単語記事: 稀勢の里

編集

稀勢の里とは、田子ノ部屋に所属する現役大相撲力士である。第72横綱。本名は萩原寛。

概要

1986年7月3日生まれ、茨城県牛久市出身。中学時代までは野球をやっていたが、中学卒業後に界に入門。「実家に一番近い」という理由で千葉松戸にあった鳴戸部屋を選び(師匠の鳴戸親方=元横綱の里=の没後にゴタゴタがあり、現在所属する田子ノ部屋は江戸川区にある)、最初に部屋を訪ねた時はから自転車で行ったという。同じく千葉県にあるヶ根(現・二所ノ関)部屋のおかみさん(元アイドル歌手高田みづえ)がこの話を聞いて「を間違えてうちに来てくれればよかったのに」と惜しんだほど、入門当初から規格外の力士との評判が立っていた。

左四つやおっつけを得意とし、その恵まれた体格を生かした前に出る相撲が持ち味であり、昇進と共に多くの年少記録に名を連ねていった。しかし、幕内上位進出以降はの甘さがたたり簡単に中に入られたり、土俵際で逆転されるなどといった弱点を一向にできずにいる。そのため、当初は大関補、若手筆頭などと界関係者から多くの期待が寄せられていたが、琴欧洲白鵬日馬富士把瑠都外国人力士に次々追い抜かれ、ついには日本人期待のの座も琴奨菊大関昇進レースで先を越されてしまった。時にり差しに頼る取り口(ただでさえが甘いのにり手に出ると余計にが甘くなる)が好からの批判を集めたのもこの時期。かつては小結で3場所連続で勝ち越したのに関脇に上がれなかったこともあるなど、番付運も少々欠いていた。

それでも2010年11月15日九州場所2日で、白鵬の連勝を63で止める寄り切りを見せて存在感アピールすると、ついに2011年九州場所後に大関昇進を決めた。入幕までがかっただけに、新入幕から42場所かかっての大関昇進は歴代5位の遅さという、スピード出世とスロー出世の双方の記録を持つ力士となってしまった。

大関昇進の際は、安とされる3場所合計33勝に足りていなかった(32勝だった)ために、メディアや好からはその昇進に疑問符を付けるも上がったが、大関昇進以降はコンスタントに成績を残している。格下相手の安定感のなさや若手時代からの高、そして「たぶん稀勢の里より稀勢の里ファンの方がメンタル強い」と言われるくらいのここ一番でのメンタル面の弱さがあるために優勝争いに最終盤まで絡むということはあまりないが、勝ち越しがやっとな他の大関とは別格の実で場所を盛り上げる。毎場所のように優勝を期待されるし毎場所のように「場所前の稽古では稀勢の里調子が良かった、今場所の稀勢の里は面い存在」などと解説に言われるのだが、一向に初優勝に手が届かない。それどころか優勝決定戦の経験すらない。なぜなのか。2016年にはついに、「優勝なしでの年間最多勝受賞」という年6場所制以降で初めての記録まで達成してしまった。これは安定感が抜群でないと貰えない賞である。どうしてこうなった

しかし、迎えた2017年初場所14日、1敗の稀勢の里が勝利、一2敗で追っていた白鵬が結びの1番で敗れたことにより、初優勝を飾った。さらに千秋楽には白鵬を直接対決で破り、前年の安定感も評価されて満場一致で横綱昇進が決定した。新入幕から所要73場所での横綱昇進は昭和以降1番のスロー記録。3代若乃花以来19年ぶりの日本出身横綱の誕生となる。このとき、抜かれていった琴欧洲把瑠都はとっくに引退白鵬日馬富士鶴竜横綱には陰りが見え、琴奨菊大関から陥落していた。

横綱として初めての場所となった2017年3月場所では初日から12連勝と好調を維持するが、13日に苦手の日馬富士の速攻相撲一方的に敗れ、土俵下に転落した際に左肩付近を強打しすぐには起き上がれない程の重傷を負う。14日鶴竜戦は全く勝負にならず敗れ、1敗でトップを走る照ノ富士との千秋楽直接対決は相手も膝に怪を抱えているとはいえ勝ち薄と思われた。しかし、迎えた千秋楽では照ノ富士に本割・優勝決定戦と連勝し、賜杯を抱くのに苦労するほどの痛みに耐えて気迫の連続優勝を果たした。

合口

※対戦成績は2017年1月場所時点の幕内対戦成績。

白鵬とは16勝43敗という対戦成績だが、そもそも白鵬に10勝以上した力士朝青龍日馬富士琴欧洲稀勢の里の4人しかいないので、数少ないまともに通用する力士の一人とも言える。前述のように連勝記録を止めたりするなど(2013年にも43連勝を止めている)、印的な勝利も多いのだが、自身の優勝がかかってくると全く勝てない

日馬富士とは24勝36敗。日馬富士大関昇進後に10連敗するなどカモにされていた時期もあった。日馬富士横綱昇進後に意地を見せるかのように5連勝するなど対戦成績を盛り返したが、その後は立合いから圧倒されて一方的に敗れる取組が多く見られ、再びカモにされてしまっている。どうでもいいけど日馬富士稀勢の里のことが大好きらしい。

