単語記事: 砕け得ぬ闇

編集

「沈む事なき太陽――

 影落とす――――ゆえに、決して砕かれぬ闇」

砕け得ぬ闇とは、2011年12月22日に発売されたPSP専用ソフト
魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE-THE GEARS OF DESTINY-』の最終ボスである。
CV阿澄佳奈そして闇統べる王である。

概要(本編)

TVアニメ魔法少女リリカルなのはA's』のストーリー上で大きな役割を果たしたロストギア『闇の書』。元々は魔法収集の為に作成された魔導書だったのだが、後付けで色々な物が付け加えられた結果、呪いの魔導書となってしまっていた。 この『闇の書』の最深部に封印されていた『永遠結晶エグザミア』を核とする特定魔導限に生み出し続ける『限連環機構』のシステムが、砕け得ぬ闇こと『システムU-D』である。自らの復活が及ぼす悪影を考慮し、自分の上に別のシステムを上書きして隠れていた為、闇の書の管制をっていたリインフォースですらその存在に気づいていなかった。『闇の書の残滓』と共に『闇の書』本体から切断され、闇統べる王マテリアルズと『永遠結晶エグザミア』をめる起動方法を教えたキリエの手によって復活した。

外見は金髪の幼い少女の姿だが、そのTV最終話にて管理局チームヴォルケンリッター総がかりでも倒しきれず、アルカンシェルでようやく撃破できた『闇の書の闇』こと闇の書の防衛プログラムと同等以上とも言われている。先述の通り近づく物を自分の意思とは関係に破壊してしまうプログラムがある自らの復活が周囲に悪影をもたらす事を自覚しており、そのため徹底的に他者との接触を避けようとしているが、全に開放されると今度は自身の意思で見なく破壊活動を始めてしまう。

この時戦闘モードになると人格の変容の他に装がくなったり、髪の色色から黄色、瞳の色がになったり、EC感染者のような模様が体に浮かび上がるなどの変化が現れる。背は4人の中で一番低く、頭一つ小さい。ウェーブがかった金髪で瞳の色は色、装は系統で上はへそ出しルックスで袖の長い上着を着ており、下は炎の模様の入った紫色のようなズボンを着ている。

そのと防御は凄まじく、数%の出はやて達を苦戦させる程(はやては5%、リィンフォーアインスは6%ザフィーラは彼女のを「例え自分達が束になって戦おうが勝てないだろう」と評している。防衛プログラム以上の防御を持ち、トリプルブレイカー並みの威を持つアミタの捨て身の攻撃でさえ少し痛かったという感想しかなかった。多層障も持ち、防衛プログラム以上の存在が人間サイズで動き回れるようなものとクロノに言わしめる。エグザミアから生みだす魔以外にも周囲の魔素を凄まじい勢いで吸い上げることなどもできる。

シュテルが用意した干渉制御ワクチンを撃ち込んだ後、次に防を破壊し、同じく用意した対システムUDプログラム装備のデバイスでやっとダメージが通る。それでもキャッチとFDB以外では魔ゲージしか減らず、魔ゲージにしてガードブレイクしないとダメージが通らず、しかも硬い。一度倒すと全回復するがようやくまともにダメージが通るようになる。一度の戦闘では魔と防を消耗させるほどにしか至らずなのは達は攻撃班を2つに分けた。

彼女の周囲にあるや闇色の炎のようなものに見えるものは「魄」といい、伸びるジャベリン、握砕する巨大な腕、、長大なビームサーベルと変幻自在、巨大なのような形態はそこから高速の魔弾を一度に数に発射し 火の鳥状態の姿になり突撃したりもする。待機状態はや彼女の左右に浮いている球形となる。戦闘衣服装束。彼女はデバイスを用いずとも強大な魔法を行使でき、魄で攻撃を行う。魔ベルカ魔法陣はディアーチェと同じ紫色だが魄の色とFDB時のカットインの色はく、魄の色と自身の魔はそれぞれ別なのかは不明。はやてに取り込んだら取り返しがつかないと警告した事からの書などを逆に取り込む事などもできるようである。

