単語記事: 福井県

編集

福井県地図デザイン


美しく、たくましく。
真ん中よりちょっと左上くらいにあります!

福井県とは、日本海や若狭湾に面した県。北陸地方に属し・・・

え、知らない?

福井県
県旗 福井県旗
人口 799,127人(平成24年10月、推計人口)
県庁所在地 福井
県知事 西川
県最高峰 二ノ峰(1,692m)
県の 水仙
県の木
県の ぐみ
県の 越前がに
ふるさとの日 2月7日
公式サイト http://www.pref.fukui.lg.jp/

概要

福井県大自然、豊かなと山の幸、由緒ある歴史・伝統・文化、そして世界に羽ばたく地場産業と農産業に恵まれた今後に期待できるすばらしい県(公式サイト要約)。

嶺南地方(旧若狭敦賀市)と嶺北地方(敦賀市を除く旧越前)は仲が悪いというか、関わりが非常に薄い。そのため、二つの地方は地方自治法上は同一の県とされているものの、地域間交流や文化、経済の上では全く別の県とも言えるような状況にある。歴史上においても、二つの県を旧若狭の住民の反対を押し切って合併させている。

嶺北は石川、嶺南は滋賀京都方面との結びつきがかなり強く、各々の地域の人間が県外へ遊びに行くとなれば、嶺北人は石川へ、嶺南人は滋賀京都へ、という具合になる。また、在福マスコミで嶺南地方を取り上げることが少ないほか、県全域でケーブルテレビが広く普及していて(特に嶺南)、嶺北では北陸放送北陸朝日放送など石川テレビ局電波が、嶺南ではびわ湖放送を中心とした関西テレビ局電波が再送信されており、二つの地方では見るテレビ局まで差異が生じている。これらのせいもあって嶺南の人々は北陸福井域への帰属意識および交流が皆無に近く、もっぱら「近畿」「関西」への帰属意識が高い。

そのため、道州制が施行されて福井県北陸中部)に組み込まれようものなら、嶺南は分離して近畿とくっつくとまで言われている。このこともあって福井県知事は道州制に反対している。嶺北人は関西弁の影を強く受けた嶺南人の言葉を「なまっている」ととらえ、逆に嶺南人はまるで東北弁のような崩壊アクセントの嶺北人の言葉を「なまっている」ととらえる人が多く、県民レベルで隔絶性を感じているんだから仕方ないね

山陰や北関東勢とともに都道府県知名度最下位グループ福井県出身だと言うと東北九州出身と間違えられることがしばしば。コシヒカリ発祥の地だとか眼鏡フレーム生産日本一などの「知る人ぞ知る」という地場産業ネタなら他県並にあるが、隣県にべて決定打に値するもの(観光に耐えうる手なもの)がほとんどいから知名度が低い・・・らしい。県知事も地味さは自認していて地方活性化のためにふるさと納税を発案したのは西川福井県知事である。

歴史的には貿易港や穀倉地帯としてそれなりに重視された地域なのだが、それゆえに中央の有者に与えられる土地という位置づけになってしまい土着の有者があまり育たず地味な印を受ける。戦国時代には朝倉氏が越前を地盤に勢を持ったが最終的に織田信長に滅ぼされているし、朝倉氏の発祥地は但兵庫県)である。(発祥地を言うなら織田氏が越前発祥ではある)

前述の通り、嶺北と嶺南を分ける木ノ芽方言が大きく変わる。賀を中心としたエリア近江弁、嶺南の西が京都や山陰の方言の影を受けた関西弁を基礎とした方言であるのに対し、嶺北は東北弁のように聞こえるアクセント方言。ここまで言が隔絶されてしまったのは、二つの地方を険しい山々が隔てているからであり、かつて賀以北は路での輸送に重点が置かれていたためである。実際に国道8号線や旧北陸本線沿いに大きく回している。この旧北陸本線回したとはいえ、いくつもスイッチバックトンネルが存在する難所だった。現在では自動車道路に転用されていて今も残るレンガ造りのトンネル群が重要文化財に登録される見通し。

