単語記事: 石動雷十太

編集

石動雷十太(いするぎ らいじゅうた)とは、日本剣術の行く末をに憂う者である。

奥の見えぬ濁った目だ…だが 強い!

漫画るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」第三十四幕「明治剣術模様」より登場。身の丈は剣心の倍以上はあろうかという巨を生やし、着物の肩には黒い鳥の羽根。左之助からは「羽根オヤジ」と呼ばれていた。
一人称は「輩」。掛けは「ぬん」。語尾に「である」をつける癖がある。塚山由太郎からは「先生」と慕われており、読者にもそう呼ぶ者が多い。

神谷薫の出稽古に付き添い中越流前川場を訪れた緋村剣心の前に、場破りとして登場。中越流開祖・師範である前川宮内を容易く打ち倒し、割り入った剣心と対決することになる。

十太は「古流」を称する客集団の長であった。彼は竹刀剣術の蔓延により剣術は弱体化したと憂い、各地の場を潰し、優秀な剣術だけを選び出すことで、客が「飯綱使い」と呼ばれ恐れられた頃の強さを取り戻し、日本剣術の大業を成そうとしていたのだ。

だが実戦本位の殺人十太が、平和な世を守ろうとしている剣心と相容れるもなく、対立は深まる。続き、神谷場を同志四名に襲撃させるも撃退され、ついに自ら剣心を不意打ちで仕留めようとするが失敗、居合わせた塚山由太郎を負傷させ剣心逆鱗に触れる。化する戦いの最中、実は殺人経験がことを看破され、戦いの末に剣心たちの言葉に精を粉砕され、客として再起不となった。

「う… うぐううう!」

どうでもいい剣心が抜斎だと気付いていた様子がない。

一介の道場破りの使う技ではない…

十太が得意とするのは秘「飯綱」(いづな)と呼ばれる技である。これは「かまいたち」と呼ばれる自然と同じ原理により発せられる凄まじい切れ味の撃であり、竹刀で使った場合でさえ、剣心の持った竹刀を切断するほどの威があった。真剣で使えば金剛石でさえも切断できるだろうと剣心は推測している。
さらにで直接りつける飯綱」とは別に、の手である「飛飯綱」があり、遠距離に対しても撃を飛ばすことができる。
しかし弾道を見切ることができる剣心に対しては、左程有効な技ではなかったようだ。

其の原理はの波を発する「かまいたち」であることが判明しているが、どのような術を用いてかまいたちを発生させているのかは明らかになっていない。本人は古流の秘伝書から十年かけて習得したと発言している。

(余談となるが、所謂「かまいたち」は実際はによるものではないと言われている。この現に関する参考文献が見当たらないのが難だが…)

それにしてもあの男は強過ぎた

デザイン上のモデルは「アメコミの某キャラ」であると、何時もの如く作者和月伸宏自身が言っているが、小者化の進行と共にかなり変わってしまったとのことで正確なモデルは不明。
石動雷十太作者の評価がとてつもなく低いキャラクターで、単行本掲載のコメントから近年のインタビューに至るまで、ことあるごとに否定的評価と反の言が述べられている。そのようなわけで、たびたび作者が挑戦したがっていた「知的マッチョキャラクター」の失敗例として広く知られている。

十太のキャラ付けを見失い、闇討ち、つぶしと卑劣な戦法を使った上、殺人を標榜しながら人を殺したことがないと、そこまで貶める必要あったのかという設定まで飛び出してしまい、こうした相を知った後で十太編の前半を読み直すと、実戦本位の殺人アピールが滑稽で仕方ないという一粒で二度楽しめる仕様となっている。

論、そうなったのは当初大物と見込んで描かれているためであり、殊に戦闘力に関しては非常に高いものとして描写されている。言うまでもく、「飯綱」の攻撃は作中でも屈であり、身のこなしに優れる剣心相手には命中こそしなかったが、これを受けて耐えられる客は「るろ剣」作中でもそう多くいないだろう。