この永遠結晶エグザミアと後述するの書という物は外部からの攻撃ではどんな事をしようが破壊する事は絶対に不可能で例え断片になろうとも10年、20年と長い時間をかければまた復活するのである(そのため自壊寸前だった制御できていなかったGOD時の状態ではディアーチェが制御を行わなければまずかったが)例えリィンフォーアインスが本編のようにの書と連れに消えようがいずれ、彼女達4人は復活する事ができるだろうとディアーチェは推測している。エグザミアデータが壊れない限り彼女達4人は何度でも再生する不滅の存在なのである。しかもまだあれでも全な状態ではない。全な状態になればの生命活動にすら影を及ぼす。

なお余談であるが彼女の胸囲を描かずにらにするようにと原作都築氏から原画担当のしのざき氏への示があったり、イベントCGでなぜか顔をらめていた様に見えたのは長い間本の中にいて、人見知りや照れ屋で(エルリアに行ってからはアミタやディアーチェ達とふれあううちにこれは治っている)ディアーチェの後ろに隠れていたのをシュテルに前に出された。最後の別れの時レヴィと一緒に手を上げているがこれは控えめに手を振っていたがレヴィに腕を掴まれてブンブン振らされていたなどの裏話がある。

彼女とマテリアル達の4基は元々一つでの書(ディアーチェが持っているの書そっくりの紫色の本)と呼ばれる独立稼働プログラム達での書を乗っ取るため(の書側の干渉を受けないように作られている)に後付された(にも扱えず、破壊を振りまいたための書に沈められた面もあったらしいが)プログラムである。しかし後から追加された防衛プログラム『ナハトヴァール』の肥大化により彼女達は長い休眠期に入り(この時も彼女達は意識はあった。当時からずっと書の中から外の様子を見ており、オリヴィエ覇王イングヴァルトの事も見知っていた。ただ他の個体達にはど話しかけられなかった状態らしい。レヴィもナハトヴァールが破壊を行う様を見ていて自分もしてみたいと言っていた) ナハトヴァールが打破されたことによって3人が不覚醒ながら(寝ぼけ)も外に出てきて前作が始まる。シュテルレヴィの話によれば覚めたばかりの頃は彼女達3人存在意義を知らず、破壊や殺戮をめ、混沌に身を委ねるばかりを考えていた寝ぼけ状態となっていた。

も彼女を扱えなかったがそれもそのはず。彼女自身は制御系統の機をまるで持たないため、特定魔導(まだ未知の魔素)を限に生み出し続けるエグザミア暴走し、最後には自壊してしまうからである。そのためで捩じ伏せたり、精を安定させても安定せず、ダメージを与えてエグザミアを停止させ、制御プログラムであるディアーチェが制御プログラムを打ち込んでエグザミアシステムを上書きし、破壊プログラムと出暴走の誤動作を停止させ、彼女が制御を行い安定させ、破壊の因果から解放された。また、誤解されがちだがシュテルの緩衝制御ワクチンは彼女を一時機不全に陥らせるもので制御プログラムではない。

故にディアーチェがシステムUDを一扱える人物であるが今までこのシステムが使われることはなくマテリアルが3基一同に会したのも今作が初めてである。ちなみにシュテルレヴィはそれを補助する役があり、エグザミアとそれを支える限連環(エターナルリング)の構築体(マテリアル)が成立し、闇からへ変わりゆく紫色(ししょくのそら)を織り成す者、の盟とその守護者がい、初めての書は完成する。彼女は動炉、ディアーチェがその制御や書のデータの閲覧や検索を行う管制人格(の書も彼女にしか扱う事ができない)、残りの二人がその補助を行う役割である。の書が完成すれば彼女達はも必要とせず独立した存在となる事ができる。彼女達は永遠結晶エグザミアを制御し、円滑に運用するためのプログラム達なのである。

世間では彼女をの盟という称号やリィンフォーアインに当てはめて彼女が管制人格だと誤解される事が多いが彼女にはマテリアル達に対するマスター権やの書のアクセス権もなく、制御プログラムを撃ち込まれるまで自身のすら制御できていなかった。彼女のの出制御やの書のアクセス権や記されている魔法を始めとした膨大なデータの管理制御や行使を行う事ができるのは制御プログラムであるディアーチェただ一人で彼女は動炉の意味合いが強い。

また彼女達はヴォルケンリッター達よりもプログラム寄りで決まった姿を持たず、姿を変える事もデータソース事ならそれと魔を使い何度も実体化することも、多少ダメージを受けても自分でデータ復旧を行い復活することも(レヴィプログラム的には一番単純なので復帰もいとのこと。ディアーチェも前作でのあれだけの損傷にも関わらず復活できている)駆動停止することで体を一時消し、姿を消したりの書に戻ったり、互いにユニゾンのような合体をする事ができる。他にデータソースや魔を優先的に一つの個体に振り分け、先に一人を復帰させたり、パワーアップさせたりもできる。

