単語記事: 福沢諭吉

編集

福沢諭吉とは、幕末武士であり、明治時代の思想教育者である。

現代では一万円札の隠喩にもなっている。

概要

少年時代

fukuzawa1-1fukuzawa1-2
fukuzawa1-3fukuzawa1-4
fukuzawa1-5fukuzawa1-6
fukuzawa1-7fukuzawa1-8
fukuzawa1-9fukuzawa1-10

保5年12月12日(1835年1月10日)豊前中津の士族、福沢助の5人兄弟の末っ子として生まれる。 大阪に勤務していた為大阪で生まれるが、1歳の時にが死去、一家総出で中津に帰参する。

今で言う庭で、の順(おじゅん)は厳しくはかったが躾はしっかりしていたようで、三味線や芝居見物などは暗黙の了解で厳禁だったらしい。 兄弟仲はとても良かったが、中津では方言が違うなどの理由で上手く適応できず友人が居なかったという。 物心着く前には死んでいたが、学者になりたくても身分が原因でなれなかったに対して特別な思いがあったようで、後に「門閥制度は親の」と自伝でっている。

少年時代エピソードとして有名なものに、殿様の名前が書いてある札を踏んだら罰が当たるとに怒られ、それなら神様の名前が書いてある札を踏んだらどうなるかと試したが何ともかったという逸話がある。ついでに便所として使っても何ともかったらしい。

また、神社に御体として置いてあった石を別の石と置き換えてみたり、飾ってあった札を取って捨てた後、神社の周りでお祭りが始まったのを見てm9(^Д^)プギャーするなど迷信の類は一切信じない性質であった。

読書は大嫌いだったが、14歳頃になって近所の連中が皆読書しているのを見て焦ったのか、塾に通って猛勉強を始める。 、世説、左伝、戦策、老子、荘子、前後漢書、書、五代史、元明史略などを全て通読、11回も読み返し面いところは暗記するという秀才振りを発揮した。

青年時代

19歳の時に誘われて長崎に遊学し、そこでオランダ語を学ぶ。折りしも船が来航し、西洋砲術が大ブームとなっていた時期であった。 そのままツテを頼ってに内緒で江戸行きを企むが、途中寄った大阪と会った際に止められ、代わりに大阪で勉強すればよいと勧められて塾を探し入塾。 緒方催する適塾である。

たちまち頭を現すものの、腸チフスにり重症。治療後もしばらくは健康が優れず一時中津へ戻る。

しばらくして再度大阪へ行くと今度はが死んだので戻るようにと連絡が来る。 戻って督を継ぎ喪にすものの、どうしても大阪で勉強を続けたいとの思いから親戚に話すも猛反対をされる。

そこで思い切って母親に、今自分は大阪で修行している事、必ずものになってみせる、ここに居たら朽ち果ててしまうからしいだろうけど自分を手放してください、と思いの丈を話した。く、

「ウム宜しい。アナタさえそう言って下されば、がなんと言おうと怖い事はい。オーそうとも。が死んだけれど死んだものは仕方がない。お前もまた余所に出て死ぬかも知れぬが、死生の事は一切言う事なし。何処へでも出て行きなさい。」

吹っ切れた福沢大阪に戻り、再び適塾で勉学に励む。安政4年、22歳の頃塾頭に登りつめる。

適塾時代

適塾時代の生活は自由奔放だったようで、彫り物だらけのゴロツキがたむろする牛肉屋(当時はど存在しなかった)に通いつめたり、フンドシ襦袢も着ない一糸纏わぬ生まれたままのクールビズで下宿先の下女達やさんをドン引きさせる。

長崎学を教えてくれた人物が適塾に来た際には「師関係アベコベwwwざまあwwwww」と内心思ったという。イヤなである。

塾内の紀は相当乱れていたらしく、塾の中で七輪やらやらを用いて煮たり焼いたり、洗面用のたらいを調理具にしてみたり、塾生全員しらみを飼っていたりと22歳児福沢が塾頭を務める適塾はあたかも学級崩壊の様相を呈していた。

かと思えばさにあらず、皆優秀なんだよね不思議な事に。

他にも、スリに間違われて肝を冷やしたとか、万引きと間違われて逆におどしたり、塾生に味噌漬けと偽ってフグを喰わせてみたり、の屠殺を肩代わりしたお礼にの頭を貰って解剖後煮て食った某とか、解剖した某とか、作った硫が棚から落ちてきて頭から被った某とか、22歳児福沢塾頭裸族と愉快な仲間たちのやんちゃぶりは留まる所を知らなかった。が、その辺の詳細は福翁自伝を参照して下さい。