鶴竜とは3117敗と相性が良く、とくに稀勢の里大関に昇進する前後からは7連勝と6連勝が1回ずつあった。ただし、鶴竜が急成長し初優勝・横綱昇進を決めた2014年以降は6勝8敗である。2015年9月場所14日の2敗同士の直接対決では鶴竜が二回の変化の末稀勢の里を破るなど、鶴竜の存在もやはり初優勝へのひとつのになっている。

その他では概して琴欧洲把瑠都琴奨菊碧山といったパワーを前面に押し出す力士に弱い傾向にある。特に格下と言っていい碧山相手では前半戦に敗北することが2014年以降頻繁に見られ、対戦のたびに実況に「稀勢の里にとって前半戦でひとつの大きな山」などと言われる。そして負ける。

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。直前の3月場所では自身初の大関番を脱出したばかりである。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 寄り倒し 西前頭16枚 里山
3回戦 押し倒し 西小結 松鳳山
準々決勝 寄り切り 西前頭10枚 照ノ富士
準決勝 浴びせ倒し 西前頭7枚 千代大龍
決勝 とったり 西横綱 日馬富士

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は東大関(2015年3月場所)。準々決勝は高安との同部屋対決となった。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 前頭13枚
2回戦 寄り切り 西前頭6枚 魁聖
準々決勝 寄り切り 前頭3枚 高安
準決勝
決勝

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%A8%80%E5%8B%A2%E3%81%AE%E9%87%8C
ページ番号: 4209994 リビジョン番号: 2474600
読み:キセノサト
初版作成日: 09/11/18 20:27 ◆ 最終更新日: 17/03/31 22:09
編集内容についての説明/コメント: 概要加筆。2017年3月場所優勝
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

稀勢の里について語るスレ

399 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 13:59:22 ID: NeMC0m0bxW
>>395 普通こういうときにあって一利なしとは言わない。優勝したことを利と言わないなら何が利なのか。。。
優勝戦線を最後まで盛り上げるっていうのも横綱の責任でしょう。
400 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 14:27:53 ID: ftO1szDcIK
まぁ14日出た以上、千秋楽の優勝にかかわる一番が不戦になるのが問題だっていうのは確かにある。
けどその代償が治るはずの怪が治らなくなったらどうすんの?って話。
まともに相撲取れない状態で土俵あがって、
その結果悪化させて土俵人生すり減らすのが本当にためになるのか?
全に壊れてからじゃ遅いんだよ。
もし患部が悪化してたら止めなかった親方とかを絶対にかないって言い切れるのか?

ちなみに貴乃花の最後の優勝は代償がありすぎたと今でも思うよ。
例え利と賞賛がその間はあったとしても、あんなのは以上の大損失だよ。
たとえ本人が出たいといっても、とめるべきだった。

「優勝争いは横綱大関の責任」とはいうが、それで強行出場したのが原因で引退につながったら本末転倒だよ。まぁ綱をる以上、体調がどうであれ優勝争いしろといわれるのはしかない地位ではあるし、結果が出なけりゃ即引退しろっていわれても文句ひとついえないのが横綱と言われりゃそれまでだけどさ。
401 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 14:31:15 ID: +cCYCzxbDX
自分のをもっともらしく見せるために々って付けて逆に説得欠いちゃってるけど
>>390の最後の1行に優しさを感じた

もう過ぎたことだし、今は一緒に事を祈ろうや
402 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 14:35:25 ID: l7Z2SFqWZZ
治らなくなったらどうとか引退がどうのとか、そんなの外野がとやかく言う事じゃない
出場するかを決めるのは稀勢の里本人であり、その結果に覚悟を持つのもまた本人
君は稀勢の里の将来を心配する体を装って、嬉し涙を流すほどの想いを賭けて優勝を掴み取った稀勢の里バカにしているだけだぞ
403 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 15:20:45 ID: R18ZZ9tGj2
八百長ではないと信じてます。
404 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 20:18:51 ID: 95IfBrOj57
おしての出場に文句言ってる人は横綱昇進時にも文句言ってた人と同じやな
今場所は文句言ってた連中の心配とは裏に活躍してたし、この結果がどうなるかはにも分からんよ
405 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 22:16:03 ID: qAgdwiD4BY
足の怪ではなかったことは不幸中の幸いだな
足をやってしまうとずっとついて回る問題になってしまう
体重を支えるから立っているだけでも負担になるし

オレも故障箇所が足だったら優勝できても怪を押しての出場には否定的だった。照ノ富士も一昨年の場所で理した結果、長期低迷になっていたし。
406 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 22:46:21 ID: bQVdsMSLiJ
今この間を大事にするか、未来を大事にするか
それは個人の自由だと思う
相撲でも人生でもね

だから、個人的には休んで欲しかったけど、
稀勢の里の怪を押しての出場には何の文句も
むしろ優勝を引き寄せた精に感したよ
いや、本当良いもんみせてもらった ありがとう

今はもう全て終わったんだから、ゆっくりを治して、また今場所のような強さを見せてくれることを願うばかりだ
407 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 09:51:07 ID: DXAGUAHW6I
>>405
腕の怪をかばって脚も怪する、なんてのもよくある話だし、
脚じゃないから良かったとも言えないかなぁ
408 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 14:05:01 ID: zLqpxZPH16
まあ貴乃花という例も有るからそれを考えれば休場すべきというが大きかったのは分かる気がしますね。

稀勢の里も今後を考えると左腕の怪をしっかりと治して欲しいので来場所は休場しても良いと思いますね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015