3人がなのは、はやてフェイトを参考に姿を形作った際は身体データをかなり忠実に模したようで、フェイトの世話を長年したリニスレヴィを撫でた際全く同じ質と肌の質感と評するほど。彼女達は元々自を持ったプログラム体が体だけをなのは達のデータを参考に体を形作っただけで、コピーされた存在でもなく、再生された記憶が実体化しただけの闇の欠片とも違う存在である。そのため彼女達の闇の欠片普通に現れる。決まった姿を持たないプログラムであった彼女達であったが性格は元からこうだったらしくレヴィが書の中にいた時に他の二人に話しかけた時彼女達も今と全く同じ口調で話しており、あくまでガワだけを参考にしていただけのようである。

本編後

作のストーリーモード特定の条件を満たすと、本編から数年経過したおまけシナリオが発生する。おまけシナリオの彼女は精引きこもり状態であった本編と大きく変化し、お茶なかなり天然なゆるふわ子萌えロリクラスチェンジしている。かなり天然な所がレヴィと合うのかよく一緒に遊んでいることが多い。人見知りしい頃は怖いことがあるとよくディアーチェを頼り すぐ後ろに隠れる。

本編中では『砕け得ぬ闇』もしくは『U-D』と呼ばれていた彼女だが、本編最終話で人であった頃の名前である『ユーリ・エーベルヴァイン』という名前を闇統べる王から教えられたことで、おまけシナリオではの盟としてこの名前を名乗っている。まだ加減が難しいらしくよくクレーターを作っている。料理もできる。性格はキリエが言うには元からの要素もあるが、丁寧喋り・でドっ直ぐ・わりと天然だそうである。これらの性格は破壊の因果から解放され、アミタ達と過ごすうちに明るく培われていったとの事。エルリアに行くのも自分のが破壊以外にも役立つと思った上での志願である。そしてディアーチェは彼女の願いを了承した。数年経っても彼女達の姿は変わらず当時の姿のままである。(成長はある程度はするらしいが 元は不定形なプログラム体のため体をいつでも捨てられる)

闇統べる王にベタ惚れであり、おまけシナリオフルドライブバーストを放つ際には、

「ディアーチェのハート、撃ち抜いちゃいます。ハートブレイク・マトリクスぅ~」

と言い放つほか、戦闘前のデモシーンでも極甘ないちゃつきぶりを見せてくれる。もう結婚しちゃえよ、王様と。シュテルんも王と盟の結びつきが強いのは良い事って言ってたし、レヴィ仲良しだと嬉しいって言ってたし。彼女は大好きということを何度でもディアーチェに言うと言っており 彼女の表裏のないストレートアプローチになっている。なお、しょっちゅうディアーチェの膝の上に寝て甘えているらしい。

キャラクターとしての性能

本作の最終ボスだけあって高い性を持つ。特に防御に関しては全キャラクタートップであり、多少の攻撃ではびくともしない。移動・攻撃速度自体は低めだが、FD時のバーストトリガーの射程は打撃の中では最長であり、FDBへ非常につなげやすい。本編終了後、条件を満たすと出現するおまけシナリオ及びおまけシナリオクリア後にシングルモードで使用が解禁される。

あと、すごく可愛いと思う!

使用技

リリカルなのはINNOCENT 追加技

クリムゾンダイ

炎を纏った突進攻撃

ヴェスパーレッドモード

属性も使えるようになる戦闘モード

ダークヴェスパー

ディアーチェとのユニゾンを果たし闇属性が付加された。ステータスもかなりのバランスとなっており、本人もとても嬉しいらしく勇気々 うんと頑れるとの事。 炎と闇属性リングの乱れ撃ち

ホーリーベール

の新しいが味方を包み 傷を癒す。

フェニックスアロ

から炎の矢が走り、貫通ダメージを与える

フェニックスフェザー

炎の羽が舞い散り 敵にダメージを与える。

インリアルガード

が防御形を取りガード

関連リンク

カード一覧http://nanohainnocent.com/?s=%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA

