単語記事: 真田昌幸

真田昌幸とは、日本戦国時代の武将である。一時期、武藤喜兵衛とも。

概要

真田昌幸(1547年-1611年7月13日)は、信濃真田幸隆の三男として生まれた。
幼少時に武田への人質として出され、武田晴信(信玄)の近習として育つ。
その才智と武勇を信玄にされ、武田一族に連なり系が絶えていた武藤へと養子に入り武藤喜兵衛を名乗った。
長篠の戦いで真田を継いでいた長男・信綱と次男・が討死すると、三男の幸が真田を継ぐことになり再び真田姓に戻る。

武田勝頼の死によって武田が絶えると、真田織田信長の下へ入る。
しかし、直後に信長が横死してしまい、その後は北条・徳上杉と次々と替え。
最終的には上杉を通して羽柴秀吉に臣従した。
次男の信繁(幸村)はこのとき秀吉の下へ人質として出されている。

秀吉の死後、関が原の戦いの際には信繁とともに石田三成側(西軍)へとつき、上田城にて徳川秀忠軍およそ4万をわずか2千の兵で足止め。
この戦いにより真田の強さが全に広まったのである。
西軍敗退にともない幸と信繁は高野山近く九度山に居を命じられ、幸はその地で病没した。

人物像

幸を表現した言葉として、「小信玄」「が両眼の如し(信玄から)」「表裏の者(くわせもの、秀吉から)」「信玄の懐」などがある。
現代では息子の信繁(幸村)の名が有名となり幸はそのという印が強いが、これはその後の講談などによって付けられたものであり当時の知名度としては圧倒的に幸が上だったと思われる。
謀略・武勇ともに長け、攻戦に滅法強かった。
作りの名人でもあり、上田城のほか崎の新府をも築している。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真田昌幸の一覧。「チート親子」の親の方である。
軍事 内政
群雄伝(S2) 戦闘 96 政治 89 79 野望 81
武将録(S1) 戦闘 90 政治 86 76 野望 72 教養 78
覇王 采配 91 戦闘 79 智謀 93 政治 92 野望 89
戦才 164(A) 智才 196(A) 政才 180(A) 85 野望 91
戦闘 78 智謀 97 政治 91
烈風 采配 93 戦闘 68 智謀 94 政治 88
世記 采配 88 智謀 86 政治 87 野望 89
統率 88 知略 86 政治 82
下創世 統率 87 知略 86 政治 81 教養 71
統率 97 武勇 76 知略 98 政治 91
統率 97 武勇 76 知略 98 政治  91

関連動画

戦国大戦

「虎のから逃れられると思ったか?」
戦国大戦の彼は2コス、武6統率9とやはり統率よりの武将となっており、武田軍では持っている武将が少ない制圧を持っている。計略は信玄の炯眼。敵の武と統率の変化を全て戻す妨形。範囲は狭いが本人が騎隊なのでそこまで気にはならない。そして効果時間は異様に長い。幸がいるだけでほとんど何もできないデッキもあり、武田メタゲームとしての重要存在となっている。
大抵お館様である武田信玄(瀬田)と一緒に行動しており、武上昇はそれほどでもない瀬田に旗をの弱点である絶強化を幸で阻止するという役となっており相性が良い。
なお息子幸村も既に戦国大戦で参戦している。ただしBASARAの方で。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%B9%B8
ページ番号: 1529475 リビジョン番号: 1337075
読み:サナダマサユキ
初版作成日: 09/02/22 18:00 ◆ 最終更新日: 11/10/31 16:54
編集内容についての説明/コメント: 戦国大戦の昌幸
この記事を編集することはできません。 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田昌幸について語るスレ

90 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 10:42:54 ID: yXLKwSIQ83
幸はだった戦で負けを知らない。
だけど結果は秀吉あっちこっち派遣され嫡男は敵対勢に取り込まれ、最期は辺の地で生涯を閉じる。勝ち戦をした人間に大してあまりにひどい仕打ち。名を残せたが個人の心はいかほどだったのだろう。政治が高いけど運がめっちゃ低いのか
91 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 00:35:14 ID: I3k3SVjtN6
運もあったかもね。秀吉家康を贔屓して幸に辛くあたるようになったのは天正大地震の後からだし
それまでは幸のことベタ褒めしてたのにね
92 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 14:39:24 ID: ETN0p6APJZ
無双参戦おめでとうございます
93 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 06:28:11 ID: ZpD76zx+YE
無双イケメンすぎワロタwwww
94 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 21:06:14 ID: zo5lV2K+Jf
無双の、イケメンだけど壮年期のグラからそこはかとなく刈臭がするのがまた良い。
95 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 00:00:22 ID: HMd9MLh1zc
大河ドラマ真田丸刈さんが魅たっぷりに演じてくださって、ファンが一気に増えた年になったね。
しかし一方で、亡き武田信玄のことを引きずりすぎて新しい時代の流れに適応できず、
先の戦争にはめっぽう強いが大局的な戦略眼にはいまいち欠ける人物として描かれてもいた。

同じような立場からスタートしながら内屈の大大名にまでのぼり詰めた毛利元就なんかとべると、やはり戦武将としての器は一段落ちるという感じ。
圧倒的な草刈正雄(?)によって、それもすべきポイントに映っていたけどw
96 : ななしのよっしん :2016/10/03(月) 13:50:01 ID: 7PSJLEYZ/I
戦略としての卑劣さや限界も恐れることなく描ききったな
これで屈の人気キャラに育てたのは脚本と俳優の勝利
97 : RERA_X :2016/10/05(水) 18:53:02 ID: Kc702OuRAC
>> 95
次の作品だと、顔が刈さんそっくりになると思われ...
同じく信之、信繁も...。
98 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 16:49:27 ID: kTu5EK4C0L
戦略として独立1560年代の徳や、織田の地盤を引き継げた豊臣べるのはさすがに酷すぎるよ。
独立したのが1582年で周囲は上杉織田北条の大大名の狭間。しかも、領地は北信濃上野のほんの一部、大名というよりは有衆の一人という立場でしかないわけだし、動的に戦略を選べる立場じゃ全くないからねぇ。
99 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 22:24:21 ID: NMX9UxfG7b
「いつも楽しく暴れて生きてるイケイケオヤジ(草刈正雄談)」な真田丸幸はすごい的だったけど、史実をみると、実は幸ってあんまり野心じゃなかったのでは?と思う

平山優氏の午の乱の本でも書かれてたけど、この乱のとき、小笠原貞慶木曽義昌は積極的に領土拡に乗り出してるんだけど、幸はひたすら現領地の維持にしか努めていない。
秀吉真田領の全てを安堵されて以降は、おとなしく臣従しているし
度重なる謀略や手のひら返しは野心ではなく、ひたすら「真田を、領地を守る」ために頭フル回転させているイメージ
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015