単語記事: 真田丸

編集

真田丸とは、以下のものをす。

  1. 慶長19年(1614年)の大坂において、豊臣方の武将・真田信繁幸村)が徳方の攻撃を食い止めるために築いた出。詳細はWikipediaを参照。
  2. 2016年1月から放送されている、第55大河ドラマ。本稿ではこちらについて解説する。

概要

大河ドラマ史上初となる真田信繁幸村)を主人公にした作品で、原作なしのオリジナルドラマである。
脚本は2004年の「新選組!」以来2度となる三谷幸喜役には同作で山南敬助役で人気を博した堺雅人が起用される。

三谷幸喜は、前作の「新選組!」と同様、今作の「真田丸」でも時代に取り残された歴史的敗者の生涯を描く。
また、英雄に持った人物の抱えていた誇りとコンプレックスが、本作の隠しテーマの一つとして挙げられている。

決戦の時

登場人物・キャスト

新選組!」をはじめとする他の三谷作品と同様、小劇団を中心とした舞台俳優が数多く起用されている(同作の出演者も多い)。

1985年に放送されたNHK新大時代劇真田太平記」で真田幸村(信繁)を演じた刈正雄が、本作ではその真田昌幸を演じる。この他にも、段田安則が1996年に放送された大河ドラマ秀吉」以来20年ぶりに滝川一益を演じる他、武田勝頼役の岳大は、かつて彼の幹二朗が「武田信玄」で武田信虎を好演したことから、親子二代で武田を演じたこととなる。

また、小山田茂誠を演じる高木渉は普段、声優仕事を行っており、俳優としてドラマの出演はこの作品が初めてである。そのため、出演時にはネット上で大きな話題になった。インタビューによると、自身が声優を務めた三谷幸喜脚本のNHK人形劇に今作のプロデューサーが携わっており、オファーを受けたのがきっかけで出演が決定したとのこと。

真田家

真田一門

真田家の女性

真田家臣

武田家

北条家

上杉家

織田家

豊臣家

豊臣家臣

徳川家

その他

スタッフ

各話リスト

動画NHKチャンネルの「5分で分かる真田丸」より

 第1回~第13回 「信繁青春

話数 サブタイトル 動画
#1 船出
#1 船出
#2 決断
#2 決断
#3 策略
#3 策略
#4 挑戦
#4 挑戦
#5 窮地
#5 窮地
#6 迷走
#6 迷走
#7 奪回
#7 青雲峰試練!
#8 調略
#8 調略
#9 駆引
#9 駆引
#10 妙手
#10 妙手
#11 祝言
#11 祝言
#12 人質
#12 人質
#13 決戦
#13 合戦

 第14回~ 「大坂

話数 サブタイトル 動画
#14 大坂
#14 大坂
#15 秀吉
#15 秀吉
#16 表裏
#16 表裏
#17 再会
#17 再会
#18
#18 上洛
#19
#19 恋路
#20 前兆
#20 前兆
#21 戦端
#21 戦端
#22 裁定
#22 裁定
#23 攻略
#23 攻略
#24 滅亡
#24 滅亡
#25 別離
#25 別離
#26
#26 瓜売

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *芸名は変わっているが、の日々で同主人公を演じた6代 市川五郎である

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8
ページ番号: 5307432 リビジョン番号: 2398857
読み:サナダマル
初版作成日: 15/02/02 17:44 ◆ 最終更新日: 16/08/26 20:15
編集内容についての説明/コメント: ドラマの公式登場人物名に従い訂正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

真田丸 OP

真田丸について語るスレ

2525 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 20:25:02 ID: QAeaov/Mef
>支える相手が秀吉個人か、秀吉の築いた豊臣政権かでだんだんすれ違っていったんじゃないかと
同感だ。真田丸の二人のすれ違いはまさにこれだと思う
三成の秀吉への忠心は秀吉が創り上げたもの(豊臣政権)を守ることにも向けられていて、だから秀吉へ命懸けの諫言もしたが、
秀吉が衰弱して以降の秀吉に対する三成の態度(前と変わらない忠心だが)は家族である寧々から見ればの仕打ち
三成もしてる自覚はあるけどが守らねばの心で、理してることに気付いた清正はそういう気持ちを吐き出せ、他者にしてもいいんだと何度も訴えたんだよな

