単語記事: 真田幸村

編集

 

真田幸村と六文銭

真田幸村(さなだゆきむら)とは、戦国時代の武将である真田信繁(1567? ~ 1615)をモデルとした講談上の人物。本項目では戦国武将としての真田信繁についても記述する。

戦国武将としての真田信繁

幼名は弁丸、通称:源次郎。真田昌幸の次男である。(兄弟は兄・信之、弟の昌親、信勝がいたといわれる) よく知られる幸村の名は江戸時代以降、講談などで広まったもので、信繁の生前の頃の資料には幸村の名で書かれたものは一通も無いのだが、時代が下り幸村の名の方が知られる頃になると幕府編纂資料や兄・信之の子孫が治める松代藩の正史にまで「幸村」が採用されるようになる。信繁の由来は武田信玄の弟に当たる武田信繁からと思われる。

真田家は元は武田家に帰属する国衆であったが武田家が織田信長に滅ぼされた後は織田家に恭順した。織田信長が本能寺の変にて横死し甲信地方が勢力の空白地帯と化した後は上杉家に帰属し、信繁は上杉の人質として置かれる事となった。その後、真田家は独立大名として自立、天下統一を進めていた豊臣家に服属すると、信繁は豊臣家への人質として大阪に移り置かれた。この頃に秀吉家臣である大谷吉継の娘を正妻に迎え従五位下左衛門佐に叙任される。(関ヶ原以前の信繁の動向にはあまり目立ったものは無い働き盛りの時代に妻子連れてのニート状態だった。)

関ヶ原の戦いでは徳川方の武将(本多忠勝)の娘(小松殿)を嫁に貰っていた兄・信之と袂を分かち、父とともに石田側に付き、居城・上田城にて徳川秀忠率いる3万8千の主力を釘付けにし関ヶ原の戦いに遅参させる結果を生み出す。結果的には徳川側の勝利となり昌幸と信繁は敗軍の将となった。切腹または斬首となってもおかしくなかったが、徳川方に付いた兄・信之と本多忠勝の取り成しで紀伊国九度山に配流されるにとどまった。が、徳川と豊臣の対立が抜き差しならなくなった頃、生命を救われた恩を仇で返し父・昌幸の旧臣に参加を呼びながら長男・大介(真田幸昌)と共に九度山を脱出し大阪城へ入る。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では積極策を主張し諸将にも賛成されたが、軍権を持つ大野治長らに反対され受け入れられなかった。篭城決定後は大阪城の唯一の弱点といわれた三の丸南側に「真田丸」と呼ばれる出城をつくり、越前松平や加賀前田を撃退し全国諸将に真田信繁の名を知らしめた。・・・・・・が、大阪冬の陣の講和成立後に真田丸は真っ先に破却される事となる。 慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では後藤基次隊を打ち破った伊達政宗隊を撃破・後退させる戦果も挙げたが、味方武将は相次ぎ戦死・討ち死にしていく。疲労の色も濃くなる中、家康本陣めがけての大突撃戦を敢行。家康本陣に肉薄し家康は武田信玄との「三方ヶ原の戦い」以来二度目の本陣馬印を倒され、自害を二度覚悟したほどだったが軍勢に勝る徳川勢に追い詰められ四天王寺近くの安井神社(大阪市天王寺区逢阪1-3-24)の境内で討ち取られた。享年49。

信繁の子孫は、信繁と共に九度山から大阪城入りし、豊臣秀頼らと共に自害した大介幸昌の他、片倉重長(2代目小十郎)に保護され、伊達政宗が実在しない真田家の武将の子と偽証までして保護した仙台藩片倉家家臣片倉守信、外祖父豊臣秀次の旧姓である三好姓を称した出羽国亀田藩士三好幸信、九度山で生まれ父信繁・兄幸信の死後に讃岐に脱出し讃岐国弘城(細川屋敷)主の細川(石田)民部大輔国弘の養子となったと言われる石田之親らがいたと言われ、その中で次男片倉守信の子・辰信が将軍家により真田の名を名乗る事を許されて復姓し「仙台真田家」として信繁系の真田の名を現代まで存続させている。(余禄:仙台真田家の家督は途中で伊達家一族大條氏が養子に入っており、また兄信之の本家の方も伊予宇和島伊達家から養子を入れて家督を継がせるといった具合に両方の真田家とも伊達の血が入っている)

