単語記事: 真田幸村

編集

 

真田幸村と六文銭

真田幸村さなだゆきむら)とは、戦国時代の武将である真田信繁1567? ~ 1615)をモデルとした講談上の人物。本項では戦武将としての真田信繁についても記述する。

戦国武将としての真田信繁

幼名は弁丸、通称:次郎。真田昌幸の次男である。(兄弟・信之、親、信勝がいたといわれる) よく知られる幸村の名は江戸時代以降、講談などで広まったもので、信繁の生前の頃の資料には幸村の名で書かれたものは一通のだが、時代が下り幸村の名の方が知られる頃になると幕府編纂資料や・信之の子孫が治める正史にまで「幸村」が採用されるようになる。信繁の由来は武田信玄に当たる武田信繁からと思われる。

真田は元は武田に帰属する衆であったが武田織田信長に滅ぼされた後は織田に恭順した。織田信長本能寺の変にて横死し甲信地方が勢空白地帯と化した後は上杉に帰属し、信繁は上杉の人質として置かれる事となった。その後、真田独立大名として自立、下統一を進めていた豊臣属すると、信繁は豊臣への人質として大阪に移り置かれた。この頃に秀吉臣である大谷吉継正妻に迎え従五位下左衛門佐に叙任される。(関ヶ原以前の信繁の動向にはあまり立ったものは働き盛りの時代に妻子連れてのニート状態だった。)

関ヶ原の戦いでは徳方の武将(本多忠勝)の(小松殿)をに貰っていた・信之と袂を分かち、とともに石田側に付き、居上田城にて徳川秀忠率いる3万8千のを釘付けにし関ヶ原の戦いに遅参させる結果を生み出す。結果的には徳側の勝利となり幸と信繁は敗軍の将となった。切腹または斬首となってもおかしくなかったが、徳方に付いた・信之と本多忠勝の取り成しで紀九度山に配流されるにとどまった。が、徳豊臣の対立が抜き差しならなくなった頃、生命を救われた恩をで返し幸の旧臣に参加を呼びながら長男・大介(真田)と共に九度山を脱出し大阪城へ入る。

慶長19年(1614年)の大坂では積極策をし諸将にも賛成されたが、軍権を持つ大野治長らに反対され受け入れられなかった。篭決定後は大阪城一の弱点といわれた三の丸南側に「真田丸」と呼ばれる出をつくり、越前加賀前田を撃退し全諸将に真田信繁の名を知らしめた。・・・・・・が、大阪の講和成立後に真田丸っ先に破却される事となる。 慶長20年(1615年)の大坂では後藤基次隊を打ち破った伊達政宗隊を撃破・後退させる戦果も挙げたが、味方武将は相次ぎ戦死・討ち死にしていく。疲労の色も濃くなる中、家康めがけての大突撃戦を敢行。家康薄し家康武田信玄との「三方ヶ原の戦い」以来二度の本印を倒され、自害を二度覚悟したほどだったが軍勢に勝る徳勢に追い詰められ四天王寺近くの安井神社(大阪市天王寺区阪1-3-24)の内で討ち取られた。享年49

信繁の子孫は、信繁と共に九度山から大阪城入りし、豊臣秀頼らと共に自害した大介幸の他、片倉重長(2代目小十郎)に保護され、伊達政宗実在しない真田の武将の子と偽までして保護した仙台片倉片倉守信、外祖豊臣秀次の旧姓である三好姓を称した出羽亀田三好幸信、九度山で生まれ信繁・幸信の死後に讃岐に脱出し讃岐(細川屋敷)細川(石田)民部大輔の養子となったと言われる石田之親らがいたと言われ、その中で次男片倉守信の子・信が将軍により真田の名を名乗る事を許されて復姓し「仙台真田」として信繁系の真田の名を現代まで存続させている。(余仙台真田督は途中で伊達一族大氏が養子に入っており、また信之の本家の方も伊予伊達から養子を入れて督を継がせるといった具合に両方の真田とも伊達の血が入っている)

講談上の人物としての真田幸村

江戸時代にこうした勇将ぶりなどから、軍記物や講談で取り上げられるようになり、真田十勇士(これらは飛佐助を始め大半が架の人物と考えられている)を従えて徳川家康に挑む武将として知られるようになった(若武者として書かれることもあるが、史実での大坂の当時の真田信繁40代後半のおっさんである)。

1672年に成立した「難波戦記」という軍記物語が初出であることは分かっており、幸村「幸」真田氏の通字であるが「村」の由来は不明。



            _,;-"      ゛'‐-;,
           /            ヽ
           ./     ◎ ◎ ◎   ヽ
    __    ./     ◎ ◎ ◎    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /                 ヽ/  ○  \
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/         ヽ今日は負けないよ!
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/::||::::::::::   ()    ()   ||/ヽ
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ  その他、真田信繁(幸村)の詳細については
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/       真田信繁-Wikipediaの記事を参照してね!
 