ちなみに福沢によると当時の大阪ではスリと言えば大罪で、見つかったらその場でヌッ殺されてに沈められたんだそうな。大阪って怖いね。

転機

安政5年、福沢命で江戸に向かう。江戸邸に学塾を開く為の人材登用であった。 10月下旬に江戸に到着し、邸内の長屋を借り塾を開く。この塾が後に慶応義塾となる。

江戸では学原書の難しい部分を先輩に質問して量を量るなど相変わらずの嫌らしさであったが、ここで挫折を経験する。

安政6年、当時開港されたばかりの横浜に行って試しに外国人に話しかけるがオランダ語が通じない。 それどころかどこもかしこ英語だらけでオランダ語など何処にもい。

今まで死に物狂いで勉強してきた事が役に立たないと落胆したがすぐさま気持ちを切り替え、今度は英語の勉強を始める事にする。 始めるに当たって何人か勉強仲間を募ってみるもなかなか賛同者が見つからない。

ところでこの時勉強仲間として誘った相手に村田蔵六なる人物が居る。 適塾の先輩であり、後に長州で軍制革を行い幕府との戦争指揮官となった大村益次郎である。

福沢村田に「イングリッシュスタディ、トゥギャザーしようぜ!」と誘うが「オランダ語で充分である」と頂面でに断られている。

結局原田敬策と言う人物と英語を勉強し始めたが、英文を翻訳するに当たって一度オランダ語翻訳した後に日本語に再度翻訳すると言う方法で学んでいった。学も決して益ではいと思ったと言う。

遣米使節団

安政6年の、幕府がメリケンに使節を出すと言う話が持ち上がる。 メリケンに行ってみたいと思った福沢は、学医の総本山であるに頼んで艦長の木村喜毅への紹介状を貰い木村と面会。 志願者が少なかった為、「宜しい、連れてってやろう」と二つ返事で了承。安政7年正月、乗船した咸臨丸が出航する。

途中でに見舞われたが事にサンフランシスコに到着。祝が撃たれたため、こちらも応したらどうかという話が出たときに指揮官の勝舟が「ジャップにゃ出来ねーよ」と放言し、ムキになった担当者が「オレが撃ってみせる」と宣言。勝は「バカ言えオマイラに出来たらの首をやるよ(´,_ゝ`)プッ」とさらに挑発。

fukuzawa2-1fukuzawa2-2
fukuzawa2-3fukuzawa2-4
fukuzawa2-5fukuzawa2-6

担当者は首尾よく応を成功させると勝に対し「オマエの首はオレのモンだが航中に用もあるから預けておく」と言って船員達を爆笑させた。

福沢はこの勝舟の黒歴史を後年嬉々としてっている。二人ともイヤなだねー。

着くと速現地調を開始。メリケン人に工場やら何やら自慢気に案内されるものの事前に知識を得ていたため特に驚く事もかったが、社会の習慣や制度に関しては例のワシントンの子孫に関する逸話が示すように右も左も分からなかったようである。

そんなロストイントランスレーションを体験後、船上でメリケン少女と撮影した写真を見せびらかしたりしながら帰の途に着いた。

幕臣時代

万延元年5月5日賀に到着。帰した福沢は幕府外方に雇われる。この年に英語辞書の『英通』を翻訳出版。これが初めての出版物となる。

文久元年、今度は欧州視察に同行する事になる。いろんなに行くのだが、ここではwikipediaに載っていないロシアでのエピソードを。

ロシアでの滞在中、接待の仕方が驚くほど日本の式に則ったものであることをいぶかしんだ福沢が接待委員に探りを入れてみると、背後に「ヤマトフ」と名乗る日本人らしき人物がいるらしい事が分かった。結局会えずじまいだったが、晩年の速記録でも出てくるようなエピソードなのでかなり印に残ったようである。

なお、このヤマトフなる人物、実在の人物で本名を立花粂蔵(たちばなくめぞう)といい、遠州掛川士族だったがワケ有りで出後各地を転々とし、伊豆滞在時にたまたまロシア軍艦が難破した折に艦長と仲良くなってそのままロシアに高飛び。現地で日本語を教えたり対日本外交のスーパーバイザーを務める。明治6年に岩倉使節団に促されて帰し、明治18年に65歳で死去というトンデモ経歴を持つ歴史に埋もれた怪人物である。

