙兵
#34 挙兵
#35 犬伏
#35 犬伏
#36 勝負
#36 勝負
#37 信之
#37 信之
#38
#38 昌幸

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *1996年大河ドラマ秀吉」でも同役を演じている
  2. *2014年大河ドラマ軍師官兵衛」でも同役を演じている
  3. *芸名は変わっているが、1978年大河ドラマの日々」で同役(主人公)を演じた6代 市川五郎である

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8
ページ番号: 5307432 リビジョン番号: 2432725
読み:サナダマル
初版作成日: 15/02/02 17:44 ◆ 最終更新日: 16/11/29 02:38
編集内容についての説明/コメント: 徳川家康の項目を修正。「ことをもって、昌幸への」→「ことをもって昌幸への」「など複雑な人物」→「など、非常に多面的な人物」
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


真田丸

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

真田丸 OP

真田丸について語るスレ

3724 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 11:21:13 ID: x8gdPFvsLG
>>3722
計算した上で「ダメだこいつ」と思わせて生き残ったのが伊達政宗なら
偉い人に滅ぼされるほどのがなくて(あるいは実行使の一歩が踏み出せなくて)生き残れたのが上杉景勝かな
「わしのようにはなるな」を実行した次郎は滅びのを突き進んでるわけで…
3725 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 12:52:44 ID: 7g6C9bxWJT
>>3722
下人に怪しいと思われながら乗り切った
稀代の綱渡り男だからな

しかも冤罪って訳でもなく実際に怪しい行動やアウトな行動をしつつ
3726 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 14:29:14 ID: 5M/pE3gDSY
>>3722
合戦手前のときに全家康アピールしてたけど、味方の神保勢を後ろからで撃ったときのことをやるのかねえ
3727 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 19:45:52 ID: xb3lp1qOX6
仮に今の幸村の立場が幸だったら、多分秀忠を暗殺しようとするだろうな
家康秀忠江戸に行かせた理由について、幸は嫡男秀忠が死ぬと徳が滅びると言ってたから
幸は信長に会いに行く時も、信行ではなく信繁を連れてっていたから、やっぱりのためには嫡男が大事って考だと思う
3728 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 20:25:46 ID: wjSlO1NjsJ
>>3722
政宗がうまいのは、わざと何だこりゃという行動を取ると同時に、よーく見ると駄な頭を下げない絶妙な距離感なんだよね。交渉時に自分の価値を上げすぎても下げすぎてもマズいというのを非常によく分かっていて、怪しいのは明らかなんだけど、やり合うより付き合う方が有利と思わせる何かがある。礼に過ぎれば諂いになり、信に過ぎれば損をするという五常訓の間合い。

小田原でも秀吉本人にはおべんちゃらなの分かってるはずなんだよ。政宗が言うとおり同類なんだからw だけど秀吉だけに分かる「分かってて使えるヤツっしょ?」というアピールでもあるから、よしよしそらなら使ってやろうとなる。
3729 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 20:48:38 ID: TpldvaQxHw
丸の幸は幸村と違って豊臣にまったく恩義を感じてないから
ここまで根気よくあのばらばらの面子につきあえないわ
さっさとを出てるんじゃないか 生きてても
3730 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 22:18:54 ID: 92QAAoBTFG
信繁にとっては 家康(徳そのものでなく)への敵愾心>豊臣への忠心 としか思えない。
豊臣への忠義を果たすなどとは理由づけに過ぎず、家康を殺すことこそ至上の的としている男だよ。
だからこそ、家康を討ち取った後に徳からの替えに応じる、という滅な案を立てるんだ。家康を消せば後はどうでもいい、どうにかなる、と手段を的化し視野を意図せぬところで狭めている。
にも関わらず、自身こそが豊臣の事を最も考えているという思い込み、その傲慢さが有楽斎追放の際の「信長も泣いておられます」という何様発言につながったのだろう。

はこの主人公ヒロイズムには感化出来ないわ。
3731 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 23:05:11 ID: /oPrFNNf4c
>>3730
やっぱりそこなんだよなあ、信繁、というより「この作品の『幸村』」の本質って。
で、それが滅さ、おぞましい位の念から、本人もを背けてる。だから戦う理由を聞かれて「私にもわからない」って答えてしまう。

この作品の『真田幸村』って、「ヒロイズムの体現者」じゃなく「敗者たちの念」でしかなかったんだと思う。
で、その『真田幸村』になってしまった次郎が最後にめる「この世に生きた」って、武勲や伝説じゃなくて、「かを本当の意味で助け、未来に繋げる」ことなんじゃないかって気もしています。
3732 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 00:19:28 ID: KNwAKlyJs2
>>3730
いや、確かに幸村豊臣への忠を誓ってると思うよ。
ただ、その対秀吉がいて、三成がいて、吉継がいた「過去の」豊臣ってだけ。
家康への敵愾心も、自分や幸への仕打ちより豊臣政権を、特に三成を打ち破ったからってのが大きな理由だと思う。
結局幸村は「過去の人」でしかないから未来が見えないし、未来れない。そしてそれを自分で気づいていない。


ただ、次回で信之にそれを気付かされる展開有るんじゃないかなぁと思う。
「自分の本心か知らぬまま戦果だけあげて名を残す」よりは「自分の歪みに気づいて、最後に正しい望みを持ち名を残す」の方が物語として綺麗だし。
3733 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 00:51:38 ID: fvnUFlbYfL
兵衛が「戦をしたがってる」と言ってたけど、戦を一番したがってるのは血気盛んな人たちを「時期尚」と抑えてる幸村自身に見えるんだよなぁ
他の人たちは「手柄を立てて仕官」「褒美が欲しい」「御」とか自分たちの欲で動いてるのに、幸村はあくまで「徳と戦う」のが的だし
淀殿に「替えになったら次郎も来るのでしょ?」と聞かれたときも回答に困ってるあたり、戦いが終わった後の事は全然考えてないんだよな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015