 (上記AA2ch三戦板真田信之と共に苦難を乗り越えていくスレでの信繁AA
大ちゃんAA変)

ニコニコ動画では、戦国時代を扱ったゲーム・アニメに登場する真田幸村を扱った動画が多く投稿されている。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真田幸村一覧。「チート親子」の子の方である。

軍事 内政
群雄伝(S2) 戦闘 90 政治 77 79 野望 70
武将録(S3) 戦闘 97 政治 75 80 野望 77 教養 69
覇王 采配 100 戦闘 98 智謀 88 政治 62 野望 10
天翔記 戦才 196(A) 智才 178(A) 政才 120(C) 88 野望 71
将星 戦闘 98 智謀 89 政治 53
烈風 采配 98 戦闘 97 智謀 86 政治 49
世記 采配 89 智謀 84 政治 44 野望 16
統率 90 知略 85 政治 27
下創世 統率 90 知略 81 政治 36 教養 63
革新 統率 105 武勇 100 知略 89 政治 36
統率 98 武勇 108 知略 89 政治 36
創造 統率 92 武勇 99 知略 82 政治 43

 

「太閤立志伝」シリーズにおける真田幸村の能力一覧

戦国無双

真田幸村を看主人公として展開しているシリーズ。毎回パッケージに登場している。備えのに身を包んだ若武者であり、大坂で活躍する。性格はな熱血時では穏やかだが一度戦場をとれば炎のように熱く燃え上がる勇将。初代戦国無双で設定されていた年齢は18歳

ゲームオリジナル要素として武田軍の武将としても参戦し、武田信玄をお館様と呼び慕っている。こういった増しは他のキャラクターでも行われており、幸村や祖の役割などを吸収して活躍期間を大幅に増やしている(真田武田に属していたが、幸村が初を飾るのは武田が滅亡した後)。それついては賛否両論あるが、ゲームの進行上戦場外の描写が少ないことや、初代戦国無双ではな内容が織田信長本能寺の変に連なった内容であり幸村の活躍した時代にあまりマッチしていなかったことなど、様々な兼ね合いが推測されている。

キャラクター主人公らしく使いやすくバランスがとれており、強めに設定されている。リーチに優れる十文字を振り回し、タイマンでも集団戦でも活躍できる。を振り回しながら突進するチャージ1が特徴的なのだが、幸村の攻撃の中では最も使いづらい。戦国無双4」ではチャージ1がアクションとなり、止されてしまった。「戦国無双2」から追加された特殊技は口笛を呼ぶものと、炎に身を包み突進する技。呼びは「戦国無双3」以降は全キャラクター実装されるようになったほか、三國無双シリーズにも逆輸入された。

戦国無双」では中島の戦いからシナリオスタート。三方原の戦いや長篠の戦いを経て、大坂へ至るルートと、信玄生存武田軍によって下が王道世界定されるルートに分かれる。大坂ルートでは更に死亡EDと生存EDに分岐し、死亡の方がトゥルーエンド的な扱いである。部下のくのいちを引き連れており、服部半蔵ライバルポジションにいる。

戦国無双2」では長篠の戦いから始まり、一方的な敗戦から一時燃え尽きてしまった武士として登場。武田軍としての出番は少なめだが、幸村の活躍期間を考えれば2のテーマである関ヶ原の戦いは時代的にマッチしている。パートナーであるくのいちリストラされたものの、石田三成直江兼続との『義トリオ』の友情や徳川家康との因縁、前田慶次宮本武蔵との縁など活躍する場面は多い。

戦国無双3」では三方原の戦いからスタート武田軍としての出番はあるが少なめ。第二次上田城の戦いがカットされたが、代わりに沼田の一件に吸収されている。今作では義である稲姫との関係がクローズアップされているが、義トリオ組との友情も健在で、伊達政宗との繋がりも強くなっている。また、今作で部下のくのいちが復帰した。やや天然気味な性格として描かれるようになり、生作品の会話イベントなどでは突気味な稲姫と共に天然な義姉弟という扱いもある。「3empires」の武田シナリオ開始時点では真田武田に属していない時代からスタートし、くのいちの方が武田では古いというシチュエーションとなった。

戦国無双4」では武田の章及び真田の章の役格として扱われ、武田の章では再び登場を大きく前倒しして中島の戦いからスタートする。二つの章で役級の扱いを受けているため、出番は今までで一番多い。本作では新たに真田信之プレイアブル化したため、兄弟間の絡みが多く描かれるようになった。

