単語記事: 神話

編集

神話とは、な話である。または、神様を取り扱った逸話。地球世界の創世についての民話など。

概要

神話の定義は様々であるが、おおまかは上記のような宗教における物語的な説話群をす。英雄がその中に登場することが多い。

また、そこから生して「物語的なもの」「想的なもの」を神話と表現することがある。しかしながら神話を紡ぎ出した人々には想ではなく、紛れもない事実として考えられてきたのである。

転じて、根拠もく絶対的事実だと思われている事を例えて「◯◯神話」などとよく言われる。絶対的なものとして見られているものに対してよく使われるが、その多くは真実の全部ないし一部が隠蔽されることによって曲された情報イメージを基に創り上げられたものであることが多い。もっとも、隠蔽をする気がなくとも「イメージ先行」で出来上がってしまう神話もある。もしくは、その真実事実の全貌が庶民にとって「理解し難いもの」であるために、より広く伝わるよう易にしたり、難しい要素を切り捨てて単純化た結果重要な要素が抜け落ちてしまい、一部の要素だけがひとり歩きしてしまうことも原因のひとつと成りうる。

「土地神話」や「安全神話」などの類の「神話」誕生の背景には、これらの要素が先行することにより、人々の考え方や行動が何かしら誤った方向に固定化されてしまうことに起因するものである。

ニコニコでの神話の扱い

ニコニコ動画では、上記の神話の意味から、面アニメの話数の一つをを「神話」と呼ぶことがまれにある。“神回”の上級形として使用されることは以前にも散発的に見られたが、この用法が広く認知される(タグが登録される)ようになったのは「ストライクウィッチーズ2」6話「より高く」放送後からである。

有名な神話

大百科に記事があるのは太字

その他

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A5%9E%E8%A9%B1
ページ番号: 4360665 リビジョン番号: 2346952
読み:シンワ
初版作成日: 10/05/15 15:35 ◆ 最終更新日: 16/04/07 02:28
編集内容についての説明/コメント: 冒頭を太字化。「関連項目」に「旧約聖書」「洪水型兄妹始祖神話」を追加し記事が存在しない者除去。不要そうなhtmlタグを除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神話について語るスレ

48 : ななしのよっしん :2015/05/29(金) 22:42:33 ID: eH80ooJqco
>>45
日本神話神道や万世一系は認めるけど聖書は認めない、という人はいる
それぞれ違う神話意識の持ちが互いに見下し合うことさえある
一方で神話学ではジェームズフレイザーの『枝篇』、レヴィストロースの『悲しき熱帯』、ジョゼフ・キャンベルの『神話』などあれこれが神話宗教に見られる共通構造を整理してより分かりやすい説明をつけようとしてきた
49 : ななしのよっしん :2015/06/21(日) 03:14:13 ID: FvroZLijKz
キリスト教やら、日本神話にはどれもこれも「太陽が隠れて大変なことになるよー」って話が出てくるけど、
これってやっぱ破局噴火が人類史上あったことを明してるよな。
地学的にもアメリカのラ・ガリータ・カルデラや、トバ、タウポ、と人類が生まれてから噴火したと推測される破局噴火があるわけだし。

神話はただのおとぎ話想話じゃなくて、
実際に起こったことがり継がれたり、記録されたりして、古代人の視点からられたもの。

ヨハネの黙示録の8章にあるラッパの話なんて、もろ噴火後に予測される地球の様子が書かれてる。
もちろん、偶然かもしれないけどね。

火山噴火なんていつ起こるか知ったもんじゃないけど、やっぱ恐ろしいなあ。
50 : ななしのよっしん :2015/06/21(日) 03:36:41 ID: prj7nj6pcn
まあ、昔の人達は今みたいに生存レベルでも安定してないし、純想で
物語を作ってるほど余裕はないだろうな。
現実ベースで、理解できない部分を越的な理由で納得させながら進んできたんだろう。
51 : ななしのよっしん :2015/08/12(水) 09:58:42 ID: zkK8VHVDxe
太陽死んじゃう系の話は精医学から説明されることもあるな
統合失調症太陽体験というのがあって、それがアステカ神話太陽観にかなり近かったりする
52 : ななしのよっしん :2015/08/13(木) 12:26:40 ID: wk5JRTJLzm
神話想では作れないが、物語形成のメカニズムは「お涙頂戴」「やらせ」「出来レース」の三つで、前者はケルト人の、中者はセム人の、後者はフェニキア人のそれぞれ得意とする所。
ユダ陰謀論の出所って要するにユダヤ人は上の性質全部モノにしてますよって話。
記紀もアラブ人の子孫は輿担ぎが巧いねって話だからなあ
ヒストリーが物語とも歴史とも訳されるのはこういう訳。
53 : ななしのよっしん :2015/08/26(水) 12:28:34 ID: LJbxmz4Who
託宣を重視する社会では、変性意識状態を得るため頻繁に物を使用する
物中者は統合失調症を併発するリスクが高く、そのため古代の職者は物狂いが多かった
特に年季の入った“信頼できる老練の預言者”にその傾向が強くて、
一方でそのような人物は物に対する耐性ができているためトランスするのが難しい
結果、の大事を決める託宣にシラフで臨み、統合失調症特有の妄想を垂れ流すこともあっただろう
そして大筋の預言が成就すれば、個人の妄想であっても神話解釈に組み込まれていく

これが>>51メカニズムだろう
妄想から神話が生まれるのではなく、神話妄想によって補されるということ
54 : ななしのよっしん :2016/02/12(金) 19:21:59 ID: hNHFJiUW7o
>>lv251466704
 
55 : ななしのよっしん :2016/02/18(木) 05:07:17 ID: ZXd/AIW5ui
>>sm28197288
56 : ななしのよっしん :2016/03/13(日) 06:36:41 ID: Pus+oX8UsM
>>53
確かにそれが聖書の形成過程であり周代以前の需社会でもあったんだが要するにその「補」というのが統失に出来る仕業かとえば理。
世には「を使おうが精病に患しようが素面の連中」というものが一定多数存在してるものなんだよな。それを何と言ったっけ、「民衆」?いや…

57 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 22:10:06 ID: bcHx6LnDaM
久遠の神話
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015