講談上の人物としての真田幸村

江戸時代にこうした勇将ぶりなどから、軍記物や講談で取り上げられるようになり、真田十勇士(これらは猿飛佐助を始め大半が架空の人物と考えられている)を従えて徳川家康に挑む武将として知られるようになった(若武者として書かれることもあるが、史実での大坂の陣の当時の真田信繁は40代後半のおっさんである)。

1672年に成立した「難波戦記」という軍記物語が初出であることは分かっており、幸村の「幸」は真田氏の通字であるが「村」の由来は不明。



            _,;-"      ゛'‐-;,
           /            ヽ
           ./     ◎ ◎ ◎   ヽ
    __    ./     ◎ ◎ ◎    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /                 ヽ/  ○  \
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/         ヽ今日は負けないよ!
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/::||::::::::::   (●)    (●)   ||/ヽ
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ  その他、真田信繁(幸村)の詳細については
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/       真田信繁-Wikipediaの記事を参照してね!
 
 (上記AAは2ch三戦板、真田信之と共に苦難を乗り越えていくスレでの信繁AA。
大ちゃんAA改変)

ニコニコ動画では、戦国時代を扱ったゲーム・アニメに登場する真田幸村を扱った動画が多く投稿されている。

補足

「信長の野望」(PC)シリーズにおける真田幸村の能力一覧。「チート親子」の子の方である。隠し技能やレア戦法を所持している場合もあり、特に将星録で持っている「影武者」は第一部隊が壊滅しても、高確率で戦闘を続行できるというチート技能である。この為、他の武将と違い信玄と幸村は全部隊を壊滅させる覚悟で戦闘を仕掛ける必要がある。横槍を入れて第一部隊を含めた数部隊壊滅させたのに、影武者連発されて、酒盛から味方壊滅などはよくある風景。

軍事能力 内政能力
戦国群雄伝(S2) 戦闘 90 政治 77 魅力 79 野望 70
武将風雲録(S3) 戦闘 97 政治 75 魅力 80 野望 77 教養 69
覇王伝 采配 100 戦闘 98 智謀 88 政治 62 野望 10
天翔記 戦才 196(A) 智才 178(A) 政才 120(C) 魅力 88 野望 71
将星録 戦闘 98 智謀 89 政治 53
烈風伝 采配 98 戦闘 97 智謀 86 政治 49
嵐世記 采配 89 智謀 84 政治 44 野望 16
蒼天録 統率 90 知略 85 政治 27
天下創世 統率 90 知略 81 政治 36 教養 63
革新 統率 105 武勇 100 知略 89 政治 36
天道 統率 98 武勇 108 知略 89 政治 36
創造 統率 92 武勇 99 知略 82 政治 43

 

「太閤立志伝」シリーズにおける真田幸村の能力一覧
  • 1 戦略5 戦術5 外交98 内政91 魅力72 統率89 武力71 野心80
  • 2 統率93 武力96 内政61 外交76 魅力95 野心50
  • 3 内政力7 外交力8 軍事力10 魅力10
  • 4 統率98 武力90 内政44 外交49 魅力93
  • 5 統率98 武力86 政務44 智謀87 魅力91 野心71

戦国無双

真田幸村を看板主人公として展開しているシリーズ。毎回パッケージに登場している。赤備えの鎧に身を包んだ若武者であり、大坂の陣で活躍する。性格は真面目な熱血漢。平時では穏やかだが一度戦場で槍をとれば炎のように熱く燃え上がる勇将。初代戦国無双で設定されていた年齢は18歳。

