単語記事: 真田丸

編集

真田丸とは、以下のものをす。

  1. 慶長19年(1614年)の大坂冬の陣において、豊臣方の武将・真田信繁幸村)が徳方の攻撃を食い止めるために築いた出。詳細はWikipediaを参照。
  2. 2016年1月から放送されている、第55大河ドラマ。本稿ではこちらについて解説する。

概要

大河ドラマ史上初となる真田信繁幸村)を主人公にした作品で、原作なしのオリジナルドラマである。
脚本は2004年の「新選組!」以来2度となる三谷幸喜役には同作で山南敬助役で人気を博した堺雅人が起用される。

三谷幸喜は、前作の「新選組!」と同様、今作の「真田丸」でも時代に取り残された歴史的敗者の生涯を描く。
また、英雄に持った人物の抱えていた誇りとコンプレックスが、本作の隠しテーマの一つとして挙げられている。

決戦の時

登場人物・キャスト

新選組!」をはじめとする他の三谷作品と同様、小劇団を中心とした舞台俳優が数多く起用されている(同作の出演者も多い)。

1985年に放送されたNHK新大時代劇真田太平記」で真田幸村(信繁)を演じた草刈正雄が、本作ではその真田昌幸を演じる。この他にも、段田安則が1996年に放送された大河ドラマ秀吉」以来20年ぶりに滝川一益を演じる他、武田勝頼役の岳大は、かつて彼の幹二朗が「武田信玄」で武田信虎を好演したことから、親子二代で武田を演じたこととなる。

また、小山田茂誠を演じる高木渉は普段、声優仕事を行っており、俳優としてドラマの出演はこの作品が初めてである。そのため、出演時にはネット上で大きな話題になった。インタビューによると、自身が声優を務めた三谷幸喜脚本のNHK人形劇に今作のプロデューサーが携わっており、オファーを受けたのがきっかけで出演が決定したとのこと。

真田家

真田一門

真田家の女性

真田家臣

武田家

北条家

上杉家

伊達家

織田家

豊臣家

豊臣家臣

徳川家

その他

  • 呂宋助左衛門 演:松本幸四郎 [3]
    商人。呂(現:フィリピン・ルソン)と交易ルートを持っており、呂で二束三文で手に入れたなどを大名に高額で売っている。
    信繁の依頼で、ある人物を呂に避難させた。
  • 出雲阿国 演:シルビア・グラブ
    踊りの一座の座長。(この時はと名乗っていた)を保護し、歩き巫女の一員に加える。の踊りは一番下手くそだったと評している。尚、中の人北条氏政の義
    大阪の陣編では2代目が登場し、徳中に入りたいを手助けすることになる。
  • 吉野太夫 演:中島
    大坂の名であり、秀吉のお気に入り。幸ものめりこむが、そちらのほうは徳が放った刺客であった。のちにこれを看破した相に成敗された。本物は別の所で生存していた模様。
  • 小野お通 演:八木亜希子
    京都に住む文化人。信之と気が合う。信之は、当初彼女をの赦免運動に利用するだけのつもりだったが、次第に彼女に惹かれ、用もないのに彼女の所へ通うようになった。ちなみに史実でも信之はお通を好きだったという説がある。
    いずれにせよ、信之とお通が親しかったのは確かで、後にお通のが信政の側室になり、その子孫は旗本の真田勘解由として、信之とお通の血を後世に伝えた。

スタッフ

評価

近年の大河ドラマは前年の『花燃ゆいは『江~姫たちの戦国~』ら低評価の作品が多く、全体的にもテレビ離れが進む中で視聴率を伸ばせずにいたが、本作は均視聴率16.6%と、全盛期には遠く及ばないもののここ数年ではトップの視聴率を叩き出している。内容を深く理解するために1話を2回以上視聴するファンが多く、"丸"の称で親しまれたBSプレミアム放送は、3%で健闘だと言われるところ均視聴率4.7%、最後の10話は全て5%以上という数値を叩き出しており、これは過去大河ドラマにも決して引けを取らない驚異的な数値と言える。2ch実況スレッド数は例年の2倍近くに上ったほか、本記事の下部にある「真田丸について語るスレ」のレス数も他の大河ドラマ記事とべると文字通り桁違いの量である。