戦国BASARA

初代からメイン格を務める、説明不要の熱血
詳細は「真田幸村(戦国BASARA)」を参照。

関連動画

戦国無双シリーズ

戦国BASARAシリーズ

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%B9%B8%E6%9D%91
ページ番号: 423275 リビジョン番号: 2344912
読み:サナダユキムラ
初版作成日: 08/08/02 16:50 ◆ 最終更新日: 16/04/02 14:59
編集内容についての説明/コメント: 概要中の長すぎる文章を分割。関ヶ原の戦いをリンクできるように修正。関連項目に兄、義父追加。真田丸の予定を外す。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


 

真田幸村

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田幸村について語るスレ

312 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 21:13:52 ID: kzqD0sTMbV
>>311
>真田氏が滅亡寸前まで武田氏に心を寄せていたかどうかは分からないけどね。

その通り。だから「一応」と但し書きしました。
>>310で言いたかったのは、「幸の武田信玄の忠義心への疑義」の根拠に「朱子学」や「ご恩と奉」を持ち出しても、それらが規定するところの「忠心がなかった」と言う結論にはならないってことですね。
先述の通り、朱子学は戦武将に当てはめるには時代錯誤が過ぎ、「ご恩と奉」はが故人では成り立たないので。
313 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 22:24:26 ID: B7ENbr3TaE
>>312
信繁の話に戻るけど、そこまで理解できているなら何故大阪に信繁が豊臣への「忠義」故に参したと考えるのかが分からない。
大阪の時点では豊臣氏はただの畿内の大公でしかないのだから、「義」という的な感情を優先させるなら当時の日本において豊臣臣以外の武士にとって徳に助するのが忠義のはず。
信繁だって信之や儀=幕府を立てて大人しく居するのが義に従った場合の行動です。
浪人達を駆り立てたのが義と対になるパーソナルな感情である「情」であるなら理解できます。滅びゆく豊臣への憐れみ、徳への恨み、々しく散ってやろうという意地、一発逆転を狙ってやろうという野心が原動であったと考えるのなら理解できるけど。
314 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 11:12:55 ID: kzqD0sTMbV
>>313
>信繁の話に戻るけど、そこまで理解できているなら何故大阪に信繁が豊臣への「忠義」故に参したと考えるのかが分からない。

さて、私は「信繁が豊臣への「忠義」故に参した」と考えていないので、お答えいたしかねる。
と言うか、信繁の忠義心・忠心なるものに対する定義が、あった・なかったで違うんでないかなぁ?


>大阪の時点では豊臣氏はただの畿内の大公でしかないのだから、「義」という的な感情を優先させるなら当時の日本において豊臣臣以外の武士にとって徳に助するのが忠義のはず。

豊臣に対する忠義心の有題だと思うんだけれど、 B7ENbr3TaE氏としては「豊臣への忠義とはすなわち、徳方について豊臣を滅ぼすこと」と捉えているんですかね?
その前提は私には共有できないので、これ以上の議論は難しいですねぇ。
315 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 11:21:15 ID: HyryA+yxT3
噛み合わなさすぎワロ
316 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 12:23:54 ID: K3RsJT+m2o
ほら矛盾したw

でも見識はお見事よ、色々考えさせられるわ。
317 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 22:02:57 ID: kzqD0sTMbV
なんか誤解招いたような気がするので補足。

>>314
「信繁が豊臣への「忠義」故に参した」と考えていない

ってのは、参前から忠義心が原動だったとは思わないって意味ね。
先述したとおり、参して破格の支度貰った以降は、秀頼への忠義を感じていた可性は否定しませんよ。実際どうだったかは当人にしか分からないけれど。
んで、自身への待遇に応じて人への忠勤に差をつけるのは、「知己」のとなった古代からの義士・士の振る舞い。なので、そう言う基準では「多額のにつられて」「絵に描いた同然の恩賞に釣られて」って批判があるとしても、忠義心の定義が違う見たいですねって結論にしかならん。
そして実際、人への償の奉仕を条件に推奨する忠義心の価値観も存在するわけだしねぇ。
318 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 15:07:17 ID: EPYzcdCXdR
今回の大河でほぼ同じ時代を生き抜いてきた小幡との
関係はどう書かれるんだろうな
319 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 11:29:20 ID: 0qZC+MTdsV
家康としては、幸が大坂入りする可性ほど震え上がった訳じゃないけど
信繁の戦ぶりは脅威だったらしくて、兄上を通じて何度か利をもって寝返りを勧めてるんだよね
320 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 16:55:43 ID: B7ENbr3TaE
後藤基次とか南条忠成らにも帰参を勧めてるな
前者は丁重にお断りし、後者大坂方にバレて死んでしまったが
321 : RERA_X :2016/05/26(木) 19:15:22 ID: L7q+bMmhds
真田丸」では、秀吉茶々成、吉継にされる面が演出されていて、なぜ信繁が豊臣に推参したかという伏線がつけられているね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015