ゲームオリジナル要素として武田軍の武将としても参戦し、武田信玄をお館様と呼び慕っている。こういった水増しは他のキャラクターでも行われており、幸村は父や祖父の役割などを吸収して活躍期間を大幅に増やしている(真田家は武田家に属していたが、幸村が初陣を飾るのは武田家が滅亡した後)。それついては賛否両論あるが、ゲームの進行上戦場外の描写が少ないことや、初代戦国無双では主な内容が織田信長と本能寺の変に連なった内容であり幸村の活躍した時代にあまりマッチしていなかったことなど、様々な兼ね合いが推測されている。

キャラクター性能は主人公らしく使いやすくバランスがとれており、強めに設定されている。リーチに優れる十文字槍を振り回し、タイマンでも集団戦でも活躍できる。槍を振り回しながら突進するチャージ1が特徴的なのだが、幸村の攻撃の中では最も使いづらい。「戦国無双4」ではチャージ1が神速アクションとなり、廃止されてしまった。「戦国無双2」から追加された特殊技は口笛で馬を呼ぶものと、炎に身を包み突進する技。馬呼びは「戦国無双3」以降は全キャラクターに実装されるようになったほか、真三國無双シリーズにも逆輸入された。

「戦国無双」では川中島の戦いからシナリオがスタート。三方原の戦いや長篠の戦いを経て、大坂夏の陣へ至るルートと、信玄生存で武田軍によって天下が王道の世界に平定されるルートに分かれる。大坂夏の陣ルートでは更に死亡EDと生存EDに分岐し、死亡の方がトゥルーエンド的な扱いである。部下のくのいちを引き連れており、服部半蔵がライバルポジションにいる。

「戦国無双2」では長篠の戦いから始まり、一方的な敗戦から一時燃え尽きてしまった武士として登場。武田軍としての出番は少なめだが、幸村の活躍期間を考えれば2のテーマである関ヶ原の戦いは時代的にマッチしている。パートナーであるくのいちはリストラされたものの、石田三成や直江兼続との『義トリオ』の友情や徳川家康との因縁、前田慶次や宮本武蔵との縁など活躍する場面は多い。

「戦国無双3」では三方原の戦いからスタート。武田軍としての出番はあるが少なめ。第二次上田城の戦いがカットされたが、代わりに沼田城の一件に吸収されている。今作では義姉である稲姫との関係がクローズアップされているが、義トリオ組との友情も健在で、伊達政宗との繋がりも強くなっている。また、今作で部下のくのいちが復帰した。やや天然気味な性格として描かれるようになり、派生作品の会話イベントなどでは猪突気味な稲姫と共に天然な義姉弟という扱いもある。「3empires」の武田家のシナリオ開始時点では真田家が武田に属していない時代からスタートし、くのいちの方が武田では古いというシチュエーションとなった。

「戦国無双4」では武田の章及び真田の章の主役格として扱われ、武田の章では再び登場を大きく前倒しして川中島の戦いからスタートする。二つの章で主役級の扱いを受けているため、出番は今までで一番多い。本作では新たに兄・真田信之がプレイアブル化したため、兄弟間の絡みが多く描かれるようになった。

戦国BASARA

初代からメイン格を務める、説明不要の熱血漢。
詳細は「真田幸村(戦国BASARA)」を参照。

関連動画

戦国無双シリーズ

戦国BASARAシリーズ

関連商品

関連項目

  • 戦国時代の人物の一覧
  • 大坂夏の陣
  • 真田昌幸(父)
  • 真田信之(兄)
  • 大谷吉継(義父)
  • 信長の野望
  • 戦国無双
  • 戦国BASARA
  • 例の一族
  • 真田幸村(戦国BASARA)
  • 真田太平記
  • 真田丸(2016年放送のNHK大河ドラマ)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%B9%B8%E6%9D%91
ページ番号: 423275 リビジョン番号: 2453100
読み:サナダユキムラ
初版作成日: 08/08/02 16:50 ◆ 最終更新日: 17/01/27 03:31
編集内容についての説明/コメント: 将星録の影武者追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


