単語記事: 禁酒法

編集  

禁酒法とは、

  1. 及びそれに類する飲料の製造・流通・販売・摂取などを禁止する法律の事。
  2. アメリカ史上の黒歴史ボルステッド法」(国家禁酒法)。

1.については時限的、地域的、宗教的な理由から設定されている事が多い。一般に“禁酒法”と言った場合、2.について述べている事がどのため、本稿については2.についてに記述する。

概要

消費のためのアルコールの製造、販売、輸送を禁止する法律で、大抵の場合はアメリカで1920年から1933年までの間[1]に施行された法律の事を言う。

Wikipediaにも記載があるが、「実験(The Noble Experiment)」とも揶揄される近代史上稀に見る悪法である。→Wikipedia:アメリカ合衆国における禁酒法

成立から廃止までの出来事

元は宗教的や諸々、厳格な習慣と規を重んじる連中がの根運動から開始し、婦人系団体の支持を集めつつ各宗教閥も巻き込んで、州ごとに禁酒法を成立させる。尚、州法での制定後、バーに乗り込んでは瓶や叩き割るといった、宗教家によるパフォーマンスが行われた。キチガイか?この際、労働者の生産性向上を論んだ企業や、アルコールを含まない清飲料の生産企業も活動に賛同し、当時の大統領により一時拒否されるも議会がひっくり返し、1919年、最終的に連邦禁酒法を成立させるに至る。その後、翌年1920年の1月16日に施行された[2]

結果といえば…周辺諸では普通が作れるので、アメリカ人が旅行で沢山訪れ、米国以外の醸造所は大いに栄えた。米国内においても不法な場SPEAKEASY(スピーキージー/もぐり場)が物凄く多く営業、たまに工業用アルコールを飲ませて失明させるとか、色々やらかす。大衆は遵法精神無く隠れてを楽しむのが基本の状態に。因みにバーボン等のべったいのボトルは、隠し持ち易いようにとこの時代に広まったそうな。

そして、禁酒法時代といえばギャング。これまでの資に加え、は大きな収入の柱になった。違法にアメリカ内へ持ち込まれる密輸大な利益を上げ、裏社会マフィアたちの豊富な資となったのである。

アルコールくして(人が働けば)生産性が向上する!こっちの産業がかる!(が原因の)暴力も犯罪もくなる!という皮算用は、結果的にギャングの跋扈絡みの犯罪率の上昇、アメリカでのワイン生産の壊滅(絶滅)を招き、他のアルコール関連産業も生産技術の壊滅的な技術遺失を招くなどして大幅に遅れを取り、アメリカの富を海外と裏社会へ大量に流出させることになった。

1932年は禁酒法自体が大統領選の争点となり、当選したのはフランクリン・ルーズベルトである。1933年で連邦法では止となった。現在は州法などで一部、その名残があるに留まっている。

歴史から考える禁酒法と法律

なんてのは過ぎればなのはしも解ってる事。西洋においては、を嗜む場以外で酔っ払う姿をす事はかなりみっともない姿であるとされる。東洋人と異なり西洋人の多くがアルコールに耐性を持つだけに、「場をわきまえない+自制できずに酔っ払って彷徨くのは人としてどうよ?」というような考えが流である。

どうしてこうなった?」「…いや、はじめから解ってただろ常考法律の制定の際、には関係ないから、なんて言ってた結果がこれだよ!?」・・・というのが米国禁酒法総括だそうな。

一度の摂取が危険な物(麻薬覚せい剤等)とは異なり、は人の文化と寄り添って作られ発展してきた物であり、過ぎなければ良いのである。本(快楽)に近いものは影を考えて法律教育コントロールすべき事(禁酒法制定前の時点で、の乱用は既に宗教意識的にも抑制されていた)であって、ましてや大昔からあり大衆に広まったものをわざわざ禁止するから歪みが生じるのである。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *英語版ブリタニカ百科事典より。
  2. *総務省統計局「なるほど統計学園」より。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A6%81%E9%85%92%E6%B3%95
ページ番号: 4484788 リビジョン番号: 2385324
読み:キンシュホウ
初版作成日: 10/10/16 01:31 ◆ 最終更新日: 16/07/19 21:24
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」で、「歴史」「91Days」を追加し、「アメリカ」を「アメリカ合衆国」に変更。htmlタグを調整。冒頭を太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

禁酒法について語るスレ

167 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 08:24:04 ID: EjEZi1kuSr
見る人が不愉快がまかり通るなら極端言えば生まれ持った容姿そのものが気持ち悪いというだけで罪になる事になってしまう
オナニーは「する」行為だという反論も、そしたらオナニーを故意に人に見せないという体でやれば合法なのかって話。生まれ持った容姿を見せてるのもこれに当てはめると人によっては強制だ

結局は法律規制されてるかそうじゃないかの差だと思う
法律規制されてないのならそれが一概に正しいとは言えない。日本は法治国家だし


168 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 08:26:12 ID: EjEZi1kuSr
あとは感情論でしかない。
ただ、その感情論が世論としてまかり通ってるのが問題なのだが・・・
169 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 15:21:18 ID: yEo6l3VOrV
なんでオナニーの話になってんだよ
170 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 15:39:16 ID: agv0n2Hq4V
未だに理解できないのが、何故禁憲法修正までやったんだろうか。合衆憲法で滅浮いてるんだよな。議会制定法じゃ駄なのか。
171 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 19:05:25 ID: 8rJOr3bh6X
アメリカは各州の権が強い連邦国家だから
憲法に組み込まない限り強権的に執行できなかったんじゃないか?
禁酒法に乗り気じゃなかった州もあったみたいだし
172 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 14:48:56 ID: natOxb1+mM
高齢者がのどを詰まらせる原因となっているゼリー
どうしてゼリーだけに規制がかかるのか、みたいな話に似てるかな?
173 : ななしのよっしん :2017/11/22(水) 22:16:14 ID: tZyUAHx0c8
>>165,166
その理屈だと、
共の場でエロ本を売っているという現状が浮かび上がっちゃって、
言葉に詰まってしまうんだよなあ

規制に言わせれば、あれこそ「強制」なんだろうし


結局世間の認識のサジ加減ということになるんだろうな
174 : ななしのよっしん :2017/11/27(月) 01:00:10 ID: n7zselct/u
個人的には日本にも禁酒法を導入して欲しい所だが、現実的にはお酒タバコ30歳になってから、ってのでも実現できるかどうか・・・

ふと思ったが、アメリカ規制に消極的なのは禁酒法の痛い経験も一因だったりするのかな?禁法的な?
175 : ID: rknygRwLfy :2017/12/03(日) 13:01:11 ID: ueX5KA/SOZ
アメリカキリスト教国家だから教条的に善悪を決める傾向がある
禁酒法も同じ

だから法律がどうとかという判断も日本人とは観念が違うことは留意しなくてはならないし、それと同時に日本人が談合的にすべてを決める傾向にあることも忘れてはならない

法律は善悪を決めるものじゃないってのを常に考えないとね
176 : ななしのよっしん :2017/12/03(日) 13:18:48 ID: fXgchpDc7w
>>173
>共の場でエロ本を売っているという現状が浮かび上がっちゃって、


売ってるだけなら中身は見えないし、表はそこまで露な描写はない
はっきり明文化されてるわけじゃないが今の日本では性器を露出しないというのが一つのライン
乳首下着にも自主規制がある、重要なのは客観的な基準の有
あと表現規制とゾーニング規制の違いについても理解しておいた方がいい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829