この往来の問題は1962年北陸本線北陸トンネル開通によってようやく解消される。この北陸トンネル在来線の陸地トンネルとしては現在も最長ということからもかつての往来の困難さがうかがえる。

 自動車道路明治に入った期から整備がなされ、賀湾東-武生間に数多のトンネル穿ち、明治19年に全長44kmのを開削。その後時代に合わせていくつかの経路付け替え等はあったものの、100年以上経過した今もこのルート国道8号線として利用されている。しかしながら実用に耐え、なおかつ最短距離で嶺北に抜ける道路は長らくこのルートしかなく、北陸自動車道トンネル1977年に供用されるまでこの状況が続いた。そのせいで、平成に入ってから発生した北陸自動車道国道8号線が機不全に陥ったさいは南北の物流が文字通りストップし、新聞でさえも岐阜経由で大回りして1日遅れで嶺南へ運ばれるありさまであった。2004年に木の芽トンネルが開通したことで、ようやくルートが確保されたのだった。

福井県のここが凄い!

よく使う福井弁

なお、一般的な「福井弁」とは福井周辺で使われているアクセントのものであり、嶺南では一部のおじいちゃんおばあちゃんを除きほとんど使われていない。

福井の名産品

伝統工芸マーク伝統工芸品

コシヒカリのふるさと福井

在日本で最もポピュラーの銘柄といえばコシヒカリである。日本で最も有名なブランドと言えば「沼産コシヒカリ」であり生産量も日本一なことからコシヒカリ新潟県お米というイメージが強い。しかし福井県民はを大にして言いたい。

コシヒカリ福井で生まれたお米です」と。

コシヒカリの起となる交配が行われたのは新潟県だが育種が行われたのは福井県である。品種良は一回の交配で終わるものではなく育種によって性質が固定されて初めて品種の誕生となるため、コシヒカリという品種が生まれたのは福井県と言える。最終的に価を見出したのは新潟県ではあるが…

福井県とコシヒカリにまつわるあれこれ

恐竜王国福井

1982年に勝山で恐竜と同時代のワニ化石が発見されたことや石川県での恐竜化石の発見(奇しくも福井県の女子中学生が発見者だった)により1989年から福井県での本格的な恐竜発掘が始まった。以後次々と恐竜化石が発見され2015年10月現在、恐竜化石の8割以上が福井県で産出し、内で有効な学名が付けられた恐竜7種のうち5種が福井県で発見されている。このことから数少ない名物として福井県が「恐竜」を熱心にPRしている。ご当地マスコットもジュラチック福井県公式恐竜ブランド)・はぴりゅう福井マスコット)・リューピー君(福井県マスコット)など恐竜モチーフが多い。2000年には福井県立恐竜博物館が開館し福井県観光施設であると同時に内随一の恐竜研究施設にもなっている。2015年には北陸新幹線金沢開業に合わせて新幹線はまだ来ないのに福井駅前に学術的に正確に再現された実物大の福井県恐竜3体の動くモニュメントが登場した他、県内のホーム恐竜博士が座るダイノベンチも出現している。これにはTwitterなどで反があったが

恐竜より福井駅にこんなに人がいることに驚きだよ」

恐竜出現より人だかりの方がしい恐竜福井であった。

福井の恐竜

これらの恐竜福井県立恐竜博物館実物化石が常設展示されている。また恐竜の足跡や殻化石、同時代の哺乳類鳥類化石も見つかっていて今後も新発見や新種発見が予想される。

福井出身の有名人

歴史上の人物
芸能人など
スポーツ選手
著作家・クリエイターなど
その他
ニコニコの有名人
架空の人物

※ ニコニコ大百科に記事のある方のみ記載して下さい。

福井が舞台の作品

福井県の誕生

近代以前

律令時代の福井県

奈良時代以降現在の福井県にあたる地域には越前若狭が設置されていた。この時点で福井県の輪が見えるが置県以前に越前・若狭両が統合された行政区分になったことはい。

江戸時代には初め越前徳川家康の次男である結城(松平)秀康が、若狭一極高次がそれぞれ封ぜられた。その後越前では秀康の長男の素行不良により領が縮小されると以後越前には小が分立し領・領・飛び地が錯綜するようになった。一方若狭では越前が加えられた後極氏が移封され代わりに幕府老中の酒井忠勝が入り以後幕末まで若狭一酒井氏統治が続いた。

