単語記事: 真田昌幸

真田昌幸とは、日本戦国時代の武将である。一時期、武藤喜兵衛とも。

概要

真田昌幸(1547年-1611年7月13日)は、信濃真田幸隆の三男として生まれた。
幼少時に武田への人質として出され、武田晴信(信玄)の近習として育つ。
その才智と武勇を信玄にされ、武田一族に連なり系が絶えていた武藤へと養子に入り武藤喜兵衛を名乗った。
長篠の戦いで真田を継いでいた長男・信綱と次男・が討死すると、三男の幸が真田を継ぐことになり再び真田姓に戻る。

武田勝頼の死によって武田が絶えると、真田織田信長の下へ入る。
しかし、直後に信長が横死してしまい、その後は北条・徳上杉と次々と替え。
最終的には上杉を通して羽柴秀吉に臣従した。
次男の信繁(幸村)はこのとき秀吉の下へ人質として出されている。

秀吉の死後、関が原の戦いの際には信繁とともに石田三成側(西軍)へとつき、上田城にて徳川秀忠軍およそ4万をわずか2千の兵で足止め。
この戦いにより真田の強さが全に広まったのである。
西軍敗退にともない幸と信繁は高野山近く九度山に居を命じられ、幸はその地で病没した。

人物像

幸を表現した言葉として、「小信玄」「が両眼の如し(信玄から)」「表裏の者(くわせもの、秀吉から)」「信玄の懐」などがある。
現代では息子の信繁(幸村)の名が有名となり幸はそのという印が強いが、これはその後の講談などによって付けられたものであり当時の知名度としては圧倒的に幸が上だったと思われる。
謀略・武勇ともに長け、攻戦に滅法強かった。
作りの名人でもあり、上田城のほか崎の新府をも築している。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける真田昌幸の一覧。「チート親子」の親の方である。
軍事 内政
群雄伝(S2) 戦闘 96 政治 89 79 野望 81
武将録(S1) 戦闘 90 政治 86 76 野望 72 教養 78
覇王 采配 91 戦闘 79 智謀 93 政治 92 野望 89
戦才 164(A) 智才 196(A) 政才 180(A) 85 野望 91
戦闘 78 智謀 97 政治 91
烈風 采配 93 戦闘 68 智謀 94 政治 88
世記 采配 88 智謀 86 政治 87 野望 89
統率 88 知略 86 政治 82
下創世 統率 87 知略 86 政治 81 教養 71
統率 97 武勇 76 知略 98 政治 91
統率 97 武勇 76 知略 98 政治  91

関連動画

戦国大戦

「虎のから逃れられると思ったか?」
戦国大戦の彼は2コス、武6統率9とやはり統率よりの武将となっており、武田軍では持っている武将が少ない制圧を持っている。計略は信玄の炯眼。敵の武と統率の変化を全て戻す妨形。範囲は狭いが本人が騎隊なのでそこまで気にはならない。そして効果時間は異様に長い。幸がいるだけでほとんど何もできないデッキもあり、武田メタゲームとしての重要存在となっている。
大抵お館様である武田信玄(瀬田)と一緒に行動しており、武上昇はそれほどでもない瀬田に旗をの弱点である絶強化を幸で阻止するという役となっており相性が良い。
なお息子幸村も既に戦国大戦で参戦している。ただしBASARAの方で。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%B9%B8
ページ番号: 1529475 リビジョン番号: 1337075
読み:サナダマサユキ
初版作成日: 09/02/22 18:00 ◆ 最終更新日: 11/10/31 16:54
編集内容についての説明/コメント: 戦国大戦の昌幸
この記事を編集することはできません。 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真田昌幸について語るスレ

