単語記事: 矢矧(艦これ)

編集

軽巡矢矧、着任したわ。提督、最後まで頑っていきましょう!

矢矧(艦これ)とは、艦船擬人化ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する、大日本帝国海軍阿賀野巡洋艦3番艦「矢矧」をモデルとしたキャラクター艦娘)である。

担当声優山田悠希。担当イラストレーターコニシ

阿賀野型軽巡の三番艦、矢矧の概要よ!

かねてより本艦の実装については触れられていたが、2013年イベント決戦!鉄底海峡を抜けて!」の期間延長の際に、延長期間(1週間)限定の特別レアドロップ艦としてイベント最終域の最深部に先行配置された。

同年12月24日より実装された「大型艦建造」にて本実装された。大型艦建造の中では較的少ない建造資材での建造報告が出ている。

装は阿賀野共通のセーラー服スカート手袋と片足のニーソックスという出で立ちで、黒髪ポニーテールにまとめている。
ややおっとりとしている阿賀野としっかり者の能代という達どちらとも違うとした雰囲気が特徴である。

戦闘でのボイスは史実での戦闘を踏まえた物が多く、特に損傷時のボイスではその耐久性の高さを誇るかのような台詞を言い放つ。
お互いに対する台詞の多い阿賀野能代と違い、二人に対する台詞い。
これは史実でも関わりの薄かった(能代とはレイ、サマール戦で共に戦ったが編成は別々である)ことを反映しているのかもしれない。
ただし、阿賀野能代も史実では関係が薄いため艦これでの阿賀野の関係が必ずしも史実に忠実というわけではない(というよりも阿賀野く沈みすぎなのである)
姉妹艦への台詞がない代わりに提督に関係する台詞は豊富で、港では提督の戦略や気配りを評価してくれる。
お触りに対しても寛容、というか向こうからも積極的に攻めてくる、艦娘の中でも数少ない食系。
そのほかのボイスでも全体を通して最新鋭艦としての誇りと提督への信頼を見ることができる。
また、彼女の時報ボイスは他の艦娘以上にメタ台詞が多く、提督の代わりにデイリー任務をこなそうと奮闘する彼女の姿を見ることができる。 (もちろん、彼女が秘書艦であっても毎日の任務は提督がこなさなければいけないが)

ゲーム中での性は新鋭の軽巡洋艦として優秀な初期ステータスを有しており、また阿賀野共通の特徴として装備スロットが初期から3つあることも強みと言える。(ただしにしても装備スロットは3つのままで、軽巡洋艦としては横並びになる)
艦の阿賀野能代べて火力、対、耐久、運、回避が若干高く設定されている。
これは図鑑で自ら言っている通り後半の大きな戦のほとんどに参加して、若干なりとも戦果を挙げていたことが理由であると考えられる。
ただし、全体の性は高準であるものの改造後の最終的なでは球磨長良といった旧ネームシップ火力面で劣り、装甲で同値。燃費も軽巡の中では若干高めで扱い難いと言われることが多い。
とはいえ、球磨長良については運営自身が初期の調整でやりすぎた、と発言しているので、それらとタメをれる時点で決して弱い艦娘ではない。
阿賀野共通の新兵装である、15.2cm連装と8cmを初期・並びに改造時に装備しているが、その性は非常に微妙で評価に困る。というかぶっちゃけ使いづらい。(史実でも高性な装備だったわけではないので、この辺りの性は史実準拠と言える)

因みにやはり元矢矧乗組の少尉であり、株式会社日本設計名誉会長池田武邦氏は、ご高齢ながらも艦これ、そして艦娘矢矧をご存知であり「かわいいじゃないか、うん、いい子だよ」と好意的な感想を述べられている。 

私の記憶の途切れた後、史実はどうなったのかしら。ま、いいわ・・・今度は全てを護りきるから!

元ネタ阿賀野巡洋艦3番艦「矢矧」(やはぎ)。「矢矧」は1941年11月11日、佐世保軍工において起工され、194312月29日工した。名前の由来は長野県岐阜県 、愛知県を流れる「矢矧」であるが、現在では「矢作」(読みは同じ)の表記になっている。また、進水式の際はその機密保持のため、進水式で配られる記念盃には矢矧の名はなく「矢に萩の」をあしらった絵が描かれていたという(このエピソード時報にも反映されている)。

つまり、矢作でも矢萩でもなく「矢矧」なのだが、このように間違われやすい経緯を持っている。私の名前、漢字で書けます?