テキスト一覧http://wikiwiki.jp/nanocent/?%A5%AB%A1%BC%A5%C9%B0%EC%CD%F7%2F%A5%AD%A5%E3%A5%E9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%CA%CC%2F%A5%E6%A1%BC%A5%EA%A1%A6%A5%A8%A1%BC%A5%D9%A5%EB%A5%F4%A5%A1%A5%A4%A5%F3

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A0%95%E3%81%91%E5%BE%97%E3%81%AC%E9%97%87
ページ番号: 4792223 リビジョン番号: 2022987
読み:クダケエヌヤミ
初版作成日: 11/12/30 23:23 ◆ 最終更新日: 14/05/15 02:04
編集内容についての説明/コメント: 概要 修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

砕け得ぬ闇について語るスレ

40 : ななしのよっしん :2013/03/24(日) 16:16:17 ID: /scTnYYiie
>>39
いや、大人になったなのは達が自分の子どもの姿の敵と戦うことになるんだろ。
………やべぇ、見てみたいwww
41 : ななしのよっしん :2013/05/07(火) 09:23:51 ID: CNa/uoVVlW
このシャマル必殺技だけは何度見ても慣れないわ・・・
どちらも相手の体内から何かを引き摺り出しての攻撃だから毎度毎度胸焼けが・・・

そしてそこそこ共通点の多い某武装神姫白子さんが毎度連想される末期
42 : ななしのよっしん :2013/05/08(水) 17:55:14 ID: dX8xcm8K2d
ユーリって性別不明なんだよね。書籍とかでは彼女となってるけど。
マテリアルとかもなのは達を模してるだけで性別はそもそもないんだろうなー。
43 : ななしのよっしん :2013/06/15(土) 21:39:22 ID: BRMA2SNwM0
原作者の都築さんはライダーファンで、なおかつU-Dが自身を称するときに
「沈むことなき太陽────影落とす────ゆえに、決して砕かれぬ闇」
と言った事を含めて

もしかして永遠結晶エグザミア元ネタってキングストーンなんじゃないか?
44 : ななしのよっしん :2013/06/26(水) 20:11:26 ID: W1PWQ+UAx7
エンシェントマトリクスがすごくかっこいい
なのはよく知らないけどロリコンになれそうだ
45 : ななしのよっしん :2013/08/26(月) 20:39:59 ID: Ix70ZhBw9W
性別っていうか、あくまで闇の書関連のキャラは、女性形、男性プログラムなんじゃないのか?
ユーリマテリアル以外も、ヴォルケンリッターリインフォース
46 : ななしのよっしん :2013/08/29(木) 21:40:07 ID: JsleHYfhOU
>>45
イン、ヴォルケンと、ユーリマテはまた別のものだからな。闇の書との書はそもそもの成り立ちが違うし。
闇の書組はしっかり体(そもそもプログラムの彼女たちの体を体と言っていいのかは分からないが)持ってるけど、マテリアルはあくまで皮袋被ったみたいだし。ユーリベースが人間ということから、性別はあるはず…美少女か、男の娘かはだけど。

まあ、どっちでもいけるけどね!
47 : ななしのよっしん :2013/08/30(金) 01:08:09 ID: BRMA2SNwM0
……の割にはリイン)やヴォルケンは何年たっても見たかわらないのに天一はしっかり年と共に成長していくという
この辺、だよな
48 : ななしのよっしん :2013/09/01(日) 17:38:43 ID: JsleHYfhOU
>>48
初期プログラムの違いか何かかもしれない。元々闇の書組は、容姿がデフォルトで固定されてるんだと思う。プログラムが自分のプログラム自体に干渉することはSFじゃ厳禁だっていうのがセオリーだし。
対してマテリアル体あらかじめプログラミングされていたものではなく、あくまで付け加えられたものだから、カスタマイズが利くはず。
加え、見本にしたのがなのは三人だってことを考えると、情報そのものをトレースした可性もあるにはある。遺伝子あれば、大体どういった成長するのか判断するのも、ベルカならやってのけそうだし。もしかしたら、ある程度体年齢の操作も出来るかもしれない。
ユーリの場合は、人の体があるのか、それともあれは生前のデータをもとに作られたプログラム体なのかはっきりしないのでわからん。、
49 : ななしのよっしん :2014/10/21(火) 20:42:24 ID: xNgfEmaTa2
>>36
下の毛がないだと?もちろんだ
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015