単語記事: 真田信之

真田信之さなだ・のぶゆき 1566 ~ 1658)とは、気苦労を背負いこんで万全に処理する事に定評のある戦国時代チート一族真田氏の一人であり、祖真田幸隆真田昌幸真田信繁真田幸村)ら々しい活躍に定評のある一族中でも地味ながら、信濃上田そしての初代として、明治まで続く真田の基礎をつくりあげた真田最大の功労者。

名は「真田信幸」とも。

本多忠勝小松姫

93歳の長命を誇り、の嫌がらせもあって90歳まで現役のを勤め上げたチート爺でもあり、智謀がチート真田幸隆、全体的にチート真田昌幸、戦闘面でチート真田信繁真田幸村)に対して、寿命がチートである。

漫画殿といっしょ」では数少ないイケメンとして描かれた真田信幸が見れる。ようつべCMへ→

人質生活

信濃上田チート一族最強武将・真田昌幸長男に生まれる。真田幸村中の人真田信繁

真田信之は別名三郎に対して、真田信繁次郎な為、実際の兄弟順は逆だったのではとの説もあるが、当時、長男の名前を次男より下にすることで長男に降りかかる災厄から避ける意図によるものとされている。

すでに幼少時から迷惑事を背負わされて確実に処理する運命にあったらしく、真田昌幸武田信玄に臣従していた事から武田にて人質生活を送り、武田勝頼の嫡男で最後の甲斐武田武田信勝と同時に元し、武田信勝から一字をもらって「真田信幸」と名乗った。

武田滅亡後は上田に帰るも、の駆け引きにより、徳川家康の人質になったりした事があった。

その後、領地を巡る争いから徳川家康真田昌幸の間で起こった上田合戦の際に、よくある賢な評価をする人は、真田幸村を美化しすぎといわんばかりにの片腕として活躍し、その器量を本多忠勝徳川家康に認められ、本多忠勝小松姫徳川家康の養女として妻に娶り、徳川家康の縁者となった。

夫婦仲は良く、妻を亡くした際には「からが消えた」と大変嘆いたという。

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いに際しては、犬伏の別れにて石田三成率いる西軍につき、徳川家康の与だった真田信之は東軍につき、真田嫌いに定評のある徳川秀忠と共に第二次上田合戦に参加して、と戦った。なおこの戦いでは、真田昌幸の前に関ヶ原の戦いに徳二代でありながら大遅刻するという失態を演じた事が、徳川秀忠真田嫌いにしたといわれている。

終戦後、敗軍の将となったに対して上田合戦で煮え湯を飲まされた事や後継者の徳川秀忠に重大な失点をつけた事から処断を決めていた徳川家康に対して、自らの戦功・領地そして命までをも投げ出して助命に走る姿が諸将の同情を引き、本多忠勝

お聞き入れくだされなければ、それがしが殿と一戦仕る

家康に啖呵を切った事から、は九度山への流罪となった。その後、自らが領を務めていた沼田の所領上田を加えた上田となり、空気を読んで名を「真田信之」とめた。

その後も真田存続を第一に徳へ忠勤に励みながらも、良妻・小松姫の協もあって、費ではなく、自費で九度山のへの支援も続けた。

真田家存続第一

幕府が二代徳川秀忠の代となると、真田嫌いに定評のある徳川秀忠からのいじめが始まる。

真田信之本人は病で参加できなった大坂の陣において、真田信繁豊臣方として大活躍した事から、真田信之は内通を疑われて取り潰されそうになったところを、ゆずりの老獪さで渡りきった。

その後、真田氏の祖の地である上田から、河川の氾濫などにより痩せた土地だった信濃代へ左遷同様の転封となり、同じ外様大名の仙石忠政が上田入りすることとなった。

真田嫌いに定評のある徳川秀忠からの命令もあって、やむなく祖の土地を離れる事とした真田信之だが、その際に、政に関する書類全てを焼き払い、上田城篭や植木を持ち去った。

政に関する資料の損失により、後任の仙石忠政は、真田ひいきの土地で苦労する事になる。

温厚で知られる真田信之が、いやがらせにも近い行為を行った事について、本多忠勝の実ので、徳川家康の養女として娶った小松姫ぎ先である真田が、同じ外様で格下の仙石祖の地を奪われる事に、幕府に対する立たしさを言の抵抗として行ったのではとする説がある。

そして真田信之は、良妻・小松姫の倹約により蓄えていた20万両にも及ぶ蓄財と共に代入りし、その後三代まで続く財を立て直して、明治維新まで続くの基礎を築くのだった。

徳川秀忠涙目

現役最高齢大名

幕府が徳の代になっても真田のいじめは続き、真田信之は、すでに跡取りの真田信政が60歳を越えているのに

伊豆守(真田信之)は下の飾りである

として徳から隠居させてもらえずにいた。

念願かなって隠居したものの、後を継いだ真田信政は高齢により2年後に死去し、真田信政の後継補の真田沼田真田信利との間で後継者争いが起こり、当時から中の失態を見逃さずに取り潰す幕府と駆け引きしながら、真田信利を独立させる事で真田が継ぐ事が決まったものの、この時真田はまだ2歳だった為、隠居していた真田信之が現役に再度復帰する事となった。