戦歴

マリアナからレイテ

 初1944年6月19日、第十戦隊を率いて参加したマリア戦である。なお、かつての第十戦隊旗艦であり阿賀野姉妹の長女「阿賀野」は同年2月16日に既に戦没している。この戦で大日本帝国海軍航空母艦大鳳」及び「翔鶴」を潜水艦による攻撃(「大鳳」を沈めたのは、またお前かアルバコア」)で喪失しており、「矢矧」はもっぱら両艦の救助活動に専念していた。対戦闘を行うもののこの戦闘で「矢矧」に損はなかった。

同年7月マリア戦での対戦闘で不足と思われたのか機の数が6基から52基にまで増設され、レーダーも新たに搭載された。

同年10月レイテ沖海戦における一連の諸戦に栗田艦隊として参戦。この戦にはの「能代」も参加している。24日のシブヤン戦では「能代」共々、「敵の潜水艦を発見!」と誤報を発し(正体は流木だったらしい)艦隊は混乱してしまう。その後、第38任務部隊の襲を受け「矢矧」は小爆弾を被弾、艦首に4m強の破孔が発生し速22ノットまで低下した。しかし、即日修理を行い、翌日の戦闘では半ば理やりで32ノット(本来の最大速35ノット)で航行した。この戦で帝国海軍戦艦武蔵」を失う。

10月25日栗田艦隊第10戦隊の旗艦としてサマール戦に参加。「能代」らと共に護衛空母群(日本側は機動部隊と誤認)を捕捉し、追撃するも撃沈には至らなかった。明けだったためか、この護衛空母群は艦載機の発艦を了しておらず、機動部隊としては脆弱な状態であった。格好の獲物を見つけた栗田艦隊はすかさず突撃を開始。護衛空母群は慌てて煙幕をり、撃から身を守ろうとした。この際「矢矧」は僚艦とともに遠距離撃を敢行するも命中しなかった。そこへ、果敢にも煙幕の外に飛び出してきた駆逐艦ジョントン」が栗田艦隊に反撃、魚雷で「熊野」を大破させられてしまう。が、その「ジョントン」も戦艦榛名撃で大ダメージを負い、一気に満身創痍となった。第10戦隊の「雪風」「浦風」は、旗艦の「矢矧」とともに手負いの「ジョントン」を撃。沈没せしてめている。しかし、襲の被も大きく栗田艦隊は帰路につくまで18回の航攻撃を受け、「矢矧」自身は較的軽微な被襲をやり過ごしたが、翌26日にの「能代」を喪失してしまう。この時点で工していた阿賀野姉妹は3隻だけだったため[1]能代」が沈没したことにより、事実上「矢矧」一人になってしまった。

レイテ沖海戦の終結後、「矢矧」は一度ブルネイ泊地へ撤退。そこへ生き残った残存艦艇も続々とやってきた。連合軍の内にあるブルネイ泊地に大和長門といった艦を留め置くのは危険と判断した上層部はこれら戦艦群に内地へ帰還するよう命令を下す。矢矧はその護衛として選ばれ、一緒に内地をすこととなった。
帰還途上の台湾峡で潜水艦シーライオン」の襲撃を受け金剛を失ったが、実はこのシーライオンが定めた最初の標的は矢矧であった。が、直前で大物金剛に狙いを変え、矢矧は辛くも内地へ帰還する事が出来た。

何とか港へと帰還した矢矧は、11月15日第十戦隊解隊に伴い第二水雷戦隊に旗艦として編入された。この時に修工事を受けており、機の数が更に増やされた。

最期の出撃

 1945年4月6日軍の沖縄上陸を受け連合艦隊は、かねてより大本営より下令されていた号作戦のうち天一号作戦を発動。「矢矧」は水上特攻を敢行する戦艦大和」の護衛として、「雪風」「初霜」「」ら駆逐艦8隻を連れ、共に沖縄へと向かう。この際、武器弾薬以外に救命用の多量の材も積載していた。[2]また、艦長である原為一大佐少尉補生23名を退艦させ、食糧庫より20日分のうち5日分を残して返納している。[3]更に、坊ノ岬戦直前にも、「矢矧」から搭載していた水上偵察機1機が発進している。それらの理由はるまでもないだろう・・・。

 大和とともに徳島を出撃し、艦隊は輪形を取る。矢矧はその先頭を任され、大峡を突破。沖縄へ向けて航行する。軍を欺くため一時は台湾へ向かうかのように航路を変えたが、通用しなかった。

 戦が始まるや、旗艦「大和」の護衛として同行した「矢矧」は機動部隊の猛攻を受ける。事前日本海軍暗号電文を傍受・解読し、さらに航空機による事前偵察まで行って、ほぼ全に日本側の作戦や艦隊構成を読み切っていた軍は、途中で殲滅することを最終標とした[4]。そして、11隻の空母及び戦艦9隻と数の駆逐艦で「大和」達を出迎えているが、のべ400機近い最新鋭艦載機の猛攻により、戦艦戦の機会すら与えられなかっった。
 襲開始から30分も経たないうちに「矢矧」は魚雷を左舷中央と艦尾に受ける。これによって機関が停止してしまった「矢矧」は、もはや動くことすらままならず、守るべき「大和」が猛攻撃を受け、傾斜していく姿を見守ることしか出来なかった。

矢矧」の救助を試みた艦船が駆逐艦磯風」及び「初霜」である。「磯風」は「矢矧」に接舷しての決死の救助活動を行い、古村啓蔵少将は「初霜」に救助され生還している。古村少将は救助された「初霜」で天一号作戦中止の報を受けた。また、作戦終了後には「雪風」「」も生存者の救出活動に加わっている。

