単語記事: 福路美穂子

編集

福路美穂子(ふくじみほこ)とは、『咲-Saki-』に登場するキャラクターである。CV堀江由衣

概要

福路美穂子

風越女子高校の3年生で麻雀部のキャプテン
校内ランキングは堂々の第1位
今年の全高校生麻雀大会の県予選では先鋒を務める。

相手の手を確実に読み切り、他を上手く利用して好調な人を止めに行くなどの麻雀を打つ。

優しくて思いやりがあり世話上手で面倒見がよく、部員全員から慕われている。そのことは、自らが率先して雑用をこなすことで他の部員が少しでも多く麻雀を打てるようにしている、という話などに表れている。
また、涙もろいため、ちょっとしたことでも泣いてしまう。

3年前のインターミドルでは、「上埜久」という女性に苦戦させられたが、その上埜久清澄高校部長竹井久であることは中堅戦の画面を見るまで分からなかった。それまでの譜を見て同一人物だと気づけなかったことを悔やみ、涙を流していた。ただし、肝心の久のほうは個人戦で対決するまで全く思い出せていなかった。

普段は右を閉じているが、本気になると右が開く。左赤色だが、右青色をしている所謂オッドアイである。
が開いた時は場の状況をほぼ璧に把握することができる。要するに邪気眼ないしギアユーザー

機械オンチで、アニメではパソコンを使おうとしたところ暴走させてしまい、何故かコードにぐるぐる絡まってしまった。

四校合同合宿では食事係を担当し、おにぎりサンドイッチを作り、皆に喜ばれていた。また、最終日には鶴賀学園加治木ゆみにお重のお弁当を渡していた(直後に津山睦月から文堂星夏あてにとプロ麻雀カードを渡された)。

原作では描写はないものの、アニメでは個人戦をに久をより意識するようになり、夏祭りで仲良くなった。
なお原作の全大会編では、個人戦出場の福路と団体戦出場の清澄は同部屋である。そしてインターハイ2日には2人で仲良く買い物をしていたようである。

阿知賀編では、加治木ゆみの呼び出しに応じて阿知賀女子の特訓相手として登場。その際にはキッチリ弁当を差し入れに持ってくるというのは何とも彼女らしいところである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A6%8F%E8%B7%AF%E7%BE%8E%E7%A9%82%E5%AD%90
ページ番号: 3850427 リビジョン番号: 1551067
読み:フクジミホコ
初版作成日: 09/06/29 11:04 ◆ 最終更新日: 12/06/10 21:46
編集内容についての説明/コメント: 阿知賀編にも出番があったので
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


最強の盾VS最強の目

ふくじさん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

福路美穂子について語るスレ

170 : ななしのよっしん :2014/10/26(日) 09:54:14 ID: QjcG3scb06
昔のロングの頃のほうがなんか可愛い
171 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 18:46:45 ID: 6Tv4xgg3Zg
みゆきみゆきみーゆみゆき
172 : ななしのよっしん :2015/02/06(金) 05:17:09 ID: t4MXI2bcxB
この人和よりよっぽどデジタルだし強いよな
単純に情報量が違いすぎるだろ
173 : ななしのよっしん :2015/06/30(火) 11:06:49 ID: 8aLyk/fO1k
和よりデジタルというよりも、デジタルの質が違う
和のデジタルは「こういう場面では必ずこう打つ」といった感じのコンピューター的なデジタル
それに対して、美穂子のデジタルは対人遊戯としての麻雀の最適解としてのデジタル

それは、和のホームがネト麻なのに対して、美穂子が機械オンチなことにも現れている
で、リア麻でより強いのは確実に美穂
174 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 19:15:32 ID: YyijszQrTH
>>169
もうとっくに名前呼びになってんだよなあ
175 : 名無しさん :2016/02/17(水) 18:00:08 ID: KvB9Dr7Z5J
先鋒というよりは大将向きな気もするけどどういう判断で先鋒になったんだろうか。
176 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 19:01:53 ID: F9cGwoRJAX
単純に、一番強いやつを一番前に置くのが定石だぞ。
特性・はその次。
177 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 23:15:56 ID: zwx5BeQAWQ
咲の登場人物の中で良妻になれそうな人No.1だ
178 : ななしのよっしん :2016/08/18(木) 19:43:19 ID: qpBx56pzKS
>>175
今更の話だけど、剣道柔道薙刀とかの武道の団体戦でも先鋒、次鋒のどっちかにはチームトップクラスに強い人を置くのが定石。
5人競技で3人までに連縦されると、副将、大将の出番くなるから強い人を温存しても宝の持ち腐れになってしまう。

逆に大将は必ず勝てる人か、あるいはどんなジリ貧になっても調子を崩さないメンタル強い人がいい。
流れに乗れば強い人は、味方が勝ってる時はいいんだけど味方がボロボロの状態だと流されて弱くなったりするし。

そういう意味だとキャップが先に出て大将池田なのは良采配。
ただ相手がほぼ確実に勝てる上に、や両親から賭け麻雀強制参加でお年玉までせびられて、勝っても負けても苛められるという地の生活環境で暮らしてメンタルまで鍛えられてる咲なのが可哀想過ぎたな
179 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 13:59:56 ID: F9cGwoRJAX
そういうメンタル管理的な理由ももちろんあるけれど、単純に麻雀というゲームの性質上、先鋒のほうが強い人のをそのまま100%発揮できる、というのが大きい。
極端な話、終盤の「リードを守る打ち方」や「逆転をす打ち方」は、でもできる。というか、が打とうとも大体同じ打ち方になる。
場での、単純な収支期待値を最大にする打ち方にこそ、打ち手の個人差が表れる。
まあこれは科学的な考え方やから、ツモ運や特殊といった強な個性が存在する咲-Saki-世界麻雀にそのまま当てはめるべきではないのだろうが、少なくともあの世界のマスコミ一般人がそう認知していることは確か。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829