また、Twitterではファン制作サイドとの交流が盛んであった。毎回の放送後には視聴者が『丸絵』と呼ばれるファンアートを多数投稿したり(これら『丸絵』は実際に制作まで届いたという)、時代考担当の丸氏が人物・時代背景などの解説ツイートを行ったりするのが恒例となっていた。この結果、1話あたりのツイート件数は54574回と、直近の大河ドラマ較しても圧倒的に多くなった(NHKの視聴者対応報告(PDF)より)。

各話リスト

動画NHKチャンネルの「5分で分かる真田丸」より

 第1回~第13回 「信繁青春

話数 サブタイトル 動画
#1 船出
#1 船出
#2 決断
#2 決断
#3 策略
#3 策略
#4 挑戦
#4 挑戦
#5 窮地
#5 窮地
#6 迷走
#6 迷走
#7 奪回
#7 青雲峰試練!
#8 調略
#8 調略
#9 駆引
#9 駆引
#10 妙手
#10 妙手
#11 祝言
#11 祝言
#12 人質
#12 人質
#13 決戦
#13 合戦

 第14回~第40回 「大坂

話数 サブタイトル 動画
#14 大坂
#14 大坂
#15 秀吉
#15 秀吉
#16 表裏
#16 表裏
#17 再会
#17 再会
#18
#18 上洛
#19
#19 恋路
#20 前兆
#20 前兆
#21 戦端
#21 戦端
#22 裁定
#22 裁定
#23 攻略
#23 攻略
#24 滅亡
#24 滅亡
#25 別離
#25 別離
#26
#26 瓜売
#27 不信
#27 不信
#28 受難
#28 受難
#29 異変
#29 異変
#30 黄昏
#30 黄昏
#31 終焉
#31 終焉
#32 応酬
#32 応酬
#33 動乱
#33 動乱
#34 挙兵
#34 挙兵
#35 犬伏
#35 犬伏
#36 勝負
#36 勝負
#37 信之
#37 信之
#38
#38 昌幸
#39
#39 歳月
#40 幸村
#39 歳月

 第41回~第50回 「最終章

話数 サブタイトル 動画
#41
#41 入場
#42 味方
#42 味方
#43 軍議
#43 軍議
#44
#44 築城
#45
#45 完封
#46
#46 砲弾
#47 反撃
#47 反撃
#48
#48 引鉄
#49
#49 前夜

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *1996年大河ドラマ秀吉」でも同役を演じている
  2. *2014年大河ドラマ軍師官兵衛」でも同役を演じている
  3. *芸名は変わっているが、1978年大河ドラマの日々」で同役(主人公)を演じた6代 市川五郎である

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%B8%B8
ページ番号: 5307432 リビジョン番号: 2459612
読み:サナダマル
初版作成日: 15/02/02 17:44 ◆ 最終更新日: 17/02/15 18:36
編集内容についての説明/コメント: 「評価」の項を加筆修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


真田丸

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

真田丸 OP

真田丸について語るスレ

4166 : ななしのよっしん :2017/05/30(火) 23:50:40 ID: 7++dgGj8Vg
三谷幸喜のことだから、風林火山へのリスペクトもかなり多いと思う

かなり後半の話だけど、敵方にいた幸・常田永を味方に付かせるために、
ばば様(風林火山での名前は芽)が、長男の信綱を連れて命がけの説得に行く話もある
この話を知ってると、ばば様が真田丸であんなキャラになってるのも頷ける

ちなみに、永役は今直虎で丸に材木を切られて直虎ともめてる近藤康用役
夫妻と昵懇の間柄の相木兵衛を演じてるのは、真田丸でうらぶれたおっさん平野長泰役だった近藤芳正だ