 「矢矧」は沈むまでに魚雷6本以上、爆弾10発以上を被弾したが、その堅さは乗員が「もうく沈んでくれと思うほど沈まなかった」との回想を残すほどであった。矢矧の中破セリフは「私を沈めたいなら、魚雷5、6本くらい撃ち込まないと…駄よ!」であるが、実際のところそれ以上の打撃に耐えていたようだ。
 「矢矧」の沈没は1945年4月7日14時5分、「大和」が沈む僅か20分前であった。「矢矧」の戦死者は446名、艦長原為一大佐並びに第二水雷戦隊令古村啓蔵少将を含む乗員507名が生還した。6月20日、除籍。

 昭和44年4月7日矢矧戦没から24年後。「矢矧」及び彼女と運命を共にした戦没者の慰霊碑が、佐世保旧軍墓地東公園に建立された。彼女の遺品ともいえる、レイにて損傷・交換された12サンチ見り用双眼鏡も、池田武邦氏の寄贈により海上自衛隊江田島科学校にて保存されている。
 当時の上幕僚長にして元矢矧乗組士官だった一氏は、佐世保旧軍墓地に建立された、軍艦矢矧慰霊碑の最後にこのように記している。

ゆきしふね かえらぬおかに はなふぶき

その他

矢矧」の名はのちに海上保安庁やはぎ巡視船に受け継がれている。また、「矢矧」の名を持つ軍艦過去筑摩防護巡洋艦の2番艦があった。

あはっ!関連動画なの?悪くないわね!

ふふっ、いい関連静画ね。嫌いじゃないわ!




 

うん。この関連商品なら…いけるかもしれない!

提督への関連コミュニティね、どうなの?

そうね。この次の関連項目がもしあるのなら、今度は軍艦じゃないってのもいいかもね。

脚注

  1. *である「酒匂」は1944年11月30日に就役している。戦争末期だったこともあり立った戦果はなく、終戦時は復員船として最後のご奉を果たした後長門ともに「アレ」を迎えている。
  2. *補修やダメージコントロール的として木材や材などを各艦搭載するのが通常であるが、「矢矧」は救命用としても搭載していた。
  3. *艦長である原為一大佐と副長との協議があったという説と、艦長の独断だったという説がある。
  4. *軍は「大和」達が途中で引き返すことを恐れて、潜水艦撃することまで禁止する徹底ぶりだった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9F%A2%E7%9F%A7%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29
ページ番号: 5173091 リビジョン番号: 2191612
読み:ヤハギ
初版作成日: 13/11/20 19:56 ◆ 最終更新日: 15/04/13 23:20
編集内容についての説明/コメント: イベント「決戦!鉄底海峡を抜けて!」新規追加艦娘
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


大きな丸い肉挟みパン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

矢矧(艦これ)について語るスレ

1282 : ななしのよっしん :2015/05/05(火) 22:32:18 ID: kRKcI8z9s2
E-5で磯風探してたらドロップした。嬉しいけど違うんだよ…。
1283 : ななしのよっしん :2015/05/08(金) 15:23:21 ID: VYDzwc9noO
もE-5のボスで出てきたわ、食系も悪くないすなー
1284 : ななしのよっしん :2015/05/09(土) 12:59:53 ID: sddx+zFGYW
掘り面倒なんで溶鉱炉回してたら5回できました
1285 : ななしのよっしん :2015/05/13(水) 21:28:31 ID: ZaLpDsuVrj
>>1281
軽巡強化のために大回すとは一体
1286 : ななしのよっしん :2015/05/18(月) 01:08:12 ID: h3kOsGMftn
原艦長「転生したの乗艦がこんなに美しいだなんて」
1287 : ななしのよっしん :2015/05/20(水) 14:02:15 ID: 3ffIaoCYzG
>>1275
13~13実装組は何考えてセリフ書いたのかしらねえが、ボイスメタネタ仕込みまくってるのがなあ。それ以外はいいんだけど。
1288 : ななしのよっしん :2015/05/23(土) 22:39:26 ID: IdlfK0Leqm
矢矧備中フィギュアフィギュア処女を捨ててしまった
素人には凄く出来が良さそうで満足なんだけど気になることが一つだけ

おっぱい盛り過ぎィ!
1289 : ななしのよっしん :2015/05/24(日) 01:00:17 ID: 3BOwNdL9zT
プライズ矢矧買ってしまった
後悔はしてない。すごくかわいい
1290 : ななしのよっしん :2015/05/25(月) 18:47:17 ID: mhy0PsALse
なんでか?簡単でしょ
1291 : ななしのよっしん :2015/06/01(月) 02:15:27 ID: EpuczPu8xF
静画で凄く々しい矢矧イラストを見た後、最低値で大型艦建造したら一発で来た!
でます!育てます!ケッコンします!!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015