82 : ななしのよっしん :2015/08/02(日) 01:17:00 ID: VmUz9VuFDG
>>81
4では武田末期真田真田兄弟の苦労話で片づけられちゃったからなあ
まあ腹黒親父よりイケメンお兄様と絡ませる方が受けるんだろうがやっぱり真田描くなら幸ほしいね 
更に勝頼や四天王や勘助出して幸村信之くのいち左近で武田軍とかいうのをいい加減なんとかしてほしい
83 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 18:31:30 ID: ctiyjS4dtg
>>77
その前後の臣の日記か何かがあって、
どちらにつくか、親子3人でかなりしい口論をしていたらしい。
で、結局、それぞれが「縁故()」に味方した。
どうやら、真田として方針を統一できなかった、というのが事実っぽい。
そうして見ると、幸のその後の行動が理解しやすいはず。
84 : ななしのよっしん :2016/01/08(金) 08:24:55 ID: cSJH/3+f37
>>81
プレイアブルになるなら顔グラは刈正雄ナイスミドルに変更だろうな
85 : ななしのよっしん :2016/02/15(月) 20:39:31 ID: xkN6YX6ni3
5のあのなんとも胡散臭い感じがすこ
86 : ななしのよっしん :2016/02/27(土) 12:12:29 ID: t5SstE1rxh
ちと質問。答えられる人がいれば嬉しいのですが。

秀吉による幸評とされる「表裏の者」。出展はなんなんでしょう?
wikiだと「上杉景勝宛の秀吉からの書状、への石田三成増田長盛による添え状」に記載されていたとされているのだけれど、この添え状が現存しているのか? それとも上杉の記録にそう残されているのか?
そもそも上記が事実としても、「秀吉評」ではなくなってしまうわけで。秀吉がそう評したと言う別の記録とかあるんですかね?
87 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 14:04:27 ID: RGwVe45XJy
>>66
幸の家康に対する対応は武田臣時代の体験が大きいのではないかと思う
家康は信玄にしろ勝頼にしろ、武田が自ら率いる武田軍のに対して
一度も独で勝てた事はなく、常に信長の大軍での援軍に頼りきっていたからね
信玄に三方原で負けた後は徹底的に武田軍のとの戦いは避けていて、勝頼が
何度も家康の領土に侵攻して家康決戦を申し入れてきても、信長の大軍での援護なしにはとても怖くて戦えない家康はひたすら逃げて信長の援軍のみに頼り切っていた
はっきりいって信玄や勝頼にとって家康は「信長の助けなしには自分たちとは到底り合うことなどできないザコ」だったからね。そして幸は信玄・勝頼の側近としてまさにそういう状況を体験していた
そのあたりの体験が幸をして「家康何するものぞ」と思わせたのだろう
88 : ななしのよっしん :2016/04/11(月) 01:05:24 ID: HMd9MLh1zc
>>87
家康が嫌いなのはよくわかった。が、家康叩きのダシに幸を使ってかえって幸の評価を貶めるのはやめていただきたい。
浜松のいち地方大名で、軍事武田に遠く及ばなかった若造時代の家康に勝てたからと言って、それをいつまでも引きずってたんだとしたらとんでもないマヌケじゃないの。
幸はそんな男じゃない。徳との戦いに何度も勝利しながらも、戦場の勝敗だけにこだわっても何の意味もないことも知っていて、幾多の大勢に翻弄されつつ戦略・調略を尽くしてたんだ。
89 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 06:19:46 ID: sFEQZLE9OM
しかし当時の徳川家康は勢としてはお世辞にもデカイとは言えんからなあ
三河の一部と遠江だけ、一応武田滅亡の際に駿河の大半を得たものの、
はたして真田昌幸は最初から家康を脅威に思っていたかどうか
正直第一次上田合戦くらいまで家康などさしたる相手ではないと思っていたと
思うんだがなあ木曽義昌も同じように家康を寝返ってるし。
家康に強大な敵になったのはそれこそ秀吉死んでからでしょ。
息子秀忠の試石にされた真田の心中いかばかりかって感じ。
90 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 10:42:54 ID: yXLKwSIQ83
幸はだった戦で負けを知らない。
だけど結果は秀吉あっちこっち派遣され嫡男は敵対勢に取り込まれ、最期は辺の地で生涯を閉じる。勝ち戦をした人間に大してあまりにひどい仕打ち。名を残せたが個人の心はいかほどだったのだろう。政治が高いけど運がめっちゃ低いのか
91 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 00:35:14 ID: I3k3SVjtN6
運もあったかもね。秀吉家康を贔屓して幸に辛くあたるようになったのは天正大地震の後からだし
それまでは幸のことベタ褒めしてたのにね
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015