でも三成の心と秀吉死後に理をするだろうなとよりも分かっていたのは、老衰してボケていたはずの秀吉だったという
あと努回りすることが多かった真田丸信繁がかを救うことができた数少ない例が前回の三成の突貫阻止だったんだよね
信繁が成長してると感じた
2526 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 20:59:05 ID: QAeaov/Mef
連投失礼

信繁が成長してるというより、今まで信繁は強大な武や権を持つ相手に振り回されてきたのが、
信繁の手の届くところまで三成は落ちになってしまったということかも
肝心の家康を排除できてないから三成はこの後に詰むし、信繁の奔走は結局最後まで報われないのか
2527 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 21:07:19 ID: KNwAKlyJs2
今回も結局信繁は「最後の決定打」にはなってないんだよね。

パパンを徳屋敷に送り込んでも、三成を必死に説得しても止まらず、三成を翻意させたのは結局親方様。
その親方様に決心させたのは、三成の生き方と兼続の言葉。

もちろん切っ掛けは作ってるし途中の後押しはしてるんだけど、あくまでアシストであってゴールではない。
2528 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 10:50:02 ID: zdYfGRo5Xw
正直、寧々様が徳に味方しろってのは当然の意見だと思うがなぁ
現状家康250万石の大名で各方面の大名たちの信頼も厚い。何より豊臣政権下でも表向きは秀吉からの信頼を受けていた。
もが家康を中心とした五大老五奉行中心で運営が進むと思ってる中

三成はいきなり家康本人を過剰に攻撃、挙句に家康以外の五大老、五奉行を唆し家康を排除しようと画策。それが失敗に終わると伏見家康を武で排除しようとする。

寧々様からみた秀吉の死後の三成はこんなに見えてるんじゃない?
2529 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 11:01:07 ID: YBwLRUyLCG
今作の寧々様がそこまで頭を回してるとは思えん。
2530 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 11:35:19 ID: zdYfGRo5Xw
>>2529
いや、この説明に頭使う部分なんかないじゃん
少なくとも真田丸の三成は外野から見たら自らのために下の安寧を損ねようとする奸臣のようにしか見えんよ

しかも、今回の回で家康下を意識するきっかけを作るという逆アシストもやってるし
2531 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 12:44:57 ID: KNwAKlyJs2
「寧様だけは常に視点で正解を当てないといけない、でなければ愚かでバカ」と言う理論。
2532 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 13:49:00 ID: MQzUvDwfcS
というか史実でも秀吉の死から関が原までの寧の行動って解明し切れてないでしょ
だから「寧は実は東軍寄りだった」とか「最近の研究では西軍に味方してたらしい」とか
様々な説が乱立してるわけで
だったらドラマの中でどう描かれようと正解はいわけだし
少なくとも真田丸の中では>>2528の言うように筋が通った描写になってると思う
2533 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 14:45:09 ID: YGw7tJXacV
秀吉死後は基本表に出てこない人ってのは共通してるかな
東か西かはともかく寧様は北条政子ではないって事だ

表舞台に出て来ないと言えば信繁の事をも「最後まで表に出てこない人」って言ってたけど真田丸はそれを本当上手く利用して作ってるよなあと感心する
最初は幸村とか最後死んで終わりじゃん…と思ったけど、今は信繁がどんな最期を迎えるのか楽しみでならない、いや死んでほしい訳じゃないがw
とりあえずきりちゃんを見直したところでそろそろフラグたてないとが生まれんぞ
2534 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 14:52:00 ID: YGw7tJXacV
ついでに自分も連投失礼

正則が三成の事佐吉じゃなくて治部呼びしてたのがあーってなった
秀次の事は最後まで孫七郎って呼んでたけど三成の事は最初から治部だっけ?
途中から佐吉から変わったならその分岐点が気になるし未だに佐吉呼びの清正との違いが際立って面いな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015