廃藩置県

置県直後は幕末がそのまま県となったため若狭は旧と合わせて小県となったが越前は9つの県に分かれて飛び地など界が複雑に入り乱れていた。参考

明治4年(1871年)

明治4年から5年の福井県明治4年の福井県

越前坂井吉田・足羽・大野・丹生と幕府直轄地であった加賀白山麓地域が合わさって福井県が、若狭越前の今立・南条が合わさって賀県が誕生した。この福井県はその年の内に足羽県に称される。これは旧名から県庁所在地名にしたものだが、福井親藩であったため明治政府がその名を嫌ったとも県側が政府を憚ったとも言われている。 また賀県に今立・南条が含まれたのは人口の調整の為、県庁を賀に置いたのは明治政府が際貿易港として賀港を重視したほかに戊辰戦争の際に幕府側についた小の解体を意図したとも言われる。明治5年(1872年)には白山麓地域が石川県へ編入され現在の県域の原ができた。

明治6年 (1873年)

敦賀県

賀県が足羽県を編入し現在の福井県とほぼ同じ県域になったが県庁所在地賀のままであったので往来の難所である木ノ芽(木嶺)以北の越前の不満が高まり県庁移転運動おこる。「木嶺以南」を「嶺南」、「木嶺以北」を「嶺北」とする区分が生まれたのはこのときである。

明治9年 (1876年)

明治9年の福井県明治9年から14年の石川県

県庁問題と全的な県統合の動きから現在の嶺北地方は石川県、嶺南地方は滋賀県に編入され賀県は消滅した。 滋賀県に編入された嶺南地方では元々交流が深かったことから特に大きな混乱かったが嶺北地方が編入された現在の富山県も含んでいた当時の石川県(通称大石)では金沢導権を握っていたため地域対立がしかった。

明治14年 (1881年)

明治14年から昭和33年の福井県

石川県から嶺北地方が分離、合わせて滋賀県に編入されていた嶺南地方を分離合併しここに現在に至る福井県が誕生した。この時嶺南地方住民の意向は考慮されず滋賀県べて福井県の税が高かったこともあり滋賀県復帰をめる分県運動おこる。結局滋賀県復帰は実現することはかったが現在でも対立感情は残り道州制では分県してでも関西入りをすと嶺南首長が言するほどである。

明治14年で現在の福井県は誕生した。しかし実はこれ以降にも県域は変化している。

それは1958年昭和33年大野石徹村の岐阜県側への越県合併である。 昭和の大合併の際に石徹村は季の往来の困難さと岐阜県側との交流の深さ、福井県の対応の不信感から越県合併をした。福井県阻止しようとしたものの最終的には自治庁の裁定により石徹村の2集落を福井県和泉村に編入し残りの大部分は岐阜県側へ越県合併をした。これにより福井県は九頭の最長流を失った。

このことは忘れられているのか用意するのが面倒なのか昭和以前の福井県の図でもしばしば石徹地域を含まない図が使われる。

明治14年以降の福井県 福井県
石徹村越県合併前 石徹村越県合併後

市町村の位置

市町村ニコニコテレビ君の旗をマウスオーバーすると市町村名が表示され、クリックするとその項までジャンプします。

あわら市旗
坂井市旗
福井市旗 永平寺町旗 勝山市旗
越前町旗 鯖江市旗   大野市旗
越前市旗 池田町旗
南越前町旗
美浜町旗 敦賀市旗
高浜町旗 おおい町旗 小浜市旗 若狭町旗