飯綱以外はどうか。江戸二十傑の一人に数えられた前川先生……は、まあいいとしても、巨体に似合わぬ飛び込みの速さ神谷薫の実では見切れないほどであり、決して攻撃だけの士ではないことが伺える。この一戦を見た剣心をして「強過ぎた」との評価を下しており、実際に塚山邸で対峙した際にも闊に仕掛けることができなかった。前川先生が弱過ぎたわけではない剣心十太の同志の一人「双身の男」でさえも「なかなかの手練れ」であったと評価しているほどである。

また、性格変化に伴い急速に弱体化するパターンかと思いきや、闇討ちシーンでもを肩に受けても怯むだけで耐え抜く高い耐久をも見せている。まあ最後は飛龍という実戦向きか疑問が残る技によって一撃で斃されるのだが、こうなると弱体化したのではなく、当たり所が悪かったというに取るべきであろう。そもそも飛龍を食らった直後も行動不になったわけではなく、致命傷となったのはその後の弥らの精神攻撃に依る処が大きい。

以上のような描写を踏まえると、最強は言い過ぎとしても、ネタ抜きで強キャラであると考えるほかなく、戦闘力は高いが精面に重大な弱点を抱える客」という不幸な人物像が浮き彫りとなる。作者はそんなこと言ってないが読者は少なからずそうだと考えているようで、どこでもだいたい十太の話題になると「このおっさん普通に強いんじゃね?」という議論に進みがちである。実際十本の下位グループあたりとべれば余裕で強そうに見える。

確かに何てコトだが一理はある…

まがい者野郎となってしまった十太だが、剣術という思想そのものは、その手段が剣心と相容れなかっただけであり、否定されたわけではない。むしろ手段を選んでいれば同調さえされただろう。問題は何でお前が再しなきゃならんのだということである。殺人を使ってきたわけでもないこのおっさんが何の間違いで飯綱を習得したのか、何の権利があって剣術の弱体化を憂いているのか。

……しかしながら、このように憂うべき事態の当事者でないのに何かを憂って、場合によっては他人に迷惑をかけるということ、案外身の回りにもあることではないだろうか。
特にインターネットは飯綱の如きや知識を手に入れることも難しくない世界であり、ネット上で手に入れた「何かが危ない」という情報を専門でもないのに憂いて暴走するネット十太」「ネット古流」になっていないか、々も常々気をかけ、自せねばならないと言えよう。

まがい者としての十太も、興味深いキャラクターなのである。

今のは全然本気じゃなかった そうですよね先生!

アニメ版「るろうに剣心」では、初期OP「そばかす」のイントロ部分に映るライバルたちの中に十太の姿も在る。留間兵衛月岡津南長岡幹雄よりは好敵手に相応しいと考えられたようだ。

またアニメ版では十太の出る回は原作丸ごと変され、ほぼ名前だけを借りた全く別の物語となっている。
物語十太の率いる古流と陸軍特殊部隊の戦いにまで発展し、十太は普通の強敵として普通に倒された。由太郎が怪を負うという結末のみが同じになっている。ストーリー変で由太郎・塚山由左衛門は死んだことになった。
前川先生は出番がなくなった。

斎藤一から愚物呼ばわりされるのは原作のままだった。

関連動画

(半ば十太スレと化している)

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9F%B3%E5%8B%95%E9%9B%B7%E5%8D%81%E5%A4%AA
ページ番号: 5195308 リビジョン番号: 2062293
読み:イスルギライジュウタ
初版作成日: 14/01/29 00:39 ◆ 最終更新日: 14/07/31 00:05
編集内容についての説明/コメント: 誤字を直すなど
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石動雷十太について語るスレ