にしても、直虎が領地の経営と維持に四苦八苦しているのを見ると、やっぱり真田一族はいろいろおかしいwww
4167 : ななしのよっしん :2017/05/31(水) 00:50:37 ID: THACaU+mJZ
ここでオススメされていたから風林火山も観始めた。
……素らしく面いな。
真田丸にも出演していた方が結構いる上、内容も真田丸の前史に当っていて最高だ。
4168 : ななしのよっしん :2017/06/04(日) 21:14:29 ID: 0kkx30naAI
風林火山(真田の郷を追われる際)
お前たち(臣)はこの地で生きのびよ、わしは必ずこの地をとり戻す。その時はまた、お前たちと笑ってを酌み交わそう!祝杯を挙げるのだ!」
真田丸信之(犬伏の別れ)
「私は徳に、上と信繁は石田に付きましょう。どっちが勝っても負けた方の助命を嘆願する。いつの日かまた、3人で笑ってを酌み交わすための策じゃ!」

真田丸を見た後だからか、風林火山の再放送でこのシーンで泣いてしまった・・・
三谷さんは意識して書いたのかな?
「いつかまたみんなでを酌み交わそう」この言葉をばば様は幸や信之信繁に昔話でっていたんだろうか・・・
4169 : ななしのよっしん :2017/06/05(月) 14:55:47 ID: x8gdPFvsLG
>>4168
昨日見て全く同じことを考えてた。
ばば様が死ぬ直前に「真田を、この地を守り抜け」とってたのも思い出した。
この幸の側にいた芽さんは間違いなく真田丸ばば様になるわ、と感じたね
4170 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 16:39:52 ID: AflYmpHWf6
そして、後に転封を命じられて真田郷をでていくお兄ちゃんな訳だが
・・・そら、徳幕府がなくなった時に開封された
お兄ちゃん定した門外不出の品の中に
謀反、謀略の計画、拠の品々がでてくるよねって話だ
4171 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 10:45:03 ID: uJy1f7oost
>>4170
とは言っても代移封、現代人に例えれば
「故郷の町から強制転勤だけど昇進&昇給」
みたいなもんだぞ 悪い事ばっかりでもない
4172 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 12:32:31 ID: QAeaov/Mef
代々受け継いできた土地+幸と一緒に支配を広げた土地だから特別な思い入れがあったのかもね
うさんとの思い出の土地っていうのもあったかも
真田丸の設定とは違うが、実際の信之は入り婿ポジだったので却って他所へ移りたくないという気持ちは強かったんじゃないだろうか

幸とその子供たちは出戻りのようなもので、幸は真田だった兄貴息子に迎えることで真田を継ぐ正統性を得た
こう(清音院)は地元の寺社に活動の足跡を残していて、真田の顔だったことが分かる
逆に稲は足跡がなく、彼女に関する有名な事績は江戸時代中期以降の史料で紹介されている――のだが、稲に相当する女性が本当に本多忠勝家康の養女だったか…も今では疑問視されて研究対になってる
4173 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 02:56:40 ID: 4ROoWqnPkO
>>4172
流石に真田信之の継室が本多忠勝であったこと自体は
書状や以降の真田本多の関係の深さを見るに否定するのは理があると思うけどなあ
4174 : ななしのよっしん :2017/06/26(月) 20:57:51 ID: m/4mZDh6rH
合戦シーンがしょぼいと言われる

良い合戦はと聞かれ葵徳川三代で描かれた関ケ原の戦いを見る
の合戦シーンのみならず、役者セリフとか演じ方からして今のおちゃらけた大河ドラマと全然違う
4175 : ななしのよっしん :2017/06/26(月) 21:50:56 ID: kAWQ/1gC3g
昔は良かったニャー(回顧・解雇懐古♪)。なんせが初めてに見た大河だもの、
後の大河全てを批判する武器にしても許される作に決まっている
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015