福井県内の地名

県内の難読地名地名・歴史的な地名を紹介する。

  • 福井(ふくい/県名・名) - 元の地名は北ノだったが越前3代敗北に通じるということから(実際に柴田勝家が自し先代忠直が隠居に追い込まれている)福が居る「福居」とめられた。しかし幕府からの文書で「福井」と間違えられ側も訂正できず「福井」を用いるようになったという残念な経緯を持つ。
  • 越前(えちぜん/旧名・町名) - 古代に現在の賀から新潟県にかけての一帯は越(高志)と呼ばれていた。それが三分割され都に近い順に越前越中・越後となった。
  • 足羽(あすわ/福井) - 旧名や福井中心部に位置する足羽山や足羽で県民にはなじみ深い地名だが実は難読。「あしばね」や「あしかが足利)」ではない。
  • 遠敷(おにゅう/小) - 全的に見ても屈難読地名だが平成の大合併以前は名として使われていたので嶺南住民は何の疑問もなく読める。元は「小丹生」で美しき(小)水銀(丹)の産地(生)くらいの意。好字令によって「遠敷」にめられた。読ませ方はオンフ→オニウ→オニュウでこの変化はシンノ→シナノ(信濃)、ナンハ(゛)→ナニワ(難波)と同様。
  • 悪(さかなし/若狭町) - 県内一の難読地名。「悪善」(さがなくばよし)の逸話で知られる小野篁逗留伝説が残る。元は「坂足」か。
  • 下タ中(したなか/若狭町) - 2文字カタカナ漢字仮名交じりで、助詞でも外来語でもないカタカナが含まれるしい地名。読みのための補助的なカタカナがいつの間にか大きく書かれるようになった。
  • 賀(つるが/敦賀市) 福井県都市で県民は何の疑問もなく読んでいるが「」に「ツル」の読みはないため初見では絶対に読めない難読地名初見では「アツガ」や「カクガ」と読まれる。元は「鹿」で読みは「ツヌガ」だった。「」の古代の発音からトゥンガ→ツヌガと読ませ「賀」の字があてられたあと読みが訛り「ツルガ」となった。
  • 新田塚(にったづか/福井) 江戸時代に地中から立な兜が見つかり、これが南北時代にこの地で討ち死にした新田義貞のものとされたことが地名の由来。

福井県の自治体

旧市町村境 福井県地図

→ 

市町村境入 福井県地図
平成の大合併前 平成の大合併後

平成の大合併前から自治体が最も少ない県だったが平成の大合併でさらに自治体が減り17になった。ただし現在自治体数が最も少ない県は富山県の15。単位の合併と越合併により大飯以外は一一町となり村はくなった。まとまりすぎて旧市町村名を使ったほうが分かりやすいことも。

嶺北地方 嶺北地方

木ノ芽にして県の北東地域。賀と旧石徹村を除く旧越前令制で四等級中最上級の大歴史的に有者が支配してきた。

文化も気北陸で、福井県イメージされることはだいたい嶺北のこと。ただし大野と勝山越地方に分けられることもあり、こちらは飛騨文化の影も見られる。平野部でもが積もり山間部は地帯でスキー場がある。ただし沿部は暖流の影で積は少ない。

地形は若狭湾のリアス式(沈降)に対して越前で北部の福井平野以外は沿いに地が少ない。そのため沿部の道路海岸線を走っており色はいいががけ崩れや高波でしばしば通行止めになる。河川は沿部以外ほぼ全域が九頭系(九頭日野・足羽)でまさになる。そのため基本的に人口密集地は内陸の沿いに有る。

平成の大合併では合併が進み、勝山池田町以外は合併に参加した。単位で合併が進んだため一一町となり地図がかなりすっきりした。しかし「越前」のつく自治体が3つ誕生してさらに全て隣接しているのでややこしくもなった。