95 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 22:15:03 ID: Lt4PkBClQY
この話のせいで剣心作者が「人殺してるの方がすごい」というんだ倫理感の持ちみたい言われるけど
剣心が怒ってるのは「自分も周りもめて不幸にする殺人」に対しての責任感のさであって
十太先生に止めを刺したのも剣心の技ではなく、弥の威勢なんだよな
剣心マンガアニメ全体の「不殺」描写の発祥として忌み嫌ってる人はちゃんと原作読んでるのかね
96 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 22:57:06 ID: 9G8uvcdan1
初見殺しって種がバレれば大した事ない物だけど
飛び飯綱は種がバレてても並の剣豪じゃ対処できんやろ
97 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 22:46:00 ID: yeYyK0/K5w
まあね。実際概要にもあるように、十本の下位グループには勝てるだろうし。
ただ、重太先生している殺人世界って、衝撃波で弾を防ぐとか速を最大に活かして9回同時攻撃とか動作見てから回避余裕とかそんなんばっかだから、とりあえずを振るう」という動作が必要な飛飯綱は最初の一撃が勝負になると思う……

あ、飛飯綱の原理がソニックブーム的なものだとすれば、十本上位でも、音で判断する宇水さんとかだと対応厳しいか
98 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 22:09:37 ID: V3qn+ifngq
殺人側でも活人側でもいいから十太が再起して一皮むける話見てえなぁ
いっそケンイチとかとのクロスオーバーでもいいから
某所でネタとして盛り上がってるログは見たことあるけど形になってるの見たことねえ
99 : ななしのよっしん :2017/04/12(水) 23:37:01 ID: 0gq5R1/X3s
作者の描写・構成不足が招いた悲劇の強敵って感じ。もっと魅的なキャラになることが出来たはずなのに。飛天御剣流の技を食らっても倒れないくらいタフネスもあるし、志々雄が半ば自殺するかのように退場したように、作者もどうやって倒すか決めかねていたように思える。
100 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 22:25:25 ID: aIgf6L9/1E
作者が決めかねてて出来なかったのは十太の思想の否定の仕方だと思う。
殺人と呼べるような高い実戦性を追求した剣術だからこそ活人にもなりえる、というのは作中で剣心らがさんざ実した否定しづらい真理だし
あるいは殺人を実際に駆逐したのは兵器の進歩であって法をの敵にするのはただの八つ当たりだと摘すれば、劇中の法やバトルコケにすることに繋がりかねない。
だから思想には深く立ち入らず人格面を貶めるというやり方で否定され退場させられた、そうするしかなかったように見える。
101 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 22:35:02 ID: YnO/jMXeGF
十太編はとにかく作者の枯渇感が急速に漂ってたわ
飛天御剣流は複数の相手を仕留めるための剣術という設定だったはずが
飛龍とかいう全にタイマンでしか役に立たなさそうな技まで出てくるし、ネタ切れ感が半端じゃなかった
当時はあぁーこの漫画そろそろ打ち切られそうだなと思ってたけど
これ以降思ってた以上に持ち直したな
102 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 07:22:11 ID: yeYyK0/K5w
飛龍タイマンでも役に立たなそうな気がするが……逃走用(剣心自身がってた、脚の差を利用して一度に戦う相手を限定する戦術用)じゃないかなぁ。
どう考えてもを投げ捨てるだけのデメリット釣り合う攻撃じゃないだけに、一でも隙を作って囲いを突破する的な使い方としては逆に全な不意打ちになるというか。
103 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 21:16:55 ID: QxhcUE3qLy
>>101
まぁ、ジャンプでは五巻到達時点でよくある連載前に貯めていたネタの枯渇と、「考えながら作る」
と言う漫画家の通過儀礼にぶち当たった結果なんでしょうね…。めに切ったのはかえって連載のためには
良かったのかもしれませんが。
104 : ななしのよっしん :2017/04/28(金) 23:48:34 ID: Iyr+jUb/vq
あの状況で弥を殺せないならどっちの飯綱も存在がゴミなので、なくてよかったんだよな最初から
それなら徒手拳なり棒術なりでも極めるべきだった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015