そして1658年、先に立っていた妻・小松姫の元へと立った。享年93歳。

賢弟愚兄に非ず

真田には、「吉光のお長持」という逸品が代々伝わっていた。

老でさえ中を見たことがなく、常に4人の不寝番がつく程だったが、江戸幕府が倒れていじめっ子がいなくなった明治になって開封した際、とんでもないものが入っていた。

中身は家康から拝領した吉光の短が納められいるとされていたが、その実は、石田三成からの書状等の、当時露見していたら確実に徳川家康に取り潰されていたであろう拠の書類の数々だった。

温和な人物で、時に「真田日本一の兵」の武名を残した真田信繁真田幸村)との偏った較から、賢とされることのある真田信之だが、危険な拠書類を焼却せず、不寝番をおいて秘蔵して後世に伝えたこの行為は、敵徳に対する反のあらわれと考えられ、真田信之もまたチート一族「真田」の血の者であったと言うことであると思われる。

さすが、名を守った最大の功労者はその中身も一味違っていた。

その他「真田信之」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。

関連動画

だいたいあってる第一次&第二次上田合戦。小松さんパネェっす。

▼「殿といっしょ」でに苦労をかけられる真田信之替え歌

▼「信長の野望 革新PK」地方別武将ランキング中部編に総合14位で登場。

真田での「信長の野望 革新プレイ動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真田信之真田信幸)の一覧

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S2) 戦闘 69 政治 77 69 野望 50 教養 72
覇王 采配 83 戦闘 68 智謀 37 政治 81 野望 47
戦才 150(A) 智才 136(B) 政才 164(A) 86 野望 64
将星 戦闘 74 智謀 81 政治 86
烈風 采配 78 戦闘 62 智謀 72 政治 83
世記 采配 60 智謀 67 政治 71 野望 43
統率 59 知略 68 政治 74
下創世 統率 63 知略 62 政治 74 教養 65
革新 統率 76 武勇 69 知略 70 政治 86

関連商品





関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E4%B9%8B
ページ番号: 2757336 リビジョン番号: 616314
読み:サナダノブユキ
初版作成日: 09/04/11 10:01 ◆ 最終更新日: 10/01/30 22:59
編集内容についての説明/コメント: 修正
この記事を編集することはできません。 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田信之について語るスレ

200 : ななしのよっしん :2016/10/12(水) 00:06:29 ID: T8IQu4Aj0c
真田丸もいよいよクライマックス大坂の陣に突入し、思えばここまでホントに色々あったなぁ…とセンチな気分になったりしたが、
信之お兄ちゃん、まだ寿命の半分くらいまでしか来てない…。
201 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 20:25:22 ID: VJs4hjmZHT
>>200
それなw
なんか信之が寝込んだり手がしびれたとか言い出しても
全然心配にならないw
202 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 10:17:41 ID: VkaLeuFaq/
和洋先生が「真田騒動は後年の創作です」とさらりとTweet。
全然知らなかったよ。大百科も書き換えないとな。
池波正太郎のせいかー!

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/787627901457838080
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/787628360058806274
203 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 19:43:06 ID: aJ5AV+6cFj
>>202
そうなると沼田易そのものは史実としても信直(信利)暴君説および磔茂左衛門一末についても再検の余地があると言う事になるのかな
真田騒動が創作なら余程信直の性格に問題がない限り、こういう典的な暴君の末路みたいな話にはなりそうにないし、何よりおこうさんの孫にして信吉の息子があんな馬鹿殿になってしまうと思うと個人的には遣る瀬
204 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 08:14:53 ID: e1a8kqTRhT
>>202-203
徳川秀忠との不仲説も丸平山先生が否定してたな
大魔王(褒め言葉です)の秀忠が本気になれば大阪側についた真田を潰せないわけないだろうし嫌がらせならもっと遠くて貧しい土地にも飛ばせただろうしそこらへんも後世のアンチな人が勝手な思い入れを押し付けたのかねえ
205 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 21:36:37 ID: PtajgJwTh9
真田幸村ageしようとすれば、必然的に徳disになるからのう。
そういう根も葉もないことが追加されてったんじゃないかね。
206 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 19:32:25 ID: eUH3DdrEA9
おい そ ば が き 食 わ ね ぇ か
207 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 11:39:54 ID: VkaLeuFaq/
先生ツイートから

和洋 ‏@kazumaru_cf
もっとも(当時は)は、もともとは武田信玄が築いた中島防衛・統治拠点のことで、信之の祖幸綱が活躍した舞台ですから、はじめての転封で困惑したのでしょう。ただ、この転封は「栄転」です。それまで中島を領していたのは徳一門や筆頭酒井氏ですから。
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/802904214141734914

真田関係は、幸・信繁のおかげで幕府に睨まれていたとする考えがなかなか抜けないのですが、信之個人は、秀忠から厚い信頼を得ていました。隠居申請が91歳まで通らなかったのも、幼少の4代将綱のもとで、戦の世を知っている「下之飾」であるというのが幕閣の回答ですから。
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/802904783694610432

幕閣からは「北の要」を任せるにたる、という説明を受けています。ようするに、純軍事的問題。
https://twitter.com/kazumaru_cf/status/802912454506258433
(↑治では苦労したし土地の実りでは上田べて…という話へのレス
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
208 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 08:59:11 ID: AEPUfOzlIH
こんなん代の歴史見りゃすぐわかるレベルなんだけどなあ・・・・
源頼朝をボッコボコにした大庭親の兄貴大庭義が頼の重臣だったりするし
209 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 09:03:21 ID: AEPUfOzlIH
>>205
幸村絡みもあるだろうけど、最近は秀忠から弾圧されても屈しなかった信之Sugeeeeパターンもあったから、単純にAge要素のダシに秀忠が使われてただけやろ
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015