福井市

福井市章自然・活気・誇りにみちた 人がく かえりたくなるまち ふくい福井市

越前市

越前市越前市章府の文化との技、日野山川に育まれ ひとづくり、ものづくり、まちづくりの活みなぎる「元気な自立都市 越前

鯖江市

鯖江市章めがねのまち さばえ鯖江市

あわら市

あわら市章ゆうゆうと 人がく いやしと創作のまちあわら市

大野市

大野市章自然と人が調和しともに創り育てる 名のまち大野大野市

勝山市

勝山市章小さくてもキラリる誇りと活に満ちたふるさと勝山勝山市

坂井市

坂井市章未来へ・・・みんなで創る希望都市(まち)坂井市

永平寺町

永平寺町章うるおい・やすらぎ・人がきらめくまち・えいへいじ永平寺町

池田町

池田町章能楽の里~ 格ある美しい. ほっとランド池田池田町

  • 人口 2,901人
  • 嶺北では数少ない平成の大合併で合併に参加しなかった町。
  • 面積90以上を山地が占め足羽流地域である 田舎 自然豊かなのどかな町。
  • の田楽・舞がの重要形民俗文化財に定され能面美術館がある伝統を受け継ぐ町。
  • 住民の高齢化過疎化で状況は厳しいが平成の大合併には静観の構えを示すなど独自のを模索している。

南越前町

南越前町章歴史の恵みに抱かれて、出会いから活ひらく町南越前町

越前町

越前町章「人と技 土里(みどり) 織りなす 快適なまち」 越前 E-town Brandの創造-越前町

  • 人口 22,584人
  • 丹生の4町村が合併してできた町。
  • 平成の大合併以前からの越前町が合併に参加したのはここ。
  • 越前ガニ漁が盛んで越前がにミュージアムがある。
  • 越前で一番突き出ている越前岬がある。と言ってもあまり出っっていないのでわかりにくい。
  • 織田地区は名前からも分かる通り織田信長を輩出した織田氏発祥の地。ただし読みは「おた」。
  • 窯業も盛んで越前焼の窯があるのはここ。

嶺南地方 福井県嶺南地方

木ノ芽にして県の南西地域。旧若狭+賀。地は狭いものの都に近く豊かな産物や製、交易により古くから重視されていた。若狭朝廷産物を献上する「御食(みけつくに)」であったと考えられ若狭から産物が運ばれていたことを示す木簡が大量に出土している。越前であった賀も歴史的に結びつきは若狭の方が強く江戸時代にはは小の支だった。

嶺北地方とは対照的に関西文化北陸文化とはあまり縁がない。そのため嶺北よりも関西への帰属意識が強く嶺北のことを聞かれても分からず嶺北と一緒にされるのを嫌う。「福井弁しゃべらないの?」は禁句。気日本海側気だが標高の高い山がいため積較的少なくスキー場もない。むしろ滋賀県側にスキー場があり積も多かったりする。

地形は教科書にも載っている典的なリアス式三陸の扱いの方が大きいが)で山とが迫り地が少ない。河川は大河はく短い河川の各河口周辺の限られた平野地が形成されている。半島部はほとんど地はなくわずかな地に集落が形成されている。半島部の集落へは今では道路が整備されているがかつては船がな移動手段だった。半島を一周する道路はなく土砂崩れで寸断されるとたちまち陸の孤と化す。

かつては漁業浴をとする観光業が要な産業の地域だった。しかし原発が建設されたことを皮切りに4自治体に原発が建設され原発関連産業で地域経済がにぎわい原発立地自治体は原発関連の収入で潤っている。また非原発立地自治体でも原発関連企業や作業員の宿泊などで原発経済的恩恵を受けているため嶺南地方では全体的に原発に肯定的である。そのため他の原発立地地域とべてもやや特殊で原発再稼働の際の周辺地域の同意の問題というのは嶺南以外の地域のことである。

国道27号線自動車で走っていると道路に門のようなものがいくつか設置されている。これは原発事故の際に封鎖するためという噂もあるが実際は大の際に危険個所に侵入させないためのもの。この設備が存在しない山間部を走る国道は存在しない(三桁国道にも普通に存在する)。

平成の大合併では嶺南一構想も持ち上がったがほとんど話が進まなかった。原因の一つは原発立地自治体と非立地自治体の財政格差であったことから非原発立地自治体同士での合併が模索された。しかしその場合必然的に小が合併後の導権を握ることになるためそのことを嫌った遠敷の自治体は多少の利便性を欠いても越合併を選んだ。