また、ある日ロシアの接待委員が福沢を連れ出してこう言った。

ロ「お前持ちか?」
福「イヤ全然」
ロ「そうかそうか。じゃああんな小国帰らずにこのままロシアに留まらないか?」

なんとロシア側から買収工作を仕掛けてきた。おそロシア。しかし福沢

             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄;;;´;;、;;;ヾ;;;, -──--、!
.        /'´|;;;;,、;;;;;;;;;;/      ,!
.         /:.:.:.レ´:.ヾ;;;;;;i   断 だ ,!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;i  る が .,!
.      /:.;.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ       ,!
.       /レ' ;|:.:.:.:.:.:.:,:ィ:.:.:.:〉 __,.,!
     /-、ヽ,:|:.:.:,/ /:.:.://.:,:ィ:.:.:.,!
      /'ヽ、ヾi ゙´.:   /__;:;:-'"´ ,;|:.:.:.,!
.    /ゝ-`';:/ .:〈ニ=-=ニ二 ̄ヽレ',!
   /::::;;;;;/  ' ,, ニ`ー-,、__\〉ィ,!
.   /;:::::/ ::.    ::.,,\_ゞ;'> 〈;,!
  /i!:::::iヾ-'、::..       '';~ ,;:'/,!
. /;;;i!fi´l_、,.`        .: ,;:'  ,!
/;;;;;i' ('ー、ヽ      ..: ,;:''   ,!
ヽ、jゝ、`ヾ:、゙、   ,..:'.:'"    .: ,!
   ``ヽ.、_ ¨`  ,:'      (_r:!
       ``ヽ.、..    ノr;ソ~,!
             ``ヾ、 / 7,!
                 ``ヽ,!

と拒否。この件が原因なのか晩年になっても福沢は「ロシアは気の知れぬ」とおそロシア表明している。

外遊から帰すると尊王攘夷が最盛期を迎えており、同僚数人が襲撃を受ける。身の危険を感じた福沢はこの頃から明治前期まで間外出を控え、旅行する際には姓名を偽っていたという。ヘタレと言いたいところだが、明治3年には実際に暗殺未遂に遭遇しており、杞憂と言い切れないのが時代を感じさせる。

攘夷思想については当然反対であったが、かといって幕府が良いかというとそうでもなくむしろ幕府こそが下第一の攘夷であると言い切り、幕府は倒されるべきと考えていた。この頃の福沢の政権構想としては、将軍を中心とした諸侯による議会を考えており、いわゆる議政体論に近かったようである。

文久3年6月、恩師の緒方が死去。お通村田蔵六と一着起こすが、この件は大村益次郎の記事を参照。

慶応2年、海外渡航の経験をまとめた『西洋事情』を出版する。

王政維新

慶応4年1月羽・伏見の戦いで戦線離脱した徳川慶喜江戸へ戻ってくると内大騒ぎになり、福沢の同僚達も上方の賊軍と一戦交えると殺気立っていたが、「そうか頑れ、は逃げる」と宣言し顰蹙を買うなどしているうちに江戸無血開城が決定、幕府は全に解体される。

3月、塾を州の邸から新銭座に移し、4月に塾名を慶応義塾にめる。この時代、塾ではと暮の年2回程度を払うのが習だったが、それを1回授業料を払う事を義務付けた。幕府消滅と共に直属の学校閉鎖してしまったため、代わりとばかりに慶応義塾の入学者が増えていった。

5月村田蔵六大村益次郎上野戦争から始まる一連の戊辰戦争揮していた頃の事。内戦が続く不安定な情勢の中、福沢は塾で教を取りながら以下のように学生たちを励ましたという。

昔々、ナポレオンの乱にオランダの運命は断絶して、本は申すに及ばずインド地方までことごとくとられてしまって、国旗を挙げる場所がなくなったところが、世界中わずかに一箇所を遺した。ソレは即ち日本長崎の出である。

~略~

シテみるとこの慶応義塾は日本の洋学のためには、オランダの出と同様、世の中に如何なる騒動があっても変乱があっても未だかつて洋学の命脈を絶やしたことはないぞよ、慶応義塾は一日も休業した事はい、この塾のあらん限り大日本世界の文明である。世間に頓着するな。

明治時代

明治以後、政府から度々出仕の要請が来るものの全て断っている。本人く当初は攘夷政府と思っていたから在野で活動する事にしたそうだが、後年勝舟や榎本武揚を『痩慢の説』という書簡で批判している事から仮にも幕府に仕えた者が新政府になびく事を潔しとしなかったのかもしれない。

