単語記事: 科挙

編集  

科挙とは、官吏採用試験である。
隋から清までの中国で実施されていた。また、それに倣い、朝鮮ベトナムなどの中国周辺の東アジアでも実施されていた。

当たり前だが、漢文の試験である。

詳しく知りたければ、ウィキペディア該当ページ宮崎市定氏の書籍を読んだほうが手っ取りい。

概要

優秀な人物を広く全から集めるための制度。

隋以前には、人材は貴族など既存の権者階級からしか輩出されず、科挙以前にあった人材を募る制度も、その内実は有者からの推薦というものであり、どうしても既存の有者の息がかかった者に限られていた。

科挙の導入により、推薦重視から試験結果重視への移行が図られ、既存の貴族とは別の新しい勢ることになる。

科挙制度

科挙にはいくつもの段階があった。何度も試験を重ねることで受験者を絞っていき、最終的には皇帝自らが試験を行い合格者を決める時代もあった。

試験は数日に渡って行われ、受験者が食べ物を持ち込んで泊り込むのも普通であった。食べ物その他も持ち込めるため、必然的にカンニングのための具も持ち込みやすく、その検も厳しいものであった。しかし、検を潜り抜けるための工夫もなされており、裏地にテキストがびっしり書き込まれた衣服なども発見されている。身分や氏名を偽っての替え玉受験も多かったといわれている。

科挙制度の限界

広く人材をめるために始まった科挙制度だが、実際にはさまざまな問題点があった。

初期の科挙では既存の貴族が未だ跋扈しており、科挙制度で登用された官僚が十分にを発揮できなかった。

代になると科挙合格者のが強くなっていったが、同時に同郷の者同士などで集団を作るようになり、新しい権集団となっていった。科挙受験するためには先に科挙に合格している者の保が必要になっていたことも、この集団がをつける理由になっていた。

また、科挙を受けるための勉強には、当時は重な本などの資料をえる必要があり、勉強に専念する受験者を支える財、さらには身分を保してくれる先輩に対して支払わなければいけない謝礼など、とにかくコストがかかるものであったため、実際に科挙を受けることができたのは有者の師だけだったといえる。そして後代になれば有者というのは、つまり科挙に合格してを得た者であり、結局は科挙合格者が権者としてを増していくことに繋がるのである。

もっとも、先祖代々科挙に合格してきた系であろうとも次代が科挙に通れなければそこで終わるという可性もあり、その点では前時代の貴族とは違った権者であるといえる。

科挙制度の終焉

科挙の合格基準として、四書五経を暗記していることは必須であった。いわば理想的な儒教を理解していることがめられたわけだが、時代が下って清の末期になると西洋列強の進出により西洋の新たな文物が入ってきたこと、西洋との競争が盛んになったこともあって、官僚にめられるものはそれまでの伝統的儒教から、西洋の知識へと移行していった。こうして、隋代以降、千数年に渡って長く続いてきた科挙制度は近代になって終焉を迎えたのである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A7%91%E6%8C%99
ページ番号: 4567861 リビジョン番号: 1864948
読み:カキョ
初版作成日: 11/02/16 09:57 ◆ 最終更新日: 13/08/03 08:18
編集内容についての説明/コメント: 明らかに不要な一文の削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

科挙について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2013/05/16(木) 09:49:39 ID: a2tJAoCKxk
儒教は知らんが、科挙官僚は地元や赴任地をさないからね
日本でも安時代に申し訳程度の科挙があったようだけど、
中国のように19世紀まで大々的に続いてたら、
クソのようなになっていたことは疑いようもない
7 : ななしのよっしん :2013/06/20(木) 23:03:00 ID: BzzS/2yHFl
今の公務員試験とあんまり変わらない気がするが・・・
科挙受験するためには先に科挙に合格している者の保が必要」ってとこ以外

韓国の留学生がそのままそに移住は別の理由からだろ。あとあそこは"なんちゃって儒教"らしいから儒教のせいにしちゃ・・・
中国においては儒教の低迷のせいって言う捉え方ができるからな。
儒教のせいにして誤魔化そうとしてるようにしか見えない。
8 : ななしのよっしん :2014/01/17(金) 00:56:21 ID: RDpMansiC6
科挙は?
9 : ななしのよっしん :2014/08/20(水) 22:59:14 ID: VemzZiVobS
>>2
確かに父親先生の威厳が下がる一方で「長いものには巻かれろ」「出るは打て」という考えは根強いな
10 : ななしのよっしん :2014/12/05(金) 19:54:15 ID: /Xl8V/YqSn
科挙
11 : ななしのよっしん :2014/12/31(水) 19:57:32 ID: Eir+wzHkgg
上の方のレスにあったもんで、「やる夫科挙を受けるようです」ググって全部読んじまったよw
いやー面いもん見れたわ。教えてくれた人マジGJ
ニコ動2ちゃんはたまーにこういったネタマジの両面でハイレベルなのがあるからいいよね。
12 : ななしのよっしん :2015/07/17(金) 02:19:15 ID: OHPOtNjROf
知識階級が固定化するのなんて現代でも普通に起こってる現だし、当時の事情からし教育環境を整えるのに相応の資産を必要とするのも当たり前っちゃあたりまえだし、やっぱこれは科挙の制度自体の問題とは思えないんだけどなあ
13 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 11:03:08 ID: APSUno2+PZ
なぜか悪扱いされること多いけど、これ自体は貴族制や推薦制よりかに合理的で良いシステム
というか要は公務員採用試験のことだからね >>7も言ってるけど

問題は、試験制度のみだと硬直化して世の中の変化に対応できないこと
科挙を直せるのは高位官僚=科挙を極めた者のみだからどうしようもない

今の日本など先進国は、試験によって選ばれたエリート(官僚)と投票によって選ばれた政治家を組み合わせてを回してる
科挙が悪かったんじゃなくて、科挙しかかったのが中国限界
14 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 05:14:00 ID: xE2VEX9MJ1
千年間もど変更せずに採用し続ける運用サイドに問題がある
15 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 19:13:54 ID: YQ6Vgz3ghm
清末の士大夫たちは康有為含めて、中国(清だけど)の将来を「10年くらいで近代化できる」と
結構楽観的に見てたのも「昔の日本よりは科挙みたいな人材登用制度がある中国の方が西洋に
近い」って思いがあったみたいね。「じゃあ、科挙なくすことから始めよう」となると、
ついて来なかったけど。

今の中国見てると「100年かけても民さえ何とかすれば、上は科挙でも何とかなるっしょ」と
言ってた鴻章は100年スパンで見れば確かに卓見だった気がする。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829