敦賀市

敦賀市章世界をつなぐ港まち みんなで拓く交流拠点都市 敦賀市

オバマ氏  小浜市旗小浜市

YES, WE CAN! 小浜市章「夢、限大」感動おば小浜市

美浜町

美浜町章美(うま)し美  ~おいしい自然ハートフル美浜町

若狭町

若狭町章きと優しさに出会えるまち若狭町

  • 人口 15,789
  • 遠敷上中町と三方三方町が越合併してできた町。
  • 嶺南一を見据えて非原発立地自治体同士で合併したが嶺南一の見通しは全く立っていない。
  • 合併したものの基本的なつながりが薄く旧上中町と旧三方町で電話するのに外局番が必要であったりごみの分別が別であるという事態が発生している。

おおい町

おおい町章住む人に豊かさを、訪れる人に感動を   おおいなる未来おおい町

高浜町

高浜町章活生(いきいき)タウン高浜町

観光地

文化施設
福井県立恐竜博物館(勝山市)
名所旧跡
一乗谷朝倉氏遺跡(福井市/特別史跡・特別名勝)
金ヶ崎城(敦賀市)
丸岡城(坂井市/重要文化財)
永平寺(永平寺町)
平泉寺白山神社(勝山市/白山国立公園・史跡)
自然景勝地
東尋坊(坂井市/越前加賀海岸国定公園・天然記念物)
  • 「東尋坊」という悪僧がこの場所で投げ落されて殺されたためその名がつき自殺の名所にもなった。
  • しかし東尋坊から飛び降りても死なないことを示すため、かつて1日に繰り返し東尋坊から叫びを上げながら飛び降りていた通称「ドリャーおじさん」がおり、探偵ナイトスクープで取り上げられたことがある。
  • 現在ドリャーおじさんは飛び込みを行っていないが今でもご健在なようである。
  • 学術的に言えば日本海の荒波の浸食により地上に現れた石安山岩の柱状節理。
  • これほどの規模のものは世界に3か所のみで学術的に重なため天然記念物に定されている。
気比松原(敦賀市/若狭国定公園・名勝)
三方五湖(美浜町・若狭町/若狭湾国定公園・名勝・ラムサール条約湿地)

三方五湖

祭り

福井県の放送局

福井県の交通

道路

鉄道

空港

港湾

関連動画

関連商品

関連項目・コミュニティ

福井県 公式 #fukui
Chakuwiki 福井 勝手にコンサルティング福井
.
スタブ
日本の都道府県の一覧
都道府県キャラ萌え萌え化計画
都道府県対抗シリーズ

※「福」のつく3県…福井県 / 福島県 / 福岡県

北陸地方福井県 / 石川県 / 富山県


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E7%9C%8C
ページ番号: 431695 リビジョン番号: 2331408
読み:フクイケン
初版作成日: 08/08/05 09:10 ◆ 最終更新日: 16/02/29 23:28
編集内容についての説明/コメント: フクイベナートル命名につき更新 概要に歴史的位置づけ等追記 福井県の誕生に加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


明治4年~5年の福井県

明治14年以降の福井県

明治9年の福井県

敦賀県

明治4年の福井県

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

福井県について語るスレ

288 : ななしのよっしん :2015/10/20(火) 23:35:27 ID: 70WPq4Pm8Y
>>249
百合ちゃんのCM観ると、ホンマにすげー秘的な名刹に見えてくるな
まあ確かに伝統ある寺(社)ではあるが
289 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 16:39:46 ID: +4g1ppzwDh
>>279
なんとなく思い出してまた読み直してたらデレマスと合わせてビビった
AIRもだけどまさかこれがここっていうのをたまに食らう

思うにこれ、都会(関西)に近くて、ほどよく閑散としてて
古いけど古すぎない、良くも悪くもステレオ日本っぽいってことで
でよくありそうな場所とわかるようなモチーフに使われるんじゃろか
リアス式のおかげでと山双方のロケーションもクソ近いし
290 : ななしのよっしん :2015/10/27(火) 19:41:22 ID: gB9ba4KK71
福井は人口減少スピードとかどうですか?
メガネと漆器売れてますか?
成長産業や大企業の誘致などは有りますか?
恐竜観光もしくは研究として福井で成立していますか?
恐竜以外にを入れていることは有りますか?
日本海側に存在する他県とべてどういう位置づけなんですか?