 

真田幸村

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田幸村について語るスレ

365 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 21:40:42 ID: D25H0mRMk2
そうなのか、歴史好きだけど俺の知らないことがたくさんあるな
366 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 21:35:32 ID: LYY88ZqruY
wikiくらいでしか知らないけど本当にロマンある人生だと思う。自分がこの人の人生をたどるのは勘弁だけど、後世の人が判官贔屓するのもわかるわ
幸村とか義経とかほんの一瞬の大きな輝きでも現在まで多くの人を惹きつけられるんだから
367 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 21:39:24 ID: LYY88ZqruY
秋山好古の「男子は生涯、一事をなせば足る。」って名言も幸村とかの生きざまに近い気がする。
好古はフランス軍人に「秋山好古の生涯の意味は、満州の野で世界最強の騎兵集団を破るというただ一点に尽きている」って言われてるし

ま、幸村は家康の首はとれなかったけど・・・
368 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 23:32:05 ID: D25H0mRMk2
結局、運がなかったんだよなこの人
秀頼さえ出陣すれば負けなかったんじゃないか?
369 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 06:11:38 ID: Tf181v+b2G
あの状況下で秀頼が出陣しても無理
そもそも大阪の陣に持ち込まれた時点で詰んでる
戦乱の長期化は十分有り得たと思うけど。

万歩譲って家康を討ち取れたとしても秀忠が生き残ってるからやっぱ無理
370 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 06:43:56 ID: ofmH9TuC87
幸村が秀頼出陣を要求したのは裸にむかれた大阪城を拠点とする夏の陣で、もう戦闘開始から負けが確定してるやつだな
冬の陣の時点でなら勝機がないわけではなかったが、持久戦だったから秀頼が出陣しても邪魔
371 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 22:42:56 ID: S8SSwFkN8t
大河でもあった家康のセリフでの「儂を討っても変わらんぞ」ってのはあるだろうしなぁ。
秀忠はマジで豊臣家絶対つぶす姿勢だったみたいだし。
372 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 10:58:34 ID: G57v1h/dX9
>>369
短期決戦で敵方の頭を取りに行くしかなかった以上、戦意高揚のために出て貰うのは有りと言えば有りだが、家康・秀忠親子を纏めて屠ると言う厳しい条件付きだけに、作戦が完璧に行われたとしても勝てたかは…。
>>371の様に、仕留めたのが家康だけだと豊臣抹殺の大義を与えるだけに、短期決戦で両方仕留めきれなきゃ負け確としか言えんな。
373 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 08:30:03 ID: iQL5xsekuy
家康を討てたならやり方次第で豊臣の滅亡を防げる可能性はあるだろう
少なくとも夏の陣では一気に幕府軍の崩壊に向かう可能性は高い
兵力がいくら優っていても大将が討たれたということだけで一方的な敗戦になった例はいくらでもある
というか歴史上戦争は大将が討たれた時点で敗け確定になるほうが多い
確かに名目的には将軍の秀忠が大将ではあるが
従う将兵はもちろん家康を実質的な大将と見なしていただろうし
ただでさえ大野隊の猛攻に退陣を考えるほどの秀忠が
大御所を討たれたと知って諸将の動揺を静めた上で反撃に転じるなんてことが出来たかどうか
ただ、それを言えば豊臣方も、さんざんこんな状況にさせるしかなかった人間たちに、果敢に秀忠を追撃しまくって尾張以東にまで追い払い
幕府方の外様大名たちを籠絡したり中立にもちこんだりさせるだけの芸当はできないだろうし
結局は滅亡の先延ばしがせいぜいということになってしまうか
374 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 13:31:11 ID: B7ENbr3TaE
北条氏の様に小大名として存続する可能性にかけていれば積極的な攻勢には出ず、長益の様に和睦の落とし所を探すしか無かったと思う
信繁も本当のところは後藤基次ら同様に忠臣として名を上げ華々しく死ぬのが目的だったんでしょう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015