単語記事: 立体音響

編集

立体音響 (りったいおんきょう) とは音を再生する際に3次元的な音の方向や距離、拡がりなどを聴覚に与える音響(音響システム)のことである。

概要

3次元音響、3Dオーディオなどとも。3次元の空間上の音場を制御するという意味も含め、3次元音場制御システムのことを指す場合もある。

おおまかに分けると、ドルビーなどの、映画館のスピーカのように実際に多方向にスピーカを配置するサラウンドの延長上のもの、NHK技研などが研究している平面に多数のスピーカを配置し信号処理により音場感を与えるもの、人間の聴感を直接再現して、イヤフォンないしヘッドフォンで直接聴取することで再現するもの、などがある。

また録音側も、最初から多チャンネルで録音しその情報を利用するもの、通常のステレオ録音を利用するもの、人間の聴感を再現するための音響機材や信号処理を利用するものがある。

聴感を再現する手法には、次のようなものがある。

  • ホロフォニクス: アルゼンチンのHugo Zuccarelliによる。サンプル録音や、この技術を用いて録音されたとされる楽曲はよく広まっているが、詳細は秘密とされているため評論不可能であり、ここではこれ以上言及しない。
  • バイノーラル録音: イヤホンマイク、あるいはダミーヘッドと呼ばれる頭部や、トルソまで再現したものもあるが、そういった機材により聴感を再現して録音する。イヤフォンないしヘッドフォンで聴取する。詳細は「バイノーラル録音」の記事を参照。
  • 信号処理により方向感などを付ける手法。商品では沖の『eおと ポジショニング』などがある。

なおこの記事の関連項目に「クロスフィード」とあるが、クロスフィード自体は、スピーカーによる再生を前提として左右チャンネルが完全に分離しているような音源をヘッドフォンなどで聴取する場合の不自然さを緩和するために、相互のチャンネルに適当な信号処理を掛けてミックスする手法のことであり、副次的に立体感などの効果もあるかもしれないが、定義としては(あるいは本来は)それを目的としたものではない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • ステレオ
  • クロスフィード
  • バイノーラル録音

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%AB%8B%E4%BD%93%E9%9F%B3%E9%9F%BF
ページ番号: 494384 リビジョン番号: 2231679
読み:リッタイオンキョウ
初版作成日: 08/08/25 18:53 ◆ 最終更新日: 15/07/13 19:31
編集内容についての説明/コメント: クロスフィードについて立体感が目的でない旨を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

立体音響について語るスレ

181 : ななしのよっしん :2013/12/31(火) 17:23:24 ID: EWcrZmR17i
ただ前の文は立体音響タグ外せだのいらん事書きすぎ
知らん奴らからしたら新手のタグ荒らしにしか思われんぞ
立体音響はこういうものだけど、ニコニコでは勘違いされがち
こういうのはエフェクトかけただけで立体音響とは本来呼びませんと淡々と事実と現状を書けばいいと思う
182 : ななしのよっしん :2014/02/06(木) 08:02:58 ID: LvnLyB0Lv7
馬鹿にしているもなにも、立体音響ではないものが立体音響と詐称しているなら
ネガティブな呼び名がつけられても仕方ないんじゃないの
擬似でもないなら、似非かまがいか勘違いか
183 : ななしのよっしん :2014/02/16(日) 10:41:14 ID: 0PLWk2zXet
前の版に戻そうぜ。あの文詳しくてためになったし
184 : ななしのよっしん :2014/02/16(日) 11:36:19 ID: B51oUBP8br
「擬似ステレオフォニック」の定義(ステレオの記事参照)
2つのマイクでオーケストラなどを収録→ステレオフォニック
マルチトラックを2chにダウンミックス→擬似ステレオフォニック

を踏まえたうえで、
><p>上記のエフェクトは擬似立体音響には全く関係ありませんし、
>かけたとしても擬似立体音響になることはありません。上記のエ
>フェクトを利用したものは似非立体音響に入ります。<br>

この文章の根拠が非常に怪しいんだが、「似非立体音響」なる
用語はいったいどこから出てきたんだ?ググっても出てこないぞ
「擬似ステレオフォニック」の定義から考えるなら、エフェクトを
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
185 : ななしのよっしん :2014/05/17(土) 22:06:16 ID: BMFO4M5kEe
>>sm15546136
186 : ななしのよっしん :2014/07/04(金) 10:02:24 ID: X1saiR8hsT
>>sm23915671
187 : ななしのよっしん :2014/08/23(土) 22:46:28 ID: QhkA2KjYQt
すまん、立体音響とステレオの違いを教えてくれ。
188 : ななすのよっすん :2015/02/14(土) 15:28:39 ID: m8T9HIN/pg
>>187
まず大きい括りで「単に左右で音が違うステレオ音響」ってのがあって、
その中に「人間の耳をだます仕掛けがされた立体音響」って概念がある

すげーざっくり言うとただのステレオってのは耳のかわりにただマイク二つおいて録音した感じで
ありのままの音がごく正確に、それでいて左右の差で単純な立体感が出る。
一方で立体音響は人間の耳にできるだけ近づけたマイク二つで録る、
あるいはそう聴こえるように編集したもの。
人間の耳の周りで起こる音の反射、回折、減衰なんかの情報が含まれてて
その場で実際に話しかけられているような完成度の高い臨場感が味わえるけど、
元の音をいじってある分、片方だけ聞いたりすると変な反響をしてたりする。

俺も素人なんで間違ってるかもしれんがこんな感じらしい。長文失礼
189 : ななしのよっしん :2015/02/22(日) 04:21:13 ID: e0Zk4o35M7
>>187
ステレオ …… 左右別の音を出すこと
モノラル …… 一つの音を出すこと
立体音響 …… (1)位置情報が含まれた音
        (2)位置情報を含む音を作る技術(三次元音場制御システム)

つまり、ステレオ再生も実は立体音響になる。

立体音響が含む位置情報は、だいたい3つに分けられる
 ①音源の方向
 ②音源の距離
 ③音の広がり方(音を聞いている場所)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
190 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:12:07 ID: 4+cFySlpym
>>sm11889939

>>sm28642528
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015