興味があるので福井に詳しい人教えて下さい。
291 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 00:53:48 ID: be29Ue14x6
>>290
>福井は人口減少スピードとかどうですか?
人口減少は地方自治体の多分に漏れず深刻
住みやすさの標は高いけどやっぱり若者は都会に出て行っちゃう

>メガネと漆器売れてますか?
眼鏡と漆器はブランドの地位は確保してるけど安い外産に押されたり市場の縮小で売上高は右肩下がりで眼鏡の加工技術を応用してチタンなどの金属加工品を作ったり新素材、新技術を導入して生き残りをかけてるみたい

>成長産業や大企業の誘致などは有りますか?
実は電子部品の製造が多くて中国向けのスマホ用電子部品の輸出が好調らしい
県外資本では村田製作所とかアシックスとかおたべの工場があったり県内資本ではドラッグストアのゲンキーが店舗数を増やしていて県外にも進出してる
292 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 01:05:50 ID: be29Ue14x6
>恐竜観光もしくは研究として福井で成立していますか?
恐竜福井県で一番成功してるコンテンツだと思う
福井県立恐竜博物館は年々入場者数が増加していて2015年度は上半期で60万人を記録してるし口コミサイトでも評価は高い  研究機関としても日本で一番恐竜化石を産出する場所で研究してる訳だから内の恐竜研究で最先端なのは間違いない

>恐竜以外にを入れていることは有りますか?
恐竜以外では北陸新幹線金沢開業もあって観光PRにを入れている感じ
一乗朝倉氏遺跡とか街道とか越前をはじめとする伝統工芸とか食文化とか
実際に北陸新幹線効果は予想以上に大きくて県内の観光地は軒並み観光客が増加した

>日本海側に存在する他県とべてどういう位置づけなんですか?
位置づけと問われるとなかなか難しいけどまず北陸関西界で北陸三県の中では軽工業や電子部品の製造を中心とする産業構造 あと関西の電地帯 歴史的には大陸から都への玄関口
嶺南は基本的に関西志向だから日本
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
293 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 12:56:11 ID: gB9ba4KK71
詳しい回答ありがとう。福井旅行にいくので非常に参考になりました。
294 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 23:33:50 ID: be29Ue14x6
>>293
福井県観光地は地味なのが多いけど裏を返せば落ち着きがあるということだからそんな雰囲気が好きな人には魅的だと思う
その好例が一乗朝倉氏遺跡で部分的に復元並みがあるとはいえ大部分が遺構のみでそれがかえって郷愁を誘う福井県では恐竜博物館に次ぐ人気の観光
像に興味があるなら若狭小
伝統工芸に興味があるなら越前越前物(ともに越前)と越前漆器()と越前焼(越前町)は産地同士が較的近いからおすすめ
眼鏡と漆器に関心があるなら道の駅西山公園かめがね会館とかうるしの里会館とかがある
とりあえず参考までに
295 : ななしのよっしん :2015/12/30(水) 14:09:28 ID: WNisjRNv2i
そういやメガネブっていうテーマにしたアニメがあったな…メガネ野菜かなんかが入った今川焼みたいなのしかご当地要素なかったような覚えがある
296 : ななしのよっしん :2015/12/31(木) 01:34:04 ID: be29Ue14x6
>>295
一応西山公園とか武生駅とかが舞台として登場してたよ


ところで>>294で一乗朝倉氏遺跡は福井県立恐竜博物館に次ぐ観光地と言ったが一乗の方が観光客は多かったようだ

一乗観光客が初100万人突破 福井県内の観光地の中で突出(福井新聞)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/economics/84880.html
>一乗朝倉氏遺跡のことしの年間観光客入り込み数が11月末時点で、前年同期56・6増の106万2900人となり統計開始以来、初めて100万人を突破した。
>今年3~9月の入り込み数は、同遺跡が83万6900人と最も多く、県立恐竜博物館福井県勝山621800人、大本山永平寺永平寺町)36万1100人と続く。

個人的にはこれは意外
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
297 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 15:06:04 ID: g1IRiYAGtB
>>sm20547840

ちょっと福井県興味持ったわ。
行くから待っててくれよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015