活動は益々盛んになる。杉田の『学事始』の出版から始まり、『学問のすすめ』『ひびのおしえ』『文明論之概略』『民情一新』等の著作を発表。『学問のすすめ』や『ひびのおしえ』では穂浪士や桃太郎エピソードを否定的に評価して価値観の転換を促した。『文明論之概略』では東西文明の対独立について説き、『民情一新』では英国流の議会設立を提案する。議会設立に関する考えが交友のあった大重信に似ていた事から明治十四年の政変時に大と共謀していたのではとあらぬ疑いをかけられたりもした。

他にも、北里三郎を援助して伝染病研究所の設立に協するなど、日本の近代化に多大な貢献を残す。
近年では防をくから唱えており、帝国海軍初期の将帥のかなりの数が慶義塾で学んだ事(初代軍令部総長の仲牟田倉之助、常備艦隊令長官・日高壮之軍兵学校長有馬など)や自らが創刊した新聞『時事新報』に軍の話題が確認されるなど、勝舟と並ぶ日本海軍の育ての親ともえるかもしれない。

明治31年(1898年)、63歳の時この記事の元ネタである『福翁自伝』を脱稿するが、同年に溢血を発症。回復するも3年後の明治34年(1901年)に再発し、2月3日に死去。享年66歳(数え年では68歳)。名は大観院独立自尊居士。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A6%8F%E6%B2%A2%E8%AB%AD%E5%90%89
ページ番号: 3400369 リビジョン番号: 2262428
読み:フクザワユキチ
初版作成日: 09/05/31 09:58 ◆ 最終更新日: 15/09/17 23:50
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「一万円札」「ヴ」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

福沢諭吉について語るスレ

102 : ななしのよっしん :2015/07/17(金) 00:36:39 ID: lVadIHMXrE
まあどんな人であれ私は福沢が一番好き
福沢がたくさんあると幸せになれる
103 : ななしのよっしん :2015/12/05(土) 20:44:06 ID: 7Ci+z2U7Cn
安彦良和の「王道の狗」のイメージが強いな
「だから学問をしろと言っているのだ わからんのか そんなことが」
104 : ななしのよっしん :2015/12/06(日) 21:08:33 ID: XTK76NjKG6
>>sm20320879
105 : ななしのよっしん :2015/12/14(月) 22:04:51 ID: FlTvnAIIQO
>>98
ムキになるおまえのほうがよっぽど痛々しい。
106 : ななしのよっしん :2016/01/21(木) 13:57:10 ID: w1wcoL0PXx
別にしなくても良いのに勝手に朝鮮独立支援し、死罪にされたことを裏切りだと被妄想した。そこからいせに脱亜論を執筆した明治ヘイトスピーカー
107 : ななしのよっしん :2016/01/21(木) 23:30:33 ID: Xw7lZRBLgX
今日でいう「ヘイト」という概念そのものが、近代以降の人権論があるからこそ生まれるものなのに。
朝鮮半島の近代化を支援し、そして失望から見限った福澤を「ヘイトスピーカー」とは。
福澤を脱亜論を用いて「人種差別」などと批判する人ってのは…

1:中世~近世~近代~現代の流れに対する理解がデタラメ
2:↑のようなものだから、彼らが振りかざす民主主義人権論もデタラメ
3:朝鮮民族(らしきもの)の民族意識への迎合と、それを背景とする自己の正当化
4:排他的で思慮分別な自分を正当化する為に、単を振りかざすだけの

だいたいこれ。
この手の人は「左翼」と呼ばれることもあり、そういった雰囲気はあるけれども、
理論が決定的に欠如しているから左翼ですらない。
108 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 08:18:30 ID: R4EqJHT7lz
福沢諭吉の文章の中で一番好きなのは「二十四孝批判
ゆきっちゃんの性格の悪さが嫌と言うほど出てるw
まあそれでもド正論なんだけどね

つか勝舟と福沢諭吉お互いに嫌ってたけど氷清談と福翁自伝読むとどっちも性格悪いんだよなぁw
109 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 13:01:41 ID: QFBznAEJ2N
自由等・民主主義って封建社会を徹底的に攻撃して精革をもたらしたのは良かったんだが、
途中から動の際情勢を考慮して民の権利よりの権利を重視し始めて、
脱亜論なんかもあって本人の理想と全然違う方向に向けて日本が熱暴走しちゃったという…

個人的には福沢おっさんより西園寺望とかの方が一万円札にふさわしいと思うね
110 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 02:23:40 ID: S4u4LOhC4w
なぜ動物公園動物園と誤訳したのかは永遠の
111 : ななしのよっしん :2016/06/05(日) 20:19:59 ID: VqZuv5Vp2T
一万円を諭吉とか言ううざい
気安く福沢諭吉るな
もう一万円だけは人を描くの止めて欲しい
アホネタにされるだけ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015